不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
昨日のヤマ場を経て・・・
こんにちはです。

昨日は我が国の日銀短観が低調な結果となりましたが、
中国のPMIは信じるか信じないかはあなた次第ながらも無難な結果となり
昨晩発表された米国の雇用統計とISM製造業も堅調な結果となり、
足元の市場で起きている日本だけ・・・という仲間外れにされた様な動きが、
マクロ指標面でも裏付けられる結果となっており、
当たり前ですけど昨日も書いた通り、
株価を構成する最大の要素である業績面での懸念についても、
4月下旬からの決算シーズンを前にして払拭されないままです。

そんな業績懸念に追い討ちというか裏付けたのが日銀短観だったわけですが、
そもそも黒光り銀行の異次元な金融緩和政策をフル回転させた円安効果が、
業績をカサ上げしてきた部分が大きいだけに、
実体経済の根本的改善には安倍ちゃんの財政政策が必須ですが、
目先(小手先)の市場目線としては、
足元で金融政策の効果はもはや限定的との世界的な論調が高まる中では、
米国で利上げ観測が高まることによってドル高(円安)となることが、
業績懸念の大きな要因である現状の円高基調を食い止めることにはなるので、
昨夜の雇用統計とISM製造業が目先のきっかけとなるヤマ場でおました。

そんな米雇用統計は製造業にやや弱い面があったものの、
非農業部門雇用者数、FRBが重視する雇用の質面である賃金等も堅調であり
ISM製造業も雇用指数は低下したものの節目の50を上回る回復となり、
素直に堅調な結果だったと言えます。
それを受けて、発表後は利上げ観測再燃によるドル高で反応したものの、
結果的には引けに掛けてドルは失速し、横ばいで終えております。

そして我が国目線での肝心の円は、
日銀短観の想定為替レートである1ドル117.46円とはかけ離れた、
1ドル111円台に突入するという最強高となっており、
目先の業績懸念を軽減するドル高円安も叶わず、
シカゴ日経平均先物は16160円で帰って来ております・・・

昨日も書いた通り、29日に講演を行ったイエレンおばさん(FRB議長)は
利上げに慎重なハト姿勢を示すことでドル高に牽制をしており、
口実としては新興国や中国への懸念を持ち出しておりましたが、
実際に米経済も利上げ(ドル高)の副作用に見舞われていたのも事実であり、
11日のアルコアから始まる米企業決算において、
利上げの副作用の影響を見極めるまでは安心できないというのが本音なので、
昨夜の両指標が堅調であろうとも、現段階での米国の都合としては、
ドル高(利上げ観測)が過度に進行することは避けたいのでしょう。
ただし米国は利上げも出来るほど堅調なんだという御都合解釈もできるので、
あくまでサジ加減を決めるイエレンおばさんが、
利上げをしたくせにドル高を望んでいないという身勝手な都合ですけどね。
(大統領選イヤーというのもあるのでしょう)

おかげで我が国にとっては迷惑な話ではありますが、
昨日の日米のヤマ場を経て、ドル高が進行することになると、
米国だけでなく原油・商品、資源国・新興国においても、
遅かれ早かれ利上げの副作用が再燃する可能性は高く、
円安万歳とも言ってられなくなるという難解な展開になるので、
ドル安で利上げの副作用が和らぐのであれば、
世界的なリスクオフとはならず、日本だけが・・・(通貨高で欧州も)
という今後の展開としてはわかりやすいと言う見方もできますけどね(笑)

同時に決算シーズンを前に来期減益見通しを織り込むということにもなり、
結果的に勿体を付けている安倍ちゃんの政策へのインパクトも高まり、
効果が薄れている黒ダヌキの追加金玉緩和のインパクトも高まる・・・
という目先は厳しいながらも、決算シーズン以降という目線では、
ポジティブな見方もできます(笑)

ちなみに昨夜の海の向こうは・・・

米国は両指標発表後のドル高が失速したこともあり、
米株は堅調に引けており、VIX指数も低下しておりますが・・
11日からの決算シーズンを控えてなのか
17日に予定されている産油国の増産凍結会合が不透明になったことで、
原油が軟調だったからなのか(その他商品は概ね堅調、金も堅調)、
米短期債が利上げを示す債券安となり、ドルの動きがアテならないからなのか
米株は依然として薄商いであり、力強さに欠ける堅調ぶりが続いております。

資源国・新興国については、
中南米を始め昨夜の雇用統計とISM製造業の発表を織り込めた国々は、
ドル高が失速したこともあり、利上げの副作用が再燃することもなく、
概ね堅調な動きで引けており、足元のトリプル高基調は継続しておりますので
週明けもドル高が進まなければ、
昨夜の両指標発表後の織り込みが不十分なアジア・露等の他の新興国も、
足元でのトリプル高基調が継続しそうです。
まぁ原油がやや不穏ではありますけどね・・・

中国については利上げの副作用だけではないので、やや別世界な動きですが、
政策期待が継続しているからなのか、少なくとも中国市場の動きとしては、
決して堅調だとは言えないものの落ち着いております。

そして我が国と同様、マイナス金利を含む金融緩和真っ只中であり、
ドル安によって金融政策の意に反する通貨高が重石となるユーロ圏は、
昨夜は金融政策通りの債券高ではありましたが、
ドル安ユーロ高が重石となり、株価は大幅安で終えており、
我が国と同様のオイニーは漂っております。

財政が統一されておらず、実質的には金融政策頼みというだけでなく、
英国のEU離脱懸念やテロ懸念もあるので、
個人的には中国と同様にヤバいとは思っているのですが、
我が国よりも経済指標は堅調ということもあり、
株価も我が国よりは堅調ですけどね(笑)

以上が日銀短観、中国のPMI、米国の雇用統計とISM製造業
という昨日のヤマ場を経た国内外の週末状況であり、
原油に不穏な動きはあるものの、米国、資源国、新興国は落ち着いており、
世界的なリスクオフという状況ではありまへんけど、
残念ながら金融緩和真っ只中の日欧だけは・・・
特に市場の動きからも我が国の弱さは際立っており、
当然ながら業績懸念も払拭されているはずもなく、
明るい兆しが見える動きと言うにも程遠いと言わざるを得ないです。
せいぜい際立った弱さからの自律反発があるのかなという程度でおます。

以上を踏まえつつ、来週を含めた今後のスケジュール等も加味しながら
来週の展望については明日の記事で改めて書きますので、
本日はこれにて失礼します。

引き続き、良い週末をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。





スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
クジラが買って、外資が売る。
スイーツ男子 | URL | 2016-04-03-Sun 10:12 [編集]
マーケット番長さん、おはようございます。
いつも本ブログを拝見させて頂いて、自分なりに知見を広めております。

さて、野村証券の試算によれば、GPIFが2015年度、約5兆1千億円の損失を出す見通しとなったようです。

今回の暴落前、17,000円前後を行ったり来たりしていた時分は商いも殊の外低調であって、主に買っているのはクジラのみであるとの書き込みが某掲示板に多々挙がっておりました。

GPIFは完全に袋小路に入り込みつつあるように思われます。つまり、自分たちが売れば、更に株価は下落するので損失も徐々に拡大していく訳ですので、買い続けるより他に方法はなく、外資はそれを見越して安心して売り仕掛け出来ます。

世界最大の資産運用会社である米ブラックロックも、米国株の投資判断を引き上げる一方、当初推奨していた日本株については引き下げております。

そもそもが、一つの市場(NYの3分の1弱の時価総額に過ぎない)にお金をつぎ込み過ぎたのが身動きが取れなくなっている原因だと感じておりますが、番長さんは、如何お思いになられますでしょうか?

それでは、またよろしくお願いします。
スイーツ男子さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-04-03-Sun 16:07 [編集]
> マーケット番長さん、おはようございます。
> いつも本ブログを拝見させて頂いて、自分なりに知見を広めております。

こんにちはです。
ありがとうございます。

> さて、野村証券の試算によれば、GPIFが2015年度、約5兆1千億円の損失を出す見通しとなったようです。
>
> 今回の暴落前、17,000円前後を行ったり来たりしていた時分は商いも殊の外低調であって、主に買っているのはクジラのみであるとの書き込みが某掲示板に多々挙がっておりました。
>
> GPIFは完全に袋小路に入り込みつつあるように思われます。つまり、自分たちが売れば、更に株価は下落するので損失も徐々に拡大していく訳ですので、買い続けるより他に方法はなく、外資はそれを見越して安心して売り仕掛け出来ます。
>
> 世界最大の資産運用会社である米ブラックロックも、米国株の投資判断を引き上げる一方、当初推奨していた日本株については引き下げております。
>
> そもそもが、一つの市場(NYの3分の1弱の時価総額に過ぎない)にお金をつぎ込み過ぎたのが身動きが取れなくなっている原因だと感じておりますが、番長さんは、如何お思いになられますでしょうか?
>

まさにクジラが座礁というやつですねw
とりあえず野村の試算の件もブラックロックの件も話題になってますが
正直なところ現時点で何兆円の損失ということに関しては、
最終的に利益であればどうでもいいと思ってるので、
あんまりとやかく言うつもりはないです。
そして手口等についても(事前に)真相はわかりようもないだけに、
くれぐれも責任の所在だけは明確にして運用していただきたいと願うばかりです。
責任を取ったところで、失われた年金は帰ってきませんけどw
せめてシビアな責任と成果だけ徹底してくれれば、
投資対象がなんであろうともいいかな・・・とは思っております。

> それでは、またよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.