不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
あれやこれやと前倒しで飛び交ったことで・・・
こんばんはです。

いやはや材料やイベントなどなど、特盛つゆだくの一日でおました。

まず昨夜発表のキャタピラー決算、早朝に発表されたアップル決算は共に、
内容はともかく嫌気されることはなく、好感される動きとなっており、
足元で堅調な結果の続く米経済指標と共に、企業決算も概ね無難なので、
米国はマクロ、ミクロ両面において、利上げ(ドル高)への耐久力を示す?
いや、織り込み済み?底打ち?と解釈されそうな状況ではあります。

御存知の通り、すでに昨年末に利上げをしているにもかかわらず、
利上げ以降は何かと口実を作ってドル安・低金利(米債券高)で抑え続け、
地均しに時間を掛けて来たとも言えますが・・・(呆れますけどね(笑))

だけに順序としては、いきなり利上げに踏み切ることはなく、
昨年末の利上げと同様、まずは米債券安(米金利上昇)、ドル高へ、
口撃や口実作りをしながら誘導し、マクロ、ミクロ両面の確認をした上で、
次の利上げに踏み切るとは思うので、今夜のFOMCでは動かず、
声明文で条件等を付けながら利上げのパンチラをするくらいに留め
来週まで続く米企業決算(今週がピーク)と来週末の米雇用統計を見て、
地均しが十分と言える結果となれば、8月のジャクソンホールにて、
イエレンおばさんがこれまで以上に前向きな利上げ姿勢を表明し、
9月もしくは年内に利上げに踏み切る流れになるとは思いますが・・・

あくまで米国内の都合だけでの判断基準ですから、
ご存知の通り、欧州ではBrexit以降、離脱ドミノリスクだけでなく、
金融機関の燻りが続いており、中国の得体の知れなさも継続しているので、
これらも米利上げに耐え得るくらいに落ち着かないことには、
さすがに米国内の都合だけでは利上げに踏み切らないでしょうし、
今夜の声明文も下手にパンチラせず、ハト色が強くなりそうですが・・・

言ってもドイツ銀行は本日発表した決算が予想外の黒字だったにも関わらず
今週末の欧州ストレステスト結果への警戒なのか、単なる危険視なのか、
変わらず売られており、他の欧州金融機関株の低迷も継続しており、
しかもそんな欧州金融機関に対して、Brexit騒動直後には、
米英欧日の各中銀がドルの資金供給をして収束を図ったわけですから、
さすがにイエレンも米債券安・ドル高を招く利上げ姿勢は強めないかと・・
それこそ昨日書いた歴史を繰り返すような良からぬ事態を招き兼ねず、
しかもイエレンの首を切ると公言しているトランプの追い風にもなるのでね

さらに本日は夏の恒例行事であるチャイナショックでもやらかすのか?
と言わんばかりに、やや中国市場が荒れ模様となっており、
まさか欧州金融機関との良からぬコラボの前兆なのかとも思ったり・・・

とりあえずアップルの決算は無事に通過したので、
今夜のFOMCでドSな波風を立てなければ、
欧州金融機関の燻りやチャイナリスクは続くものの、
昨日書いたような良からぬシナリオが発動するほどにはならないでしょう。

そして我が国ですが、本日はアベクロの政策に対するリーク?が飛び交い、
ああでもないこうでもないと右往左往させらる雑な動きの一日でおました。

ただし本日の我が国の動きとしては債券高(過去最高更新)・円安・株高、
という黒い金融緩和を期待する典型的な動きとなっており、
さらに米国と同様、やや商いが膨らんでいることからも(2.5兆円)、
安倍ちゃんの政策に対する日本買いと言えなくも無いです・・・
(任天堂の商いを省いても)

安倍ちゃんは週明けの本番(政策発表)を前にして、
意図的なのか本日は再三に渡ってリークとも言える情報が飛び交い、
財政措置13兆円、事業規模28兆円超の政策を打ち出すとか、
実質的なヘリマネのような40年債や50年債を発行するなんて情報も・・
そうなると黒ちゃんありきの話ですから、
くどいようですが日銀の独立性って・・・というツッコミは置いといて、
やっとこさ金融と財政の両輪が同時に廻り始めるとの観測にもなりますし、
あげくに黒ちゃん自体もマイナス金利や資産買入枠の増加等、
追加策への観測も高まっております・・・

もしこれらがほんまに満額回答と言える結果になると、
アベノミクス・シーズン1の時のように織り込み済みや失望とはならず、
商いを伴う株高・債券高・円安というデフレ脱却必須の三戦の構えとなり
アベノミクス・シーズン2がスタートする・・・
という可能性もあり得なくはないです。
(個人的には債券がすでに異常過ぎるとは思っているので、
 高水準を維持するというくらいの債券高にして頂きたいものですが)

しかも足元で発表されている国内企業決算は、1Qの着地は低調ながら、
意外と見通しの下方修正は少なく、下方修正をしたキヤノンですら、
織り込み済という御都合解釈なのか買われており、
本日引け後に発表した指数寄与度の高いファナックは上方修正しており、
その他の決算も悪化しているものは意外と少ないので、
日本株の良好な需給環境からも、決算は御都合解釈となる可能性はあります。

ただし市場を席巻していた任天堂の決算は、
事前の誠意ある開示通りとは言え、1Q決算は仰天堂な内容であり、
見通しは下方修正をせずに据え置きとは言え、
想定為替レートは他社が1ドル100-105円、1ユーロ110-115円
と引き下げる中で、1ドル110円 1ユーロ125円のままであり、
据え置きというのも説得力に欠けると言わざるを得ないです。
かつての任天堂祭の頃を知っている人にとっては、
為替に対しては変わってないのか・・・という感じです。
何やら「Pokémon GO Plus」という商品の発売も9月に延期らしいので
まさか9月にはポケモンGOのブームが去り、
機を逃すなんてことになればビックリですけど・・・
せっかく夏休みなのですから、何とかならなかったのでしょうかね

まぁアベノミクス・シーズン2が始まり、
デフレ脱却を含めて実体経済への効果があるのならば、
ポケノミクスが9月で終わっていたとしても何とかなりますけど、
ソニーも息を吹き返しつつあるだけに、
今こそ任天堂も含めて日本の電機業界の巻き返しを期待したいのですが・・

そういえば鳥取県知事もスナバカフェに続いて、
スナホとして砂丘をポケモンGO解放区にしたりと、
アベノミクスの地方創生に代わる効果も生み出す流れもありますからね。

どうでもいい話なのですが、鳥取ってラッキョウと梨があるのですから、
梨でチャツネでも作り、ラッキョウと共にカレーを売りにすれば・・・
日本有数の漁獲量を誇る境港もありますのでシーフードカレーでも・・・
といつも思うのですがねぇ・・・(最近評判のスイカも利用するなり)
香川県のうどん県じゃないけどカレー県にするとかね。

話が逸れてしまいましたが、週明けと思っていた安倍ちゃんの政策が、
リークという形ながら本日出て来てしまったので、
週末の黒光り銀行会合は、見送ったり、満額回答ではなかったとしても、
そもそも財政政策こそが必要であり、
金融政策には限界があるというのが世界的な見方ではあるので、
金融緩和を見送った英中銀とECBと同様、
次回に動くと強いメッセージさえ示すことが出来れば、
織り込み済や失望を招かない可能性も・・・

あくまで先にも述べた通り、安倍ちゃんの財政政策が評価され、
アベノミクス・シーズン2が始まるとの期待が高まり、
アベノミクス相場当初のような動きとなれば・・・ですけどね。
(本日の空売り比率は42.1%に急上昇していたので、
 誰も政策に期待してないのか・・・という面も窺えますが(笑))

とりあえず目先としては、昨日も書いた通り、
昨夜からの今週のヤマ場入りと共に黒い銀行会合まではリバウンド・・・
という展開にはなりそうです(今日は上がり過ぎですけど、基調としてね)
黒い銀行会合以降については、安倍ちゃんの政策が本日伝わったことで、
先にも述べた通り、展開が変わる可能性はありますので、
それについては明日の相場も見極めてから改めて書きます。

とにかく今夜のFOMCで波風が立たず、任天堂も足を引っ張らず、
そして欧州や中国でリスクが爆発しなければいのですが・・・

ということで、明日のスタンスについては特に変更はないので割愛します。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.