不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
安倍ちゃんのケツと腰が動きつつある中で今夜はFOMC
こんばんはです。

昨日、勝者総取り方式の開始となるミニスーパーチューズデーが行われ、
大票田のフロリダ州でトランプマンが勝利してしまい、
まともかなと思われていたルビオが撤退を表明し、
ついに共和党の候補者がトランプマンとなる可能性が高まっております・・

ほんまに大統領になったら、意外と現実路線を進めそうな気もしますけど、
現状を見ていると、いずれは暗殺でもされてもおかしくないですからね・・
不謹慎ながらそれを見越してならば、少しの間だけ大統領になる姿を見るのも
アリなのかなとも思ったりしますけどね。

そんな不謹慎な興味本位だけの話はともかく、
もはや民主党のヒラリントンに頑張って貰うしかないのでしょうかね・・・

さて本日は、すっかりおケツに火が点きつつある安倍ちゃんマンが、
ノーベル経済学賞を受賞したスティグリッツ・コロンビア大教授を招き、
安倍ちゃんマンの経済ブレーンである浜田&本田内閣官房参与らを交え、
第一回目の国際金融経済分析会合を開催し、各出席者からは予定通り、
消費税増税は愚策だと言わんばかりに先送り論から減税論まで訴えられ、
ついでに財政出動を行って需要を創出せよとも言われており、
消費税増税先送り(もしくは減税)と財政出動のための口実作りが、
着々と進行中でおます(笑)

明日もジョルゲンソン米ハーバード大教授と岩田・元日銀副総裁らを招き、
第二回目の会合が開催され、来週22日には第三回目が開催され(予定)
これまたノーベル経済学賞を受賞したクルーグマンNY市立大教授を招き、
口実作りに励むようです・・・

っつうか、伊勢志摩サミットまで5-6回の開催と言っていたのに、
随分と急ピッチで会合が開催されているところを見ると、
やはり3月は何としてでも株価を押し上げようという意図も感じられ、
選挙も前倒しするつもりなのか・・・という気もしなくもないです。

とにかく消費税増税を先送りにすると、
財政の信認低下という名のサジ加減な格付け機関から格下げを食らう・・・
というリスクがあるのも事実ですから、
そういう意味でも安倍ちゃんマンとしては、
さじ加減な格付け機関は放っておくとしても市場に対しては、
ノーベル経済学賞受賞といった肩書のある人に意見を出して貰うことで、
信認を得ようという意図もあるのでしょうから、
外部から人を呼んで政策の舵取りを変えるってどういうことやねん!
という素朴な疑問は置いておきます(笑)
間違いなく消費税増税は先送りすべきことではありますからね。

そんな消費税の影響あって足元の国内消費が低迷している中、
国内消費の穴埋め役を担っている訪日客の2月分の外客数が発表され、
2月からゴリゴリの円高局面となったにもかかわらず増加しております。
中国からの爆買い客についても前月から増加しており、
春節だったとは言え前年比でも増加していることからも、
小売企業の月次通りだったとも言えますので、今の為替水準であれば、
円高による外客数の減少を心配する必要は無さそうな結果でおました。

一方、本日発表された2月首都圏マンション販売戸数を見ると、
前年比13.9%減と3か月連続の減少が続いております。
黒ちゃん渾身のマイナス金利適用開始が2月16日からであり、
大手金融機関が住宅ローンの引き下げを開始したのは22日以降ですから、
さすがに2月分ではマイナス金利効果が見られないのも仕方なく、
3月以降の結果が注目ではありますが、その他の消費関連指標も含め、
旺盛な訪日客に比べると国内消費は低迷していると言えます。
(マンション販売は訪日客や杭打ち問題の影響もあるでしょうけど)

そういう意味でも黒ちゃんのマイナス金利効果は、
黒ちゃん自らが言っていた通りならば、
現時点は金利面での効果が表れているものの、
実体経済への効果はこれからだとも言っているので、
3月が含まれる今後の国内経済指標は注目と言えます。

とにかく個人的には黒ちゃんはやれることをやっていると思いますし、
企業も本日の春闘集中回答日での結果を見る限り、
前年に比べるとイマイチながらもベアには動いていますので、
(トヨタ社長が余計なこと言ったり、メガバンクには呆れますけど・・・)
国内消費を始め低迷する国内環境を回復させるためにも、
そろそろオケツファイヤーな安倍ちゃんマンが重い腰を上げて、
消費税増税の減税を含む先送りと財政出動に一刻も早く動いて頂きたい・・
というか、最近の動向や選挙目線で見れば、いよいよ動くのでしょう。

そもそも安倍ちゃん自らの目標である憲法改正を実現するためにも、
支持率を上げて選挙に勝利するだけでは、
国民投票で票を得られる確証までは無いですから、
誰も文句の言えない株価と共に景気回復が必要と言えますからね。
(支持率に響くGPIFの運用成績という面もありますしね)

以上の通り、現時点の国内環境としては、
国内消費を含む景気は足踏みしており、企業業績懸念も払拭されてまへんが、
黒ちゃんのマイナス金利拡大余地を含む金融政策、
安倍ちゃんの消費税増税の先送りと財政出動を含む財政政策、
という両輪での日本株の押上げ期待は高まっており、
需給面においても繰り返し書いている通り、
GPIF等の押し上げだけでなく、仮需面での巻き戻し余地が大きいです。

従って海の向こうのリスクを含めたサジ加減を握っているFOMCが、
今夜に利上げスタンスを発表しますので、追加利上げを強行したり、
まさかの手の平返しな利下げといった極端な結果にならなければ、
海の向こうも需給面では巻き戻し余地が大きいので、
FOMCをきっかけに巻き戻しが加速すると見ております。
(明日以降は他にも全人代明けとなる中国市場動向、EU首脳会議、
 米MSQ等のイベントはありますけどね)
欲を言えば、昨日も書いた理想的な展開となることですが・・・

ということもあり、昨夜の海の向こうは薄商いでのチグハグな動きとなり、
本日の日本株も続落となったものの今年最低水準の薄商いですから、
今夜のFOMCがヤマ場と意識した動きだったと言えるでしょう。

明日のスタンスについては特に変更は無いものの、改めて書きますと・・・

持ち越し短期勝負の方については、今夜のFOMCを経て、
以上の通り、日米欧の巻き戻しの加速もしくは理想的なリスクオンとなって
昨日書いたパターンのいずれかになれば、大いに勝負すればいいですが、
もし残念ながら海の向こうを含めたリスクオフというか、
シンプルに国内目線で見た円高進行と共に商いの伴った株安となれば
その日限りの勝負に留めておきましょう。

腰を据えて王者の風格で参戦する方についても、
持ち越し短期勝負の方と同様の判断で動けばいいです。
すでに参戦済の方については、そのまま王者の風格で構えておけばいいですが
もしFOMCを経て、円高進行と共に商いの伴った株安となれば
一度は撤退するのが無難ですが、週末までの動きを見極めてから動いても
遅くはなさそうですけど・・・どちらにするかはお任せします。

新興市場で勝負する方については、
上昇局面で商いを伴うという資金流入の流れに戻っており(本日も継続)、
商いの伴った下落が続くまでは、上目線で勝負すればいいでしょう。

(一応、明日と週末を含め、今後もIPOラッシュが控えており、
 それに備えた換金売りの可能性は僅かながらありますし、
 FOMCを経てリスクオンで帰ってくると、
 主力大型株へ資金が流れる可能性も無きにしもあらずですけどね)

個別目線でもテーマが豊富であり、IPO関連ネタも豊富ですから、
それらへの期待物色による資金流入(循環)の動きが継続し、
ウォッチして動きを把握している銘柄であれば、
今週もテーマ(政策)に絡む官民イベントも多いので、
外部要因に囚われず個別判断で短期でも長期でも勝負すればいいです。
中小型割安狙いの方も同様です。


お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
マルコ・ルビオ
スイーツ男子 | URL | 2016-03-17-Thu 07:33 [編集]
マーケット番長さん、おはようございますです。

我が国において一番の適役と目されていたマルコ・ルビオ氏が残念ながら撤退を表明しました。

となると、反トランプとして、テッド・クルーズ氏に一本化するのかどうかは
分かり兼ねますが、巷では、テッド・クルーズ氏は原理主義的なところがあり、トランプ氏よりも危険人物ではないかと言われています。

一方、民主党はヒラリー女史で決まりだと思われます(ただしメール問題)が、彼女でさえTPPに反対の立場になってしまいました。

今回のキャンペーンで、誰が大統領になっても我が国にとっては政治的・経済的にも厳しい4年間になることは間違いないと考えられます。

願わくば、大統領になったら柔軟な姿勢に変わってくれるのを期待しています。

それでは、またよろしくお願いします。

みずほ | URL | 2016-03-17-Thu 08:43 [編集]
ルビオさん、地元で負けちゃいましたね。また次に期待します。
スイーツ男子さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-03-17-Thu 09:47 [編集]
> マーケット番長さん、おはようございますです。

おはようございます。

> 我が国において一番の適役と目されていたマルコ・ルビオ氏が残念ながら撤退を表明しました。
>
> となると、反トランプとして、テッド・クルーズ氏に一本化するのかどうかは
> 分かり兼ねますが、巷では、テッド・クルーズ氏は原理主義的なところがあり、
> トランプ氏よりも危険人物ではないかと言われています。
>
> 一方、民主党はヒラリー女史で決まりだと思われます(ただしメール問題)が、彼女でさえTPPに反対の立場になってしまいました。
>
> 今回のキャンペーンで、誰が大統領になっても我が国にとっては政治的・経済的にも厳しい4年間になることは間違いないと考えられます。
>
> 願わくば、大統領になったら柔軟な姿勢に変わってくれるのを期待しています。
>
> それでは、またよろしくお願いします。

共和党はブレブレというか何をやるかわからんトランよりは、
安倍政権が続くのであれば、
茶会系のクルーズでもいいのかなとは思いますけど、
結局、消去法でヒラリントンが無難なのか・・・
旦那が旦那だっただけに怖いですね・・・
つくづくルビオが居なくなったのは残念です。
みずほさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-03-17-Thu 09:48 [編集]
> ルビオさん、地元で負けちゃいましたね。また次に期待します。

残念ですなぁ。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.