不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
ウツボ、滝ツボではなくウナギ昇りを願うゴリラ旅
おはようございます。

昨夜の雇用統計を受けての動きや来週の見通しは、明日の記事で書くとして、
皆さんはGWをいかがお過ごしでしょうか。

私はというと、GW中は特盛りの決算に目を通すことに費やしがちなのですが
今年はカレンダーの並びのせいか、GW入り時点でも比較的少なかったので、
今週半ばの3連休は思い付きで放浪に出掛けておりました。

いつものことながら全く計画も立てず、
たまたま休みなのに朝7時に目が覚めたことで、
ネットで空室のある宿と空席のある鉄道がある場所を探し、
その中から一度は行ってみたいと思っていた和歌山の古座川が空いていたので
すぐに宿を押さえ、着替えのシャツとパンツだけをリュックにねじ込み、
近所の駅のみどりの窓口へカチ込んで席を確保して出発という慌ただしさ・・

そして長い時間を掛けて、無事に古座駅へ辿り着いたのですが、
さすがにGWにも関わらず空いていただけに、観光客らしき人はゼロ・・・
駅には駅員と観光案内を兼ねた地元のおじさんらしき人が一人だけ・・・

そんなおじさんに「滝の拝」へ行くにはコミュニティバスがいいのか、
それとも駅前に一台だけ止まっており、
車内で鼻毛を抜きながらヒマを持て余している運転手の、
見たこともないくらい小さなタクシーに乗ればいいのか、と尋ねてみると、

「お兄さんどっから来たん?」

「○○からです。」

「ご苦労さんやな。ウツボ食べてみるか?」

いやいやそんなことよりもと思いつつも、甘辛く煮たウツボをパクリ・・・

「これウマいなぁ、おっちゃん!」と感心していると、

「あ、滝の拝やったな、そりゃあ古座のためには、
 タクシーに乗ってもらった方がありがたいけど6000円ほど掛かるし、
 あと20分程でコミュニティーバスが来るからそっちに乗った方がええよ」

と教えてもらい、しばらく誰も居ない駅前で屁をこきながら待ち、
コミュニティバスに乗り込んだのですが、乗客は地元住民・・・
というか地元バアさんだけ・・・これまたいつものことながら・・

「お兄ちゃん何かスポーツやってるの?ラグビーか?」という定番の質問・・

いつもならば面倒なので「そうです」と言うのですが、正直に、

「○○です」と言い終わるのも待たずに・・・

「どっから来たん?」という矢継ぎ早に質問・・・

「○○からです」

「ごくろうさんやねぇ。こんなところ何もないのに物好きやなぁ」

「もうずっとこちらに住んではるんですか?」

「いやいや私も観光で来たんやわ」

なんやねんババア!いかにも地元感出してるくせに観光かいな!
と心の中でツッコミつつも・・・

「あ、そうなんですか・・・何もないのに観光でっか?」

「のんびりしてて人も少ないし、おいしいもんはあるし、年寄にはええんよ」

「たしかに人は少ないですね、僕はこの清流と景色がなんとも落ち着きます」

「あ、そうや、兄ちゃん、あそこにあるウナギ屋はおいしいで。
 何十年もやってる店で古座川の天然ウナギを食べさせてくれるよ。」

「そうなんですか!ウナギは大好物なんで、ぜひ帰りにでも寄ってみます」

なんて会話をしながら・・・そしてそんなニセ地元ババアもバスから降り、
私一人だけがバスに揺られていると、運転手のおじさんが、
「どっか好きなところで降りたらええから声掛けてな」
という田舎でありがりちなフリー乗降スタイルやったので、
「滝の拝のどっかええところで降ろしてください」と頼み、
約45分ほど川を遡るように山中を走って到着しました。

そしてまずは旅先でウナギを食うことが私の定番でもあるので、
さっそくネットで先ほどのウナギ屋を検索すると・・・

店主が高齢で既に閉店しとるがな・・・と思いきや、よく見ると、

息子夫婦が串本で支店を出していると書かれており
そっちのサイトへ飛んでみると、確かに営業しているようなので、
どんなもんかとさっそくメニューを覗いてみたら・・・
 
「九州産養殖うなぎ」という文字が・・・

あのニセ地元ババア・・・どこが古座川の天然ウナギやねん!

と誰もいない山村で声を出してツッコミ、そっとネットを閉じました。

ちと残念ではありましたが、そんなことよりも何とも言えん山と清流・・・
「滝の拝」と言われる滝の流れとの景観が何とも言えず、
観光客どころか人もほとんどおらず、地元らしき家族連れ一組が、
魚を取っているだけで、あとはゴリラな私が一頭いるだけ・・・
そしてウナギのこともすっかり忘れて川へ突撃・・・


aaa1.png

せせらいでますなぁ~

aaa6.png

あれが目指す「滝の拝」

aaa3.png

辿り着くには岩の間に流れる川を飛び越えなければならず・・・

aaa7.png

あともう少し

aaa8.png

ついに接近!なかなかの迫力・・・

aaa9.png

滝から流れる先・・・

aaa10.png

反対側からも

aaa11.png

もう一つの滝壺


まぁそんなこんなで何も考えず、
清流と田舎でボーっと過ごしてきた3連休でおました。

結局はウナギを食べることもなかったけど、
代わりに駅でウツボを食べたのでヨシとします。

あ、それと和歌山へ行くといつも思うのですが、とにかく交通の便が悪い・・
地元の人に言わせると、だからこそ和歌山の良さがあるとも言ってますけどね
そして和歌山が選挙区である二階のおっさん(自民党総務会長)が、
悪人面で公共事業が必要だと訴えるのだけは理解も出来ます(笑)

そういやどんな山奥へ行こうとも、数十m間隔とも言っていいくらい、
二階のおっさんのポスターが貼っており、
それこそ一階だろうが三階だろうが二階のおっさんの顔がというくらいです。

以上、どうでもいいゴリラの一人旅レポートでおます。

そしてGW明けがウツボやなくて、滝ツボやドツボにはまる様な相場にならず
ウナギ昇りになることを願うばかりです・・・

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
井上尚弥
スイーツ男子 | URL | 2016-05-08-Sun 09:23 [編集]
マーケット番長さん、おはようございます。お世話になります。

今日、井上尚弥選手の試合があります。昨年末に本ブログにて当該選手の事を
知った訳でありますが、その試合を見て、鳥肌が立ったことは今でも鮮明に
覚えております。

今日の試合は相当タフなものになるような記事がございましたが、そうなると
俄然ワクワク感が増幅する感じが致します。

ところで、いい写真をありがとうございます。見ているだけでマイナスイオンが
飛んでくるような感覚を覚えました。

さて、これは偏見ではありませんが、女性は何回もその場所に立ち寄ると、
そこがまるで我が町のように感じてしまうものなのだと思っています。

私は、学生時代に下宿をしていましたが、ホームシックに罹るのは男子の方が
多いように感じました。女子は、いい意味で図太いので男子よりも平均余命が
長いのかも知れません。

それでは、またよろしくお願いします。
スイーツ男子さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-05-08-Sun 10:34 [編集]
> マーケット番長さん、おはようございます。お世話になります。

おはようございます。

> 今日、井上尚弥選手の試合があります。昨年末に本ブログにて当該選手の事を
> 知った訳でありますが、その試合を見て、鳥肌が立ったことは今でも鮮明に
> 覚えております。
>
> 今日の試合は相当タフなものになるような記事がございましたが、そうなると
> 俄然ワクワク感が増幅する感じが致します。

世界的に見てもパウンドフォーパウンドと言っても良さそうですし、
そう言われているローマンゴンザレスにも十分に勝てそうですけどね。
まぁ内山みたいなこともあるので、油断はできませんけどね。

> ところで、いい写真をありがとうございます。見ているだけでマイナスイオンが
> 飛んでくるような感覚を覚えました。

マイナスイオンタップリでした。

> さて、これは偏見ではありませんが、女性は何回もその場所に立ち寄ると、
> そこがまるで我が町のように感じてしまうものなのだと思っています。
>
> 私は、学生時代に下宿をしていましたが、ホームシックに罹るのは男子の方が
> 多いように感じました。女子は、いい意味で図太いので男子よりも平均余命が
> 長いのかも知れません。

なるほどです。
たしかにそうかもしれないですね。

> それでは、またよろしくお願いします。

よろしくお願いします
良いところですね。
arieneco | URL | 2016-05-08-Sun 18:41 [編集]
はじめまして。
いつも楽しく(?)読ませて頂いております。

今回は地元のおばさん感からの、まさかの観光客のくだりと、養殖のうなぎネタに、笑わせて頂きました。

旅に出られてもいつもと変わらず隠しきれない溢れ出る番長さまのユーモアと文才に感銘を受けております(笑)

和歌山は私も好きな場所で龍神温泉などに昔はよく行っておりました。たしかに交通の便がわるく中々足を運び辛い地域ですが、それだけに静かでいつものんびりできていた気がします。

GW明けの相場に向けたよい休暇でしたね。

明日は未知数のパナマ文章を警戒するような相場になるのでしょうか。来週からまた宜しくお願い致します。
arienecoさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-05-09-Mon 00:06 [編集]
> はじめまして。
> いつも楽しく(?)読ませて頂いております。

はじめまして、ありがとうございます。

> 今回は地元のおばさん感からの、まさかの観光客のくだりと、養殖のうなぎネタに、笑わせて頂きました。
>
> 旅に出られてもいつもと変わらず隠しきれない溢れ出る番長さまのユーモアと文才に感銘を受けております(笑)

そういって頂けると嬉しく思います。
まだ他にも面白村人が居たのですが、またの機会にでも書きますw

> 和歌山は私も好きな場所で龍神温泉などに昔はよく行っておりました。たしかに交通の便がわるく中々足を運び辛い地域ですが、それだけに静かでいつものんびりできていた気がします。
>

隔絶されているからなのか、得体の知れない感じもしますが、
山中は神々しさすら感じてしまいますし、和歌山は私もすっかりお気に入りです。

> GW明けの相場に向けたよい休暇でしたね。

かなり頭のネジは緩みましたw

> 明日は未知数のパナマ文章を警戒するような相場になるのでしょうか。来週からまた宜しくお願い致します。

パナマ文書の影響だけはサッパリ未知数なので、
過度に警戒しても仕方ないと割り切ってはいます。
こちらこそ来週もよろしくお願いします。
(爆)
みずほ | URL | 2016-05-09-Mon 12:28 [編集]
ニセ地元ババアって!オバサンもなかなかのオチ芸?で笑かしてもらいました!
初耳ですが「たきのおがみ」というのですか?秘境っぽいです。
名古屋から近鉄特急で南紀白浜は行った事があります。アドベンチャーワールドと。全国的にはパンダがいるのを知らない人が多そうです。

三重県の赤目四十八滝は有名ですね。東海地方でだけ?48もなかったような…。
有名な滝といえば那智でしたね。なんか遠そうですね~。滝、滝つぼは癒やしスポットですよね。「無」になります。
みずほさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-05-09-Mon 15:50 [編集]
> ニセ地元ババアって!オバサンもなかなかのオチ芸?で笑かしてもらいました!


ありがとうございます。
ニセではなくリアル地元ババアにも強烈なのが居たのですが、
記事の流れ上、割愛させて頂きましたw

> 初耳ですが「たきのおがみ」というのですか?秘境っぽいです。

「たきのはい」です。
秘境ではありますし、単なる山村と清流とも言えますw

> 名古屋から近鉄特急で南紀白浜は行った事があります。アドベンチャーワールドと。全国的にはパンダがいるのを知らない人が多そうです。
>

市場でも上野パンダで子供が生まれたと大騒ぎをするのに、
順調に繁殖している和歌山のパンダはなぜか騒がれない・・・というのも和歌山らしいですw

> 三重県の赤目四十八滝は有名ですね。東海地方でだけ?48もなかったような…。
> 有名な滝といえば那智でしたね。なんか遠そうですね~。滝、滝つぼは癒やしスポットですよね。「無」になります。

私はメジャーな那智や赤目よりもマニアな滝の拝に魅かれてしまいました。
滝の拝は紀伊半島の先端まで行ってから山中に入るので、辺境ではありますけど、
JRの特急一本で行けるので、気分的にはそんなに遠くないです。
ご返信ありがとうございます。
スイーツ男子 | URL | 2016-05-09-Mon 20:56 [編集]
マーケット番長さん、こんばんはです。

井上尚弥選手、最終ラウンドは凄かったですね。
相手が井上選手からボディーを受ける度に「あれって、痛いんだよなー」と
思いながら見ておりました。一応、同好会ではありましたが経験済みですので。

TVを見終わって、ちょっと前までは腹筋が割れていたのに、最近はサボっている
ためちょっとばかし情けない状態になってきましたので、早速、腹筋をした次第
です。

それでは失礼いたします。ご返信は無用でございます。
スイーツ男子さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-05-10-Tue 00:10 [編集]
> マーケット番長さん、こんばんはです。

こんばんはです。

> 井上尚弥選手、最終ラウンドは凄かったですね。
> 相手が井上選手からボディーを受ける度に「あれって、痛いんだよなー」と
> 思いながら見ておりました。一応、同好会ではありましたが経験済みですので。

拳をケガした上であの戦いっぷりですから、ホントに強いですね。
つくづく階級を上げて正解だったなと思うばかりです。

> TVを見終わって、ちょっと前までは腹筋が割れていたのに、最近はサボっている
> ためちょっとばかし情けない状態になってきましたので、早速、腹筋をした次第
> です。

ぜひとも6pacを目指して励んでくださいw

> それでは失礼いたします。ご返信は無用でございます。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.