不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
マイナス金利と安倍ちゃんの言い訳が・・・
こんばんはです。

SMAP、STAP、SHARP・・・
なんだかよく似た文字の並ぶ騒動が続いており、
さらに・・・スマップゥゥ~、スタップゥゥ~、スタッフゥゥ~
という狩野英孝の騒動を加えた並びもあったり・・・
ついでに黒田ジャブジャブ、清原シャブシャブ、そしてシャープシャープ・・
もうええって?
そうです、言いたかっただけです。

さて、今日もスットコドッコイ相場の続く日本株・・・

黒ダヌキ渾身のマイナスキンタマに動いた先週末の水準を割り込み、
為替を含め市場からはすっかり全否定される形となっております。

昨日の記事でも書きましたが、海の向こうの動きを見ていると、
米利上げ先送り観測でのドル安によって米国と新興国が堅調に推移した一方、
マイナス金利を導入済のユーロ圏とスイスは通貨高が重石となって軟調・・
つまり我が国を含む「チームマイナスキンタマ」がヘッポコだということです
(どっちに転んでも・・・というちゃっかり米国には呆れますけど)

手の平返しな米利上げ先送り観測が強まる前までのリスク要因の主役は
原油・銅を始めとする商品、産油国、資源国、新興国といった、
利上げ(ドル高)の副作用に見舞われている面々でしたが(米国も)、
米利上げ先送り観測によるドル安が加速して以降は、
金融政策の意に反するドル安通貨高に苦しむチームマイナスキンタマな面々が
リスク要因の主役へと変わろうとしております。

ただし中国だけは、他の新興国ほど素直にドル安を好感したとは言えないので
依然として影の主役としては君臨しております(笑)

結局は得体の知れている原油や新興国等の「チーム利上げ副作用」よりも、
(規模が小さいという意味ではなく、規模の輪郭が見えているという意)
信用不安を招く必須条件である「得体の知れない」要素を持っている中国が
爆発すると最も厄介だということです。
御存知の通り、自由化されていない金融市場を抱える変態独裁国家ですから、
情報は習隠蔽で真の姿はわからず、独裁の力技で封じることも可能なので
爆発するのかどうかもわかりまへんけどね・・・

本日は春節で来週一杯が休場となるのを控えた週末でしたが、
上海株は下げたものの、我が国の様な大幅安とはなっておりまへん。
ただしここ最近は大株主の売却規制や人民銀による資金供給等、
対策(火消し)をしている割には効果が見えないので(CDSも上昇中)、
危うい空気は充満してますけどね・・・

まぁこれまでも週末や休日に、辻斬りの様に対策を打つのが得意ですから、
春節中に何か打ち出す可能性もありますし、3月には全人代も控えてますから
それまでは爆発しないとは思いますけど・・・

そして肝心の我が国を含むチームマイナスキンタマですが・・・

昨日も書いた通りなので割愛しますけど、
このまま米国がちゃっかりと新興国と共に日欧を置き去りにする展開となると
チームマイナスキンタマが悪材料の主役に躍り出る可能性はあります。

つまりマイナスキンタマを導入するほどヤバいという見方と共に、
これまでのジャブジャブ麻薬(量的緩和)すらも効果なしと見られ、
さらに欧州は財政統合がされておらず、実質的に政治は無力であり、
ドラギの金融政策頼みですから、我が国も安倍ちゃんがもたついていると、
日欧は効かない麻薬に蝕まれているだけで、
治療をすべき医者(政治)もヤブ医者だという見方になり兼ねないです。

しかも我が国は御存知の通り、安倍ちゃんマンの決め台詞・・・
いや、言い訳が「リーマンショック級の事態になれば」を始め、
海の向こうへの責任転嫁だったので(黒ダヌキも)、
今後、米国と原油(商品)、新興国が堅調な反面、
日欧だけが軟調という動きが続くことになると、
市場がマイナス金利を全否定している水準であることから(バズーカ2も)、
短絡的に言えばマイナス金利はもちろんのこと金融政策の否定であり
「海外要因」という言い訳は通じなくなりますからね・・・

そうなるとこれまで日本株最大の材料であった「政治への期待」、
それを後押しするように、煙が出るほどに輪転機を回しながら、
お札スリスリ攻撃をしてきた黒ダヌキの「金融政策」、
これらが剥げ落ちてしまいます・・・
たださえアマリンショックも拭えてないのですからね・・・

言っても財政と金融が両輪となって走ってこそ効果が表れるわけですから、
現在の市場の反応を見ていると、最初は動いているように感じたものの、
金融タイヤばかりが火を噴くほどに回転していたことで、
気が付いたらその場をクルクル回っていただけ・・・
おまけにタイヤはすり減ってしまい、ホイールが剥きだしになってしまい、
回るだけでなくガタガタと揺れも大きくなり、
いずれは・・・という状況にまでなりつつありますので、
金融政策に対する見方が全否定とも言える状況からも、
一刻も早く財政側の車輪に期待が持てるほどの政策を、
安倍ちゃんが打ち出さないことには、
前に進まない(戻らない)という見方になり兼ねないです。

そういう意味では手っ取り早いのが消費税増税の撤回、
証券税制の引下げでしょうから、参院選対策であろうとも、
このままでは「海外要因」という言い訳も破綻しつつあるだけに、
さっさと動いた方がいいのではと思うばかりです。

そして株価の根源である企業業績についても、
米国の利上げ先送り観測によるドル安の加速によって、
金融政策全否定という機運も高まったことで円高が加速してしまい、
今期だけでなく来期への業績懸念は日々高まる一方ですから、
ゴリゴリの債券高による配当妙味とか割安という見方は、
もはや意味が無くなりつつあり、話題の割安・高配当銘柄すらも買われない
という状況に陥っております。

本日発表された日本の象徴でもあるトヨタの決算は、
使命感なのか絞り出すように僅かな上方修正となりましたので、
(想定為替レートの設定は甘いと言わざるを得ないですけど)
素直に好感するのか、出尽くしとなるのか・・・理由は何でもいいので、
来週以降、上昇することになれば日本株にとっては好ましい動きとなります。

以上の通り、現在の流れが継続すると、
世界的に見限られそうな「チームマイナスキンタマ(日欧スイス)」
黒ダヌキの金融政策と安倍政権の信認低下という深刻な懸念は気掛かりですが
シンプルに見るならば、繰り返し言っている通り、
我が国は円高が収まらないことには話にならんということです。
円高が収まれば、業績懸念が和らぐだけでなく、
黒ダヌキの金融政策も肯定されてくることで、
安倍ちゃんの破綻した言い訳も通じるようにはなりますのでね(笑)

とにかく一刻も早く手を打つなり、
海の向こうからでも何でもいいので、市場が回復しないことには、
深刻な事態になり兼ねない状況での週末を迎えております。

今夜は米利上げのサジ加減を決めるとも言える雇用統計を控えているので、
チームマイナスキンタマが苦しめられているドル安通貨高を解消するためにも
雇用統計は堅調な結果となればいいのですが・・・
一昨日のNY連銀総裁を始め最近のFRBメンバーの講演を見ていると、
足元の市場の動き通り、利上げ先送り姿勢も窺えるだけに、
今夜の雇用統計が低調だということを知っての発言なのかという気も・・・

そうなると昨日書いた通り、イエレン議会証言、建国記念日で休場、SQ、
8月高値の裏、45日前ルール該当日、国内企業決算一巡、
10-12月期GDP、春節明け等のイベントが幕開けとなる来週のヤマ場が
次のターニングポイントとなります。
その次は日米欧の金融政策イベント揃踏みとなる3月ですけどね(全人代も)

しつこいようですが、以上の様な受動的なきっかけイベントに頼るのではなく
能動的に安倍ちゃんが動くことが理想なんですけど、
今日の国会を見ていても、どうも緊張感は感じられないですから、
きっかけイベントを含む市場に頼らざるを得ないのか・・・

今のところかつてのショック安前に比べると、
市場にはリーマンショック級の事態がやってくる等、
私を含め悲観的な観測が満載だからなのか、かつてとの環境の違いなのか
とにかく商いや需給面も含めて悲壮感は感じられず、
逆の見方をすれば、かつての様に梯子を外される要因となった、
浮かれポンチモードも感じないので、意外と個人は冷静に思えるのですが・・
実際に急落時に定期的に行っている個人投資家のブログ等を巡回しても、
追証の悲鳴はあまり聞こえてこないです。

だけに・・・今のうちに手を打つなり、市場が戻さないと、
これからかつてのような悲壮感溢れるショックに襲われる・・・
とも言えますからね。
まぁ正念場だということですね。

ということで、本日は週末なのでこれにて失礼します。

ブラックマン・デー(黒田デー)からブラック・マンデーにならないように
堅調な雇用統計と週明けのトヨタが堅調な動きとなることを願いつつ・・・

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。





スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
管理人のみ閲覧できます
| | 2016-02-06-Sat 01:38 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ネガティブな相場
スイーツ男子 | URL | 2016-02-06-Sat 11:55 [編集]
マーケット番長さん、こんにちは。いつもお世話になっております。

さて、マイナス金利の『マイナス』という言葉が腑に落ちませんでしたので、一体英語ではどのように表現しているのかと思い調べてみたところ、『 It would be negative interest rates.』と言うそうです。

1月の米雇用統計では、ポジティブな面、ネガティブな面双方が入り交じったもののようですが、ダウにおいてはネガティブな面が勝っているのかと思われます。トヨタ自動車も比較的安定していると思われる決算を発表いたしましたがADRでは冴えない展開となっています。

ところで、私は仕事で月に一度名古屋へ参るのですが、名古屋ではマンションが至る所に建設されており、さしずめバブルの様相を呈しております。つまり、リニア開通に向けて東京から人が流れてくるという事らしいです。

名古屋の取引先の方(二十代後半)も自らの頭金及び両親からの税制上の特例を利用して投資用マンションを購入するつもりだと話されていました。現在、マイナス金利なので、絶好の機会がやって来たとも申されていました。住宅ローンは家賃収入で賄うので自分の実質的な負担はゼロだと試算している模様です。

しかしながら、人口が減少していく状況でいくらリニアが通るといってもそれ程需要が急増するとも考えられませんし、マイナス金利のマイナス幅が拡大すればいずれは貸出金利も上昇するかも知れないでしょうから、名古屋版サブプライムになるのではと危惧しております。

それでは、またよろしくお願い致します。
牡丹さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-02-06-Sat 12:17 [編集]
こんにちはです。

バブルが来ないとも、このまま沈むとも、
まだ決まったわけでは無いです。
可能性は日に日に高まってますけどw

米国は小さな政府という流れでしたけど、
何だかんだ言ってもでっかい政府なオバマ民主党のもとで、
足元ではややぐらついているものの、
景気は回復し、利上げに向かおうとしているのですから、
ヒラリントン(私が勝手に言っている呼び名w)でもいいのかなとは思いますね。
少なくともトランプだけは勘弁して頂きたいです。
意外と大統領になると現実路線&共和党路線なのかも知れないですけどね。
スイーツ男子さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-02-06-Sat 12:34 [編集]
> マーケット番長さん、こんにちは。いつもお世話になっております。

こんにちは。こちらこそお世話になっております。

> さて、マイナス金利の『マイナス』という言葉が腑に落ちませんでしたので、
> 一体英語ではどのように表現しているのかと思い調べてみたところ、
> 『 It would be negative interest rates.』と言うそうです。

でしょうね。今でこそ長きに渡る世界的な緩和状態が続いてきたので、
異常性やネガティブ性は薄まってますけど、少なくともまともではないですからねw
グリーンスパンやバーナンキの頃は、
利上げが効かんようになってきたなぁなんてことを言ってた記憶があるくらいですから、
いかに今が・・・という感じです。
まぁその頃も日本はユルフンでしたけどw

> 1月の米雇用統計では、ポジティブな面、ネガティブな面双方が入り交じったもののようですが、
> ダウにおいてはネガティブな面が勝っているのかと思われます。
> トヨタ自動車も比較的安定していると思われる決算を発表いたしましたがADRでは冴えない展開となっています。

まだ週末状況は精査していないのでわかりませんけど、
ネガティブな展開が続いてますね。

> ところで、私は仕事で月に一度名古屋へ参るのですが、名古屋ではマンションが至る所に建設されており、
> さしずめバブルの様相を呈しております。つまり、リニア開通に向けて東京から人が流れてくるという事らしいです。
>
> 名古屋の取引先の方(二十代後半)も自らの頭金及び両親からの税制上の特例を利用して
> 投資用マンションを購入するつもりだと話されていました。
> 現在、マイナス金利なので、絶好の機会がやって来たとも申されていました。
> 住宅ローンは家賃収入で賄うので自分の実質的な負担はゼロだと試算している模様です。
>
> しかしながら、人口が減少していく状況でいくらリニアが通るといってもそれ程需要が急増するとも考えられませんし、
> マイナス金利のマイナス幅が拡大すればいずれは貸出金利も上昇するかも知れないでしょうから、
> 名古屋版サブプライムになるのではと危惧しております。

マイナス金利は今のところ住宅には追い風にはなるでしょうね。
そして名古屋に限らず、民泊の規制が緩和されると、家賃収入以外にも可能性は広がり、
うまくいけば利回りは家賃どころではないですからね。
サブプライムは低所得者の返済能力が原因だったと言う面も大きいですが、
結局は金利の変動が大きな原因でもありますから(政策金利だけでなく)、
未知のマイナス金利から将来どれほどの変動があるのかという怖さはありますね。

> それでは、またよろしくお願い致します。

よろしくお願い致します。
管理人のみ閲覧できます
| | 2016-02-06-Sat 14:38 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
牡丹さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-02-06-Sat 23:07 [編集]
こんばんはです。

ヒラリントン
なかなか良い名前だと自画自賛しておりますw

最近では英、ブラジルが失速気味のまま迎えたので、
東京五輪も少し心配ではあります。

スーパーボウルはすっかりスーパーボウル理論がどうなるかばかり
気になっておりましたが、ブル様出演ならば、
NFC側が勝って、市場もブル相場になって頂きたいものですw

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.