不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
ポケノミクスだけ?アベノミクスは?と言わんばかりの週明け
こんばんはです。

週末はポケモンブームがどれほどのものなのかと街を歩いていると、
我が家の周辺でポケモンをやっている感じの人は、
マクドにしても駅も神社も意外と少なかったようにも思えたのですが、
都市部へと移動すると、さすがに多かったです(笑)

なんでしょう・・・詳しいことは知りませんけど、
都市部ではなく郊外とか田舎こそ人が集まるように設定したほうが・・・
とも思いますけど、国のやる景気対策ではなく、
民間企業が利益を追求するビジネスですから、
都市部に集中するのも仕方ないのでしょうかね・・・

っつうか、未だにポケモンGOをDLせずにガマンしております(笑)
見れば見れるほど面白そうであり、確実にハマりそうな気がするので、
10日後に開幕を迎えるゴリゴリ五輪モードな私としては、
ゲームに時間を割くわけにはいかないというのもあるので、
(もちろん投資に関わる日々の勉強にも支障がありそうなのでね)
五輪が閉幕した頃にDLしてやってみようかとは思っております。
まさかその頃にブームが去っていたり、規制でがんじ絡めになって、
単なるつまらないゲームになっていたらビックリですけど(笑)

今のところは自分がやらずに言うのもなんですが、
ポケモンGOの快進撃が短期間では終わらずに、
実体経済への波及効果が持続しそうには見えますけどね・・・

そういう意味でも、ポケモンと提携したマクドやローソンの月次を始め
来月1日以降に発表される小売の7月分の月次がかなり注目と言えます。

配信開始が22日だったので、来月に発表される7月分の月次は、
影響は限定的かもしれませんが、配信直後からの過熱ぶりを見ると
22-31日だけでも明らかに数字となって現れていそうですが・・・
(裏を返せば、数字に現れていないと失望を招きそうです)

さて、そんなポケモンGOによる景気への波及効果への期待が高まる中、
週末に親分の任天堂が、自らの業績への影響は限定的だと発表したことで、
もしかして27日の決算はかなりヤバイのか?
なんて穿った見方もある一方、
お前らいい加減にしろ!と冷静さを促す様な誠意ある発表をしたことで、
大相場に向けた良いガス抜きとの見方もあったりと、
どちらの見方なのかは今後判明するでしょうけど、
とりあえず本日はポケモンGOならぬポケモンSTOP(安)となり
日本株全体の活気まで失われたかの様な薄商い(売買代金2兆円)・・・

週末に黒い巨砲が撃たれるとの観測もある黒光り銀行会合を控え、
来週の2日には安倍ちゃんマンの政策が閣議決定され(3日は内閣改造予定)
これまでの黒だるま親方が腱鞘炎になるくらいに廻していた輪転機だけでなく
参院選を経て、ついに金融・財政という政策の両輪が廻り始めるぞ!
というアベノミクス・シーズン2への期待が高まっているとも思いましたが
ポケモンSTOPになった途端にこの薄商いですから、
やはり我が国はポケモノミクス頼みなのでしょうか・・・(笑)

日本電産も好決算と言える1Qの着地となり、下方修正も無く、
安川電機も下方修正は無く、僅かながら本日発表の外需企業決算も同様であり
決算の本格化は明日以降とは言え、意外と決算は大丈夫なのか?
という空気も多少は感じられなくはないので、
アベノミクス・シーズン2がスタートしなくとも、期待が剥げ落ちようとも
ポケノミクスと共に民間(企業)が力(業績)を見せてくれるのであれば、
実体経済としても金融市場としても、それはそれで理想的ではありますけどね

そうなったとしても明日から8月中旬まで続く決算を確認しないことには、
力があるのかはわからないので、民間の力を好感する動きがあるにしても、
早くても任天堂、ファナック等の決算がある27日以降、
もしくは一発目の決算ピークとなる週末以降となりそうです。

ちなみに本日の任天堂は、ポケモンSTOP安での貼付きだったとは言え、
売買代金は2675億円と7000億超に達した先週と比べても急減しており
意外と売りのパワーは少ないと言えますので、
27日の決算をきっかけに切り返しそうではありますが・・・
(先日も少し触れましたが、1Q業績自体はちと気がかりですけどね。)

そうなると27日以降はポケモン祭の賑わいが再び戻り、
ついでに同日のファナック等の決算も無事に通過すれば、
任天堂だけでなく指数としても賑わいをみせることになりそうですが・・・

そして企業決算の1発目ピークを迎える週末に、
黒だるま親方が黒い巨砲をぶっ放せば、週明けの安倍ちゃんにも期待が高まり
ポケノミクスだけではなくアベノミクス・シーズン2への期待も・・・
ということになれば、非常に都合の良い展開ではあるのですが・・・

あくまで国内企業決算が無事に通過することが前提なので、
前提が崩れると黒い巨砲をぶっ放しても、出尽くしとなる可能性はあります
ただしほんまに黒いヘリコプターが大編隊を組んで飛来するならば、
完全に安倍ちゃんとの合同作戦ということになるので、
(しつこいようですが日銀の独立性は・・・というツッコミはともかく)
週明けの安倍ちゃん政策への期待も含め、お祭りになるでしょうけどね

個人的には黒ヘリは怪しいとは思いますけどねぇ・・・
昨日まで行われていたG20では通貨安競争を牽制する声明が盛り込まれ
Brexitの影響も懸念事項として盛り込まれたにもかかわらず、
当事国である英中銀は8月に動くと言って先日の会合では緩和策を見送り、
ドラギえもんも先週のECB理事会では追加緩和を見送った状況下で、
我が国だけ日銀が動く大義はどこにあるのか・・・とも言えます。

長きに渡る世界で唯一とも言えるデフレという奇病に見舞われており、
G20では財政政策を含む政策を総動員するとの共同声明にもなりましたので
安倍ちゃんが財政政策をセットにして打ち出すのであれば、
黒い巨砲も大義があるという見方も出来ますけど・・・
ドル高の影響が懸念される米企業決算も週末には概ね一巡しますので・・・

そして今回もコスプレおじさんは勝負服での殴り込みだったので、
大義はあると認めさせて来たのかも・・・


aso1112.png

ちなみにどうでもいい話なのですが、毎度見掛ける光景というか、
コスプレおじさんと中国の財務相がいつも嬉しそうに談笑しており、
領土問題等も抱える首脳同士での会談とは随分と温度差があります。
(中国の財務相もいつも笑顔なのでね)

aso1111.png

そして猫型ロボットのくせに、
魚の死んだ様な目で見ているドラギえもんとも大違いです


g711.png

やや話が逸れてしまいましたが、
以上の通り、国内では27日が一つ目ヤマ場であり、
焦点としては国内企業決算、週末と週明けのアベクロの出方でおます。
海の向こうの日程的なヤマ場としては、26-27日FOMC、
週末の欧州ストレステストが大きなヤマ場であり、
週を通しては米企業決算、週後半は欧州金融機関の決算、
といったところです。

もちろん継続しているリスクとしてはトルコ情勢、
地方債の燻りも出てきている中国の動向、北のカリアゲクソ野郎の核実験、
そしてBrexit騒動によってリスクが増したEU離脱ドミノ懸念、
欧州金融機関の危機を含む景気への懸念は継続しており、
(ロシアの五輪ボイコットは回避されそうです)
何やらギリシャ支援を6月末で打ち切るとの話も新たに沸いており、
(7月末にデフォルトに陥ることはないのか?という疑問もありますが)
相変わらず欧州のきな臭さは継続しております。
市場の動きとしても、昨日書いた通り、
以上のリスクを反映した動き(基調)は継続中です。

ということなので、明日のスタンスについては、
昨日書いた通り、特に変更はないので、詳細は割愛します。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.