不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
シンプルに見ながら
こんばんはです。

何やらハイジャックが発生し、現在はキプロスの空港に着陸しているとか・・
先日はEUの行政機関の集まるブリュッセルでテロが起きたばかりですから、
5月の伊勢志摩サミットを控える我が国としても、ちと怖い気もしますなぁ。

さて、本日発表された2月個人消費支出ですが、マイナスかと思いきや、
6カ月ぶりの増加となる前年比1.2%増となり、市場予想も上回りましたが
うるう年の分を差し引けば、実質的にはマイナスですから、
我が国のガンでもある個人消費は未だに回復していないと言えます。
だからこそ消費税増税だけは先送りないし減税をして頂きたいものですが・・

それを決断する安倍ちゃんマンは、本日成立した16年度予算案を受けて、
18時20分頃から記者会見を行うようですが、
ここ最近は市場やマスコミで拡がる先送り論に冷や水を浴びせるように、
定番ギャグと化している「リーマンショック級の事態が起きなければ・・・」
を繰り返しているので、さすがに今日の発表は無いでしょうけどね。

とは言え、アベノミクスの立役者の一人であり、
口の軽い山本幸三議員が来週6日から、自身が会長を務める議連である
「アベノミクスを成功させる会」の勉強会を再開させると言っており、
しかもすでにリーマンショック級の事態が起きているとまで言っているので、
これまた消費税増税先送りありきの勉強会となりそうです。

さらに消費税増税先送り論者の本田内閣官房参与を訪米させ、
消費税増税についての意見を聞きに行かせるそうなので、
もはや押すなよ!押すなよ!と言いながら熱湯に突き落としたり、
俺がやる!俺がやる!じゃあ俺がやる!どうぞどうぞ・・・
というダチョウ倶楽部状態になっているので、
安倍ちゃんマンやコスプレおじさん(麻生)が冷や水を浴びせようとも、
市場では小売株が買われたりと、先送りありきモードとなっております。

だけに先送りだけでなく、思い切って減税に踏み込んで頂ければ・・・
そして何よりも財政出動こそが肝心ですから、出来れば本日の会見にて、
抽象的な渋チン政策ではなく、具体的なインパクトのある政策を打ち出せば、
まさに安陪バズーカとなって、危うい日銀短観、中国PMI、
雇用統計が控える1日もへったくれもなく、
日本株が噴き上がるとも期待できますが・・・
(べたにセルインメイの4月下旬から5月まで)

まぁ選挙は夏ですから、過度な期待はイチモツ(禁物)であり、
本日は大したインパクトもなく、むしろ失望を招く可能性も多少はある・・
くらいに考えていた方が無難かも知れないです。

今夜は利上げのさじ加減を決める女王様(イエレンFRB議長)の講演もあり
ここ最近の子分達(地区連銀総裁)と同様、
タカ派発言をしてくれればいいけど、もし再び掌返しなハト派発言となれば、
ドル安(円高)が加速する可能性があるので、
安倍バズーカではなくショボイ会見となれば、
会見ネタも吹っ飛ばされる可能性がありますからね・・・

ということなので、安倍ちゃんがバズーカでも撃てば、
まずは引き続き3月一杯目線での割り切りアホモードを維持すればいいですが
バズーカとはならず、大してインパクトを残せなかった場合は、
今夜のイエレンおばさんの講演が無難に通過すれば、
同じく引き続き3月一杯目線での割り切りアホモードを維持すればいいですが
イエレンおばさんの講演がハト派発言となり、ドル安(円高)転換となれば
一旦は3月一杯目線での割り切りアホモードを打ち止めにして、
今週のヤマ場である1日の国内外イベントを見極めた方がいいでしょう。

もはや3月一杯と言っても明日と明後日だけであり、
明晩には雇用統計の前哨戦であるADP雇用リポートも発表され、
本日は薄商い(売買代金1.8兆円)ながらも踏ん張ったとは言え
配当落ち分も埋めきれていないのも事実なにで、
繰り返し書いている国内のクジラや仮需等を含めた良好な需給環境であろうと
イースター休暇明けの外人共が本腰を入れた悪乗りをしてくると、
太刀打ちが出来なくなりますのでね・・・
そういう意味では、明日も外人の悪乗りを感じられない薄商いであれば、
3月一杯の割り切りモードを継続したままでもいいとは言えますけど・・・

以上の通り、安倍ちゃんの会見を見てから書けよと突っ込まれそうですが、
結局のところ会見を受けて、どう立ち回るのかは以上の通りなので、
会見前ながら記事を更新させて頂きました。
あ、今やってますけど・・・(笑)

そして明日のスタンスとしては・・・以上の通りなのですが、

持ち越し短期勝負の方については、改めてシンプルに書きますと、
安倍ちゃん会見が大したインパクトも無く終わり、
イエレンおばさんの講演を経て、ドル安転換となって帰ってくれば、
一旦は3月一杯目線での割り切りアホモードを打ち止めにして、
今週のヤマ場である1日の国内外イベントを見極めるまでは、
その日限りの勝負に留めておきましょう。
(ただし商いを伴わなければ、割り切りモードでもいいですけどね。)
そしてこのパターンでなければ、明日も引き続き、
3月一杯目線での割り切りアホモードで勝負すればいいでしょう。

腰を据えて王者の風格で新たに参戦する方についても、
参戦判断としては持ち越し短期勝負の方と同様でいいのですが、
今週のヤマ場は1日の金曜日であり、昨日以前の記事で書いている通り、
金曜日以降はエイプリル売ールに要注意と言う状況に変わりはないので、
今夜に安倍バズーカでもぶっ放されない限り、
金曜日以降を見据えた新たな参戦は控えておいた方がいいと言えます。

すでに腰を据えて参戦している方についてはシンプルに、
9日安値or2月末水準を割らない限り(下値メドは御自由にどうぞ)
今週のヤマ場である金曜日まで王者の風格で構えておくのもいいですし、
見極めてから動くのもいいですが、ヤマ場である金曜日を前に、
持ち越し短期勝負のところで書いた最悪パターンで帰って来ることになり、
円高と共に商いの伴ったゴリゴリリスクオフとなれば、
一旦は撤退した方がいいでしょう。

新興市場で勝負する方については、最近の大商いや騰落レシオ等だけでなく、
バイクラなのでは?との見方もありますが、
マザーズは本日も商いを伴った続伸となっており、
JQと2部も本日は、配当落ちもあって6日ぶりに反落しただけなので、
シンプルに商いの伴った下落が「継続」しない限りは、
上昇局面で商いを伴う資金流入の流れが継続している・・・
と判断して勝負をすればいいでしょう。
少なくとも今週のヤマ場である決戦は金曜日までは(3月一杯までは)。

個別目線でも政策絡みのテーマが豊富であり、IPO関連ネタも豊富なので、
それらへの期待物色による個別への資金流入(循環)の動きが継続し、
ウォッチして動きを把握している銘柄であれば、
今週もテーマ(政策)に絡む官民イベントや新たな法の施行が多いので、
小難しい国内外の背景には囚われず、
少なくとも今週のヤマ場である決戦は金曜日までは(3月一杯までは)、
個別判断で勝負すればいいでしょう。
中小型割安狙いの方も同様です。

ただしくれぐれも主力大型株が円高と共に商いの伴った株安となる
国内外のリスクオフモードとなれば、さすがに新興市場は関係ないと言えず、
それこそバイクラとなりかねないので
そうなった場合はいち早くトンズラする機敏な姿勢だけは忘れず・・・

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.