不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
ブラックマン・デー(黒田デー)
こんばんはです。

まさにブラック・マンデーならぬ「ブラックマン・デー(黒田デー)」
と言える壮絶な一日でおました。

先日の日高とか言う記者の観測に過ぎない記事のせいで、
市場では黒ちゃんが更なるユルフン姿で現れ(追加金融緩和に動き)、
ゴールデンウィーク前にゴールデンボールがハミ金するとの期待もあったのか
単にそれを口実に日銀プレーをしていただけなのか、
とにかく本日の黒光り銀行会合においては、
更なる追加キンタマ緩和がなかったことで、
さすがの黒ちゃんも呆然としたであろう壮絶な一日となったわけです。


kuro1.png

とは言っても、催促相場のように市場が下げていたわけでもなく、
観測記事をきっかけとして勝手に市場が盛り上がっていただですから、
黒ちゃんにとっては知ったこっちゃないとは言えますし、
安倍ちゃんマンとの連携という意味でのタイミングとしては、
今日ではなく次回の会合以降というのが妥当とも言えますからね。

そして本日寄り前に発表された黒銀の本業でもある物価指標(CPI)では、
3月の全国CPIが総合とコアでマイナスとなったものの、
黒銀が目安とする食料・エネルギーを除くコアコアCPIは
前月から鈍化したものの前年比+0.7%とプラス圏を維持しており、
先行指標でもある4月の東京都区部CPIもほぼ同様であり、
本業の物価コントロール、目標のデフレ脱却という意味では、
指標面では改善されるつつあるので、
黒ちゃんとしては動く必要が無かったとも言えますが・・・

(都合が悪いと原油安のせいにするのに、コアコアを重視するというのは、
 いかがなもんか・・・という疑問はありますけどね(笑))

しかしながら同じく寄り前に発表された3月消費支出は前年比-5.3%・・
またしてもマイナスに転じており、国内消費はインバウンド頼みの様相・・
つまり黒ちゃんがハミ金するほどにフンドシを緩めようとも、
国民の財布の紐は緩まないという現状が続いております・・・
ただしこれは黒ちゃんの本業ではないとも言えますが、
実質賃金の低迷を招いているのも事実ですからね・・・

そして賃金の源である企業業績についても、
足元で本格化している企業決算を見る限り、ご存知の通り本日分を含め、
ほとんどの大型外需企業の17年3月期見通しは減益であり、
(内需企業は意外と増益見通しが今日も多かったですけどね)
円高も原因の一つではあるだけに、業績と「株価」という意味では、
効果はともかく、今日はユルフン攻撃を炸裂しても良かった気もしますし、
せめて会見でユルフン口撃くらいは炸裂しても良かった気もしますが・・・

一応、会見では「ちょっちゅなく動く」という具志堅ギャグに加え、
マイナス金利はまだまだ深堀りできまっせ~という口撃も炸裂してましたが、
残念ながら効果はなく、現在(19時)はドル円が118円割れ寸前、
先物は16300円を割る場面も見られ、
マイナス金利の深堀りどころか為替と株価がさらに深堀しております。

まぁでも、以上のような事態を招いたのが、
黒ちゃんの責任だというのだけは、どうも納得いかないですけどね・・・
少なくとも黒ちゃんはできる限りの精一杯のことはやっており、
むしろ動いていないのは財政側である安倍ちゃんマンの方であり、
本日の暴落に至っては市場が勝手に期待していただけですからね・・・。

だけに・・・

予定通りならば、GW明けにはいよいよ安倍ちゃんマンが動くでしょうし、
GW中にさらなる深堀りという事態となれば、
為替介入が容認される急激な変動に該当しているとも言えますので、
手始めとしては黒電話が鳴り(休日に鳴るのかどうかは知りませんが)、
いざとなれば太郎ちゃんマン(麻生財務相)が、
口は曲がっているけど真っすぐな物言いで、
「為替介入に踏み切ったぞボケナス!」とキレ気味に登場しそうですが・・

見方によっては、本日の黒ちゃんがきっかけで動いたのに(責任はともかく)
即座に黒電話を掛けるのはもちろんのこと、
ましてや政治側が即座に介入へ踏み切るのは、
世界から見れば何のこっちゃねん!という気もしてしまいますが・・・

そして以上のような政治面での下支えだけでなく、
足元の需給環境だけは良好であり、「現状」のバリュー面から見ても、
GW中に下げたとしても、4月安値を割ることは無いと言いたいのですが・・
先にも述べた通り、てんこ盛りだった本日の大型外需の低調な今期見通しが、
EPSを引き下げることになり、国内決算もまだまだ序盤ですから、
せめて想定為替レート(概ね110円)を超える円安にでもならないと、
バリュー面において4月安値を下回らないとは言えなくなりますからね。

しかも米利上げスタンスという為替(ドル)のさじ加減を決めるとも言える、
昨夜行われたFOMCの声明文では、海外リスクが軽減したと言う一方で
米景気はやや鈍化しているというどっちつかずの内容となりましたが、
言ってもご存知の通り、米国はジャイアンですから、
海外のリスクよりも自国のことが優先であることは市場も承知済であり、
昨夜は米債券高・ドル安という利上げ先送り姿勢な動きとなっております。

ただし世界的なドル安ながらも、本日の黒光り銀行会合までは、
黒ちゃんへの期待もあったからなのか、円最弱という動きとなり、
日本にとっては(ベストな動きではあったのですが世界にとっても)、
見ての通り、黒ちゃんへの期待が剥げ落ちたのか、失望を招いたのか
黒光り銀行会合をきっかけに円最弱ではなくドル安円高に変わったので、
米GDPをはじめとする今夜以降のイベント等をきっかけに、
ドル高へ転じるなりしなければ、神の手(御上の為替介入)で阻止するか、
安倍ちゃんの政策期待が高まらないと、
深堀りが進んでもおかしくはないという状況でおます。

まぁ明日から我が国はGW入り、3連休入りですから、
もはやつべこべ言っても仕方ないので、
深堀りすることなく、平和なGWとなることを願うばかりです。

ということで本日はこれにて失礼します。

良いGW、もしくは3連休をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。




スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.