不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
巻き戻し継続中
こんばんはです。

いよいよ国内では党首討論も始まり、参院選に向けた空気も感じられますが、
市場では安倍ちゃんの政策への期待は全く感じられず、
アベノミクスそのものへの関心が薄れていると言わざるを得ない状況です・・

しかしながら安倍自民党がもし敗れるようなことになったとしても、
一体、どこの野党に任せればいいのやら・・・
決して安倍ちゃんの政策が全て良いというつもりもないですし、
確かに現状は格差も拡大し、地方も疲弊しているのかもしれませんが、
お金は水と一緒で上から流れるものですから、
失われた20年から立ち直るのであれば、
せめて5年くらいは見守ってもいいのかなとは思いますけどね

まぁでも今回の参院選だけは、できれば安倍ちゃんの尻に火が点くくらいには
野党には奮闘して頂きたいと思うばかりです。

なんてことを考えつつも、
市場ではABE48よりもAKB48の総選挙の方が話題になってみたり、
目先の相場では英国のEUトンズラ国民投票が主役であるのも事実なので、
英国の国民投票さえ終われば、少しは参院選に目が向くのだろうか・・・
そして安倍ちゃんの政策を期待するような日本買いとなるのだろうか・・・
という淡い期待も抱くのですが・・・一応、明日が参院選の公示日でおます。

とりあえず目先の主役である英国の国民投票は、
世論調査では残留と離脱が拮抗しているのに対し、
ブックメーカーでは残留派が圧倒しており、随分と差異が生じております。

普通に考えれば身銭を切っているブックメーカーの方がリアルと言えますが、
ブックメーカーに身銭を投じている人は何人なの?
というそもそもな疑問もありますし、
市場関係者の予想もほぼ残留一色となっているだけでなく、
昨夜から市場の動きも残留と言わんばかりに、
リスクオフからの巻き戻しが加速しているからこそ、
個人的には嫌な予感も募ったりもするのですが・・・

そもそも英国市場自体もポンドが売られていた程度であり、
銀行間金利もCDSもこれまで緊張感は全く感じられないままであり、
世界的に債券が買われ、恒例の安全資産として円と金が買われていた・・・
というありがちなリスクオフの動きだけだったとも言えますので、
何かきっかけさえあれば、すぐに巻き戻しが起きてもおかしくないのですが
結局は蓋を開けてみないことにはわかりまへんので、
拮抗している世論調査の方も残留が圧倒的にでもなれば、
嫌な予感も払拭されるのですが・・・

ちなみに投票日は23日、結果が判明するのは日本時間で24日の場中・・・
くれぐれも残留となることを願うばかりです。

そんな目先の世界的な主役イベントと化した英国民投票を前に、
今夜は長期的な・・・というか真の主役である米利上げのサジ加減を握る、
イエレンおばさんの半期に一度の議会証言があります。

証言は23時スタートですが、恐らくいつも通りならば、
約1時間前である22時頃には証言原稿が出てくることになり、
議会証言の後には米議員との質疑もありますので、
FRB議長就任当初のように、失言をしないことを願うばかりです。

ただしBrexitも配慮するような利上げ慎重姿勢となると
米債券高(米金利低下)・ドル安による円高となる可能性があるだけに、
我が国にとっては都合が悪いとも言えますので、
世界的には失言と受け止められるかも知れない利上げ姿勢となり、
米債券安(米金利上昇)・ドル高による円安という恩恵になる方が、
我が国にとってはありがたいというジレンマもありますけど・・・

足元では単月のみに近いとは言え、米経済指標が失速しているのも事実であり
英国民投票を控えているという状況も加味すると、
わざわざムチを打つようなドSな利上げ姿勢を打ち出すとも思えないですから
おそらく利上げに慎重姿勢を示すことになりそうです。

そうなると米債券高(米金利低下)・ドル安による円高になるのか!?
そして日本株だけが浮かばれない展開になるのか!?
という懸念が沸いてまいりますが
先にも述べた通り、足元ではリスクオフモードによる米債券高だったので、
利上げの先送り観測は市場に配慮したと受け止められ、
リスクオフモードが和らぐということになり、
巻き戻しによる米債券安になると思いますが・・・
もし米債券高・ドル安のままだとしても、
世界的に落ち着くのであれば、リスクオフで買われていた円は売られ、
円最弱という展開になりそうですし、
同じく足元で売られていたドルと原油が戻せば、いつも書いている通り、
米債券安、ドル高、原油高のいずれか2つが満たされることになり、
我が国の巻き戻し(円売り・先物買い)も続くことになります。

ちなみに目先の主役でもなく、真の主役でもありませんが、
英国民投票のある23日には、恒例ではあるのですが、
イエレンおばさんのFRBがストレステストの結果を公表します。
ストレステストはリーマンショック以上の危機にも耐えられる様に・・・
との視点での資本規制等のテストですから、不合格の金融機関が多発すると
万が一Brexitとなった場合には耐えらない・・・
という連想ゲームが広がる可能性もあるだけに、
ちと不気味なイベントではあります。

そう言えば昨日書くのを忘れておりましたが、
今夜は独憲法裁でECBの切り札であるOMTの合憲性判断が下され、
つい先程、合憲との判断が下されたようなので、
ECBは明日と明後日にBrexitに備えた会合も開催するだけに、
良からぬ邪魔が入らなくて良かったと言えます。
今夜はドラギえもん(ECB総裁)の議会証言もあるので、
合憲判断を追い風に、切り札でもチラ見せすれば・・・

とりあえず長々と書いてきた以上のような事情もありますが、
現在は世界的なリスクオフモードからの巻き戻しの動きとなっており、
我が国についても、決して日本買いとは言えないペラペラの薄商いながらも、
昨日書いた良好な需給面からの巻き戻し(円売り・先物買い)は継続中です。

ということなので、英国民投票の23日までは、
割り切って巻き戻しの波に乗るのもありですけど、くれぐれも御注意下さい。
明日のスタンスとしては、週初に書いた通り変更はないので、割愛します。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

ui | URL | 2016-06-22-Wed 16:42 [編集]
有名ブロガーに勉強になるブログを教えてくださいと言ったら
このブログを教えてもらいました
よろしくお願いします
uiさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-06-22-Wed 19:41 [編集]
> 有名ブロガーに勉強になるブログを教えてくださいと言ったら
> このブログを教えてもらいました
> よろしくお願いします

勉強になるのかどうかはわかりませんけどw
こちらこそよろしくお願い致します。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.