不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
目先のヤマ場に向けて、特に変わりもなく・・・
こんばんはです。

パナマ文書とやらが流出し、各国の要人が冷や汗を垂らしているとか・・・
我が国の要人も名を連ねているとの噂があったりもしますが、
各国の中銀関係者等が名を連ねていたら、もはや笑うしかないです。
そしてくれぐれも良からぬ引き金にならないことを願うばかりです。

さて、パナマ文書に名を連ねているのかわかりまへんけど
マイナス金利導入前にキャッシュで億ションを購入した我らが黒ちゃんが、
再びレートチェックをやるのでは?ついに安倍ちゃん(財務省)が為替介入?
なんて噂も飛び交うほどに円ゴリラ状態となっており、
ついにドル円は110円台前半に突入し、今年の安値も割っております・・・

引け後には黒光り電話(レートチェック)か・・・との噂もありましたが、
どうやらガースー(菅官房長官)のソフトな言葉責めだったそうで、
為替介入を思わせる効果も無く、円ゴリラ状態が継続しております。

場中にも黒光り銀行、財務省、金融庁が寄り合いを行っておりましたが、
黒ちゃんやコスプレおじさん(麻生財務相)が参加したわけでもなく、
幹部だけの寄り合いで終わったからなのか、これといった反応も無しです。

最近のアベクロの政策(金融・財政政策)に対する市場の反応を見ていると、
もはや言葉責めや牽制だけでは「期待」すらも高まらなくなっております。

これまで黒ちゃんはフル稼働に近い形で金融政策を打って来ましたが、
乱発し過ぎた面があったり、表に出てきて喋り過ぎていることで、
言葉の効力が低下しているという面もあり、
何より金融政策の効果は限定的という見方も浸透しつつあるだけに・・・
安倍ちゃんマンが金融政策との両輪で回す必要のある財政政策を、
一刻も早く実行しないことにね・・・

如何せん安倍ちゃんマンのケツが重く、
これまで言葉責めだけで終わっている・・・とまでは言いませんが、
実際に足元の国内経済指標が低迷しているのも事実であり
株価の大部分を構成する企業業績への懸念が高まっているのも事実ですから、
もはや言葉責めだけでは市場から信用されず(相手にされず)、
実際に動かないと市場は信用しない(相手にしない)状況だと言えます。

そういう意味では安倍ちゃんが実際に動けば、
黒ちゃんのように市場から無視されることもなく、
市場は素直に好感する可能性が高いとも言えますけどね・・・

まぁでも安倍ちゃんの目的は憲法改正であり、
それを実現するためには国民投票で勝利できるだけの支持率が必要であり、
支持率を得るための手段として、景気回復に注力しているとは言え、
夏に控える参院選で負けてしまえば元も子もないですから、
参院選を意識して財政政策をぶっ放すとなると、
早くても5月26-27日の伊勢志摩サミット前くらいなのでしょうね・・・

それまでは市場を放置することで、
リーマンショック級の事態に陥ったという消費税増税先送りの大義を得る・・
なんて良からぬことを考えているのか?と思ったりもしますが、
見ての通り、世界的にはリーマンショック級の事態どころか、
リスクオフにすらなっておらず、日本だけと言う異常事態に陥っているので、
このままでは消費税増税先送りの大義を得ることはできず、
単に安倍ちゃんの日本経済の舵取りに対する責任だけが問われることになり、
ただでさえGPIFの運用報告を選挙後に先送りにしているのもあり
マスコミと野党がこれらの点を叩き始めると選挙にも影響するだけに、
もしかすると尻に火が付いた安倍ちゃんが、
早めに動く可能性は無きにしもあらずですけどね。

まぁとにかく現時点では、安倍ちゃんが政策を打ち出すと言っているだけで、
実際には動いておらず、市場もシカトしている状況ですから、
安倍ちゃんが実際に動くまでは、繰り返し書いている通り、
16年度見通しを含めた業績懸念が払拭されない限り、
世界の中で唯一沈んでいるとも言える日本株が浮上するのは難しい状況です。

浮上するためには、業績の嵩上げ効果のある円安に転じると共に、
短観の16年度想定為替レート(117.46円)を上回る必要があるので、
アベクロが為替市場への牽制だけでなく、神(御上)の手を使うなり、
他力本願ながら米利上げ観測が高まることでドル高に転じることです。
もしくは国内の経済指標が堅調な結果のオンパレードとなり、
業績懸念が和らぐといいのですが(期待薄)・・・

これらが叶わなければ、20日の安川電機から始まる本決算ラッシュにて、
16年度見通しが出揃い、業績懸念の払拭までは期待出来なくとも、
織り込み済みとの反応になるまでは、日本株の本格反発は厳しいので
それまではせいぜい需給面等を手掛かりにしたリバウンドくらいしか、
期待できないと言えます・・・

従って週初の記事でも書いた通り、
7日引け後に発表される指数寄与度の最も高いユニクロの決算と8日のSQ
という「SQLO(エスクロ)」、先にも述べた通り、もはや期待薄ながら、
7日は消費税増税先送りと財政出動の口実作りの国際金融経済分析会合、
黒ちゃん講演も行われる日銀支店長会議という「アベクロ」、
イエレンがタカ派姿勢(ドル高)な発言をポロリするか注目でもある、
ドビン・チャビン・ハゲチャビン・ベンジャミン・バーナンキら、
歴代FRB議長とのシバキ合い(討論会)
という「イエクロ(イエレンクロストークという無理矢理な訳w)」
そして7日は新月という月が「マックロ(真っ黒)」
という4つのクロが控える7-8日が、需給を含めた大人の都合で、
リバウンドするきっかけとなりなそうな目先のヤマ場イベントではあります。

他にも超目先としては、週初の記事でも書いた通り、
今夜の米国では2月貿易収支、2月JOLT労働調査、
3月ISM非製造業景況指数、大統領予備選
明日は国内でおしゃべり山本幸三議員の勉強会、2月景気動向指数、
中国3月財新サービス業PMI、独3月鉱工業生産、FOMC議事録、
クリーブランド連銀総裁講演、モンサント等の米企業決算、ズベルバンク決算
明後日のヤマ場以外のイベントとしては、ECBメンバーの講演、
余計な事を言いがちなIMFの世界経済見通し、
週末は2月国際収支と3月景気ウォッチャー調査、国内の2月期企業決算
17日の産油国会合を前にした中南米産油国会合
というように、それなりに重要なイベントもありますが、
やはり今週のヤマ場としては7-8日の4つのクロでおます。

ということで、明日のスタンスとしては、特に変更はないですが・・・

持ち越し短期勝負の方については、以上のような小難しい背景もありますが、
シンプルに国内目線で判断するならば、安倍ちゃんが政策をぶっ放すなり、
円安転換にでもならない限り、国内の業績懸念は払拭されないので、
少なくとも7-8日のヤマ場までは、その日限りの勝負に留めておきましょう
(既に来期見通しを発表済である決算期の銘柄を狙うのはありです)

腰を据えて王者の風格で新たに参戦する方についても、
参戦判断としては持ち越し短期勝負の方と同様ですから、
打診程度に参戦するにしても、7日以降という程度で構えておきましょう。

先週末までに撤退せず、昨日も撤退しなかった方については、
もはや御自由にどうぞとしか言いようがないですが、
現状ではひとまず撤退しておくことをオススメします。
せめて7日以降に打診参戦するなり見極めるなりした方が無難でおます。

新興市場については、小難しい国内外の背景とは一線を画しますが、
主力大型株が円高と共に商いの伴った株安となるリスクオフモードとなれば、
さすがに新興市場は関係ないと言えないですし、
足元ではマザーズが過去三年間の高値水準に達し、騰落レシオも過熱しており
先週末に続き本日もこれまでの上昇局面を上回る商いでの下げですから、
(マザーズは今年一番の大商い)
明日も同様に商いの伴った続落となったり、反発しても薄商いであれば、
シンプルに下落局面入りと判断して構えておきましょう。

個別目線では政策絡みのテーマが豊富なのも事実ですから、
それらへの期待物色による個別への資金流入(循環)が継続し、
常にウォッチして動きを把握している銘柄であるならば、
今後もテーマ(政策)に絡む官民イベントは多いので、
小難しい国内外の背景には囚われず、個別判断で勝負すればいいですが、
主力大型株が商いを伴うリスクオフとなれば(本日は薄商いでしたけどね)、
新興市場も個別目線も関係ないとは言えず、
先にも述べた通り、主力大型株の危うい状況に変わりはないので、
持越しの短期勝負については、しばらく控えるのが無難だとは思います。

中小型割安狙いの方も同様です(腰を据えるのは御自由にどうぞ)。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

みずほ | URL | 2016-04-05-Tue 20:39 [編集]
こんばんは。
パナマ帽♪くるくると~指でまわして~♪(明菜ちゃん)じゃない、パナマ文書見たいです。今朝のワールドニュースは各国、自国の人の名前をあげていました。インドは複数名いました。また、どこもおそロシアの件は必ず取り上げていましたね。
ロシアの局はいつものように一蹴してました…。

だからってこれから何かがどうなるものでもない気がしますが。取り締まりとかできるんですかね。

ヨーロッパの富豪は資産を子孫に代々継承する事を目的に資産運用すると聞いた事があります。貴族みたいですね。
税金なんぞで一円も減らしたくないのでしょうかね。

A | URL | 2016-04-05-Tue 20:44 [編集]
黒光り電話とかガースーの言葉責めやら番長日誌はいつもツボりますw

やまねこかい | URL | 2016-04-05-Tue 20:57 [編集]
お久しぶりです。
番長さんの指摘通り、日銀短観をきっかけにした日本だけの
プチリスクオフ、見事に当たりましたね。

着実に上値は切り下がっている感じですが、
リスクオンオフの応酬というか、完全な需給プレイというか、
いってこいの連続でやり難いです。
アベちゃんマンの財政政策や黒ちゃんの4月電撃緩和をやっても、
タイミングが悪いと日本以外がリスクオフに戻されてしまうことも
想定しておいた方が良いかなと思っています。

ちまたではGPIFの日本株の評価損だけを問題にしてますが、
評価損益だけなら、円高による外株、外債の評価損も大きそうです。
加えて問題は、年金だからキャッシュアウトしないといけないのに、
売りたい時に売れないということですよね。

GPIFが90年代の銀行の塩漬け持ち合い株のようになると、
外人やGPIFが買い上がった大型株も上がりにくく、
プチバブルのマザーズもダメとなると、
買いでは本当に厳しい時代になりそうです。
正直、無駄にPKOで株価を買い支えて流動性も低下するより、
早く落ちきってもらったほうがやり易いのですが、
そうはならないでしょうね。。。
みずほさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-04-05-Tue 23:41 [編集]
> こんばんは。

こんばんは。

> パナマ帽♪くるくると~指でまわして~♪(明菜ちゃん)じゃない、パナマ文書見たいです。
> 今朝のワールドニュースは各国、自国の人の名前をあげていました。インドは複数名いました。
> また、どこもおそロシアの件は必ず取り上げていましたね。
> ロシアの局はいつものように一蹴してました…。
>
> だからってこれから何かがどうなるものでもない気がしますが。取り締まりとかできるんですかね。
>
> ヨーロッパの富豪は資産を子孫に代々継承する事を目的に資産運用すると聞いた事があります。貴族みたいですね。
> 税金なんぞで一円も減らしたくないのでしょうかね。

単純に業績に響く企業が出てくるというのもありますし、
金融市場への依存度も大きいだけに、流動性という意味でも影響はあるのかなとも・・・
かなり先の話でしょうけどね。
あとは良からぬスキャンダルに発展して、
市場に影響のある要人が居なくなることですかね。
Aさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-04-05-Tue 23:43 [編集]
> 黒光り電話とかガースーの言葉責めやら番長日誌はいつもツボりますw

ありがとうございます。
少々品位に欠けることも多いですが、今後ともよろしくお願い致します。
やまねこかいさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-04-05-Tue 23:57 [編集]
> お久しぶりです。

おひさしぶりです。

> 番長さんの指摘通り、日銀短観をきっかけにした日本だけの
> プチリスクオフ、見事に当たりましたね。

いえいえたまたまですw
まぁ日銀短観を材料にしているのかはどうあれ、
きっかけ(口実)にはなっているのでしょうね。
少なくとも業績懸念は拭えませんので・・・

> 着実に上値は切り下がっている感じですが、
> リスクオンオフの応酬というか、完全な需給プレイというか、
> いってこいの連続でやり難いです。
> アベちゃんマンの財政政策や黒ちゃんの4月電撃緩和をやっても、
> タイミングが悪いと日本以外がリスクオフに戻されてしまうことも
> 想定しておいた方が良いかなと思っています。

確実なのは何だかんだ言っても見通しも含めた業績への懸念さえ払拭できれば、
少々足元の景況感が悪かろうとも、アベクロの政策に対しては、
好意的な解釈をするようにはなるでしょうね。

> ちまたではGPIFの日本株の評価損だけを問題にしてますが、
> 評価損益だけなら、円高による外株、外債の評価損も大きそうです。
> 加えて問題は、年金だからキャッシュアウトしないといけないのに、
> 売りたい時に売れないということですよね。

その辺はそういう見方が多いですけど、今の段階では何とも言えませんし、
実態もわからないので、もはや結果を見るまではお任せするしかないのかなと。

> GPIFが90年代の銀行の塩漬け持ち合い株のようになると、
> 外人やGPIFが買い上がった大型株も上がりにくく、
> プチバブルのマザーズもダメとなると、
> 買いでは本当に厳しい時代になりそうです。

私は基本的何があろうと性格的に買いがメインですけどねw
小型を温めるのが好きではありますのでw

> 正直、無駄にPKOで株価を買い支えて流動性も低下するより、
> 早く落ちきってもらったほうがやり易いのですが、
> そうはならないでしょうね。。。

意外とかつてよりは需給環境だけは良いと言えるので、
なかなか落ち切るというのは無いかもしれないですね。
落ちるとしてもズルズルと下落トレンドが続くという感じでしょうね。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.