不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
今週はSQLO(エスクロ)、アベクロ、イエクロ、真っ黒
おはようございます。

桜満開となる新年度入りと共に週末はヤマ場を迎え、
日本株は桜が咲かずに散り始めるという世界でも稀な動きとなり、
せめて枝垂れ桜のように花を咲かせながら下げて頂きたいものですが・・・


IMG_0474.jpg

昨日の記事で書いた通り、今のところは世界的なリスクオフではなく、
日本だけのような異常気象であり(ユーロ圏も現象としては近いですけど)
原因としては金融政策の効果に限界があるとの見方に加え、
安倍ちゃんマンの財政政策が打ち出されそうではあるものの、
現時点では打ち出されていないという状況下であり、
国内景気の失速と共に増している業績への懸念も払拭されていないので、
結果的にはアベノミクスへの信認低下にも繋がっているからなのか、
外国人の売りも継続しているという状況です・・・

しかも3月末まで続いたクジラ等の大人の事情買いも減速したからなのか、
単に日銀短観の低調な結果が上記の懸念への追い討ちとなったのか、
新年度入り早々、ここぞとばかりに商いを膨らませながらの大幅安となり、
一昨日の雇用統計とISM製造業を経て、ドル安円最強高となっております。

従って米国が利上げ観測の高まるドル高転換となるか、
クジラたちの露骨な大人の事情買いでビビらせるか、
アベクロがレートチェック等で為替市場に睨みを利かせてビビらせることで、
無理矢理にでも一気に円安へと傾けい限りは、
4月20日の安川電機から始まる国内企業決算を控えている状況下では
肝心の業績懸念が払拭されないという状況です・・・

さっさと安倍ちゃんマンが選挙のタイミングも考えずに政策を打ち出すなり、
短観を含め足元で低迷していた国内景気指標を吹っ飛ばすような、
新たな経済指標のオンパレードにでもなればいいのですが・・・

一応、国内の需給環境としては、
期末に向けた大人の事情買いの力は減速したとは言え、
クジラたちが4月から潮を吹かないと決めたわけでもなく、
シカゴIMM通貨先物ポジション、裁定買い残、信用買い残等の仮需面では、
まだまだ低水準であり、巻き戻しの余地は大きいので、
何かきっかけさえあれば・・・という状況です。

というように、需給環境や海の向こうの状況を考えると、
きっかけさえあれば需給面での巻き戻しが期待できるのですが、
外人売りが継続して下げるにしても、何チャラショックのようにはならず、
ズルズルとしつこい下落トレンドが続くという感じにはなりそうです・・・

そういう意味ではあっという間に滝壺に吸い込まれるカモにならず、
様子を窺いながら逃げる余裕はあるとも言えますが・・・


IMG_0450.jpg

ということなので、昨日の記事と以上の状況を踏まえつつ、
今後のスケジュールも加味しながら、来週の展望を占ってまいりますので、
まずはいつも通り、今週のスケジュールからご覧ください。
-------------------------------------------------------------------

国内 海外
4(月) 3月マネタリーベース(8:50) 豪2月小売売上高(10:30)
日銀短観「企業物価見通し」(8:50) 豪2月住宅建設許可件数(10:30)
トルコ3月消費者物価(16:00)
金融仲介の改善に向けた検討会議(13:00) ユーロ圏2月生産者物価(18:00)
経済財政諮問会議(17:40) ユーロ圏2月失業率(18:00)
 ※経済財政諮問会議の民間議員が 米3月労働市場情勢指数(LMCI)(23:00)
  消費喚起への取組みの骨太方針公表  米2月耐久財受注・確報値(23:00)
石原経済再生相会見(19:10) 米2月製造業新規受注(23:00)
稲田自民政調会長が露、中国訪問(3-9日)
中国の武大偉朝鮮半島問題特別代表訪日 プラートECB理事講演(17:30)
 ※岸田外相、外務省幹部らと会談 ボストン連銀ローゼングレン総裁講演(22:30)
新宿駅南口に国内最大規模の  ※ハト派、投票権有
 バスターミナル「バスタ」がオープン トゥスクEU大統領講演(26:30)
ミネアポリス連銀カシュカリ総裁講演(32:00)
日銀量的・質的金融緩和導入から3年  ※??派、投票権なし
ASEAN財務相会合(1-4日)
ファストリ3月国内ユニクロ売上高(15:00) 欧州議会委員会会議
20日以降ギリシャに到着したシリア難民の
小売各社の3月月次売上高発表本格化  トルコへの送還を開始
小売企業を始めとする2月期決算企業の オバマ大統領とNATO事務総長が会談
 本決算発表が本格化 国連軍縮委員会(4-22日)
米韓合同軍事演習(3月7日-4月30日)
(決算) 欧州チャンピオンズリーグ準々決勝
しまむら、アダストリア、西松屋、オークワ
クリエイトSD、あさひ、ナガイレーベ、KTK ギニアとリベリアでエボラ出血熱再発の兆し
キユーピー、不二越、三協立山、カネコ種
(休場)中国(清明節)、香港、台湾
5(火) 日銀・需給ギャップと潜在成長率(8:50) 人民元基準値発表(10:16)
2月毎月勤労統計調査(9:00) 人民銀の公開市場操作(10:16)
2市場信用取引残高(16:00) 豪2月貿易収支(10:30)
独2月製造業新規受注(15:00)
閣議、閣議後会見(8:00) 仏3月サービス業PMI・改定値(16:50)
 ※安倍首相が16年度予算の前倒し執行 独3月サービス業PMI・改定値(16:55)
  に向けて具体的な指示を出す方針 ユーロ圏3月サービス業PMI・改定値(17:00)
衆院本会議 英3月サービス業PMI(17:30)
 ※TPP承認案と関連法案の審議入り ユーロ圏2月小売売上高(18:00)
ポロシェンコ・ウクライナ大統領訪日(5-7日) 加2月貿易収支(21:30)
日中韓FTA交渉の局長級会合(5-9日) 米2月貿易収支(21:30)
神戸鋼が中期経営計画発表(16:00) 米3月マークイットサービス業PMI・改定値(22:45)
米3月ISM非製造業景況指数(23:00)
10年債入札(12:45) 米2月JOLT労働調査(23:00)
米4月IBD/TIPP景気楽観度指数(23:00)
(IPO)ハイアス・アンド・カンパニー  API米週間原油在庫統計(29:00)
(決算) 豪準備銀行政策金利発表(13:30)
スギHD、サンエー、ケーヨー、ハイデ日高 シカゴ連銀エバンス総裁講演(14:00)
トーセイ、エスプール、バイク王、川口化  ※ハト派、投票権なし
瑞光、フロイント、東洋電、マルカキカイ インド中銀政策金利発表(14:30)
ショイブレ独財務相講演(25:15)
ウィルキンス加中銀副総裁講演(27:45)
大統領予備選挙(ウィスコンシン州)
FRBのストレステストに対し、米主要33行が
 資本計画とストレステスト結果の提出期限
  ※FRBの審査結果公表は6月末
NASAが膨張型居住棟の試験機を
 ISSに向けて打上げ
(休場)台湾
6(水) 3月車名別新車販売台数(11:00) 人民元基準値発表(10:16)
2月景気先行指数・速報値(14:00) 中国3月財新サービス業PMI(10:45)
2月景気一致指数・速報値(14:00) 独2月鉱工業生産(15:00)
プログラム売買状況(15:30) 米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
EIA米週間原油在庫(23:30)
自民山本幸三議員の議連である FOMC議事要旨(27:00) ※3/15-16分
 「アベノミクスを成功させる会」の
 勉強会再開※消費増税の在り方等議論 ヌイSSM議長講演(16:00)
高村自民党副総裁講演(12:00) イングベス・スウェーデン中銀総裁講演(19:00)
ポロシェンコ・ウクライナ大統領訪日(5-7日) ポーランド中銀政策金利発表(20:00)
 ※ポロシェンコ大統領会見(15:00) クリーブランド連銀メスター総裁講演(25:20)
九電川内原発の周辺住民らが  ※タカ派、投票権有
 運転差し止めを求めた仮処分申請の ECB政策理事会(金融政策発表なし)
 即時抗告審で決定(福岡高裁宮崎支部)  オランダでEU・ウクライナ連合協定に
光・レーザー技術展  関する国民投票
 「Photonix 2016」(6-8日) インド石油・ガス大臣、イラン訪問(6-7日)
フラットパネル ディスプレイ 技術展 欧州チャンピオンズリーグ準々決勝
 「ファインテック ジャパン」(6-8日)
高機能セラミックス展(6-8日) (決算)
モンサント、ベッドバスアンドビヨンド
(決算) ズベルバンク
パルコ、東京個別、サーラ、BS11
ダイセキ、ダイセキソリュ、暁飯島 (休場)タイ
技研製、小津産、エヌピーシー
7(木) 対外対内証券売買契約等の状況(8:50) 人民元基準値発表(10:16)
3月外貨準備状況(8:50) 人民銀の公開市場操作(10:16)
3月都心オフィス空室率(11:00) 仏2月貿易収支(15:45)
投資主体別売買動向(15:00) 仏2月経常収支(15:45)
香港3月外貨準備(17:30)
第4回国際金融経済分析会合 ECB理事会議事要旨(20:30)
 ※ノーベル経済学賞受賞者の 米新規失業保険申請件数(21:30)
  ジャン・ティロール氏参加 EIA米週間天然ガス在庫(23:30)
 ※次回は13日 米2月消費者信用残高(28:00)
日銀支店長会議 IMF、世界経済見通し公表
 ※黒田日銀総裁挨拶(9:30)
 ※4月地域経済報告(さくらリポート)(14:00) ダラス連銀カプラン総裁講演(9:00)
選挙制度改革を巡る与野党協議  ※ハト派、投票権なし
 ※大島理森衆院議長が最終判断(17:00) プラートECB理事講演(15:30)
ポロシェンコ・ウクライナ大統領訪日(5-7日) ビスコ伊中銀総裁講演(15:30)
コンスタンシオECB副総裁講演(16:00)
新月(20:24) クーレECB理事講演(17:30)
ダイセルブルーム・ユーログループ議長が
(決算) 約25社  IMFが会談(17:00)
ファーストリテ、タカキュー、シーズメン イエレンFRB議長が歴代FRB議長と
7&I-HD、Fマート、Jフロント、北雄ラッキー  討論会を開催(30:30)
リンガハット、ワンダコーポ、カンセキ  バーナンキ、グリーンスパン、ボルカーら参加
ポケットC、UCS、AIT、エコーTD 欧州議会委員会会議
毎コムネット、インテリクス、テーオー 米州開発銀行年次総会(7-10日)
創通、メディアドゥ、トーセ、KG情報、 インド石油・ガス大臣、イラン訪問(6-7日)
乃村工、C&R、OSG、放電精密、くろ工
(決算)サムスン電子
8(金) 2月国際収支・経常収支(8:50) 独2月貿易収支(15:00)
2月国際収支・貿易収支(8:50) 独2月経常収支(15:00)
3月上中旬分貿易統計(8:50) 仏2月財政収支(15:45)
3月企業倒産件数(13:30) 仏2月鉱工業生産指数(15:45)
3月消費者態度指数(14:00) スイス3月消費者物価(16:15)
3月景気ウオッチャー調査(15:00) 英2月貿易収支(17:30)
ブラジル3月消費者物価(21:00)
閣議、閣議後会見 英3月英国立経済研究所GDP予想(23:00)
 抗菌薬が効かなくなる薬剤耐性菌の拡大 米2月卸売在庫(23:00)
  を防ぐための行動計画を閣議決定見通し 米石油掘削リグ稼働数(26:00)
  ※新しい抗菌薬の審査スピードを シカゴIMM通貨先物ポジション(4/5時点分)
   2倍にする制度も創設
東京五輪公式エンブレム最終候補作品公表 カンザスシティ連銀ジョージ総裁講演(9:15)
 ※タカ派、投票権有
オプションSQ モルノー加財務相、予算案公表(20:00)
OPEC加盟国・非加盟国による17日の
(IPO)丸八ホールディングス   産油国会合を前に中南米産油国が会合予定
イスラム協力機構閣僚会合(8-9日)
(決算) 約60社  ※ケリー米国務長官出席
久光薬、大有機、サカタのタネ、ワキタ CIS外相会議
竹内製作、マニー、マルゼン、岡野バル NASAが宇宙空間で暮らす「膨張型居住棟」
ユニーG、エコス、ポプラ、スーパーV、ハブ  の試験機をISSに向けて打ち上げ
島忠、DCM、薬王堂、コシダカ、明光ネット ジブチ大統領選挙
チヨダ、オンワード、マックハウス
フェリシモ、ネクステージ、ANAP (休場)インド
パソナ、アウン、デザインワン、SHIFT
ブロッコリー、IGポート、ウィズ、エスクロAJ
サムティ、1stコーポ、和田興産
Fブラザーズ、福岡リート
9(土) 安倍首相主催「桜を見る会」(新宿御苑) 民主党党員集会(ワイオミング州)
シリア和平協議再開(調整中)
イスラム協力機構閣僚会合(8-9日)
 ※ケリー米国務長官出席
メルシュECB理事講演(15:30)
10(日) G7外相会合(10-11日:広島) イスラム協力機構サミット(10-15日:トルコ)
 ※ケリー米国務長官出席 ブリュッセル国際空港運航再開予定
常陸大宮、矢板、佐渡、小諸、東御、下呂、 イエメン内戦の停戦入り
 御前崎、茨木、高砂、安芸高田、壱岐 ペルー大統領選
 各市長選投開票 チャド大統領選
平壌国際マラソン
マニー・パッキャオ引退試合

-------------------------------------------------------------------
冒頭でも書いた通り、アベノミクスへの信認が回復しない限り、
とにかく来期を含めた業績懸念が払拭されないことには話にならず、
しかも一昨日のヤマ場を経て、ドル安円最強高が進行したことで、
さらに懸念が増している状況です・・・。
従って以下のような状況となれば、
業績懸念を忘れてアホになるのもありですけど・・・

・安倍ちゃんが消費税先送り&減税や財政出動を含めた政策をぶっ放す・・・
・アベクロの為替市場への牽制で無理矢理にでも円安転換させる・・・
・今後発表される国内経済指標が堅調な結果のオンパレードになる・・・
・本格化する小売企業を始めとする2月期決算銘柄の決算と来期見通し、
 同じく本格化する小売の3月月次が堅調な結果のオンパレードになる・・・
・イエレンおばさんが掌返しなタカ派姿勢に転じてドル高転換となる・・・

という状況になるかどうかに関わる今週のスケジュールを見てみると、
安倍ちゃんと黒ちゃんの政策期待イベントとしては・・・

 4日 経済財政諮問会議、日銀短観の企業物価見通し、
    黒ちゃんの異次元金融緩和導入から3年
 5日 安倍ちゃんが16年度予算前倒し執行の指示予定な閣議
    衆院本会議でのTPP関連法案審議入り
 6日 おしゃべりクソ野郎・・・失礼、山本幸三議員の議連勉強会
 7日 またしてもノーベル経済学賞受賞者を招き、
    消費税増税先送り&減税と財政出動の口実作りとなる、
    国際金融経済分析会合(次回は13日、ついに公的機関の要人招聘)
    日銀支店長会議での黒ちゃん講演、さくらリポート

国内の重要な経済指標としては・・・

 5日 消費の源泉である所得を確認する2月毎月勤労統計調査
 6日 日銀短観の結果と比べる2月景気動向指数・速報値
 7日 3月都心オフィス空室率
 8日 為替にも影響する2月国際収支
    日銀短観の結果と比べるとともに株価との連動性も高い、
    3月景気ウオッチャー調査

本格化する小売企業決算と月次は週を通して発表され(決算ピークは週後半)
特に注目すべきものとしては・・・

 4日 ファストリの3月国内ユニクロ売上高
 7日 ファストリ、セブン&アイ、Fマート、Jフロント決算
 8日 小売ではないが、3月期の製造業決算の目安として竹内製作所決算

月次については百貨店の3月月次はマチマチだっただけにやや気がかりです。

その他の重要な国内イベントとしては・・・

 5日 10年債入札
 7日 新月
 8日 オプションSQ

ドル高転換の可能性のあるイベントを始め、海の向こうの重要イベントは・・

 4日 FRB自らが発表する米雇用環境の質面を示す3月LMCI
    米利上げの副作用を確認する米2月製造業新規受注
    投票権のある鳩ポッポなボストン連銀総裁講演
    利下げの打ち止め等への言及が注目なプラートECB理事講演
    シリア難民のトルコへの送還開始
    オバマ大統領とNATO事務総長が会談
    中国休場

 5日 利上げの副作用を確認する米2月貿易収支
    利上げの副作用が内需にまで及んでいるのか確認するISM非製造業
    雇用関連指標の一つである米2月JOLT労働力調査
    逆風が吹くトランプに注目の大統領予備選挙(ウィスコンシン州)
    ユーロ圏の牽引役である輸出大国独の確認となる独2月製造業受注

 6日 ハト色の強かった前回分(3月15-16日分)のFOMC議事要旨
    投票権のあるタカ派なクリーブランド連銀総裁講演
    産油国会合への不透明感が増す中、米国のさじ加減な週間原在庫
    米決算の前哨戦となるモンサント、ベッドバスアンドビヨンド決算
    ユーロ圏の牽引役である輸出大国独の確認となる独2月鉱工業生産
    先週に続き市場予想を上回るか・・・中国3月財新サービス業PMI

 7日 イエレンが掌返しなタカ派発言をポロリするか・・・
    それともダメ出しされるか注目の歴代FRB議長との罵り合い
    雇用関連指標の一つである米新規失業保険
    利下げの打ち止め等への言及が注目な副総裁を含むECB理事の講演
    消費税を引き上げろとか余計なお世話なことを言ったり、
    水を差すような低調な結果を発表しがちなIMFの世界経済見通し

 8日 17日の産油国会合を前に協議をする中南米産油国会合
    投票権のあるタカ派なカンサスシティ連銀総裁講演
    10日からのイスラム協力機構サミットを前にした閣僚級会合

 9日 シリア和平協議再開予定

 10日 イスラム協力機構サミット、イエメン停戦入り

といったところですが、継続的な気がかりとしては、
北のカリアゲクソ野郎の火遊びとエボラ出血熱の再流行の兆しでおます。

以上のイベントをきっかけに、先に述べたような状況とならず、
国内目線で業績懸念が払拭されなければ、多少の自律反発等はあれど、
ひとまず週末のSQに向けて株安基調は継続するでしょう。

しかもSQ前日の7日の引け後に指数寄与度の高いユニクロの決算を控え、
いわゆるSQLO(私が勝手に命名)という需給面での重要日でもあり、
政策面でも7日は上記の通り、アベクロ絡みのイベントだけでなく、
海の向こうでもイエレンおばさんと歴代FRB議長のシバキ合いがあり、
新月でもありますから、今週のヤマ場は7-8日と言えますからね。

つまり7-8日は・・・SQLO(エスクロ)、アベクロ、
イエクロ(討論を無理矢理に訳してイエレンクロストークという意味)
そして真っ黒(新月)・・・という4つのクロが揃い踏みします(笑)

やや強引な言い方であり、軽くスベってる感もありますが、
これらのヤマ場を含む今週のイベントが、業績懸念の払拭にはならずとも、
変化のきっかけとならなければ・・・
翌週11日のアルコアから始まる米企業決算(米国も業績懸念があります)
20日の安川電機から始まる国内企業決算までは、
厳しい状況が続くと見ておいた方がいいでしょう。

ということで明日を含む今週のスタンスとしては・・・

持ち越し短期勝負の方については、以上の通り、小難しい背景はありますが、
シンプルに国内目線で判断するならば、安倍ちゃんが政策をぶっ放すなり、
円安転換とならない限りは、少なくとも7-8日のクロいヤマ場までは、
その日限りの勝負に留めておきましょう。

腰を据えて王者の風格で新たに参戦する方についても、
参戦判断としては持ち越し短期勝負の方と同様ですから、
7日に打診程度に参戦するのはアリと言えます。

先週末までに撤退せず、腰を据えている方については、
ひとまず撤退しておくことをオススメします。
先にも述べた通り、ショック安の可能性は低いとは言え、
商いを伴った下げになりつつあるだけに、撤退すなら早い方がいいかと・・

新興市場については、小難しい国内外の背景とは一線を画しますが、
主力大型株が円高と共に商いの伴った株安となるリスクオフモードとなれば、
さすがに新興市場は関係ないと言えないですし、
足元ではマザーズが過去三年間の高値水準に達し、騰落レシオも過熱しており
一昨日の週末はこれまでの上昇局面を上回る商いでの下げとなっているので、
シンプルに週明けも同様に商いの伴った下落となれば、
商いの伴った下落局面入りと判断し、商いの伴った反発が続くまでは、
その日限りの勝負に留める等、警戒モード構えておきましょう。

個別目線では政策絡みのテーマが豊富なのも事実ですから、
それらへの期待物色による個別への資金流入(循環)が継続し、
常にウォッチして動きを把握している銘柄であるならば、
今後もテーマ(政策)に絡む官民イベントは多いので、
小難しい国内外の背景には囚われず、個別判断で勝負すればいいですが、
持越しの短期勝負については、7日までは控えるのが無難だとは思います。
中小型割安狙いの方も同様です。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.