不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
ヤマ場を経て、ひとまず・・・
こんばんはです。

新月だった昨日の国際金融経済分析会合と日銀支店長会議、
昨日の引け後に発表されたユニクロの決算、
昨夜の土瓶・茶瓶・ハゲチャビン・ベンジャミン・ハゲナンキを始めとする
歴代FRB議長とイエレン・オブ・ジョイトイとのムチでのシバキ合い、
本日のSQ・・・といった目先のヤマ場を迎え、
結果的には通過すると共に、本日の日本株はリバウンドとなりました。

しかしながら最も期待していた昨夜のイエレン・オブ・ジョイトイは、
ゴリゴリのハト姿勢ではなかったものの、
利上げを正当化しているくせに、一方でドル高はシバくぞ(許さん)!
という相変わらず身勝手なことを言っており、
昨夜のイエレン・オブ・ジョイトイのムチ打ちSMショーをきっかけに、
ドル高転換にはならず、円最強モードが変わらないままで本日を迎え、
ユニクロの寄りとSQ通過でどうにかなればのぉ・・・
という淡い期待を抱いている程度でおました。

そして意外にユニクロが早く寄ったこともありますが、
これまた意外なところから援軍が登場することに・・・

先日には安倍ちゃんがインタビューで、
「お前が言うな!」と世界中からツッコまれそうな、
通貨安競争を否定する発言をしてしまったことで、
確かにG20や伊勢志摩サミットを控え仕方ないのかなぁ・・・
という諦めと共に、為替市場へのアベクロの睨み効果が剥落し、
円高に歯止めが利かなくなっていたわけですが・・・

そんなところに本日はコスプレおじさん(麻生財務相)が登場し、
為替介入チラ見せ口撃を炸裂することに・・・
しかもガースー(菅官房長官)までが同様の口撃をしており、
剥落していた為替市場への睨み効果も多少は復活し、
イエレンのムチ打ちショーの穴埋め効果にはなりましたが、
安倍ちゃんのインタビューは一体・・・という疑問は残ったままです(笑)

とにかく本格反発ではなく仮需の巻き戻し主体のリバウンド期待ですから、
「きっかけ」さえあれば何でもいいので、
昨日からのヤマ場イベントと意外なコスプレおじさん達の口撃が重なり、
これらをきっかけに、ドル高でも最強円高だったものが和らぎ、
本日の日本株はひとまずリバウンドになったということです。

商いについても膨らんだとは言え、約2.57兆円程度ですから、
コツン感(セリクラ感)は乏しいと言わざるを得ないですが、週末でもあり、
一方でマザーズの商いは一昨年以来の鬼商いであり、
銘柄に偏りはあれどそれだけの資金が動いていたということが重要です。
そして本日の動きから見れば、クジラによる無理くりな支えというよりは、
外国産のイナゴが飛来している動きに近かったですけどね。
 
ということなので、ドル>ユーロ>円という構図が続くのが理想ですが、
少なくともドル>円が続いているのであれば、
昨日まで日本は別世界な独歩安を演じてきたので、
ドル高によって米株や原油・商品、資源国・新興国が少々悲鳴を上げようとも
リバウンド局面は続くと見ております。

あくまで仮需の巻き戻しを中心としたリバウンドであり、
上記のような構図で為替が推移しようとも、
現在の為替水準程度では業績懸念は払拭されていないので、
割り切ってリバウンドに乗ればいい・・・ということです。

ちなみに4月下旬から始まる3月期決算企業の目安となる竹内製作所の決算が
引け後に発表されており、16年12月期見通しは以下の通りです。

売上 5.5%減
営業 24.2%減
経常 22.8%減
純利 20.7%減

見ての通り低調な見通しであり、短観の見通しも大きく下回っておりますが、
想定為替レートは日銀短観(1ドル117.46)の様なお気楽設定ではなく
1ドル107円、1ポンド153円、1ユーロ123円、1人民元16.7円
という現状に則した設定であり、PERの水準から見ても、
織り込まれるのは早そうですが、週明けの竹内の反応は注目であり、
他の外需銘柄の来期業績に対する見方がどう変化するのかも注目ではあります
(小売企業の来期見通しは、今のところ減収減益ではないです)

更に引け後には、株価との連動性も高い3月景気ウォッチャー調査が発表され
現状判断DIは前月からチビっと改善したものの、
肝心の先行き判断DIは悪化しております・・・
相変わらず現状判断DI、先行き判断DIともに50割れでもありますしね。

というように、来期を含めた業績だけでなく国内景気という実体部分でも
懸念は払拭されていないというのが現実であり、
(米国も週明けのアルコアから企業決算が本格化します)
繰り返しになりますが現状では、本格反発になるとは言えず、
あくまで仮需の巻き戻しを中心としたリバウンドに過ぎないということすから
ダメならば即座に撤退するというリスクを覚悟の上で、
為替を横睨みしながら、割り切ってリバウンドに乗るという感じです。

もし今夜の海の向こうでドル安に舞い戻ってしまい、
しかもドル安なのに米株、原油・商品、資源国・新興国が崩れる・・・
という最悪モードになってしまったら、笑うしかないですけどね(笑)

まぁもはや週末ですから、つべこべ言っても仕方ないので、
本日はこれにて失礼ぶっこきます。

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。




スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.