不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
来週も見据えつつ、いよいよ今夜はドラギナイト
こんばんはです。

またしても北のニコちゃん大王が日本海に向けてミサイルを発射・・・
米韓軍事演習の最中でもあるだけに、厄介なことにならなければいいけど、
10日の暴落論を唱えていたじいさん(ジム・ロジャース)が、
北のニコちゃん王国に全財産を投資したいなんてことも言ってた上に、
週明けの14日に日経CNBCに生出演するそうですから、
もしかして朝鮮戦争が勃発することを知っての暴落説ならば、
呆れるばかりですし、ほんまに起きたら諦めるしかないです(笑)
(そもそも何を理由に暴落説を唱えているのかも知らないんですけどね)

そんなジムじいさん以外にも暴落説がチラホラ聞こえる中、
安倍ちゃんマンを始め、コスプレおじさん(麻生財務相)までが、
足元の景気に対する見方(自信)をトーンダウンさせており、
素直な見方をすればアベノミクス失敗という悪材料ではありますが、
市場目線では尻に火の点いた安倍ちゃんマンが、
選挙に向けて消費税増税の先送りと財政出動に踏み切るために、
明らかに地均しをしているという見方となり、好材料ではあります。

恐らく来週の16-17日に開催される国際金融経済分析会合にて、
外部からの意見も聞くという演出を行い、それを口実にして、
消費税増税の先送りと財政出動を決断するという流れになるのでしょう。

来週には14-15日に黒だぬき銀行の金融政策決定会合も控えており、
前回の会合でマイナス金玉に動いたばかりなのに、
黒ダヌキとしては今回の会合でも動くというわけにはいかないでしょうし、
かといって何も動かなければ失望という口実を誘う可能性もありますから、
16-17日に国際金融経済分析会合が控えていることは、
失望を招かないためにも良い日程ではあります。
そして先日行われたG20をはじめ現状の市場では、
もはや金融政策の効果は限定的との空気も充満しているだけに、
安倍ちゃんマンの財政政策発動期待という睨みは効果的だと言えます。

一方、各国が好き勝手に財布を握り、財政が統一される気配もなく、
ドラ銀(ECB)の金融政策のみで支えているユーロ圏において、
今夜はいよいよドラ銀理事会(ECB理事会)を迎えます。

この理屈から言えば、もはやドラ銀が金融政策を繰り出したところで、
効果は無いんじゃないのか?という見方となり、
正直なところ個人的にも実体経済への効果は乏しいと言わざるを得ず、
ファンタジーな中国はともかくリアルな面では、
ユーロ圏が最もヤバいという気はしますけど、今に始まったことでも無く、
ドラギ一本勝負が大前提なのがユーロ圏なので、
ある意味では別世界であり、市場は百も承知であり、
しかも現在はソブリンリスクよりも欧州金融機関の方がリスクの主役ですから
今さら財政統一されていないことを嫌気されることはなく、
ユーロ圏の銀行監督権限が移譲されたドラ銀の出方の方が重要でおます。

だからこそ今夜のドラ銀理事会では、市場予想通りの追加緩和策だけでなく、
できれば金融機関のリスク懸念を払拭するような一手を打ち出せば、
ポジティブサプライズにはなるのですが・・・
そもそも欧州金融機関が悲鳴を上げているのは、
原油、資源国等の利上げの副作用に悩む面々に絡む金融商品が原因ですから
ドラ銀が欧州金融機関に手を差し伸べることで、
間接的には原油、資源国等の利上げ副作用の症状が和ぐのでね・・・
(違法性判断が下されなかったOMTという温存していた伝家の宝刀を
 遂に抜くというのもインパクトはありますけどね(効果はともかく))

まぁもはや今夜がドラ銀理事会なので、つべこべ言ったところで仕方ないけど
できればドラギえもんにはサプライズを期待したいものです。

ただしサプライズとはならず市場予想通りになったとしても、
昨日の記事でも書いた通り、明日の我が国でのMSQをはじめ、
翌週には重要イベントが目白押しであり、
何より足元の大人の都合な現状の需給環境からも、
12月のドラギナイトのような織り込み済・失望という反応にはならず、
都合よく解釈して、10月の様に上に跳ねるきっかけになると見ております。

ご存知の通り12月は事前に追加緩和を示唆した通りに動いたにもかかわらず
世界的な株安のきっかけになってしまっただけに、
さすがにドラギえもん(ECB総裁)もアホじゃないでしょうから、
今回も3月の追加緩和を示唆した挙句に株安を招くという失敗の繰り返しは、
ドラギマジックという異名を守るためにも何としてでも阻止しそうなだけに
密かにポジティブサプライズも期待しているのですが・・・(笑)

ちなみに当然ながら市場予想を下回るような渋チン緩和に留まったり、
ドラギえもんがハシゴを小脇に抱えて登場し、
秘密道具を何も繰り出さないという事態となれば、
残念ながらハシゴを外されることになり、
それこそジムロジャースな展開になる可能性も無きにしもあらずです・・・
昨日も書いた通り、需給面から見る限り、暴落の可能性は低く、
あるとするならば下落トレンドがズルズルと続くという展開でしょうけどね。

以上の通り、ドラギナイトがネガティブパターンとなる可能性は低く、
ポジティブパターンの可能性が高いと見ておりますが、
本日の日本株はドラギナイトを前にして、
今年最低水準な薄商いという足腰を伴わないヒョロ上がりとなっており、
その分は脆く崩れる可能性も無きしもあらずですが、
現在はドラギナイトを前に、先物、為替ともに多少は和らいでいるので
大丈夫そうですけどね。

ということで、明日のスタンスとしては・・・

週跨ぎでの持ち越し短期勝負の方については、以上の通りなので、
今夜のドラギナイトがポジティブパターンとなれば、
現状の需給環境と来週の重要イベントも見据えて勝負すればいいでしょう。
残念ながらネガティブパターンとなれば、
寄り前の法人企業景気予測調査とMSQ通過後の反応次第ではありますが
明晩はIEAの原油在庫、明後日の土曜には中国の経済統計、
明後日の日曜には独3州議会選挙といった、
ネガティブな時には悪用されそうなイベントもあるので、
明日はその日限りの勝負に留めておきましょう。

腰を据えて王者の風格で参戦する方についても、
持ち越し短期勝負の方と同様の判断で動けばいいのでしょう。
ただし本日から打診程度に参加している方については、
今夜のドラギナイトが残念ながらネガティブパターンとなれば、
潔く一旦は撤退して、週明けから改めて機会を窺うのが無難でしょう。

新興市場で勝負する方については、本日は反発したものの商いは薄く、
昨日までの商いの伴った続落を覆すほどのパワーはありまへんので、
資金流出の可能性が高くなったという警戒モードは維持しておきましょう。
明日から主力大型株が商いを伴う本格上昇となれば、
資金が流出してもおかしくはないですからね。

個別目線ではテーマが豊富であり、IPO関連ネタも豊富ですから、
それらへの期待物色による資金流入(循環)の動きが継続し、
ウォッチして動きを把握している銘柄ならば、
来週もテーマ(政策)に絡む御上イベントも多く、
外部要因に囚われず個別判断で短期でも長期でも勝負するのはアリですが・・

残念ながら今夜のドラギナイトがネガティブパターンとなり、
主力大型株を始め国内外がゴリゴリスクオフモードとなれば、
さすがに新興市場も関係ないとは言えず、影響は避けられまへんので、
新興はウォッチして動きを把握している銘柄以外は、
短期・長期問わず下手に引っ張ることもせず、
容赦なく切ることだけは徹底した方がいいです。
再び資金流入が始まれば、流入の動きがパターン化しているのもあり
待ち構えることも出来ますからね。
一応、来週は12社のIPOラッシュも控えており、
それに備えた換金売りが火に油となる可能性も無きにしもあらずなので。
(個人的にはIPOよりもテーマという気はしますけどねw)
中小型割安狙いの方も同様です。


お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.