不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
黒魔術継続中
こんばんはです。

本日発表されたユニクロの1月月次売上高ですが、
既存店売上高は前年比114.6%、客数、客単価も前年を上回り、
ついでにアダストリア、Uアローズ、ABCマートも前年を上回っており、
昨日まで発表されていたアパレル各社の低調な1月月次売上高とは違い、
堅調な結果となったので、他の堅調だったドラッグストア、HC等も含めると
小売の1月月次売上高は、12月よりは回復していると言えそうです。

それが国内消費の回復なのか、中国の爆買いを含む訪日客消費の増加なのか、
中旬発表の1月訪日外客数、月末発表の1月消費支出を見ないことには、
今のところどちらの要因によるものなのかはわかりまへん。
(明日は1月消費者態度指数というマインド指標はあります)
いずれにせよ国内消費の低迷が我が国の悪材料の一つですから、
暖冬でもあった12月が底だったと言えればいいでしょうし、
少なくも本日のユニクロを始めとするアパレル各社の1月月次売上高は、
素直に好材料だったと言えます。

そしてユニクロは指数寄与度が最も高いインチキ銘柄ですから、
現在の買戻しを始めとする需給面での大人の都合の追い風にはなりますし、
先週末のブラックマン・デー(黒田デー)からの流れが継続するためにも、
指数的には追い風となる好材料になりそうです。

ちなみにブラックマン・デー(黒田デー)の29日時点の裁定買い残は、
14.24億株(28日13.86億株)と増加に転じており、
空売り比率も29日~本日まで40%を下回っており、
シカゴIMMのヤクザなポジションも含め為替の動きを見ていると、
ひとまず12月3日のドラギナイトから続いていたリスクオフな動きが、
3月のバズーカを示唆した1月21日のドラギナイトをきっかけに、
巻き戻しの動きが始まり、追加利上げの判断を次回(3月)に持ち越した
先週26-27日のFOMCでも流れが変わることなく通過し、
そしてマイナス金利に動いた先週末のブラックマン・デー(黒田デー)が、
巻き戻しをさらに加速させると共に、単なる買戻し主導の巻き戻しから、
商いの伴った本格反発とも言える動きを裏付けるような、
裁定買い残と空売り比率、為替の推移と言えます(もちろん債券もですが)

とか言いながら、本日は反落となってしまいましたが、
昨日の商いに比べると本日は減少しているので、
単純にパワー面では買いが優勢の展開が継続しており、
水準的にも先週末のブラックマン・デーの水準を割ったわけでもなく、
債券も10年債入札を経てもゴリゴリモードが継続していることからも、
ブラックマン・デー効果の流れは継続しており、
本日は一服に過ぎないと言えます。

連日の様に黒田院長の黒魔術(マイナス金利)に対しては、
ケチ付け選手権?粗捜し選手権?が大盛り上がりとなってますけどね。

今後の日本経済に対して、どれほどの効果をもたらすのかは、
いずれは回答が出てくるでしょうから、現状ではわかりまへん(笑)
少なくとも市場の反応(受け止め)を見る限り、
株、為替、債券を含め、国内外共に好反応と言える動きですから、
今のところは黒魔術が功を奏していると言えます。

ただし繰り返し書いている通り、デフレと言う重症化した病に対して、
黒田院長がこれまで行ってきた量的緩和(資産購入)は、
蝕まれた身体でも動けるようにするためのドーピングであり、
痛みを和らげるための麻薬に過ぎないので、
先週末のブラックマン・デー(黒田デー)で決めたマイナス金利は、
ドーピングや麻薬で薬漬けにしても効かないから、
蝕まれた身体の負担を軽くする為の処置という好意的に解釈はできます。
目線を下げることで、薬でラリっている患者に軽くなったと錯覚させる・・・
まやかしという見方もできますけどね(笑)

とにかく黒田院長・・・いや黒田薬剤師・・・いや黒魔術師は出来る限り、
あらゆる薬を調合して薬漬けにすることで時間を稼いでいるので
あとは治療や手術を施すのは安倍院長の役割ですから、
現状ではなかなか効果が現れていないとも言える治療が続くようだと、
ただの薬漬けの廃人となり、病に気付くことも無く死を迎えます(笑)

一応、三本の矢と新三本の矢というメスを入れたとも言っておりますが、
矢と言うよりも鍼治療のように効いてるのか効いてないのか、
イマイチ「ピン」とこない・・・鍼だけに・・・
国民は東洋の神秘のように感じているという声も大きいですから、
黒魔術で廃人と化す前に、安倍鍼灸師になるのではなく、
安倍院長としてメスを握り、一刻も早く治療を進めていただきたいものです
しかもこのまま行くと、鍼やなくて消費税増税という五寸釘を打ち込み、
釘師になろうとしていますからね・・・

個人的には黒魔術と安倍院長の治療は、効果てき面、僕イケ面ではなく、
やや効果が遅いと言わざるを得ず、ましてや五寸釘なんて論外ですが、
少なくとも民主党政権時代を含む失われた20年よりは良くなっているので
五寸釘さえ打ち込まなければ、少々足踏みしようともケチを付けず、
長い目で見守ろうとは思っております。
言っても20年間蝕まれた病の治療ですから、すぐには治りまへんし、
他に何か良い治療法があるのかっちゅう話ですし、
あったとしても実行できる政治(政党)があるのかっちゅう話ですからね。

ということなので、黒魔術の効果は安倍院長の治療次第でしょうから、
治療がうまくいかなければ、素直に薬物中毒で死亡することになるか、
副作用に苦しむことになるでしょう。
米国ですらも薬抜きを行い(QEという金融緩和を終了し)、
負荷を掛けて鍛える(利上げする)健康な身体となるために、
現状を見ればわかる通り、自らの副作用(中毒症状)に苦しむだけでなく、
原油、新興国等、世界中を副作用で苦しめているので、
薬漬け大国の我が国とユーロ圏は、副作用も無く薬抜きできるのだろうか・・
という心配は尽きないですけど、それもまた安倍院長次第と言えます。

(ユーロ圏は薬剤師のドラギだけで、治療側の財政が未だに統一しておらず
 薬頼みというのが現実だけに、日本よりも遥かに心配ですけどね)

だけに・・・たけのこの里おじさん(甘利大臣)問題によって、
安倍政権の支持率が下がり、治療(政策)の実行力が落ちてしまうことは、
日本にとって最大の悪材料ですから、
先週末の黒魔術によって政治リスクが薄まることになればいいのですが・・
現在は国会で後任の石原ボンボンへの質疑、明後日のTPP署名式等
政治イベントは続きますのでね・・・

話がやや逸れてしまいましたが、現時点の日本株は、
先週末のブラックマン・デーからの流れは継続しているので、
先に述べた消費を始めとする国内景気の足踏みと政治リスク、
そして発表真っ只中の国内企業決算、これらに対する懸念が高まらなければ
国内目線では需給面での大人の都合も含め、流れは継続するでしょう。

政治だけは安倍ちゃん次第なので、見守るしかないですけど、
いつも書いている通り国内消費と業績は、為替次第という面が大きいので
とにかく円安基調さえ継続していれば懸念は和らぎます。
本日も図体のデカイところが下方修正を出していることで
悪材料としてのインパクトがあり、EPSも低下しておりますが、
社数として見れば、本日は上方修正が9社、据置が78社、
下方修正が13社ですから、昨日までと同様、
現時点では思っていたよりも堅調な結果が続いております。
だけに円安基調の継続が必須でおます。

そして円安基調が継続しているということは、
海の向こうも巻き戻しの動きが継続していることであり、
落ち着いているということですからね。

つまり本日はやや円高の動きだったいうことは、
実際に昨夜の欧米株と欧米債券、為替(ドル安)、原油、資源国、新興国等、
海の向こうが不安定だったということです。
ただし海の向こうは薄商いですから、昨日の中国のPMI、
昨夜の米1月ISM製造業と米1月個人消費が低調であろうとも、
(米企業決算は堅調と言うか予想を上回る決算が昨夜も続いておりました)
商いの伴ったリスクオフな動きではないということです。

昨夜は一応、欧州議会で講演を行ったドラギのおっさんが、
21日と同様、改めて3月のバズーカを示唆しており、
フィッシャーおじさん(FRB副議長)も3月の利上げは、
わからんと言っており、つまり3月に判断すると言っているので、
「12月に米欧中銀が動く」という目線になった昨年10~12月のように
今回も3月に動くという目線(口実)に加え、
先週末の黒魔術というエンジンも加わっているので、
現時点では流れが継続している見ておけばいいでしょう。

しつこいようですが、国内目線でシンプルに見れば、
円安基調さえ継続している限り(債券高も)黒魔術効果は続いております。
為替だけではわかり難いならば、先週末と昨日の商いを上回る様な、
商いの伴った下げが継続するか、先週末の水準を割る様であれば、
欧米金融政策の3月目線モードと黒魔術効果は消えた判断すればいいでしょう

ちなみに今夜(現在20時)から明後日の寄り前に掛けてのイベントで、
以上の様な変化をもたらす可能性のあるものとしては、
今夜は米欧企業決算(エクソンモービル等の資源関連企業、物流のUPS)
米1月新車販売台数、カンサスシティ連銀総裁講演(タカ派、投票権有)
明日の寄り前は昨日書いた通り、場中は更なる言葉責めを見せるのか?
という黒ちゃんの講演、国内消費マインドを確認する1月消費者態度指数、
国内企業決算(約125社)、中国の財新サービス業PMIと中国市場動向
明晩はユーロ圏小売売上高、雇用統計の前哨戦となるADP雇用リポート、
ISM非製造業景況指数、EIA米週間原油在庫、ドラギ講演(不明)
GM等の米企業決算、明後日の国内はTPP署名式、国内企業決算
といったところです。
(ジカ熱騒動もジワジワと拡大しており、北のカリアゲミサイル騒動も)

ということで明日のスタンスについては、特に変更はありまへんけど、

持ち越し短期勝負の方について
以上の通り、先週末のブラックマン・デーからの流れが継続しているならば、
素直に勝負すればいいのですが、小難しい国内外の市場環境は置いといて、
シンプルな国内目線で見るならば、これまでと同様、
肝心の円安基調が継続している限り、勝負すればいいということです。
くれぐれも決算発表ラッシュの真っ只中ですから、決算跨ぎだけは御注意を。

腰を据えて本格参戦する方については、
持ち越し短期勝負の方と同様の条件で腰を据えて参戦をすればいいのですが、
一応、小難しい国内外の市場環境は見ておく必要もあるので、
シンプルな国内目線だけで判断するには、円安基調が継続していることが、
結果的に原油等の商品を含め国内外共に落ち着いているという見方でいいです
当然ながらブラックマン・デーからの流れが途絶えてしまい、
先週末と昨日の商いを上回る様な商いの伴った下げが継続するか
ブラックマン・デー当日(先週末)の安値を割る様であれば、
即座に撤退、戻れば再びトライ(参戦)と言うくらいの敏感な構えは、
維持しておいた方がいいでしょう。
そしてできれば決算を終えたものから狙いましょう。

腰を据えた中小型割安狙いの方についても基本的には同様でおます。

新興市場については、本日は2部とJQがチョイ反落、マザーズは続伸、
というマチマチの動きとなりましたが(ほぼ横ばいでおます)、
シンプルに先週末から昨日までの商いを上回る様な下落が続かない限り、
流れは継続中と判断して、勝負をすればいいでしょう。

そして小難しい国内外のリスクは、ゴリゴリスクオフな地合いとならない限り
新興市場の小売や製造業以外にとっては、影響の軽微なリスクであり、
新興の個別についてはテーマも豊富ですから、
シンプルにイナゴの循環物色が継続している限り、
割り切って勝負するというスタンスでもいいでしょう。
先週まで書いていたIPOやテーマについては、山ほどあるので割愛します。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
管理人のみ閲覧できます
| | 2016-02-02-Tue 21:42 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
牡丹さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-02-02-Tue 23:46 [編集]
こんばんはです。

ありがとうございます。

黒魔術の副作用を抑えるためにも、
安倍ちゃんによる景気の回復は必須です。
副作用が避けられなくとも、
かつてのようなバブルをもう一度味わってみたい
という気も少なからずありますけどねw

今は自分なりLCラインを決めて、
常に逃げ足だけはウォーミングアップしておいた方がいいでしょうね。

中国の外貨準備を見ての判断は通常ならば正しいことだとは思います。
ただ市場側が自由化されておらず、サジ加減にできる国だけに
いざとなれば・・・ですからね。
困ったもんですw
三百六十五歩のマーチ
スイーツ男子 | URL | 2016-02-03-Wed 07:34 [編集]
マーケット番長さん、おはようございます。

昔、水前寺清子さんのヒット曲の歌詞に次のものがありましたので、引用させて頂きました。

一日一歩 三日で三歩
三歩進んで 二歩さがる
人生は ワン・ツー・パンチ
汗かき べそかき 歩こうよ
あなたのつけた 足あとにゃ
きれいな花が 咲くでしょう

これは、番長さんがよく言われている「継続は力なり」にも通ずると思いますが、原油減産見送り観測及び米原油在庫の増加観測により、ブラックマン・デー効果でNikkei225がいい感じであったところを水を差されたようなことになっています。

三歩進んだら下がるのは二歩までにして頂きたいものです。

それでは、またよろしくお願い致します。
スイーツ男子さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-02-03-Wed 08:36 [編集]
> マーケット番長さん、おはようございます。

おはようございます。

> 昔、水前寺清子さんのヒット曲の歌詞に次のものがありましたので、引用させて頂きました。
>
> 一日一歩 三日で三歩
> 三歩進んで 二歩さがる
> 人生は ワン・ツー・パンチ
> 汗かき べそかき 歩こうよ
> あなたのつけた 足あとにゃ
> きれいな花が 咲くでしょう
>
> これは、番長さんがよく言われている「継続は力なり」にも通ずると思いますが、
> 原油減産見送り観測及び米原油在庫の増加観測により、
> ブラックマン・デー効果でNikkei225がいい感じであったところを水を差されたようなことになっています。
>
> 三歩進んだら下がるのは二歩までにして頂きたいものです。

原油のロシアとOPECの話や減産見送りってすでに伝わってた話なのですから、
おかしな話なんですけど、理由は何でもいいんでしょうねw
とりあえず二歩で終わらなくとも、
先週末の水準を下回るようなブラックマン・デー全否定にだけはなって欲しくないものです。

> それでは、またよろしくお願い致します。

よろしくお願い致します。
おはようございます
つかさ | URL | 2016-02-03-Wed 10:05 [編集]
黒睨み 効かなくなってきたか?
今日の外人さんの売りは、ちとやばい雰囲気なような。
つかささんへ
マーケット番長 | URL | 2016-02-03-Wed 10:55 [編集]
> 黒睨み 効かなくなってきたか?
> 今日の外人さんの売りは、ちとやばい雰囲気なような。

ガツーンというパニックではなく、
ジワジワと削って来てるだけにたちが悪いですね。

つかさ | URL | 2016-02-03-Wed 11:11 [編集]
マイナス金利発表時の上下バンジーと違い、
今日は長期外人の売りが入ってそうな際どい雰囲気です。

黒田発言の前に外部要因に乗じて仕掛けてるとも見えますが、
日経平均EPSが年初から駄々下がりですから、長期資金のする抜け感もちらりと・・・。
つかささんへ
マーケット番長 | URL | 2016-02-03-Wed 12:40 [編集]
> マイナス金利発表時の上下バンジーと違い、
> 今日は長期外人の売りが入ってそうな際どい雰囲気です。

コアなメンバーが物凄い売りですから、ほんとにたちが悪いです。

> 黒田発言の前に外部要因に乗じて仕掛けてるとも見えますが、
> 日経平均EPSが年初から駄々下がりですから、長期資金のする抜け感もちらりと・・・。

低調な決算はとことこん売られてるのも同じ空気ですね
とりあえずここで踏ん張れるかどうかでしょうね。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.