不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
需給面、バリュー面を下支えに、政策期待も継続中
こんばんはです。

本日も改めて消費税増税延期というネタが朝っぱらから飛び交い、
安倍ちゃんマンに続き、ガースー(菅官房長官)も事実無根だと否定するも、
ダチョウ倶楽部の押すなよ!押すなよ!でお馴染み熱湯風呂を見ている様に、
市場は消費税増税延期に対して、既成事実のように受け取っているので、
もはや延期だけでは反応しそうにも無いのすが・・・
せめて凍結、できれば思い切って減税して頂きたいものです。

まぁ一応、安倍ちゃんマンは本日、
「アベノミクスは「まだ」失敗してない」と言っておりましたので、
明後日の18日に発表される1-3月期GDPがマイナス成長となれば、
速報値ながら2期連続でのマイナスという定義上はリセッション入りとなり、
「まだ」失敗ではなく、「すでに」失敗しましたと潔く認め、
なりふり構わず消費税の減税を打ち出し、
同日に行われる一億総馬車馬ニンジンぶらぶら会議(一億総活躍国民会議)、
19日に行われる産業競争力会議にて取りまとめられる両政策においても、
ゴリゴリな規模での財政出動にでも打って出れば、
アベノミクスが失敗だったと認めようとも市場は好感するかも(笑)

さすがに全ての失敗は認めないでしょうけど、
安倍ちゃんマンが本丸の憲法改正だけ成し遂げられればいいと割り切れば、
部分的な失敗は認め、それを口実に豪快な一手に打って出る可能性も(笑)
野党のミジンコ党(民進党)は相変わらずの状態なだけにね。

とりあえず見ての通り、今週は政策ウィークであり、
それ以外にも細かな政策イベントが控えているので、
安倍ちゃんマンが開き直って豪快な一手を打つのかどうかはともかくとしても
来週26-27日の伊勢志摩サミット&7月の参院選に向けて、
政策を打ち出して来るのは間違いない・・・というか予定されております。

さらに昨日は安倍ちゃんマンが黒ちゃんマンを体育館裏へ呼出し、
ヤキを入れてコロッケパンを買いにパシらせた・・・のではなく、
いつものセコビッチランチでも無く、豪華ディナーへ招いたそうなので
御馳走(推測)になった黒ちゃんマンとしては、
黒い巨砲を撃つ準備に入らざる・・・というか準備に入ったのでしょう。
(もはや今更ですが日銀(中銀)の独立性はどこへいったのやら・・・w)

そして先週まで乱射とも言える口撃を繰り返していた麻生組長に続き、
本日は財務官の宮川大輔こと浅川財務官が為替介入口撃を繰り出しており
この分だと明日の閣議後に会見をする麻生組長が再び乱射しそうな勢いです。
(明日は震災対策を含む補正予算も成立します)

以上の通り、来週26-27日の伊勢志摩サミット&7月の参院選に向けて、
安倍ちゃんマンはあらゆる手段を駆使する必死のパッチモードですから、
昨日の記事でも書いた通り、市場としても足元の需給環境は良好であり、
先週末で一巡した企業決算における17年3月期見通しは小幅増益となり、
バリュー面では世界的に見ても日本株は割安と言える上に、
またしても本日はEPSが上昇(1198円)してケツかる事態となっており
そもそも中国と並んで世界的には出遅れていますので、
しつこいようですけど、上目線と言わざるを得ないのですが・・・

もし下げたとしても・・・セルインメイのような事態とはならず
ズルズルと下落トレンドが続くというか、
いくらでも逃げる機会がありそうな下げとなり、下値も限定的でしょう。

一応、企業決算の一巡を経て、今17年3期見通しが小幅増益となり、
バリュー面では世界的に割安だと言っても、
先週末の記事でもアップした通り、17年3月期の企業想定為替レートは、
概ね1ドル110円近辺ですから(1ユーロは120-125円近辺)、
本日のように1ドル108円台だと下方修正リスクがあると言えると共に
割安という見方にも多少は・・・ケチが付きますから、
せめて1ドル110円台をキープしていなければ安心は出来ず、
1Q決算あたりまでズルズルもしくは揉み合いという展開も、
あり得なくはないですけどね。
(そういう意味では厳しい想定為替レートの銘柄をチョイスするのが無難)

ただし、しつこいようですが、先に述べた政策期待(効果)がありますので、
現状の想定為替レートからの乖離程度は十分に補えると見ております。

そんな我が国を取り巻く環境もあり、
本日の日本株は堅調なスタートを切りましたが、
滞空時間の長い弧を描くブレーンバスターを食らったかの様に、
引けにかけて下がり、日経、TOPIXともに小幅反発で終了・・・
商いも2兆円割れという薄商いだったので、
45日前ルールの期限を通過した異国の人々が、
良好な需給環境やバリュー面での旨味とともに、
ほんまに政策期待で買いに来ているのか?という疑問は残る一日でしたが、
恒例のセルインメイのようにはなっているわけでもなく、
為替市場も落ち着いてはいるので、政策期待では無かったとしても、
少なくとも需給面での巻き戻しは続いており、過度な心配は不要でしょう

一方、新興市場については、一部の不祥事もありましたが、
牽引役だったそーせい、ジグソー等の決算が先週末で一巡した上に
今更のような失望を招く決算が発表されたこともあり、
さらに以上のような政策期待による主力大型株への資金移動懸念もあり、
本日は新興の主力どころが主導する形で商いの伴った大幅安となりました。

追証も心配されるところですが(最近は個人の立ち回りはうまいですけどね)
ひとまずいつも書いている通り、明日も商いを伴った下げとなれば、
これまでのように上昇局面で商いが膨らみ、下落局面は薄商い・・・
という買いパワー優勢状態が終了したとシンプルに判断した方がいいでしょう
ただし先に述べた今週の政策イベントの中身は、
新興市場銘柄に該当する政策・テーマが多いので、
すぐに盛り返す可能性は十分にあり得ますけどね・・・
とりあえず新興市場については、下手に信仰市場とはならず、
今日の時点では沈降市場になり得ると備えておいた方がいいです。

ということで、明日のスタンスとしては・・・

持ち越し短期勝負の方については、小難しいことは考えずシンプルに、
昨日も書いた通り、為替の巻き戻し(ドル高、円安)が継続しているか、
もしくは先月のようにドル安であろうとも円最弱の動きとなっているならば、
円売り先物買いモードが継続すると判断して割り切って勝負してもいいです。
(最近の麻生組長等の言動を見ていると、
 意外と日米にとって波風の立たない後者になりそうな気もしますが)
そしてできれば足元の需給面、バリュー面、政策面、
と言った下支え材料の変化を見ながら勝負するのが好ましいですけどね。

当然ながら以上の様なシンプルな巻き戻しの動きとはならず、
下支え材料も無視される動きならば、その日限りの勝負に留めておきましょう
そして昨日も書いた通り、目先のヤマ場を強いて挙げるならば18日であり
寄り前には1-3月期GDPが発表されるので、
明日から明後日寄り前までの持ち越しだけを狙ったド短期勝負は、
リスクがあることは頭に置いておきましょう。

腰を据えて王者の風格で新たに参戦する方については、
先にも述べた通り、為替がまだ安心できない水準であり、
1Q決算まで・・・1Q決算次第では・・・というリスクもありますが、
数年単位で勝負するならば、懲りずに今週も仕込むチャンスと見ており、
伊勢志摩サミットと参院選までの勝負目線でも、足元の需給面、バリュー面、
そして政策面からも上目線なので、勝負すればいいでしょう。
ただし持ち越し短期勝負の方と同様、
シンプルな巻き戻しの動きとはならず、下支え材料も無視される動きならば、
目先のヤマ場である18日を見極めてからでもいいでしょう。

これまで撤退せず、結果的に王者の風格で構えている方については、
もはやつべこべ言うつもりはないので、
以上の様な見方を踏まえながら御自由に立ち回ってください。

新興市場については、先に述べた通りなので割愛しますが、
現状は警戒モードで構えておきましょう。
ただし今週の政策イベントの中身は、新興市場銘柄に該当する政策が多く、
テーマに絡む民間のイベントは今週も来週も多いですから、
それらのイベントをきっかけに、
上昇局面で商いが膨らむという買いパワー優勢状態が戻るようならば、
7月のマザーズ先物上場を見据えつつ、割り切って勝負をすればいいです。

個別目線、中小型割安狙いの方も同様ですが、
常にウォッチして動きを把握している銘柄であるならば、
小難しい国内外の背景には囚われず、個別判断で勝負するのは自由でおます。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.