不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
意外と平和に再びGW入り
こんばんはです。

先週は笑ってはいけない・・・いや、笑えない黒光り銀行会合をきっかけに、
ブラックマン・デー(黒田デー)な暴落となり、
我が国がGWでお休みだった29日も暴落は続き、
それを受ける形で週初であり連休の谷間である本日を迎え、
5月1日(労働者の日)やなくて2日ではありますが、

「メーデー!メーデー!メーデー!」と叫ぶことになり、

ブラックマン・デーやなくで単なるブラック・マンデーやないかっ!
とツッコミを入れる準備もしておりましたが、
商いを伴ったドタバタは朝だけで終わり、意外と平和な一日で終えました・・

そういや昨日には、口は曲がってるけど物言いは真っ直ぐやで!
というのが売りでもある我らがひょっとこハム太郎(麻生太郎財務相)が

aso111.png

半期に一度提出する米国の身勝手極まりない為替報告書において、
我が国が監視リストにぶち込まれようとも、
伊勢志摩サミットを控えていようとも、米国カチコミ直前であろうとも、
「為替介入やったろか?おぅ?」と凄んでおりましたので、
ひょっとこハム太郎の曲がった口先介入効果が下支えしていたのか、
とにかく本日は意外と平和でおました。

本日以降もひょっとこハム太郎だけでなく、
安倍ちゃんマンと黒ちゃんマンも欧州に滞在中ですから、
為替介入をする前に、まずはレートチェックとして、
黒ちゃんから国際電話での着信があるかもしれまへん・・・
ということも含めた御三方の市場への睨みが、
GW中の下支え効果として多少は機能するのかも知れまへんなぁ。
最近は市場からもすっかり見透かされているので、
過度な期待は禁物ではありますけどね。

そういや日本株のPERが本日で14.78倍となり、
15倍割れだから割安だと言われていたりもしますが、
先日の記事にも貼った通り、先週発表された外需企業の今期想定為替レートは
1ドル110円(1ユーロ120-125円)が大勢であり、
しかも2桁減益という見通しばかりですから、
現状の1ドル106円台では、さらに減益幅が拡大することになるので
14.78倍というのは鵜呑み出来ないというか、
確実に悪化することになるわけですからね・・・

しかも本日を含めてこれまでに終えた企業決算はまだ4分の1程度であり、
6日から16日までに残り4分の3近くの発表が控えているわけですから
せめて3分の2くらいの今期見通しが発表されるなり、
我らがトヨタの決算(11日)が出てくるなり、
もしくはひょっとこハム太郎が為替介入を行うことで、
一気に想定為替レートの110円近くまで持っていくか、
もしくは米国がゴリゴリの利上げ(ドル高)路線にでも傾かない限り、
いくら私の基本路線がポジティブゴリラであろうとも、
さすがに現状のPERを手掛かりにするのだけは、
ちと無理があるとしか思えないのですが・・・

とは言っても相場は需給面、心理面によって、
上(割高)にも下(割安)にも行きすぎるのが常であり、
すべての手掛かり材料が出揃う前に、早く動くのも常であるのも事実ですから
PERがアテにならないと言って動かないわけでもないですが・・・

だけに・・・

ひょっとこハム太郎や米国が動いていない現状ではPERではなく、
昨日も書いた通り、足元では巻き戻しの余地が大きい需給面、
もしくは安倍ちゃんマンがドでかい政策でもぶっ放すことでの心理面、
これらによって行き過ぎるなり早過ぎる形で動く可能性はあり得る・・・
というのが妥当と見ておくのがいいでしょう。

ただし国内の需給イベントとしては、13日がSQ(米は20日)、
国内外としては同じく13日が大人の都合な45日前ルールの該当日であり、
PERをアテにするのならば、同じく13日は国内企業決算が一巡となるので
需給面、バリュー面においては、13日が節目ではあります。

外部要因でPERをアテにするならば、先にも述べた通り雇用統計を始め、
今週は米利上げの方向感が右往左往する米経済指標が特盛ですから、
ゴリゴリの利上げ路線にでもなるか、もしくはひょっとこハム太郎によって
1ドル110円にでもなれば、PERもアテにはなります。

心理面としてはPERがアテになることも重要ですが、
GW明けに安倍ちゃんマンのビッグな政策が飛び出せば・・・ということです

以上の通り、外部要因やひょっとこハム太郎次第でアテなるPER、
安倍ちゃんマン次第でもある心理面は、ちと他力本願ではありますので、
自力での国内的なヤマ場としては、
やはり需給面での節目も含まれる13日の金曜日だと言えますが・・・

麻生言えば、ひょっとこハム太郎のパナマ帽・・・ではなく、
あっ、そういえば、パナマ文書に記載されている企業名・個人名が、
来週の10日に公表されるようですから、民間企業や民間人は良いとして、
まさか消費税増税を推進してきた国内の政治家であったり、
財務省の連中の名前があったりしたらクリビツテンギョー・・・
どころでは済まないかも知れないですね(笑)

それこそチーム安倍ちゃんマンの閣僚の名前があったら、
辞任の機運が高まると共に政治の混乱というサプライズにはなりますが・・・
あ、でも・・・この前、パナマの大統領が日本に来ていたので、
もしかして口封じのために招いたのか・・・
鉄道や運河のインフラ整備を含め、手厚い支援をしてましたからね・・・
そうなると与党側の政治家は名前が出ることはなく、
民進党を始めとする野党の面々だけ名前が出てくることで参院選は圧勝・・・
というそんなパナマ・・・なポジティブサプライズなシナリオを
安倍ちゃんマンが描いていたならば、パナマ帽だけに脱帽です・・・

お察しの通り、裏付けもないただの妄想であり
パナマ大統領がパナマ文書にどうこうという権限も無いとは思いますのでね。

まぁ明日からまたしても連休なので、
書いている内に思いついたことを書いただけです。

ということで、来週のパナマ文書公開での脱帽シナリオはともかくとして、
連休中にはパナマ帽おじさんと米国次第では動く可能性も否定はできませんが
一応、ヤマ場として13日を見据えておきましょう。

良い連休&GWをお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。




スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
パナマ文書
スイーツ男子 | URL | 2016-05-03-Tue 11:29 [編集]
マーケット番長さん、こんにちはです。

先日、番長さんが呼び出されたと述べられておりましたので、黒田さんと同様に
体育館裏に呼び出されたかと思って心配しておりましたが、どうも杞憂のようで
安心いたしました。

さて、相変わらず麻生さんネタ(特に冒頭部分)は冴えておられまして面白い
のですが、最後の部分は反省会が必要かと感じました(私はお笑いのセンスが
ない分、番長さんには期待しておりますのでシビアにいかせて頂きました。)。

ところで、パナマ文書ですが、何やら黒幕はソロスとかCIAとか言われており、
その狙いはロシアとかいう事ですが、確かに米国は、ロシアにはコケにされて
いる(クリミア編入に始まったウクライナ問題、元CIA職員スノーデン氏の身柄
引き渡し拒否、シリア問題等)ことによる報復の一面があるのかも知れません。

しかし、米国も元CIA職員がスパイ活動にタックス・ヘイブンのオフショア取引
が用いられた等の記事もあることから無傷では済まないような気も致します。

ただ、一番の気掛かりは、Brexitです。6月にEU残留を問う国民投票を実施する
予定ですので、キャメロン首相に関する中身によっては一気に離脱に向けて加速
する可能性(天の邪鬼は一面において人情でもありますので。)さえ秘めており
ます。従いまして、その場合には、想像も付きませんが一時的にせよ各市場での
混乱は避けられないのかも知れません。

それでは、またよろしくお願いします。良い連休を。
スイーツ男子さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-05-03-Tue 23:41 [編集]
> マーケット番長さん、こんにちはです。

こんばんはです。

> 先日、番長さんが呼び出されたと述べられておりましたので、黒田さんと同様に
> 体育館裏に呼び出されたかと思って心配しておりましたが、どうも杞憂のようで
> 安心いたしました。

大学の体育会はある意味では北朝鮮よりも強固な封建社会なので、
先輩ゴリラに呼び出されると体育館裏どころではありませんが
おかげさまで同期ゴリラだったので無事に生還できましたw

> さて、相変わらず麻生さんネタ(特に冒頭部分)は冴えておられまして面白い
> のですが、最後の部分は反省会が必要かと感じました(私はお笑いのセンスが
> ない分、番長さんには期待しておりますのでシビアにいかせて頂きました。)。

最後でっか?
まぁその辺はスベろうがスベるまいがどうでもいいことですが、
ありがたいお言葉をありがとうございますw

> ところで、パナマ文書ですが、何やら黒幕はソロスとかCIAとか言われており、
> その狙いはロシアとかいう事ですが、確かに米国は、ロシアにはコケにされて
> いる(クリミア編入に始まったウクライナ問題、元CIA職員スノーデン氏の身柄
> 引き渡し拒否、シリア問題等)ことによる報復の一面があるのかも知れません。
>
> しかし、米国も元CIA職員がスパイ活動にタックス・ヘイブンのオフショア取引
> が用いられた等の記事もあることから無傷では済まないような気も致します。


確かにそういった噂は耳にしますが、
タックスヘイブンを含めその辺の事情に詳しい人物に聞いたところ
詳しいことを書くと長くなるので割愛しますが、
独が黒幕なんて話も聞きましたw
もはや何が真実なのやらという感じですから、過度に気にしてもキリがなく、
出てきた情報で起こることに対応するしかないないですね。

> ただ、一番の気掛かりは、Brexitです。6月にEU残留を問う国民投票を実施する
> 予定ですので、キャメロン首相に関する中身によっては一気に離脱に向けて加速
> する可能性(天の邪鬼は一面において人情でもありますので。)さえ秘めており
> ます。従いまして、その場合には、想像も付きませんが一時的にせよ各市場での
> 混乱は避けられないのかも知れません。

これだけ報じられているので、
すでに市場は英のトンズラに対する備えしつつあるでしょうから、
市場にとってのブラックスワンとなるのは、
意外と残留となった場合のような気もしますが・・・
悪い方では独のユーロ圏離脱という飛躍的な懸念といったところでしょうかw

> それでは、またよろしくお願いします。良い連休を。

良い連休をお過ごしください。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.