不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
色んな意味で彷彿とさせられる週末
こんばんはです。

黒ちゃんが導入したマイナス金利に対するネガティブ心理の極致なのか、
安倍ちゃんの掲げていた預金から投資へという流れに反するように、
タンス預金への熱が高まっており、金庫を作る銘柄が賑わう事態に(笑)

あっ、でも円高で訪日客が減少するのではという懸念もあるだけに、
タンス預金ブームの到来で訪日窃盗団が増えるという事態となるかも・・・
そんなこともあり警備関連銘柄への物色も拡がっているとか(笑)

そういえばかつて我が国では、ボートピープルと言われる難民だけでなく、
密入国労働者や訪日窃盗団が賑わいを見せておりましたが、
失われた20年と言われる末期には、そういった人達の事件等も聞かなくなり
いよいよ窃盗するほどの魅力も無くなったのか・・・
と嘆いた記事を昔に書いた記憶があります。

そんなところにアベノミクスを掲げる安倍ちゃんが登場し、
いずれは訪日窃盗団で賑わうほどの好景気な国になるのではという期待と共に
不謹慎ながら景気回復を示す現象の一つだなと思っていましたが、
ふと現状を見てみると、未だに聞かないような気もする今日この頃(笑)

そんな中、本日の国会では安倍ちゃんvs野田ちゃんが実現し、
2012年11月の逆切れ解散劇場を彷彿とさせられる展開となり、
まさかの安倍ちゃん逆切れ解散にでもなるのかなんてことも頭を過りましたが
さすがにそれはありませんでした。

しかしながらこれまでの民主党議員による、
自らのことは棚に上げてのブーメラン劇場、とにかく何でも反対、
揚げ足取り、ヒステリックな感情爆発討論とも異なり、
さらにフランケン岡田よりも党首討論らしい野田ちゃんの振舞を見ていると、
いっそのことニセ維新と合流すると共に、
まともな民主党議員を引き連れて離脱し、新たな政党でも立ち上げれば、
安倍ちゃんに緊張感をもたらす野党になってくれそうなだけに、
今夏の参院選を前に、リスクはあれど大博打に打って出てみたら、
面白いとは思うのですが・・・

まぁでも本日発表された時事通信の支持率調査を見ていると、
甘い利益のアマリン騒動、育休やなくてイク休やった騒動、
島尻やなくて島知りませんでした騒動などなど盛り沢山だったにもかかわらず
11-14日に行った調査結果は、安倍内閣の支持率が上昇しており、
政党支持率においても民主党を始めとする野党もやや上昇はしたものの、
自民党の上昇率には及ばず、大博打を打つには難しい状況です。

輪転機と金融政策を煙が噴くほどにフル回転させている黒ちゃんは、
賛否はあれどやれることは精一杯やっていると思えるだけに、
最近の黒ちゃんに対する非難轟轟ぶりを見ていると、
黒ちゃんの麻薬(金融政策)の効果が薄いのは、
財政政策を担う政治側の遅さが大きな要因でもあるからこそ、
逞しい野党が出てくることを期待したいのですがね・・・

日本株を牽引してきた最大の材料は、
デフレを含む失われた20年から脱却出来るであろう・・・
というアベノミクスを掲げた政治の変化に対する期待であった一方、
現在の市場はもはや期待だけでなく、行動と結果を求めているだけにね・・

ちなみに野田ちゃんのことは、民主党政権時代を見ていた限り、
言動がブレブレだったので、個人的には信用してませんけど、
今日の討論のように見た目はシッカリしており
(演説も実際に見に行ったことがありますが、迫力はあります。)、
民主党議員の中では世間からの評価も高いでしょうし、
実際に評価できる部分も多いまともな議員の一人ではありますから、
逞しい野党の旗手にはなれそうなんですけどね。

以上の様な思いが日々募るばかりとなる現在のマーケットですが、
本日もバンジージャンプ相場が継続しております。

ただし本日は週末だったというのもあるでしょうけど、
これまでのように下げ局面では商いが膨らむという展開とはならず、
2.27兆円という薄商いでの下げであり、後場からの盛り返しもあったので
意外と引け味自体は悪く無かったとも言えます。

しかしながら現在は1ドル112円高に突入しているだけでなく、
ユーロ円までもゴリゴリの円高が進行しており、
企業想定為替レートを大きく割り込んでいるので、
来期を含む企業業績懸念は全く払拭されておらず、
割安感もへったくれもないですから、バンジージャンプ相場から脱却し、
本格反発相場へと移行したというには程遠い状況です。

海の向こうも昨夜はドル安原油安という先週末までのリスクオフな動きとなり
現在(19時20分)はドルがやや反発しているものの、
原油安が継続しているだけでなく、円は最強通貨を維持しているので、
先週よりも質の悪い動きではあります・・・

本日は週末であり、米国と欧州が大人の事情なSQでもありますから、
このような質が悪い・・・いや、良く言えばチグハグな動きというのは、
本日だけならば仕方ないと言えなくもないですけどね(笑)

くれぐれも良からぬことが起きる兆しではなく、
欧米SQを無事に通過することを願うばかりです。

何やらEU首脳会議では、欧州金融機関の騒ぎはほったらかしで、
英国のEUからの離脱騒動で賑わっているので、
まさか英国にトンズラされるとサプライズではありますけど、
好意的に見れば欧州金融機関の騒ぎは大したことでは無いとも言えます。
いやはやどうなるのやら・・・

改めて本日の安倍ちゃんvs野田ちゃんファイトを見ていると、
かつての自民党政権時代に見舞われたリーマンショックの様なことが起きると
消費税増税の見送りに喜んでいるどころか、
再び民主党時代が到来するのだろうか・・・とすら思ってしまいます(笑)

現在の状況としては、かつての911テロ、
東日本震災の様な突発的なものではなく(ライブドアショックもかな)、
徐々に火種が拡がっていったリーマンショック前と空気だけは似ているので
本日は引け味が良かろうとも、まだまだ用心するに越したことは無いです。
そういう意味では、再び悪夢が訪れるとするならば、
現在の主役であるドイチェではなく、別の火種でしょうけどね。
そういえばISの台頭を見ていると、金融市場ではなく政治的には、
911テロの前に似ている点もありますけど・・・

アカンアカン、せっかくの週末に暗い話ばかりしていてはあきまへんので
かつてのショック前に比べると、需給環境はかなり良いと言えますし、
アテにはならんけど「足元の」業績は良く、割安ではありますから、
意外とショックに対する耐性は強いとは言えますからね。

見方を変えれば、派手なショックが起きるのではなく、
単純に質の悪い下落トレンドが続くだけやがな・・・とも言えますけど(笑)

まぁとにかくもはや週末ですから、
今から良からぬ想像などはせず、今夜の海の向こうを見てから考えましょう。

ということで、良い週末をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。




スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
野合
スイーツ男子 | URL | 2016-02-19-Fri 22:00 [編集]
マーケット番長さん、こんばんは。お世話になっております。

民主党や共産党など野党5党は、安全保障関連法について憲法違反であり
認められないとして、法律を廃止する法案を衆議院に共同で提出したようです。

本来我が国の政治は、政党政治ですので、議会で過半数を取って自らの政策を
実現するところにあると思うのですが、今日の動きを見ていると、あいつ
(自公)の事が嫌いだから、俺たち(野党5党)は取り敢えず一旦休戦して、
とにかくあいつを懲らしめてやろう、というようにしか見えません。

余りマスコミでは取り上げられてはおりませんが、この安全保障関連法とも
密接な関係にある日米ガイドラインの改定は、野田政権下に於いて、尖閣を
国有化したときに中国との関係が悪化したことから、野田政権側から米国に
持ちかけたことであり、当時の米国は経済も未だ回復途上で、乗り気では
なかったようです。ただし、その後、中国が虎の尾を踏む(防空識別圏設定、
南沙諸島埋め立て)ことが立て続けに起こったので、米国もいよいよ本気に
ならざるを得なかったようです。

安全保障関連法にある集団的自衛権の行使が憲法違反に当たるという事らしい
ですが、国連憲章第51条にある自衛権によれば、個別的及び集団的自衛権を
認めていることから日本は批准してはならないはずです。また、日米安保条約
第1条にも集団的自衛権の行使を認めているものがありますが、最高裁は、日米
安保条約のように高度な政治性をもつ条約については、一見してきわめて明白に
違憲無効と認められない限り、その内容について違憲かどうかの法的判断を下す
ことはできない(統治行為論)としているのであって違憲とはしていません。
更に、条約、法律等が合憲か違憲かを最終的に判断するのは最高裁であって政治
ではありません。

色々ありきたりの事を書き込んでしまい、また、長くなって申し訳ありません。
それでは、よろしくお願い致します。
スイーツ男子さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-02-20-Sat 00:44 [編集]
> マーケット番長さん、こんばんは。お世話になっております。

こんばんは、こちらこそお世話になっております。

> 民主党や共産党など野党5党は、安全保障関連法について憲法違反であり
> 認められないとして、法律を廃止する法案を衆議院に共同で提出したようです。

みたいですねw

> 本来我が国の政治は、政党政治ですので、議会で過半数を取って自らの政策を
> 実現するところにあると思うのですが、今日の動きを見ていると、あいつ
> (自公)の事が嫌いだから、俺たち(野党5党)は取り敢えず一旦休戦して、
> とにかくあいつを懲らしめてやろう、というようにしか見えません。
>
> 余りマスコミでは取り上げられてはおりませんが、この安全保障関連法とも
> 密接な関係にある日米ガイドラインの改定は、野田政権下に於いて、尖閣を
> 国有化したときに中国との関係が悪化したことから、野田政権側から米国に
> 持ちかけたことであり、当時の米国は経済も未だ回復途上で、乗り気では
> なかったようです。ただし、その後、中国が虎の尾を踏む(防空識別圏設定、
> 南沙諸島埋め立て)ことが立て続けに起こったので、米国もいよいよ本気に
> ならざるを得なかったようです。

当時は意外と報じられてましたけど、今はすっかりという感じですね。

> 安全保障関連法にある集団的自衛権の行使が憲法違反に当たるという事らしい
> ですが、国連憲章第51条にある自衛権によれば、個別的及び集団的自衛権を
> 認めていることから日本は批准してはならないはずです。また、日米安保条約
> 第1条にも集団的自衛権の行使を認めているものがありますが、最高裁は、日米
> 安保条約のように高度な政治性をもつ条約については、一見してきわめて明白に
> 違憲無効と認められない限り、その内容について違憲かどうかの法的判断を下す
> ことはできない(統治行為論)としているのであって違憲とはしていません。
> 更に、条約、法律等が合憲か違憲かを最終的に判断するのは最高裁であって政治
> ではありません。

正直言えば、法治国家なので違憲とか合憲という解釈、そして手続き等は必要なことですが、
安全保障についてはそういう次元で話すこと自体に違和感を感じるばかりなので、
すっきりと国民投票で明確に憲法改正を問うのが良いのかなと思うばかりです。

> 色々ありきたりの事を書き込んでしまい、また、長くなって申し訳ありません。
> それでは、よろしくお願い致します。

いえいえ、こちらこそざっくりとした解答で申し訳ないです。
よろしくお願い致します。
ご教示して頂きたいことがあります。
スイーツ男子 | URL | 2016-02-20-Sat 11:23 [編集]
マーケット番長さん、こんにちはです。

ご返信頂きありがとうございます。

さて、お聞きしたいことがあります。
ホエールウォッチングはどこで見られるのでしょうか?
ググってみましたが、よく分からなかった次第であります。
屁をこいて一休みされた後で構いませんので、ご教示頂けると
幸いでございます。

ところで、番長さんは、野田さんを評価されていらっしゃるようですが、
私は全く逆です。

平成24年7月13日の参議院本会議において当時、国民の生活が第一の中村哲治
議員の消費税の逆進性についての質問に対し、当時の野田首相は「消費税は、
高い財源調達能力を有し、経済の動向や人口構成の変化に左右されにくく安定
していて、高齢化が進む中で、保険料や所得税などと異なり、勤労世代など
特定の者への負担が集中しないものである。」と述べられています。

私は、全く的外れな回答であると思っておりまして、消費税は不公平であり
非効率でしかありません。よって、米国では未だに導入はされておりません。

また、愚痴になってしまいました。よろしくお願い致します。
スイーツ男子さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-02-20-Sat 15:03 [編集]
> マーケット番長さん、こんにちはです。

こんにちはです。

> ご返信頂きありがとうございます。

いえいえ。

> さて、お聞きしたいことがあります。
> ホエールウォッチングはどこで見られるのでしょうか?
> ググってみましたが、よく分からなかった次第であります。
> 屁をこいて一休みされた後で構いませんので、ご教示頂けると
> 幸いでございます。

ホエールウォッチングというのは、場中のクジラの動きですから、
あくまで債券と株の動きを見ながらというだけですので、
確たるものではないです。
結果的にどうだったのかは、週に一度の主体別売買動向であったり、
GPIFの運用報告を見るしかないです。

> ところで、番長さんは、野田さんを評価されていらっしゃるようですが、
> 私は全く逆です。
> 平成24年7月13日の参議院本会議において当時、国民の生活が第一の中村哲治
> 議員の消費税の逆進性についての質問に対し、当時の野田首相は「消費税は、
> 高い財源調達能力を有し、経済の動向や人口構成の変化に左右されにくく安定
> していて、高齢化が進む中で、保険料や所得税などと異なり、勤労世代など
> 特定の者への負担が集中しないものである。」と述べられています。

??別に過去の記事を読んでください言うつもりもないですけど、
私は野田嫌いなんですけど・・・w
政権時に散々、言動不一致を見て来たのでね。
評価している点は記事にも書いている通り、
民主党の中では世間からまともに見られている方であり、
振舞いや演説と言った見た目的なものがまともに見えるということです。
あとは誰も手を出さなかった消費税を決断したことは評価してます。
くれぐれも消費税を評価しているのではなく、
嫌な事を決断するに至る調整力という点を評価しているだけです。
そして過去の記事まで読んでくださいとは言いませんが、
最近の記事でも書いている通り、私は消費税には大反対ですのでw

> 私は、全く的外れな回答であると思っておりまして、消費税は不公平であり
> 非効率でしかありません。よって、米国では未だに導入はされておりません。

税の公平には限界があり、キリが無い部分もあるので、
不公平だという理由では反対しておらず、
単に増税すること自体が間違っていると思うばかりです。
しかしながら将来的には、高福祉が確実に保証されるのであれば、
高負担でも良いのかなとは思ってますけどね。

> また、愚痴になってしまいました。よろしくお願い致します。

よろしくお願い致します。
それでも愚策は愚策だと思っています。
スイーツ男子 | URL | 2016-02-21-Sun 10:07 [編集]
マーケット番長さん、おはようございます。再度のご返信を頂きありがとう
ございます。

私は、昨年の夏辺りに本ブログに辿り着き、また、その日その日の記事を
読んで私なりに考え、ブログ主の真の考え方等を知りもせずに投稿していた
ことには反省しております。

番長さんは、野田さんの嫌な事を決断するに至る調整力という点を評価して
おられるようですが、愚策(嫌な事)を決断する時点でステーツマンとしての
資質に欠けるため、この先に調整力があるや否やに関わらず、もはや体をなして
いない以上、何事をも評することはできないものと思っております。

これが、他の分野での事であれば評価に値すると思われますが、殊に、政治の
分野においてはその責任の重大性(世の中に存する数多の職業と呼ばれている
ものの中で最も重いと感じています。)に鑑みましても、全く評価に値すると
思えません。

それでは失礼いたします。また、よろしくお願い致します。
スイーツ男子さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-02-21-Sun 11:11 [編集]
> マーケット番長さん、おはようございます。再度のご返信を頂きありがとう
> ございます。

おはようございます。

> 私は、昨年の夏辺りに本ブログに辿り着き、また、その日その日の記事を
> 読んで私なりに考え、ブログ主の真の考え方等を知りもせずに投稿していた
> ことには反省しております。

決めつけられてコメントを入れられていたので、
返信するには否定するしかなかったというだけですから、
反省するほどのことではないですw
正直なところ誰にどう思われても気にしてないですしね。

> 番長さんは、野田さんの嫌な事を決断するに至る調整力という点を評価して
> おられるようですが、愚策(嫌な事)を決断する時点でステーツマンとしての
> 資質に欠けるため、この先に調整力があるや否やに関わらず、もはや体をなして
> いない以上、何事をも評することはできないものと思っております。
>
> これが、他の分野での事であれば評価に値すると思われますが、殊に、政治の
> 分野においてはその責任の重大性(世の中に存する数多の職業と呼ばれている
> ものの中で最も重いと感じています。)に鑑みましても、全く評価に値すると
> 思えません。

そもそも自分の考えや利益にピタリと合致する政治も政治家も存在しないと思っており、
トータルでどうなのかという見方をしているので、
私は愚策を決めた時点で・・・という考え自体がないですから、
同意しろと言われると困ってしまいますけど、
評価しないというスイーツ男子さんの考えはそれでいいと思います。

ちなみに嫌な事というのは国民にとっての愚策と言うのではなく、
権力に執着する末期症状の民主党の連中にとって嫌な事なので、
よくまとめたなというそれだけです。
そしてまたそれを評価しないというのはスイーツ男子さんの考えですから、
それでいいとおもいます。
あ、消費税が愚策と言うことには私も何ら異論はありませんので。

> それでは失礼いたします。また、よろしくお願い致します。

よろしくお願い致します。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.