不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
三連休を前に
こんにちはです。

本日は夜に不動産屋との打ち合わせがあり、早めの更新でおます。

個人的に足元の景気やマーケットを懐疑的な目で見ていようとも、
本日発表された6月首都圏マンション発売が7カ月連続のマイナスであろうと
Brexit騒動で英国・欧州を始め米中の不動産バブル崩壊懸念もあろうと
物件がマッハの如く売れてしまう現実には少々戸惑いもある今日この頃(笑)

さらにBrexit騒動もへったくれもない堅調な海の向こうとともに
世界最弱と化していた日本株も強烈な戻しを見せており、
結果的にリアルもマーケットも戸惑いを感じる今日この頃(笑)

そんなリアル世界も含めた戸惑いもある中、
ARという拡張現実を駆使したポケモンGOが市場を席捲しており、
アベノミクスよりもポケノミクス恐るべしとなっております。
(ポケモノミクスとも言ってます)

アベノミクスにおいても、米国のピカチュウ(バーナンキ)効果の大きさに
第一の矢であるはずの黒ちゃんの面目も丸潰れ状態ですから、
政治の面でもピカチュウ恐るべしとなっております。

とりあえずポケノミクスのポケモンGOについては、
位置情報ゲームやARについて知ってはいたものの、
実際にやったこともなく、知識も乏しかった私としては、
単純に面白そうに見えてしまうのですが・・・
何よりARだけに飲食店や小売業、公共交通機関、観光地とも提携したりと
ゲームの枠を飛び越えた効果がありそうなだけに、
これまでの携帯ゲームのような課金ボロ儲けだけではなさそうですけどね。
しかもアベノミクスでは待機児童問題に取り組んでいる一方、
ポケノミクスでは自宅待機(引き籠り)問題の解消にも繋がるし・・・(笑)

まぁゲームに関しては、以前から興味はありながらも、
恐らくハマってしまうと思い、自ら敬遠していたので
まだまだ知識不足ではありますが(ポケモン自体もわかってないw)
ポケモンGOはやってみようかと思うと共に凄そうだなぁと思う今日この頃。

最近はソニーもかつての輝きを取り戻しつつあるだけに、
任天堂とともに賑わうことは、素直に喜ばしいことではあります。
日本の電機業界が沈む一方でアップルが台頭しただけに、
いっそのことアップルにはピークアウトして頂いて、
またメイドインジャパンの時代が戻ってくれることを願うばかりであり、
少なくとも今の流れは希望・息吹も感じてしまいます。

だけに・・・ポケノミクスといった民間の力も大事やけど、
今こそ政治がサポートすべく動かないとね・・・
せっかく参院選を勝利して政治的な安定も得たわけですから、
これまでの様に黒ちゃんが腱鞘炎になるまで輪転機を廻すだけでなく
観測の高まっている月末発表の経済対策にて、
大規模な財政出動も必要ですが、民間が力を発揮しやすいような環境作り、
そもそもの本丸である規制改革にも大きく動いてくれれば、
財政、金融の両輪が動くと共に民間のエンジンにもターボがかかり、
やっとこさ日本経済が前に進み始めそうですからね。
(永久債観測もありますけど・・・)

そういう意味でも月末に発表される安部ちゃんの経済対策と黒い金融政策は
ポケノミクスから派生する民間の力をサポートするためにも、
重要なタイミングなのかも知れないですね。
ちょうど月末には国内企業決算発表の真っ只中であり、
今の為替水準では下方修正ラッシュも覚悟しなければいけないだけに、
円高の是正という意味でもアベクロによる月末の一手は重要でおます
(企業決算がまさかの堅調な結果になるとクリビツですけどw)
もちろん海の向こうでのBrexit騒動対策、米利上げ対策、
という意味でも重要です。

そんな海の向こうについては、
すっかりBrexit騒動が沈静化したような動きではありますが、
昨夜は債券高、ポンド安、ドル安、油安、金玉高、欧州銀行株安となり、
足元で続いていた巻き戻しが一服する動きとなっており、
先行していた株価指数も米国はマチマチながらも一服となっているので、
このまま一服が続くのか、それともリスクオフへ逆戻りとなるのか、
はたまた押し目待ちに押し目なしとなるのか・・・

目先では今夜の英中銀の金融政策委員会が注目でおます。
政策期待で駆け上がっていただけに、
失望にならなかったとしても一服のきっかけになる可能性はあります。
今の地合いだと都合良く解釈されそうな空気もありますけど・・・(笑)
明日は再びカーニー英中銀総裁の講演があり、
今夜の金融政策委員会でもし失敗しても、修正が効くとも言えますけど・・

そして昨日も書いた通り、米国では今夜にJPモルガンの決算、
週末にはWファーゴとシティGの決算、
週明けからは米企業決算が特盛つゆだく状態となり、
週末は他にも米6月小売売上高と米6月消費者物価等の経済指標が大盛であり
決算を含め本来の主役である利上げのサジ加減にも影響することになります。

週末は欧米市場がSQでもあります。

南シナ海問題で孤立を深める中国については、
明日にGDPを始めとする経済統計を発表し、
観測では週末に利下げ、あるいは預金準備率の引下げとの噂もありますが、
週末にはASEM首脳会合、来週にはASEAN首脳会議もあり、
そこで南シナ海問題も協議さえるとも言われているので、
意外とヤケッパチな金融政策には動かないかもしれないですけどね。

我が国としては、明日は三連休入り前の週末となり(閣議とLINE上場も)
三連休明けにはマザーズ先物上場と大証の新システム稼働を控えているので
本日引け後に下方修正を発表したユニクロが織り込み済みとなるのか、
改めて単独でのショックを招くのか、それとも為替による下方修正なだけに
今後の国内企業決算への懸念の連鎖を招くのか、
(本日はゴリゴリの円安で1ドル105円を超えてますけどね)
指数寄与度もデカイだけに明日の動きは注目です。

以上の通り、国内では黒魔術を含むアベノミクスとポケノミクスによる
長い目での相乗効果期待もありますが、目先としては本日は続伸したものの、
海の向こうも含め巻き戻しの一服の動きが現れている上に
週末にかけて一服のきっかになるイベントも豊富なので、
明日は慎重に立ち回るのが無難でしょう。

懲りずに今日も言い続けているだけのアホでもいつかは当たる状態ですから、
私の観測自体はもはや説得力もない、呆けノミクスになってますけどね(笑)
しかも今夜の英中銀の出方次第では・・・というのもありますしね。
とは言え、明日のスタンスとしては、
結果的に週初に書いた通りの立ち回り方に変更はないので、詳細は割愛します


お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.