不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
うなぎ登りな一週間と土用の丑の日
こんばんはです。

いやはや、Brexit騒動が起きて以来、市場への疑念が拭えずにいたら、
5連騰となった大反発相場に乗り切れないまま週末を迎えることに・・(笑)

毎日、言い続けてたらアホでもあたるやろ!
とツッコまれても仕方ないくらいに、疑念の目のままヤバイと言い続け、
全て外すというミラクルな結果に・・・我ながら呆れるばかりです。

まぁポケモン祭等の派手な個別の賑わいがあったおかげで、
結果論ながら自身の置き去り感だけは多少薄れましたが、
納得するには程遠い一週間となってしまいました。

それにしても強烈な一週間でおました・・・。

週明けから徐々に商いを膨らませながら戻していることからも、
もはや単なる巻き戻しだけとは言い切れない強さであり、
本日の商いもBrexit騒動に見舞われた24日(3.3兆円)以来となる
3兆円超え(3.1兆円)となり、
週明けから昨日までの商いも含めると十分な商いでおます。
(任天堂の売買代金が個別として過去最高の売買代金であろうと、
 市場へ流入した資金に変わりはないですからね。)

あとはBrexit騒動で異常に傾いた債券、ポンド、円、金、欧州金融株、
異常とは言わないまでもリスクON/OFFのスイッチでもある原油とドル
これら全てが株価指数のように騒動前の水準を回復し、
それを超えて突っ走るようであれば、更に心強いものにはなるのですが・・・

その辺の水準的なことについては、今夜も海の向こうは動いておりますので、
週末の取引を終えてから改めて確認しますが、
市場の主役(材料)としては、海の向こうはBrexit騒動のピークが過ぎ
本来の主役である米利上げのさじ加減へと移ると共に、
米国の景気や企業決算、世界の景気動向に焦点が当たれば、
わかりやすい相場に戻ると言えますので、そうなることを願うばかりですが、
国内を見ていると、金融&財政の政策期待と言いながらも、
何だかんだ言っても参院選の結果が効いているようにも思えます。

アベノミクス・シーズン1の幕が開いた2012年末の市場を見ると、
野田ちゃんが逆切れ解散を宣言した11月14日が起点となり、
投開票の12月16日までは、政権交代期待を膨らませながら上昇したものの
商いを伴わないヒョロ上がりが続き、投開票を経て結果が判明してから、
一気に商いを膨らませながら上昇することになったので、
今回も結果的に商いが膨らむきっかけとなったのが参院選とも言えるだけに
結局は東洋の端にある島国程度に見ている外人にとっては、
何だかんだ言っても政治というか政治の安定がきっかけだったのかと・・・

そして参院選前から囁かれていた大規模な財政出動期待が高まると共に、
参院選後に日本へ襲来したピカチュウ(バーナンキ)との会談を機に、
黒い金融政策と共に屁リコプターマネー観測までが高まり、
挙句の果てには永久債の発行観測までが追随してきたという感じでしょうか。
(もちろん本家ピカチュウ祭も大きな力にはなりましたけどね)

以上のような海の向こうの落ち着きと巻き戻しと共に、
国内では参院選を経て財政・金融両面での政策期待が高まったことで、
企業想定為替レートの厳しい水準である1ドル105円超える円安が進み、
バリュー面での懸念も多少は和らぎ、良好な国内の需給環境とも相まって
国内の巻き戻しも加速したと言えます。

ただし来週20日の安川電機から始まる国内企業決算にて、
業績の下方修正ラッシュが続くのは避けられそうになく、
そうなると数値的にも日本株はバリュー面での旨味も薄くなるでしょうから、
想定為替レートを引き下げると共に為替も1ドル105円を維持していないと
さすがに今日のファストリのような「織り込み済」という御都合解釈は、
期待できないと言えます。

そして政策期待についても、足元でウナギ登りとなっているだけに、
まさに土用の丑の日(30日)の前日となる29日に黒い銀行会合が開催され
安倍ちゃんマンも月末に政策発表と言っていることからも、
恐らく土用の丑の日(30日)の前日となる29日(金)でしょうし、
しかも国内企業決算ラッシュの1発目のピークも29日(金)ですから、
政策期待によって円安を維持すると共に、
うなぎ登りな期待に応えるだけの政策を発表しないと、
それなりのしっぺ返しを食らうことにはなるでしょう。

まぁ本来の日本買い要因が、参院選を経た政治の安定だったとするならば、
底割れするような事態にはならないでしょうけど、
その辺は29日(金)の結果を見ないことには何とも言えまへんけどね。

とりあえず海の向こうが巻き戻しの基調が継続し、落ち着いている限り、
(今夜は米経済指標大盛&欧米SQ、来週は米企業決算特盛ですけどね)
国内としては、目先では今週の急騰による反動はあれど(懲りずにw)、
土用の丑の日・・・いや、29日までは現在の基調は継続しそうではあります
そして29日以降もうなぎ登りが続くためにも、
アベクロには期待に応えて頂きたいものだと願うばかりです。

お察しの通り、全て後付けの足元&先行き解説ですけどね(笑)
アベノミクス・シーズン1の2012年は敏感に察知できたのですが、
長きにわたる安倍政権によって、すっかり感覚が鈍っていたのかも・・・
と反省するばかりの一週間でおました。

ただし、しつこいようですがBrexit騒動のリスクについては、
現状は爆発していないだけ・・・と見ているに過ぎないので、
懲りずに得体が知れない怖さは残っているなと思ってますけどね。

ということで、改めて今夜の海の向こうを含む週末状況を確認した上で
来週以降の見通しについては三連休中に書きます。

本日はこれにて失礼ぶっこきます。

良い三連休をお過ごし下さい。


お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。




スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.