不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
マイナスキャンタマ祭
こんばんはです。

いやはやアドレナリンの噴き出る一日でおました(笑)

kuroda11.png

そうです、本日は黒田院長の総回診(黒光り銀行の金融政策会合)があり、
黒い巨砲が・・・ではなく、頭に葉っぱを乗せた黒ダヌキが、
マイナスキャンタマ(マイナス金利)を炸裂させました!

従来の手法でのバズーカ3をぶっ放したところで、
債券市場等の動きからも効果は乏しいと言わざるを得ない状態でしたが、
あれほど否定していたマイナス金利をブッ込んできたことにはビックリ!

同じウソをつくならば、
ドラギと歩調を合わせた3月に動くかもと示唆するくらいが、
個人的にはちょうどいいとは思っておりましたが、
手の平返しのようなマイナス金利ですから、サプライズではありますけど、
今後は何を言ってもオオカミおじさんとなってしまい、
言葉責めの効力が薄れやしないのかと心配にもなります。

そして米国が健全性を裏付けるように、
負荷を与えて鍛えるような利上げに踏み切る一方、
これまで日欧は不健全性を裏付けるように、
負荷を全く与えて鍛えることもなく、ドーピングに頼っていたところに、
今回は欧州と同様、さらに介護・・・とまでは言いませんが、
手を貸すような決定を下したわけですから、
この間に万全な治療を施し、鍛錬に耐えられる健康体に戻せなければ、
薬漬けの廃人になるか、ボケるだけじゃないのかという心配は尽きませんし、
市場からはここまでやらんと日欧はダメなのか・・・
という見方もできなくはないです。

実際に本日発表された12月の消費支出は前年比4.4%減・・・
暖冬の影響はあれど、国内消費はもはや訪日客頼み状態と言えますからね。

しかしながら今回の黒ダヌキのマイナスキンタマによって、
円安が継続してくれれば、訪日客の増加への追い風となり、
内需企業の業績への追い風にもなります。

そして同じく円高が業績の重石となる外需企業についても、
円安が業績の追い風となりますので、
現在は国内企業決算発表が本格化すると共に下方修正も散見される中では、
内外需共に企業業績懸念が和らぐことになります。

(本日のお祭り状態の中でも、ファナックを始めとする低調決算銘柄は
 お仕置き状態だったのは、今後の気掛かりではあります)

従って将来の実体経済への影響や副作用、薬抜きからの健全化、
市場からのネガティブ解釈というものは、今後を見極めるしかないですが、
足元の国内市場目線においては、マイナスキンタマ導入よって、
とにかく円安効果が持続するのであれば、
需給面から見ても買う理由を欲している状態ですから、
日本株を買う理由には繋がります。

(考えようによっては、マイナス金利導入のおかげで、
 従来の手法での量的緩和の効果すらも高まるというか余地が大きくなった
 とも言えると思うのですが・・・)

そして国内市場目線だけでなく、海の向こうの市場目線においても、
21日にドラギが3月の追加キンタマ緩和を示唆したのきっかけに、
昨年12月3日から続いていた巻き戻しからの反転となり、
27日のFOMCでは3月の利上げは回避されたとも、
もしくは3月にハッキリするという結果となったことで、
金融政策面ではひとまず3月までは・・・という目線となっております。

繰り返し書いている通り、昨年10月22日のドラギナイトにおいても、
12月の利上げを示唆したイエレンに歩調を合わせるように、
ドラギは12月の追加キンタマ緩和を示唆したことで、
金融政策面ではひとまず12月までは・・・という目線となり、
その後に登場した黒ちゃんは歩調を合わせず動きもしなかったのに、
原油、資源国、新興国等の利上げ副作用すらも無視したまま、
12月3日まで日米欧の株高が続きましたので、
今回は黒ちゃんがマイナス金利に動いたことからも、
今後の展開には期待できそうですけどね。

言っても12月3日以降の巻き戻し局面では、
大トリとなった黒ちゃんが、補完措置という謎の一手には動いたものの、
補完アカーン!という黒田ショックと言わんばかりの展開となった上に、
21日のドラギナイト直前の日本株は、
バズーカ2が全否定される水準まで下げていたので、
黒ちゃんとしてはメンツの為にも今回は動いたと言えなくもないです。
当然ながらアマリンショックを和らげるために、
安倍ちゃんからゴリ押しされた部分もあるのでしょうけどね

ちなみに本日の売買代金は圧巻の4.4兆円というゴリラ商いとなり、
昨年8月25日(4.9兆円)以来の高水準というよりも、
バズーカ2当日(14年10月31日(金))の売買代金は4.2兆円、
バズーカ2の三連休明け(2014年11月4日(火))は5.4兆円、
というパワー(売買代金)目線で見ると、昨年10月の再現というよりは、
バズーカ2の再現と言わんばかりの売買代金ではあります。
現在の裁定買い残、信用買い残、為替のポジ等の需給面で見ても、
バズーカ2の頃より良好ではあります。

ただし繰り返し書いている通り、日米欧の企業業績、
原油、資源国、新興国の利上げ副作用、中国懸念といった実態面は、
バズーカ2の頃だけでなく、昨年10月よりも悪いのは事実であり、
いつ蒸し返されてもおかしくない状況ですから、
今回の日米欧の護送船団金融政策効果によって金融市場が落ち着くことで、
実態経済面からの悲鳴を封じ、昨日までの割り切りリバウンド相場から、
本格反発相場へと移行することができるのかどうかは、
週明け以降も見極めないことには、まだわかりまへんけどね。

今夜の米国では米企業決算と共にGDPの発表があり、
来週は雇用統計を始めとする米経済指標テンコ盛りウィークであり、
我が国も企業決算の真っ只中ですからね・・・
(本日発表分はまだ目を通しておりまへん)

少なくとも先にも述べた通り、本日の引け味を見る限りでは、
今回の黒ダヌキのマイナスキンタマが、
本格反発に向けてのトドメとなりそうな動きではありました。

ということで来週への期待を抱きつつ、
本日は週末なのでこれにて失礼ぶっこきマンボーです。

良い週末をお過ごしください。


お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。





スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
レッツ・ポジティブ
スイーツ男子 | URL | 2016-01-29-Fri 20:44 [編集]
マーケット番長さん、こんばんは。

この「レッツ・ポジティブ」もベッキー語なのだそうですが、センテンス・スプリングによれば、ベッキーがゲス極とのLINEのやり取りで使ってたみたいです。

さて、今回の日銀のマイナス金利導入も、今のところはレッツ・ポジティブに受け取られたのかNikkei225は大幅に上昇を致しました。

ただ、色々な記事を読む限りにおいては、肯定的見解も否定的見解もある(日銀政策委員の間でも毎度の木内さんの他3人反対)ようです。

ところで、番長さんはご存知か否かは分かりませんが、面白い?記事を見つけましたのでご紹介いたします。

・本人も誤解している(多分)安倍総裁のマイナス金利発言
 http://blogos.com/article/50470/

これを読む限りにおいては、今回の日銀の決定は、安倍さんの意向も多少入っているのでしょうか。

・岩田氏:日銀は動かざるを得ない方向に-マイナス金利の導入も
 http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NVHH8B6S972F01.html

この中で、岩田氏は、『足元で0.8%台のブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)が0.5%より下がれば、「日銀は何かやらざるを得ないのではないかというのが私の見立てだ」と語った。』とありますが、昨年12月時点では未だ0.5%を上回って(http://www.bb.jbts.co.jp/marketdata/marketdata05.html)おり、黒田さんは先手を打ったのでしょう。

また、黒田総裁は、11月 30日の講演(http://jp.reuters.com/article/kuroda-nagoya-idJPKBN0TJ07B20151130)及び今回の会見で、『マイナス金利の採用で期待される効果について「イールドカーブの押し下げで、投資拡大、需給ギャップ減少によって物価目標に近づく」と説明した。』とあるので、デフレからの脱却と物価2%を確実に実現するためには多少危ない橋であっても渡る覚悟を決めたという事なのでしょう。

となれば、黒田さんもレッツ・ポジティブです。

駄文になってしまい申し訳ありません。それでは、またよろしくお願い致します。
スイーツ男子さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-01-30-Sat 00:18 [編集]
> マーケット番長さん、こんばんは。

こんばんは。

> この「レッツ・ポジティブ」もベッキー語なのだそうですが、センテンス・スプリングによれば、
> ベッキーがゲス極とのLINEのやり取りで使ってたみたいです。

なるほどですw

> さて、今回の日銀のマイナス金利導入も、今のところはレッツ・ポジティブに受け取られたのか
> Nikkei225は大幅に上昇を致しました。
>
> ただ、色々な記事を読む限りにおいては、
> 肯定的見解も否定的見解もある(日銀政策委員の間でも毎度の木内さんの他3人反対)ようです。
>
> ところで、番長さんはご存知か否かは分かりませんが、面白い?記事を見つけましたのでご紹介いたします。
>
> ・本人も誤解している(多分)安倍総裁のマイナス金利発言
>  http://blogos.com/article/50470/
>
> これを読む限りにおいては、今回の日銀の決定は、安倍さんの意向も多少入っているのでしょうか。

安倍さんの意向は十分に入っているでしょうし、
そもそもアベクロの利害が一致してますからね。

> ・岩田氏:日銀は動かざるを得ない方向に-マイナス金利の導入も
>  http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NVHH8B6S972F01.html
>
> この中で、岩田氏は、『足元で0.8%台のブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)が0.5%より下がれば、
> 「日銀は何かやらざるを得ないのではないかというのが私の見立てだ」と語った。』とありますが、
> 昨年12月時点では未だ0.5%を上回って(http://www.bb.jbts.co.jp/marketdata/marketdata05.html)おり、
> 黒田さんは先手を打ったのでしょう。
>
> また、黒田総裁は、11月 30日の講演(http://jp.reuters.com/article/kuroda-nagoya-idJPKBN0TJ07B20151130)及び今回の会見で、『マイナス金利の採用で期待される効果について「イールドカーブの押し下げで、投資拡大、需給ギャップ減少によって物価目標に近づく」と説明した。』とあるので、デフレからの脱却と物価2%を確実に実現するためには多少危ない橋であっても渡る覚悟を決めたという事なのでしょう。
>
> となれば、黒田さんもレッツ・ポジティブです。

まぁ今日の会見でも黒ちゃん自身が言ってましたからね。
その他の専門家の意見については、正直、今回の措置に対する見解や分析と言うのは、意見もそれぞれですから、
経済学部出身ながら作文一枚のスポーツで入り、前職も金融業界ではなく身体を張った仕事をしていた
脳みそ筋肉な私としては、今後は市場の動きと経済指標等で正解がわかると思っていますので、
申し訳ないですがあまり気にしていないというのが率直なところです。
少なくともイールドカーブの引き下げって、現状の実態部分を見ていると、
単なる数字のトリック(かさまし)のようにも思えますので、
トリックであろうと一刻も早く治療を進めてさえくれればいいのかなと・・・
やらなければいずれは死に体になるのは間違いないでしょうしねw

> 駄文になってしまい申し訳ありません。それでは、またよろしくお願い致します。

よろしくお願い致します。
大変な一週間でしたね
みずほ | URL | 2016-01-30-Sat 12:36 [編集]
「なんでも鑑定団」石坂浩二さん、いじめ降板とか。おおごとです!
あと、SMAP造反4人が心身疲弊で弱っている…や小保方さん手記発刊とかベッキー降板も。

鑑定団は見てて何でだろ?と思っていました。今じゃ風呂敷外すだけの係りですよ。それもあまり映らないし。
現場ではウンチクを披露しておられるようです。
以前聞きましたが、芸能界で教養のある人の代表みたいな方とのこと。

スタッフも石坂さんも一歩も引かなかったんですね。別の新番組が用意されたようです。
鑑定が幾ら?やお宝や出演者のストーリーが専ら関心の番組なので、今までみんなスルーしてきたのかな?いい番組ってことですかね。

小保方さんも言い分がありそうです。どうも、作製できたスタップ細胞には提供された元の細胞?にある共通点があった。
その元の細胞だかが大学からなくなったとかで、一度は盗っ人断定された小保方さん、言いたい事あるんでしょうね。浮かび上がってくる人いるような…。
わからないですが。妄想広がる。
論文取り下げを訴えてた人いました。なんか理由があったのかな。妄想です。

いろいろな一週間でした~。ちょっと違いますか…。
みずほさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-01-30-Sat 14:21 [編集]
> 「なんでも鑑定団」石坂浩二さん、いじめ降板とか。おおごとです!
> あと、SMAP造反4人が心身疲弊で弱っている…や小保方さん手記発刊とかベッキー降板も。
>
> 鑑定団は見てて何でだろ?と思っていました。今じゃ風呂敷外すだけの係りですよ。それもあまり映らないし。
> 現場ではウンチクを披露しておられるようです。
> 以前聞きましたが、芸能界で教養のある人の代表みたいな方とのこと。
>
> スタッフも石坂さんも一歩も引かなかったんですね。別の新番組が用意されたようです。
> 鑑定が幾ら?やお宝や出演者のストーリーが専ら関心の番組なので、
> 今までみんなスルーしてきたのかな?いい番組ってことですかね。

そういえば白い巨塔の院長役で総回診していたのは石坂浩二でしたw
色々と巷は話題豊富なようですね。

> 小保方さんも言い分がありそうです。どうも、作製できたスタップ細胞には提供された元の細胞?にある共通点があった。
> その元の細胞だかが大学からなくなったとかで、一度は盗っ人断定された小保方さん、言いたい事あるんでしょうね。
> 浮かび上がってくる人いるような…。
> わからないですが。妄想広がる。
> 論文取り下げを訴えてた人いました。なんか理由があったのかな。妄想です。

ほんとに解せないですよね。
盗っ人であればなぜ盗品マウスを隠すことをせず(隠滅せず)
派手な会見を開いて注目されても、不正を疑われて大騒ぎになっても、
ずーっと放置してたというのだけが理解できません。

とにかくこれがハッキリしないことには悪意があったのか、引っ込みがつかなかったのか、
それとも単なる間違いだったのか、すらもわからないですからね。
専門的なことは全くわかりませんけど、誰得とう視点でオボちゃん始め関係者の言動を見ていると
どうもあの世界的ネズミ男がニオって仕方ないですw
(その背後にも他に誰かいるのかも知れませんけどw)

> いろいろな一週間でした~。ちょっと違いますか…。

いえいえお疲れな一週間でおました。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.