不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
まずはリバウンドの継続とアベクロの睨み
おはようございます。

本日はいつもの週初の記事とは違い、一気に書き進めますので、
今週のスケジュールは記事の最後に貼りつけております。

さて、米国の利上げから始まったマネーの流れ(水位)の変化によって、
原油・商品、資源国、中国、新興国、米国自らも利上げの副作用に見舞われ、
それを懸念した・・・というかもはや自己都合としか思えないのですが、
米国で利上げ先送り観測が台頭することでドル安の動きが加速し、
ドル安円高が重石となる我が国では黒ちゃんがマイナス金利に動いたものの、
シカトされるどころか効果なしと言わんばかりの動きとなり、
同様に欧州でも金融政策の効果への疑念と共に、
ドル安ユーロ高が重石となって業績懸念が高まり、
更にドイツ銀行を始めとする資源に絡む金融機関の破綻懸念が拡がったことで
世界的な金融機関の破綻懸念が拡がる事態に・・・

そこで救世主になるかと思われたイエレンおばさんが議会証言を行ったものの
利上げしたくせにドル高は困っちゃうわという始末・・・
結果としてドル安で利上げ副作用な面々の症状は和らいだものの、
通貨高が重石となる日欧の騒ぎは収まらず、欧州の金融機関の騒動も加速し
そんなこんなでリーマンショックの再来を予感させる程の、
信用収縮と言える動きに見舞われた先週のマーケット・・・

そんな米国のサジ加減な利上げ先送り観測が台頭することで、
ゴリゴリ金融緩和真っ只中の我が国と欧州は、
もはや金融緩和の効果が無いと言わんばりの状況に陥っており、
特に我が国は世界最弱な株安に見舞われているのですが、
恒例のコジ付けな安全資産の円買いという相反する理由によって、
世界最強通貨と言わんばかりに円高が加速したことで業績懸念も拡大し、
お手上げ状態な負のスパイラルに陥っており、
もはや海の向こうの騒動ではなく、国内要因じゃないのか・・・
と言われても仕方ない状況となっておりました。

こういった国内外の一連の流れを加速させる理由と口実の裏では、
昨年10月22日のドラギナイトでの12月緩和の示唆をきっかけに、
(その前にイエレンおばさんの12月利上げ示唆もあり)
12月までは大丈夫だとばかりにイケイケモードのスイッチが入り、
ドルロング、ユーロショート、円ショート、国内では裁定買い残を
急速に積み上げながら、原油・新興国等の利上げ副作用も無視して、
日米欧の株高が突っ走ることに・・・

そして12月3日のドラギナイトをきっかけに、
上記の大人の都合なポジションの巻き戻しが始まり、
無視していた利上げの副作用を口実に巻き戻しを加速させ、
年末に黒ちゃんが補完措置に動いたり、
前回のドラギナイトでは3月の追加緩和を示唆したものの巻き戻しは止まらず
さらにイエレンおばさんが議会証言で3月の利上げ先送りと言わんばかりに、
ドル高は困っちゃうといったことで、巻き戻しが加速と言うよりも、
もはや信用収縮の様な動きとなったわけですが・・・

昨日発表の9日時点のシカゴIMM通貨先物の投機筋ポジションを見ると
ドルロング、ユーロショートは昨年10月のドラギナイト直前に次ぐ水準、
つまり昨年来でほぼ最低水準にまで減少しており、
円は昨年10月直前どころかアベノミクス開始以来初の円買いに転じ、
さらに増加という最強ぶりは継続しておりますが、
10日以降の為替の推移を見る限り、
ドルロング、ユーロショートは更に減少しているでしょうから、
円を含め新たな局面入りと言ってしまえばそれまでですが、
米国が手の平返しな利下げという呆れた事態にでもならない限り、
いつ巻き戻しの巻き戻しが起きてもおかしくない水準ではあります。
(原油についても過去最高水準までのショートを積み上げておりました)

裁定買い残についても昨年来のほぼ最低水準近くまで減少しており、
信用買い残、評価損率、貸借倍率も同様であり、騰落レシオも60割れなので
為替と共に巻き戻しの巻き戻しが起きてもおかしくない水準ではあります。

そんな中、SQでもあった一昨日の週末は、
SQ分を差し引いても4兆円弱の大商いとなり、
さらに8月高値の裏(信用期日)を通過、国内企業決算一巡、
45日前ルール該当日(実際は15日)、米国三連休入り前の週末等、
大人の事情を含む節目が重なった上に・・・

日本株はマイナス金利どころかバズーカ2まで否定される水準まで売られ、
黒い金融政策と共にアベノミクスさえも否定されつつある中、
ただでさえたけのこの里おじさん(甘利大臣)の辞任という痛手を被り、
アベノミクスへの信認低下を招いていたところに、
他の閣僚の政治とカネと失言とパンティ疑惑に見舞われ、
挙句に育休やなくてイク休やったというアホ過ぎる騒動までが降りかかり、
さすがの安倍ちゃんのも尻に火が点いたのか、
御存知の通り、先週はレートチェックの噂に始まり、為替介入のチラ見せ、
アベクロランチ会の開催、その後の緊急黒光り銀行会合の噂まで流し、
これ以上、日本株を売ってきよったらワシも動きまっせ~
という市場への脅しをかけており、今のところは脅し効果も持続しております

という我が国のアベクロの睨みと共に、先週末の欧州市場では、
騒ぎの主役であるスットコドイツ銀行が、蔓延する破綻説を否定するかの如く
債券の買戻しを表明し、原油は懲りない減産観測が高まって反発し、
米国は1月の小売売上高がプラスとなり、12月分もプラスに上方修正され
(消費に追い風な原油安と言いながら、前年の原油価格と比べれば、
 プラスとは言え弱いんじゃないのかという疑問は拭えませんけどね)
これらをきっかけに、上記の巻き戻し余地、大人の事情な節目通過も相まって
欧米株は商いが物足りないながらも反発、欧米債券は反落、ドルは反発となり
まさに巻き戻しの巻き戻しが始まったとも言える週末の動きです。
(売られていた南欧重債務国の債券は反発、CDSも低下(スペインは上昇)
 銀行間金利はずっと落ち着いたまま。VIXも低下)

そしてドルが反発しながらも利上げ副作用(ドル高による資金流出)な面々は
原油・商品が反発しただけでなく(安全資産の金は反落)、
資源国・新興国の株価は反発、各国通貨は売られたものの軽微なもので留まり
債券も堅調を維持しており(軟調なのはサウジ、ベネズエラ、コロンビア)、
CDSも低下しております。

我が国はシカゴ日経平均先物が15410円と大幅反発で帰って来ており、
同時にゴリゴリだった債券は売られていることからも、
お役所クジラが安倍ちゃんの命で夜に動いたのかどうかはともかく、
以上の様な国内外の週末の動きを見ると、上記の巻き戻し余地、
大人の事情な節目通過と共にアベクロビームな睨みも相まって
巻き戻しの巻き戻しの動きが始まったとも言えます。

ただしこれらの動きを後押しするきっかけや口実となる材料面においては、
海の向こうでは資源関連株が底堅い動きとなり、
週末は欧米の金融機関株が大幅反発となりましたが、まだまだ低水準であり
騒ぎの中心である欧州ではECBが動いたわけでも政治が動いたわけでもなく
懸念が払拭されたとは言えまへん。
利上げの副作用な面々についても同様でおます。

我が国についてもアベクロの激おこプンプンビームな睨みはあるものの、
睨みだけで具体的に動いたわけではなく、低調なマクロ指標は継続しており
ミクロ面では肝心の株価の源である企業業績は、
円高が解消されないことには来期を含めた業績懸念は払拭されず、
割安もへったくれもないという状況です。
現在の為替水準についても、黒田ラインはもちろんのこと、
企業の想定為替レートも下回っているので
これが週末時点までの現物売りの強さと共に世界最弱な日本株を招き、
もはや海外要因ではなく、アベノミクスの信認低下や黒い金融政策の効果なし
という見方を含めた国内要因なのではという懸念を高めていると言えます。
(週末の夜間に先物が大幅反発となり、債券が売られたとは言え、
 ザラバではNTや空売り比率を見ても、現物売りが強いままですからね)

従って現状の材料面では本格反発だというには程遠く、
あくまでリバウンドに過ぎないということですから、
シンプルに国内目線だけで見るならば、ますは円高が解消されることですが
動きと言う点でシンプルに見るならば、「継続は力なり」ですから、
週末の夜間の動きが継続しないことには、本格反発とは言えませんし、
言ってもバンジージャンプと同様、ゴムの伸縮が続くのも常ですから、
ボラボラ相場落ち着くかないことには、これまた本格反発とは言えまへんので
これらを覆す・・・まさに「技は力の中にあり」とばかりに、
先週までの下落局面を上回る程の商いを伴った反発にでもならない限り、
動きとしてもまだまだリバウンドに過ぎないと見ておきましょう。

ということなので、今週はリバウンドから本格反発となるか、
もしくは再び信用収縮な動きとなるのかというのを見極めることが焦点であり
きっかけとなる今週のイベントとしては以下の通りと言うしかなく、
日々の状況を見極めながら臨機応変に動くしかないです。

従ってまずは明日から明後日の寄り前までという目線に限定して、
きっかけとなりそうなイベントをピックアップすると・・・
(今週のスケジュールは記事の最後に貼っております)

明日は実質的な45日前ルールの期限と言う大人の事情な日でもあり、
先に述べた週末の大人の事情な節目イベントの通過や米国の休場と共に、
アベクロビームの睨み効果が継続していると、
寄り前に発表される10-12月期GDP速報値が低調な結果であっても
市場予想はすでにマイナスですから、途方もないマイナスでなければ
悪材料出尽くしと共に、むしろアベクロが動くという期待が高まる・・・
という御都合解釈となりそうですし、
かと言って堅調な結果となってもアベクロ期待が剥げ落ちるとも言えず、
意外と日本は良かったぞという御都合解釈となりそうです。
ザラバ中には衆院予算委で経済がテーマの集中審議があり、
夜にはドラギのおっさんが欧州議会で議会証言を行うという睨みもあるので、
リスクとして最も高い明日のイベントは、旧正月明けとなる中国市場でおます

先週末までは総悲観状態だったこともあり、
好材料探しと言うか、好材料に敏感に反応する地合いとなりつつありましたが
中国は先週の騒乱の中で一週間も休場だったこともあり、
かといって当局が休み中に対策を打ち出したわけでもないですから、
悪材料としての鮮度はまだ保っているとも言えますし、
明日は人民元のサジ加減のきっかけであったり、
足元で悪材料視されがちな貿易収支も発表されますので、
先週末から始まった国内外のリバウンドの動きに対して、
冷や水を浴びせるポテンシャルとしては高いと言えます。
だけに明日の中国市場は上海市場が開くのは10時30分ですが
プレマーケット、人民元基準値発表を含めると10時以降は要警戒でおます。

つまり明日はGDPがドイヒー過ぎる結果となったり、
中国市場が水を差さなければ、先週末からのリバウンドの流れは、
ひとまず明後日までは継続されると見ております。
一応、明後日からマイナス金利の導入が始まりますけど、
これだけは蓋を開けてみないことにはわからないですからね。
(少なくともまさかのマイナス金利先送りなんてことは、
 黒ちゃんの信認低下が加速され兼ねないので、無いとは思いますけどね)

もしリバウンドもなくリスクオフ相場に逆戻りとなれば、
先週も繰り返し書いている通り、
急に浮上してきた緊急の黒光り銀行会合、26-27日のG20あたり、
日米欧の金融政策会合と全人代(OPECの緊急総会?)等がある3月、
それとも来期業績の判明とベタな何ちゃらメイとなる5月、
といったところに向けた動きとなってしまいます。
ただし今のところはアベクロの黙ってないぞモードが持続しているので、
リーマンショックの様な事態とならなければ、
バンジージャンプの揺れの落ち着きと共に底値固めという展開となり、
下値も限定的だとは見ておりますけどね・・・

ということなので、明日のスタンスとしては・・・

持ち越し短期勝負の方については、
以上の様な小難しい国内外の市場環境は頭に描きつつも、
シンプルに国内目線で判断するならば、とにかく円高が落ち着かない限り
日本株は話になりまへんので、その日限りの勝負に留めておくのが無難ですが
アベクロの睨みや大人の事情な節目の通過、巻き戻し余地による、
週末からのリバウンドを狙うのであれば、
明日はせめて中国の動きを見てから参戦しましょう。
そして私を含め先週末からリバウンドを狙って買い向かった方については、
寄り前発表で避けようが無いGDPはともかくとして、
慎重に動くのであれば、中国の銅鑼が鳴る前に逃げるのが無難でしょう。
見極めてから乗り続けるのかどうかを判断しても遅くは無いと思いますけど、
それはお任せします。

腰を据えて本格参戦する方については、短期勝負の方と同様、
とにかく円高が落ち着かない限り、本格参戦は控えておきましょう。
ただし週末からのリバウンドが継続しているならば、打診参戦はアリですが、
見ての通り本格反発というにはまだまだ程遠い状況ですから、
ダメならば問答無用で撤退することだけは徹底して参戦しましょう。
中小型割安狙いの方も同様でおます。

新興市場についても、上記の小難しい国内外の事情はあまり関係ないとは言え
先週末の様な世界的なゴリゴリリスクオフとなると、
新興市場全体への影響も避けられないですから、
持ち越し短期勝負の方と同様の目線で構えておきましょう。
そして先週末からのリバウンドの流れが継続しているのであれば、
テーマ株等へのイナゴの動きを見ながら、持ち越し勝負をするのはありですが
腰を据えて勝負するのは、くれぐれもご注意ください。
新興市場は下値の余地も大きい上に追証売り懸念も残っているのでね。



国内海外
15(月)10-12月期GDP・一次速報値(8:50)豪1月新車販売台数(9:30)
12月産業機械受注(11:00)人民元基準値発表(10:16)
12月鉱工業生産・確報値(13:30)中国1月貿易収支(11:55?)
12月第三次産業活動指数(13:30)ユーロ圏12月貿易収支(19:00)
ペルー10-12月期GDP(25:00)
衆院予算委 集中審議(9:00)
 ※テーマは「経済等」、安倍首相出席ドラギECB総裁、欧州議会で議会証言(23:00)
パレスチナ自治政府のアッバス議長訪日米ASEAN首脳会議(15-16日)
 ※14-17日RCEP締結交渉会合(15-19日)
 ※安倍首相と会談EU外相会議
日露外務次官級協議ボスニアがEU加盟申請
玉塚ローソン社長講演(15:30)シカゴ自動車ショー(11-21日)
冬季ユース五輪(12-21日)
民泊仲介業者第1号認定を受けた米グラミー賞授賞式
 「とまれる」がネット予約を開始
トヨタ自が停止していた国内工場を再開中国市場、旧正月明け
感染症法施行令の改正政令が施行
 ジカ熱診断報告義務(休場)米、カナダ
45日前ルール該当日
(決算) 約43社
MS&AD、電通、藤田観、ロイヤルHD
キリン、ダイドリ、ポーラ、洋ゴム、岡部
ツバキナカシマ、フリュー、プレス工
大豊建、シノケン、建設技研、アルプス技
インフォマート、GNI、カヤック、アエリア
アドベンチャ、フロンティアRE、MidCity
16(火)1月首都圏新規マンション販売(13:00)豪準備銀金融政策会合議事録(9:30)
1月訪日外国人客数(16:00)人民元基準値発表(10:16)
 ※17日から変更人民銀の公開市場操作(10:16)
2市場信用取引残高(16:00)タイ10-12月期GDP(11:30)
1月欧州新車販売台数(16:00)
閣議、閣議後会見英1月消費者物価(18:30)
衆院本会議で軽減税率導入を含む独2月ZEW景況感調査(19:00)
 税制改正関連法案の審議入り(13:00)ユーロ圏2月ZEW景況感調査(19:00)
日米航空交渉(16-17日)米2月NY連銀製造業景気指数(22:30)
ハリス米太平洋軍司令官が訪日米2月NAHB住宅市場指数(24:00)
パレスチナ自治政府のアッバス議長訪日米12月対米証券投資(30:00)
 ※14-17日
シンガポール航空ショー(16-21日)韓国中銀政策金利発表(10:00)
 ※MRJの初飛行映像等を流して売込みフィラデルフィア連銀ハーカー総裁講演(23:00)
首相官邸ドローン事件判決(東京地裁) ※ハト派、投票権なし
ミネアポリス連銀カシュカリ総裁講演(24:30)
日銀がマイナス金利の導入開始 ※??派、投票権なし
確定申告期間入り(2月16-3月15日)米ASEAN首脳会議(15-16日)
RCEP締結交渉会合(15-19日)
20年国債入札(12:45)国連女子差別撤廃委の対日審査
シンガポール航空ショー(16-21日)
(決算)
クボタ、菱鉛筆、ニチリン、木徳神糧金正日総書記の誕生日
フィスコ、セルシード、エイシアン、産業ファ
スペイン短期債入札
17(水)12月機械受注(8:50)人民元基準値発表(10:16)
1月工作機械受注・確報値(15:00)台湾10-12月期GDP(17:00)
南ア1月消費者物価(17:00)
プログラム売買状況(15:30)英1月失業率(18:30)
ギリシャ1月消費者物価(19:00)
衆院予算委、地方公聴会(福島・香川)ユーロ圏12月建設支出(19:00)
参院憲法審査会で二院制の参考人質疑米MBA住宅ローン申請指数(21:00)
1億総活躍推進本部会合米1月住宅着工件数(22:30)
自動車業界労組が春闘要求書提出米1月建設許可件数(22:30)
日米航空交渉(16-17日)米1月生産者物価(22:30)
パレスチナ自治政府のアッバス議長訪日米1月鉱工業生産(23:15)
 ※14-17日FOMC議事要旨(28:00) ※1月26-27日分
経産省が一般消費者向けのAPI米週間原油在庫統計(30:30)
 電力小売全面自由化説明会(10:00)
統合幕僚監部創設10周年記念式典(18:00)ボストン連銀ローゼングレン総裁講演(9:00)
 ※ハリス米太平洋軍司令官が出席 ※ハト派、投票権有
インドネシア中銀政策金利発表
(IPO)ラサールロジポート投資法人ECB定例理事会(金融政策発表無し)
ミャンマー新大統領選挙
(決算)RCEP締結交渉会合(15-19日)
ブリヂストン、清和中央、JHD
ガイアックス、ニッパンRスウェーデン中銀が政策金利を引き下げ
 ※マイナス0.35%からマイナス0.5%
(決算)
ニューモントマイニング、マリオット、Nビディア
TモバイルUS、ネットアップ、プライスライン
クレディ・アグリコル、フレディマック
18(木)1月貿易統計(8:50)豪1月失業率(9:30)
対外対内証券売買契約等の状況(8:50)人民元基準値発表(10:16)
投資主体別売買動向(15:00)人民銀の公開市場操作(10:16)
中国1月消費者物価(10:30)
スチュワードシップコードと中国1月生産者物価(10:30)
 コーポレートガバナンス・コードのマレーシア10-12月期GDP(13:00)
 フォローアップ会議(9:00)スイス1月貿易収支(16:00)
石田日銀審議委員挨拶(10:30)仏1月消費者物価(16:45)
IBMとソフトバンクがIBM Watson日本語版スウェーデン1月消費者物価(17:30)
 に関する記者発表会(13:30)ユーロ圏12月経常収支(18:00)
石田日銀審議委員会見(14:30)イタリア12月経常収支(18:30)
電機業界労組が春闘要求書提出ポルトガル12月経常収支(20:30)
 ※東芝だけ24日ECB理事会議事要旨(21:30) ※1月21日分
米新規失業保険申請件数(22:30)
5年国債入札(12:45)米2月フィラデルフィア連銀製造業景気指数(22:30)
米1月CB景気先行指標総合指数(24:00)
(株主総会)象印マホービンEIA米週間天然ガス在庫(24:30)
EIA米週間原油在庫(25:00)
(決算)
トレンド、アマナ、フォーサイド、ピーエイセントルイス連銀ブラード総裁講演(10:00)
正興電、不二精、エクセレント、日本リート ※タカ派、投票権有
SF連銀ウイリアムズ総裁講演(29:30)
 ※中間派、投票権なし
EU首脳会議(18-19日)
ウガンダ大統領・国民議会選挙
RCEP締結交渉会合(15-19日)
スペイン3年債・5年債入札
米30年インフレ連動国債入札(27:00)
(決算)
ウォルマート、ノードストロム、MGMリゾート
アプライドマテリアルズ、ファニーメイ
エールフランス、ネスレ
19(金)12月全産業活動指数(13:30)人民元基準値発表(10:16)
1月粗鋼生産速報(14:00)独1月生産者物価(16:00)
1月全国百貨店売上高(14:30)米1月消費者物価(22:30)
1月半導体製造装置BBレシオ(16:00)加1月消費者物価(22:30)
ユーロ圏2月消費者信頼感・速報値(24:00)
閣議、閣議後会見米石油掘削リグ稼働数
野党5党が安保関連法を廃止する
 2法案を共同提出する方針EU首脳会議(18-19日)
志賀産業革新機構会長会見(16:00)コロンビア中銀政策金利発表(15:00)
クリーブランド連銀メスター総裁講演(22:00)
(決算) ※タカ派、投票権有
ハマイ、佐渡汽、日本ISK、報国鉄RCEP締結交渉会合(15-19日)
日研紙、アップル、キタック
米SQ
人民銀がリバースレポによる資金供給の
 頻度を増やすと公言していた期限
 ※1/29-2/19
ムーディーズがスペインの格付け見直し予定
(決算)ディアー、VF、アリアンツ
(休場)インド
20(土)米大統領選サウスカロライナ州共和党予備選
米大統領選ネバダ州民主党党員集会
コモロ連合大統領選挙
ニジェール大統領・国民議会選挙
印・ネパール首脳会談
21(日)草津市長選投開票 ボリビア国民投票
 ※大統領・副大統領の多選の是非を問う


お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。




スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

ゴッドハンド | URL | 2016-02-14-Sun 19:52 [編集]
毎度素晴らしい分析に感謝しています。

ありがとうございました。
ゴッドハンドさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-02-14-Sun 21:53 [編集]
> 毎度素晴らしい分析に感謝しています。
>
> ありがとうございました。

ありがとうございます。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.