不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
いよいよイエレンおばさんのトークライブ
こんばんはです。

ついに日経平均、TOPIX共に、14年10月31日の安値を割り込み、
黒い巨砲シーズン2が全否定されることに・・・
為替は全否定となっていないものの、黒ダヌキラインの115円を割り込み、
マイナスキンタマ効果どころでは無い水準となっております・・・

騒ぎの主役はドイツ銀行を始めとする世界的な金融機関への懸念であったり
その原因でもある原油(商品)、資源国、中国等における、
米利上げの副作用であったり、米国自らの利上げ副作用であったりもしますが
これらの騒ぎによって、得意のリスク回避での円高が進んだことで、
我が国では来期を含む業績懸念が高まったことも加わり、
同様に通貨高が重石となるとマイナス金利導入済のユーロ圏と共に、
男前な下げっぷりを見せております。

こうなってくると結果的に日欧のマイナス金利を含む金融緩和政策が、
もはや効果なしと見られても仕方ないと同時に、
政治が機能していないとも見られかねないですから(ユーロ圏も)、
黒ダヌキだけでなくチーム安倍ちゃんマンたちが、
海外要因だと言ったところで説得力に欠けていると言わざるを得ないので、
一刻も早く手を打つというか黒い巨砲シーズン2ラインと黒ダヌキラインは
何としてでも死守しないと、アベノミクス終了と解釈され兼ねないです。

そして株価と共に支持率も下がることになれば、
今夏の参院選にも暗雲が立ち込めることになり、
アベノミクスシーズン3で挽回するチャンスすらも失われるので、
正念場でおますなぁ。

ただし、現状のマイナス金利を含む黒ちゃんの金融政策批判というのだけは
何とも後出しジャンケンな意見・批判としか思えないですけどね・・・
黒ちゃんが就任する当時から反対する人が居たのも事実ですが、
声を上げるだけならば誰にでも出来ますから、
当時、実行できる人って他に誰か居たのかっちゅう話であり、
選ぶのも選挙で勝利した自民党であったわけですから、
今さら黒ちゃんがダメだと言ったところでね・・・

少なくとも黒ちゃんは、結果的に失敗に終わろうとも、
やれることをやったとは思うのですが・・・
あの当時、他にどういう手法があったのかっちゅう話であり、
他の手法を実行可能だったのかっちゅう話ですからね。

だけに・・・叩いたり批判するのであれば、
黒ちゃんよりも黒魔術ドーピングで症状を抑えている間に、
治療が出来なかった政治の方を叩くべきだと思うのですが・・・

かと言って、現状の全否定とも言える水準になったからと言って、
安倍政権を引きずり降ろしたところで、
じゃあどこにお任せすればいいのやら・・・としか思えないです。
まさか民主党にやらせたいという意見の人が多いのでしょうか?
支持率を見る限りではそうとは思えないですし、
民主党は政権を取っていた暗黒時代とメンバーも中身も変わりはないですから
そういう意味ではニセ維新と合併して振るいにでもかけられれば、
民主党の中のまともな人材が出てくるという期待はありますけどね・・・

あっ、もしかしたら共産党が(笑)
直近の米大統領選の情勢や欧州の流れから見ると、
もしリーマンショックの様なクラッシュに襲われると、価値観が激変し、
日本は民主党を飛び越えて共産党が政権を奪取するかも(笑)

まぁそれは冗談として、日本株の最大の材料は政治だっただけに、
少なくも今の状況で安倍政権が瀕死の状態となってしまったら、
トドメになってしまうとしか思えないですから、
安倍ちゃんマンには何としてでも踏ん張って頂きたいものです。

どうしても自国の要因ではなく、海外要因だと言い張るのであれば、
安倍ちゃんマン自らが公言している通り、
この時点でリーマンショック級の出来事が起きていると判断し、
消費税増税の見送り(出来れば減税)をぶち上げて欲しいものです。
ついでに証券税制を元に戻してくれてもいいのですが・・・

そんなアベクロの言い訳となっている冒頭で書いた海外要因ですが、
昨日も書いたので割愛しますけど、未だ燻りは続いております。

騒ぎの主役となっているドイツ銀行は、
リーマンショック前にも良く聞いた一発ギャグである
「安心してください、穿いてますよ(大丈夫ですよ)」
というとにかく明るい発言をしており、
老いぼれじいさん(ショイブレ独財務相)も
「心配ないさーーー!!!」と大西ライオンギャグを言っておりましたが、
市場では穿いてないんじゃないか?
ライオンじゃなく吐出しが止まらないマーライオンでは?
との疑いは晴れないままです・・・

とは言え、銀行監督権を持つECBが静観しているのだけは解せないですし、
静観しているということは、やはり大したことではないのか・・・
と思ってしまうのですが・・・

金融機関のCDSはリーマンショック前の動きと似ているのですが、
銀行間金利は意外と平和ですからね・・・
マイナス金利のせいで異常事態をわからなくしているのかもしれないですけど
低水準なりに上昇もしてないですからね。

とにかく欧州だけでなく、日本を含めて世界的に金融機関の株価が暴落し、
金融機関のCDSが上昇しているのは事実ではあるのですが、
火消しに当たるべきECBを始めとする各国の中銀や政治が、
意外と呑気なのはどうも違和感を感じるばかりです・・・

そんな中、ギリシャとポルトガルの国債が大きく売られ、
CDSも絶賛上昇中という火種の再燃もあったり・・・
旧正月で休んでいる中国も、休みの無いCDSは上昇中です・・・
米国のシェールガス会社の破綻懸念というのは、
どう考えてもオバマはいっそのこと潰そうとしている?
としか思えないですからね(理由はまたの機会にでも書きます)。

そして休み中で得体の知れん中国はともかくとして、
原油・新興国等の米利上げ副作用に苦しむ面々は、
足元の利上げ先送り観測でのドル安にも関わらず、
先週末からは問答無用のリスクオフな動きもあり、
副作用は落ち着いているとはいえまへん。
しかしながら少し長い目で見れば、
米国やチームマイナス金利な日欧よりも落ち着いた動きではありますけどね。

ということなので、まだまだ落ち着いたとは言えないどころか、
リーマンショック前夜のようなキナ臭さも漂っておりますが、
これらの全ての要因は米利上げであることに間違いはないので、
今夜に米議会でトークライブ(証言)を行うイエレンおばさんが、
利上げスタンスのサジ加減をどうするのかが重要でおます。

yellen2.png

おかげさまで?今日までリスクオフモードで来たので、
市場にムチを振るうとも言える頑固一徹な利上げ姿勢の維持になろうとも、
現在の市場を鑑みてアメを与えるような利上げ先送り姿勢になろうとも、
都合のいい解釈でのリバウンドは期待できそうですが・・・

わざわざ強硬な利上げ姿勢を打ち出すとも思えないですからね・・・
そうなったとしても、
我が国と欧州にとってはドル高通貨安の恩恵はありますけどね。

そして明日は祝日ながら8月高値の裏(信用期日)を迎え、香港市場再開、
週末はSQと国内企業決算の一巡となり、米国は3連休前の週末、
週明けは45日前ルールの期限、我が国のGDP速報値、中国市場再開、
米国市場休場という大人の事情に関わるイベントが多いので、
(それ以外のイベントは昨日の記事を御参照ください)
現在の需給環境から見ても、
イエレントークライブで本格反発とまではさすがに言うつもりはないですが、
リバウンドのきっかけにはなると見ております。

ダメならば日米欧中銀の金融政策決定会合と中国の全人代、
都市伝説級にアテならないOPEC緊急総会もある3月が、
次のきっかけイベントになりますけどね・・・

ということで、今夜のイエレントークライブ(議会証言)が、
リバウンドのきっかけになることを願いつつ・・・
それまでは中途半端にリバウンドするんじゃない!とも願いつつ・・・
良い祝日をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
管理人のみ閲覧できます
| | 2016-02-10-Wed 19:49 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
牡丹さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-02-10-Wed 22:41 [編集]
こんばんはです。

スパボは残念ながら結果だけしか観ませんでした。
結果も残念でしたけど・・・

黒ちゃんはちょっとかわいそうな気もします。
どう考えても政治の動きが物足りないですからね。

ドイツ銀はどうなんでしょうね。
実際にリーマン前と似ているのですが、
ECB等が動かないというのも違和感の一つですけど、
みんながリーマン級のことが起きると警戒しているのが、
大きな違いの様な気もします。

米大統領選は何だか色物対決になりそうで怖いです。
ほんまにトランプマンにでもなったら大変なことになりそうですw

イエレンおばさんでまずはリバウンドのきっかけにでもなればいいですね。
そして期待はしてないですが、継続は力なりという展開になれば・・・という感じです。
円高
スイーツ男子 | URL | 2016-02-11-Thu 10:06 [編集]
マーケット番長さん、おはようございます。

本ブログで、マーケット番長さんが以前次のように指摘していた
米国の利上げ3月見送り→米国の景気は思ったよりも深刻
と、受けtられたような感じです。

欧州株価市場の大幅上昇に伴い取引開始直後はダウも上昇しましたが、ほぼ安値
引けで終了しています。ドル円も現在、1ドル112円台です。

私も番長さんと同じく黒田さんやっていることはやっていると思います。今回の
マイナス金利3階層システムにしても、中身を見れば銀行にとってそれ程負担に
なるようには思えず、今まで、日銀の当座預金にブタ積みしておくだけで0.1%
の金利がついていたことの方が問題(一般庶民の普通預金の金利は0.02%)で
あって、どれだけ好待遇か知れたものではありません。

そんなに経営が苦しくなるのであれば、一等地のビルの1階に支店など設けなけ
ればいいのです。

更に、投資信託協会がMRFへのマイナス金利政策の適用を緩和するよう求めた
模様です。全く以てふざけた話です。自分たちは、何の身銭を切ることもなく
消費者にだけ負担を求める様は旧態依然とした経営ぶりです。

FinTechによって、今までの金融機関が不要になるのを願うばかりです。

愚痴になってしまって申し訳ありません。また、よろしくお願い致します。
訂正をお願い致します。
スイーツ男子 | URL | 2016-02-11-Thu 12:23 [編集]
マーケット番長さん、お世話になっております。

MRFの書き込み以降は私のとんだ勘違いでした。

申し訳ありませんでした。謹んでお詫び申し上げます。
日本は休みでも・・・
つかさ | URL | 2016-02-11-Thu 18:05 [編集]
休日にこんばんはです。

昨夜の日本市場引け後の先物上げ(16100円ぐらいまで)は、
何だったんでしょうか? 
イエレン前のただの売り方の買戻しだったんでしょうね。
ここんところ短時間で300~400円ほどリバウンドしては、1000円ほど叩きのめされてる感覚ですw

そのイエレン まさかのマイナス金利・・・もごもごと発言。
日本は休みでも地球はまわってるで、さきほどドル円110円台タッチ。
こうなって来ると決算での為替想定もほぼ意味無いととられてしまいますね。(確かトヨタは120円想定のままだったような・・・)

今年から2月の日銀会合はなくなりましたが、もしかしたら緊急会合とかあるかもしれませんね。(しかし逐次投入感でまさに日本帝国軍状態)
中期の下の節は日経14500円と思ってましたが、まさかこの一週間で見えてくるとは。
黒田総裁には、市場の隙を狙うディーラー感覚の行動と発言ではなく、日本を代表する日銀総裁として正攻法で、まさに王者の風格のスタンスで市場と対峙してもらいたいと思います。
通貨安競争
つかさ | URL | 2016-02-11-Thu 18:22 [編集]
「スウェーデン中銀、政策金利を-0.50%に引き下げ」
マイナス幅拡大 まさに通貨安競争ですね。
欧州が荒れそう!

ど本命は人民元の通貨大幅切り下げでしょうか?
では度々の投稿 お邪魔しました。
スイーツ男子さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-02-11-Thu 19:22 [編集]
> マーケット番長さん、おはようございます。

こんばんは。MRFの件は承知いたしました。

> 本ブログで、マーケット番長さんが以前次のように指摘していた
> 米国の利上げ3月見送り→米国の景気は思ったよりも深刻
> と、受けtられたような感じです。
>
> 欧州株価市場の大幅上昇に伴い取引開始直後はダウも上昇しましたが、ほぼ安値
> 引けで終了しています。ドル円も現在、1ドル112円台です。

110円にまで突っ込んでますねw
もはやイエレンもへったくれもないどえらいゴリゴリリスクオフですね。

> 私も番長さんと同じく黒田さんやっていることはやっていると思います。今回の
> マイナス金利3階層システムにしても、中身を見れば銀行にとってそれ程負担に
> なるようには思えず、今まで、日銀の当座預金にブタ積みしておくだけで0.1%
> の金利がついていたことの方が問題(一般庶民の普通預金の金利は0.02%)で
> あって、どれだけ好待遇か知れたものではありません。
>
> そんなに経営が苦しくなるのであれば、一等地のビルの1階に支店など設けなけ
> ればいいのです。
>
> 更に、投資信託協会がMRFへのマイナス金利政策の適用を緩和するよう求めた
> 模様です。全く以てふざけた話です。自分たちは、何の身銭を切ることもなく
> 消費者にだけ負担を求める様は旧態依然とした経営ぶりです。
>
> FinTechによって、今までの金融機関が不要になるのを願うばかりです。
>
> 愚痴になってしまって申し訳ありません。また、よろしくお願い致します。

黒ちゃんを責めても仕方ないと思うばかりです。
だけに政治に動いて頂きたいものです。

そしてマイナス金利は手数料みたいなもんですから、
至極当たり前の話とも言えなくはないですね。
銀行は税金でケツを拭いてもらったくせに、
イの一番に給与の引き上げに動いたり、
あげくに最近では政治献金を開始する始末ですから、
呆れるばかりです。
少しでも大垣共立やスルガ銀の姿勢を見習って頂きたいものですね。
つかささんへ
マーケット番長 | URL | 2016-02-11-Thu 19:30 [編集]
> 休日にこんばんはです。

こんばんはです。

スウェーデンが動きましたか。
火に油とならないことを願うと同時に、
いたずらっこのスイスが怖い気もしますねw

> 昨夜の日本市場引け後の先物上げ(16100円ぐらいまで)は、
> 何だったんでしょうか? 
> イエレン前のただの売り方の買戻しだったんでしょうね。
> ここんところ短時間で300~400円ほどリバウンドしては、1000円ほど叩きのめされてる感覚ですw

ただの買戻しをせこく狙って大失敗でしたw

> そのイエレン まさかのマイナス金利・・・もごもごと発言。
> 日本は休みでも地球はまわってるで、さきほどドル円110円台タッチ。
> こうなって来ると決算での為替想定もほぼ意味無いととられてしまいますね。(確かトヨタは120円想定のままだったような・・・)
>

一気に為替が戻らない限り、EPSもPERもへったくれもないですね。
そういう意味では来期見通しが発表される4末から5月までは、
業績と言う面では織り込みにすらならない可能性もありますね。
だけに為替を戻すために黒ちゃんたちに頑張ってもらうしかw

> 今年から2月の日銀会合はなくなりましたが、もしかしたら緊急会合とかあるかもしれませんね。(しかし逐次投入感でまさに日本帝国軍状態)
> 中期の下の節は日経14500円と思ってましたが、まさかこの一週間で見えてくるとは。
> 黒田総裁には、市場の隙を狙うディーラー感覚の行動と発言ではなく、
> 日本を代表する日銀総裁として正攻法で、まさに王者の風格のスタンスで市場と対峙してもらいたいと思います。

もはや日欧の金融政策は効果が無いと判断される可能性があるだけに、
緊急会合があっても火に油となりそうなだけに、
イエレンおばさんに市場を落ち着かせていただきたいものです。
っつうか、政治が動くしかないようにも思えますね。
それこそどこぞの政党以来の必殺為替介入でもあるかもしれませんねw

| URL | 2016-03-30-Wed 08:54 [編集]
はじめまして。
<span style="background-color:#FFFF00;">イエレン</span>は私から見ると何だか阪神の前監督和田とか真弓みたいな気がしますがどうですか?何ていうの自分の意見がない、回りに流されているように感じます。バーナンキーとか黒田さんの方が 監督に例えると前ロッテ監督バレンタインとかID野球で名を馳せたノムさんみたいに奇襲をしかけるイメージがあります。
要は<span style="background-color:#FFFF00;">イエレン</span>は無能というのが私の見方です。
長々と失礼しました。
花さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-03-30-Wed 10:29 [編集]
> はじめまして。

はじめまして。

> <span style="background-color:#FFFF00;">イエレン</span>は
> 私から見ると何だか阪神の前監督和田とか真弓みたいな気がしますがどうですか?
> 何ていうの自分の意見がない、回りに流されているように感じます。
> バーナンキーとか黒田さんの方が
> 監督に例えると前ロッテ監督バレンタインとかID野球で名を馳せたノムさんみたいに奇襲をしかけるイメージがあります。
> 要は<span style="background-color:#FFFF00;">イエレン</span>は無能というのが私の見方です。
> 長々と失礼しました。

確かにイエレンは就任当初から掌返しが日常茶飯事なので、
時間とともに発言力(市場対話力)が薄れるていく可能性はありますし
今はFRB議長という立場と景気が戻り切っていないからこそ、
ハト寄りな発言が歓迎されがちという環境だけが、
発言力を支えているという感じですね。
今後、利上げが進むにつれてボロが出てくる可能性はあるかもです。
そして

| URL | 2016-04-06-Wed 23:01 [編集]
ありがとうございます。
ともかくイエレンは市場と会話ができていないと思います。
花さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-04-07-Thu 00:03 [編集]
> ありがとうございます。

いえいえ。

> ともかくイエレンは市場と会話ができていないと思います。

ですかね。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.