不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
ドラ銀、黒銀よりも日高金融緩和な週末
こんばんはです。

いやはや・・・本日は前場からメガバンクをはじめ金融株が強く、
REIT指数もプラスで推移していたりと、
来週の黒銀会合期待のような下値の堅い動きが見られていたものの、
昨夜のドラギナイトをはじめとする海の向こうのヤマ場をきっかけに、
やっとこさ一服モードになるのかなと屁をこきながら眺め、
後場に入ってからも飯を食いながら眺めていたら、
鼻から御飯粒を噴射するほどのお祭り騒ぎが発生・・・

ドル円は一気に110円を突破し、
日経平均はプラテンどころか17500円を突破するお祭り状態となり、
昨夜のヤマ場をきっかけに一服もへったくれもなく高値引け・・・

ご存知の通り、きっかけとなったのは、
常習犯でもあるブルームバーグの日高記者が書いた観測記事でおます。
何やら来週28日の黒光り銀行会合において、
金融機関への貸出しにマイナス金利の適用を検討している・・・
とのリーク?観測?飛ばし?記事でおます。

事実であるならば、銀行のゴネ得やないか・・・と言いたくもなります。
公的資金でケツを拭いて貰い、法人税も払わず、公的資金を返却した途端、
どこよりも早く賃上げに踏み切り、日銀の金融緩和下においては、
過保護すぎる甘い汁を吸わせて貰っていたにも関わらず、
マイナス金利が適用された途端にゴネるっちゅうのはナメ腐っとるな・・・
それこそダンプカーで突っ込んでやりたくもなりますが・・・

という個人的な腹立たしさはともかくとして、
日高記者の記事自体が事実なのかどうかもわかりまへんけど
市場にとっては好材料と受け止められております。

いやはや当の本人・・・というか日銀総裁の黒だぬき先生は、
G20等の場だけでなく、連日のように体育館裏(国会)へ呼び出され、
「何かあればちょっちゅなく(躊躇なく)動く」という具志堅ギャグと共に、
繰り返し追加のユルフン(金融緩和)を示唆していたにもかかわらず
市場はシカトする状況が続いていたのに、
日高記者の観測記事には敏感に反応・・・
こんなものを見せられた黒だぬき先生としては、


kuroda22.png


「ちょっと、ちょっと・・・ボクちんの登場は28日なんですけど・・・」
「せっかくのサプライズが台無しになるやないか・・・」

という黒ダヌキ先生の嘆きが聞こえてきそうです・・・
同時に自らの言葉責めプレイ効果が無くなってしまっていることを、
改めて自覚させらていることでしょうね・・・

せっかく今年から黒光り銀行会合の開催数を減らし、
イエレンおばさんやドラギえもんのように、
言葉責めだけで市場を調教してやろうと思っていたのに、
毎日の様に体育館裏へ呼び出されているようでは、
仕方ないとも言えますけど、今日のような市場の反応を見せられると、
もはや日銀金融緩和やなくて日高金融緩和だと揶揄されそうな勢いです。

ただでさえ市場では金融政策に対する限界説が蔓延しつつあり、
かといって両輪の内の片輪である安倍ちゃんマンの財政政策の動きは鈍く、
現状では黒だぬき先生の片輪走行のみでその場をクルクル回っているだけ・・・
というのが露呈しつつあるだけに、せめてサプライズを起こすことが、
限界説を打破する手段の一つでもありますから、
来週28日の黒光り銀行会合に対する市場のハードルは上がってしまった・・
と言わざるを得ないです。

まぁ本日の「日高」金融緩和の記事では、
ETFの買い入れ枠の拡大にまでは言及してないので、
(足元での連日に渡る黒銀のETF買いによってバレつつもありますが)
サプライズ要素がゼロだとは言いませんけど、
やはりここは片輪である安倍ちゃんマンが同タイミングとは言わなくとも、
サミット前・・・いや近々にでも政策を打ち出すことを強く示唆しなければ
またしても市場からシカトされる可能性はあるので、
安倍ちゃんマンにも早く動いて頂きたいものです。

そうなれば黒銀行会合を含む次のヤマ場である27-28日は、
アベクロの政策コンボ相場によって無事に通過することになりそうです。

そして昨日の記事でも書いたその次のヤマ場である5月13日前後についても
ヤマ場にもセルインメイにもならず、あっさりとヤマを越えそうですが・・・

まぁそんな次のヤマ場以降の動きはともかくとして、
週明けという目先については、本日の「日高」金融緩和のせいもあり、
私が想定していた昨日のヤマ場をきっかけにした一服モードが吹っ飛んだので
週末にでも改めて見直さなければなりませんが・・・

足元のシカゴIMM通貨先物ちんポジを見ればわかる通り
このまま為替が本気で巻き戻すことになれば、裁定買い残も低水準なだけに
一気に円売り先物買いという大人の都合モードが加速するとともに、
業績懸念が和らぐほどの円安水準となれば、
結果的に現物買いも誘い、商いを伴いながら買いが買いを呼ぶ・・・
日本だけ別世界なアホアホ相場になってもおかしくない需給環境ではあります
本日も後場から一気に商いが膨らんでいたり、
商いを主導する外人は先週から買い越しに転じていたりと兆しもあり、
需給以外の業績という面でも、本日は安川電機が一応プラス引けだったのでね

とは言っても、昨夜の海の向こうでのヤマ場は、
ドラギナイトはこれといった新味のある材料を出したわけでもなく、
米国では昨夜発表された経済指標は低調なものが多く、
企業決算でも注目のマイクロソフトとグーグルは市場予想を下回り、
時間外では大きく売られており、米経済指標と米企業決算共に、
利上げ(ドル高)の影響を裏付ける結果となっているだけに、
今夜発表の注目されるキャタピラー、GEの決算が、
これまた利上げの影響を裏付ける低調な結果になるようだと、
来週のFOMCに向けて利上げ先送り観測が強まると共に、
再びドル安圧力が高まる可能性はあります。
(今のところはドル高が継続中ですけどね)

そしてドルと共に世界のリスクON/OFFスイッチでもある原油についても
昨夜から軟調に推移しているので、ドルの動きだけでなく、
今夜のリグ稼働数等の発表を経ても軟調なままだと、
リスクオフムードが高まることにはなるので、
本日の我が国で起きた観測記事に過ぎない「日高」金融緩和効果が、
持続するのかどうかはまだわからないですからね。

とりあえずもはや週末であり、つべこべ言っても仕方ないですから、
今夜の海の向こうの動きも見極めて、
改めて来週の見通しについては週末に書きますので、
本日はこれにて失礼します。

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。





スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

沢村 | URL | 2016-04-23-Sat 07:47 [編集]
おはようございます!
毎日真剣にかつ、楽しくブログを読ませていだいています。
いや、このタイミングでのサプライズなリーク記事でしたね。黒田さんのうなだれた写真の登場にに思わず吹き出してしまいました。
コメントにあったなかでの質問ですが、足下日銀のETFの買いが増えているのでしょうか?個人的には次の追加緩和はやけくそでのTF買い増し5兆円増額とか位かなとも思っていたのですが、、。
あと仮に記事に出ているような緩和があったとして外部環境や安部さんの政策期待もありますが、追加緩和自体のマーケットへのインパクトや賞味期限はどのくらいだと想定されていますか?あと6月23日のブリグジットについての見解とインパクトについてもどのようにお考えか教えて下さい。
よろしくお願い致します!

沢村さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-04-23-Sat 14:28 [編集]
> おはようございます!
> 毎日真剣にかつ、楽しくブログを読ませていだいています。

こんにちはです。
ありがとうございます。

> いや、このタイミングでのサプライズなリーク記事でしたね。黒田さんのうなだれた写真の登場にに思わず吹き出してしまいました。
> コメントにあったなかでの質問ですが、足下日銀のETFの買いが増えているのでしょうか?
> 個人的には次の追加緩和はやけくそでのTF買い増し5兆円増額とか位かなとも思っていたのですが、、。

設備投資と人材育成関連ETFといった新しいものを買っているので、
新たなジャンルのものを買うと言えば、多少のインパクトにはなるのかなという感じです。

> あと仮に記事に出ているような緩和があったとして外部環境や安部さんの政策期待もありますが、
> 追加緩和自体のマーケットへのインパクトや賞味期限はどのくらいだと想定されていますか?

今は財政出動ありきなので、財政とセットでなければ
よほど特盛な規模での追加緩和にでもならない限り、
賞味期限は短いのかなとは思っております。

> あと6月23日のブリグジットについての見解とインパクトについてもどのようにお考えか教えて下さい。
> よろしくお願い致します!

散々に騒いでいるので、すでに織り込まれているとも言いたいのですが、
英国がトンズラするだけならばまだしも、
EU、ユーロ圏の崩壊懸念という連想ゲームへと拡大すれば、
織り込み済みとは言えないですからね・・・
つまりインパクトはわからないということですw

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.