不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
まずは割り切り勝負ならば・・・な週明け。
おはようございます。

アメ公は東海岸を中心に明日までスノージラというゴジラ級の大雪が襲来・・
我が国も北陸、西日本を中心に明日までゴリラ級の大寒波が襲来しており、
寒さに強い私でもさすがに寒く感じます・・・
そもそも冬らしくない気温が続き、国内消費への懸念も高まっていたので、
このまま冬らしい気温になればいいのですが、
今週半ば以降はまたしても気温が上がるとの予報が出ており、
ただでさえ決算ラッシュが始まり、業績懸念が台頭しているだけに、
せめて寒波が国内消費の追い風にでもなって欲しいところなのですが・・・
(国民生活がマヒするほどの寒波になれば消費どころではないですけどw)

なんて言っている傍で、市場では先週21日にドラギの神風が吹き、
週末は熱波のままで引けており、「もうはまだなり」ではなく、
モウは牛なりのような動きとなっております。

まずはこれまでの動きから振り返ると・・・

おっとその前に、本日はいつもの週初の記事とは違い、
今週のスケジュールは最後に付けておりますので御参照下さい。

さて改めてこれまでの動きから振り返ると・・・

10月22日に12月の追加緩和を示唆したドラギナイトをきっかけに
(その前にイエレンFRB議長の12月利上げ検討示唆発言もあった)
ユーロ売り、ドル買い、円売りの各ポジ、国内では裁定買い残、
これらを急速に積み上げながら、原油・銅を始めとする商品安、
産油国、資源国、新興国の資金流出といった米利上げの副作用を無視して、
更に何も動かなかった10月27-28日のFOMC、
同じく何もなかった10月30日と11月18-19日の日銀会合も、
12月が焦点だという事で無視されたまま、日米欧の株価は駆け上がり、
追加緩和を示唆した12月3日のドラギナイトを迎えたわけですが・・・

ドラギの追加緩和が不十分だとか、出尽くしだというケチ付けをきっかけに
急速に積み上がった各ポジの巻き戻しと共に日米欧の株安が始まり、
無視していた中国を含む米利上げの副作用も改めて口実にすることで、
巻き戻しと日米欧の株安を加速させることに・・・

そして補完措置という中途半端な黒魔術に動いた日銀会合も焼石に水となり、
示唆した通りの利上げに動いた12月15-16日のFOMCについては、
出尽くしと言う都合の良い歯止めにはならず、
むしろ利上げの副作用に対して火に油となってしまい、
日米欧の株価はきっかけとなった10月22日直前の水準をも割れてしまい、
10月22日直前水準なんて関係の無い利上げ副作用な面々と共に、
巻き戻しの次元を超えたリスクオフとなり、9月安値をも割ってしまい
先週21日のドラギナイト前日まで続いていたという状況です。

見ての通り、全ての原因は米利上げというマネーの流れの変化が原因ですが
動くきっかけとしては、利上げの副作用等の世界的な痛みを、
ドーピング(追加緩和)で和らげる役目を担うドラギとなっており、
(ドーピングの役回りは日本も同じですけどね)
それに合わせるように大人たちが、需給の都合で動いているということですが
きっかけとしてはドラギに始まりドラギに終わる動きだったということです。

ここまでの段階で、ユーロ売り、ドル買いの各ポジは、
昨日発表された19日時点の状況を見ても、10月22日直前水準には遠く、
例え20日で巻き戻しが加速していたとしてもまだ不十分ではあります。
ただし我が国については、円のポジが5日時点で買いへと転じたものが、
19日時点でもさらに円買いポジが積み上がっており、
10月22日直前水準どころか9月安値直前水準すらもすっ飛ばし、
アベノミクス相場開始以来初の円買いが更に進行しているので、
もはや巻き戻し完了とかではなく、新たな局面入りとさえ言えるのですが・・
裁定買い残については10月22日直前水準どころか、
9月安値直前水準にほぼ達しておりますので、
新たな局面入り説はひとまず置いといて、米欧に比べると十分過ぎるほどに
巻き戻しと言う面では進んでいたと好意的に捉えることはできます。

そんな状況の中で、先週21日に満を持して再びドラギのおっさんが登場し、
12月に追加キンタマ(金融)緩和を示唆した昨年10月22日のように、
今度は3月にキンタマを出すかも~と示唆したことで、
まさにドラギに始まりドラギに終わる形での巻き戻しとリスクオフの動きが、
再びドラギに始まるという形で一斉に反転の動きとなり、
そのまま22日の週末を終えているということです。

結局は世界のマネーの流れと水位と量を決める日米欧の金融政策次第・・・
ということになるのですが(英国もですけどね)、
御存知の通り、ここまでに至る間に、
中国の人民元という金八先生でも手に負えない腐ったミカン通貨が、
SDRに採用されてしまいましたので、日米欧のサジ加減だけで、
10月22日~12月3日の様な展開になるのか・・・という疑問はあります

さらに原油・銅を始めとする商品、産油国、資源国、新興国といった、
利上げの副作用に見舞われている面々は10月よりも症状は悪化しており、
中国自体も利上げの副作用だけでなく独自で悪化の道を辿っており、
これまた10月よりも症状は悪化しております・・・

しかしながら織り込みの水準だという見方も出来なくもないですし、
実際に21日のドラギナイトをきっかけに、
これらの利上げ副作用な面々は改善の動き(反発)のまま週末を終えてます。
しかも利上げ副作用の要因であるドルが、
ドラギナイトをきっかけに巻き戻しの巻き戻しで堅調だったにも関わらず、
利上げ副作用が改善が続いているという都合の良い動きですから、
織り込み済だという都合の良い解釈となりそうな週末時点の動きではあります
(実際には過去最高水準までショートポジが積み上がっていた原油を始め、
 単なる買戻しという需給面での都合なのですが、口実ということで)

そして利上げの張本人である米国も製造業を中心に利上げの副作用に見舞われ
現在発表真っ只中の企業決算が副作用を裏付けるような結果となっており、
おまけに先日発表された年末商戦を含む米12月小売売上高は前年割れとなり
米GDPの7割を占める個人消費への懸念と共に、
内需の企業業績にも懸念が高まりつつありますので、
米利上げの裏付けとなっていた良好な雇用環境についても、
直近では堅調だったとしても先行きはどうなんだということになり兼ねず、
米利上げスタンスの信認が低下することにもなり兼ねないです。

そうなると次回の雇用統計(2月5日)、
年末商戦の含まれる今週末29日の10-12月期GDPが重要なのですが、
その前にある26-27日のFOMCの声明文が(イエレン会見はない)、
どう変化しているのかというのが目先の注目材料でおます。

とにかく米国についても10月よりも症状が悪化しているのですが、
週末時点の動きとしては、商いの伴った米株高、債券安のまま引けており、
20日までの株安・債券高というリスクオフ&利上げ否定な動きから反転し
先にも述べた通り、ドルが堅調だったにも関わらず、
原油高、商品高、新興国等の資金流出も落ち着くという都合の良い動きとなり
そしてリスク資産の金は続落となり、VIX指数も低下しており、
動きとしてはリスクオンながら、ちと都合の良すぎる動きではおます(笑)

利上げの副作用に見舞われている面々は先に述べた通りなので割愛しますが、
中国については週末の世界の動きが織り込まれていませんので、
週明けの動き次第と言えますが、まだまだ危うい状況で週末を終えており、
旧正月を意識した恒例の資金供給をしているにもかかわらず、
SHIBORは効果も無く上昇が継続しており、ブレイク寸前です・・
10月と比べると悪化しているのはもちろんのこと、
週末時点の状況としても、他の利上げ副作用な面々よりも危うい状況です。

欧州については、先にも述べた通り、巻き戻し自体は不十分ながら、
きっかけはドラギだったこともあり、ユーロ売りが再開しており、
米国とは違って緩和期待とも言える債券高となっております。
直近では債券が大きく売られていた南欧のゴロツキ重債務国も、
週末はドラギナイトを受けて、やや戻しておりますが(CDSもやや低下)、
本日はポルトガル大統領選を控えていたり、
今週末にフィッチのスペイン格付け見直しもあったりするからなのか、
南欧重債務国はややきな臭さを残したままの週末ではあります。
そして欧州も通貨高(ユーロ高)が重石となって業績懸念となっていただけに
10月よりも症状は悪化しているのですが、
このままドラギ効果でユーロ安となれば、業績懸念の症状は和らぎます。

そして我が国ついては、巻き戻しと言う面では先にも述べた通り、
米国と欧州よりも進んでおり、需給面ではかなり軽くなっていたこともあり、
巻き戻しの巻き戻しの円安と共に、日本株は大幅な反発で引けており、
シカゴ日経平均先物はさらに続伸となる17230円で帰って来ております。
商いがやや物足りないので、単なる買戻しやないか!と言えますが、
10月の再現を期待するのであれば、
その買戻しがきっかけとして重要ではあります。

しかしながら今の為替水準では、決算を終えた安川電機と日本電産のように
想定為替レートを1ドル115円、1ユーロ125円くらいに設定しないと、
現状は日銀短観の下期1ドル118円、通期119.4円が
想定為替レートになっているので、まだ外需企業の業績懸念は拭えまへん。

そして円高によって国内消費の下支え役となっている訪日客の減少懸念もあり
実際に中国の爆買い客は元安誘導という迷惑千万な所業もあって、
8月をピークに右肩下がりであり、内需企業業績にも円高が重石となっており
今週から本格化する決算で好決算となるか、円高自体が落ち着かないことには
内外需企業の業績懸念は拭えまへんので、
日本株は割安だとか配当妙味という見方は通じなくなります。
(日本だけでなく、米欧も同じ業績懸念ではありますので、
 比較すれば日本株の割安感という見方も有り得なくはないですけど・・・)

そういう意味でも手っ取り早いのは、21日のドラギナイトから始まった、
ユーロ売り、ドル買い、円売りという巻き戻しの巻き戻しが続くことであり、
加速させるのならば今週末の黒い銀行会合にて黒ちゃんがぶっ放さなくとも、
KYな冷や水を浴びせず、ドラギと歩調を合わせて3月に撃つぞと示唆すれば
10月と同じような展開が続くことも期待できます。
(26-27日のイエレンナイト(FOMC)も冷や水とならなければ)

くれぐれも現状の動きとしては10月の再現となりそうな動きですが、
国内の業績懸念と言う悪材料はもちろんのこと、
繰り返しになりますが、海の向こうの原油・新興国等の利上げ副作用、
中国の景気失速懸念、米国と欧州の業績懸念、米国の利上げに対する信認低下
といった悪材料も10月よりは悪化しております。

従ってこれらの悪材料という本質の部分が台頭しなければ、
素直に需給主導での大人の都合な動きとなり、10月以降の動きの再現となり
10月は追加緩和を示唆した12月のECB理事会まで続いたように、
今回も3月10日のドラギナイト(ECB理事会)まで・・・
(3月11日MSQ、3月5日は全人代もあったり)
もしくは8月高値の裏、45日前ルール、国内企業決算一巡、SQ、
中国が春節で休場、イエレン議会証言(10日)等が重なる2月中旬まで・・・
あわよくば来期見通しが判明するベタな5月まで・・・(笑)

それとも節分天井のような来週末の雇用統計まで・・・(となると彼岸底?)
まさか特盛な米企業決算と重なるイエレンナイト(26-27日)、
 (26日はアップル等、27-28日も特盛、27日から国内決算も特盛)
国内企業決算の一発目ピークと重なる黒光り銀行会合(28-29)まで・・

まさかまさか週明け早々に、中国渾身の人民元防止策導入開始が、
CB導入の惨事のようなことになると共に、
最も怖い国内のリスクである政治において、
アマリンが週明け早々に辞任なんてことにならないか・・・
一応、28日までに説明責任を果たすそうですけど、
それはそれで28-29日が黒光り銀行会合なので怖いですけど・・・
28日は指数寄与度の高いファナック決算があり、
夜には米国の利上げ副作用な面々の決算と共にドイツ銀の決算もあります。

以上の通り、グダグダと書いてきた割には、
結局は21日のドラギナイトをきっかけとした動きはどこまで続くねん!
っちゅう話なのですが、先にも述べた通り、
原油、新興国等の利上げの副作用が落ち着き、中国も落ち着き、
米欧の企業業績懸念も和らぎ、国内の企業業績懸念も和らぎながら、
ドル高(米債券安)、ユーロ安(債券堅調維持)、円安(債券堅調維持)、
これらが主導する形で日米欧の株高が続くことが、理想的ではありますが、
10月の様に利上げの副作用を無視したままでのこういう動きも有り得るので
超シンプルに判断するならば、国内企業決算が本格化することもあるので
円安さえ継続しているならば、割り切って流れに乗るのもいいでしょう。
結果として円安が継続しているということは、
海の向こうが落ち着いているということに繋がりますからね。

当然ながら逆の意味で超シンプルに判断すると、
円高が継続しているならば、せめて決算を終えた銘柄でない限り、
割り切って乗るのも控えておきましょう。
言ってもバンジージャンプと同じで、ゴムの伸縮が収まらないことには、
まだまだ危うい状況ではありますからね・・・

改めて明日のスタンスについては・・・

持ち越し短期勝負の方については、
以上のような小難しい国内外の市場を取り巻く環境もありますが、
超シンプルに構えるならば、肝心の円安が継続しているならば、
割り切って勝負すればいいでしょう。
当然ながら円高が落ち着いていなければ(元安も)、
その日限りの勝負に留めておきましょう。
せめて決算を終えたものならば、勝負するのはアリですけど・・・
(もちろん業績見通しや想定為替レートも考慮した上で)

腰を据えて王者の風格で構えていた方は、
以前にも書いてきた通り、とっくに撤退しているとは思いますが
再び腰を据えて本格的に参戦するのは、
海の向こうの原油等の商品、新興国等の資金流出、米企業業績懸念、
といった利上げの副作用(アレルギー)が落ち着くと共に、
肝心の円高が落ち着かない限り(元安も)、国内の業績懸念は払拭されず
本格反発は望めないので、参戦は控えておくべきですが、
円安さえ継続しているのであれば、割り切って参戦すればいいでしょう。
ただしまだまだ危うい状況に変わりは無いですから、
ダメならばすぐに撤退するということだけは徹底して参戦してください。
中小型割安狙いの方についても基本的には同様でおます。

新興市場についての全体の相場観としては、
ドラギナイトをきっかけとした動きが波及しそうですけど、
現状としては賑わっていた人気テーマ株の下落が散発していたり、
現時点では全体としての地合いの悪さは継続していると言えるので
シンプルにこれまでの続落局面での商いを上回るほどの、
商いを伴った反発が続くまでは警戒モードで構えたまま、
その日限りの勝負に留めておくのが無難でおます。
追証売りリスクは、多少なりとも残ってますからね。
ちなみに週末の新興市場は、薄商いでの反発ですから
まだアテにならないですし、主力大型株に資金が集中する可能性もあるので

ただし先に述べたような国内外のリスク等は、
新興市場の小売や製造業以外にとっては、影響の軽微なリスクであり
主力大型株の業績懸念に対して、ミクシィを始め上方修正銘柄も多いので、
個別については、イナゴの循環物色が継続しているならば
くれぐれも気を付けながらですが、割り切って勝負するのはアリです。

ちなみに2月以降のIPO発表観測も囁かれており、
21日にはてなの上場承認もありましたので、
ZMP(延期観測はどうやらなので)、スパイダーマン(Spiber)、
シロノワール(コメダ珈琲)、LINE(これはほんまかいな)等の関連は
賑わうかも・・・あくまで手掛かりの一つとしてという感じです。


お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



国内海外
25(月)12月貿易統計(8:50)人民元基準値発表(10:16)
12月白物家電出荷(10:00)シンガポール12月消費者物価(14:00)
11月景気動向指数・改定値(14:00)独1月IFO企業景況感指数(18:00)
12月民生用電子機器国内出荷(14:00)1月独連銀月報(20:00)
12月外食売上高(14:00)米1月ダラス連銀製造業活動指数(24:30)
気象庁3カ月予報(14:00)
イラン大統領がイタリア訪問(25-26日)
榊原経団連会長会見(15:30) ※27日から仏訪問
経団連労使フォーラム(25-26日)国連が仲介するシリア和平協議
産業競争力会議(17:30) ※26日以降にずれ込む可能性
関電と滋賀県が高浜原発の安全協定締結ベトナム共産党大会(20-28日)
米国務省シャノン顧問訪日(22-27日)イングベス・スウェーデン中銀総裁講演(20:00)
イスラエル中銀政策金利発表(23:00)
甘利大臣が献金疑惑に対するラウテンシュレーガーECB理事講演(26:00)
 説明責任を28日までに果たすと表明ドラギECB総裁講演(27:00)
25日まで西日本・北陸を中心に大寒波米東海岸は25日朝まで大雪
水星逆行(5-26日)人民銀が18日決定の元安防衛策導入開始
木星逆行(1/8-5/9)  ※オフショア人民元預金に預金準備率適用
(決算) 約26社独30年債入札
JSR、小林薬、カブコム、さくら、アパマン
(決算)
マクドナルド、DRホートン、ハリバートン
(休場)ブラジル、NZ、マレーシア、エジプト
26(火)12月企業向けサービス価格指数(8:50)人民元基準値発表(10:16)
2市場信用取引残高(16:00)人民銀の公開市場操作(10:16)
ブラジル12月経常収支(21:30)
閣議、閣議後会見(8:15)米11月FHFA住宅価格指数(23:00)
衆院本会議各党代表質問(26-27日)米11月ケース・シラー米住宅価格指数(23:00)
沿岸海底下等における地層処分の米1月マークイットサービス業PMI・速報値(23:45)
 技術的課題に関する研究会(10:00)米1月CB消費者信頼感指数(24:00)
経団連労使フォーラム(25-26日)米1月リッチモンド連銀製造業指数(24:00)
経団連関西会員懇談会API米週間原油在庫統計(30:30)
榊原経団連会長会見11月北米半導体製造装置BBレシオ(32:00)
天皇、皇后両陛下がフィリピン公式訪問
 ※26-30日FOMC1日目(26-27日)
ナイジェリア中銀政策金利発表(15:00)
1&7月期決算銘柄 権利付最終売買日カタイネン欧州副委員長講演(17:00)
カーニー英中銀総裁講演(19:45)
水星順行開始ハンガリー中銀政策金利発表(22:00)
イラン大統領がイタリア訪問(25-26日)
サッカー、リオ五輪アジア最終予選準決勝 ※27日から仏訪問
                     (22:30)サイバー技術国際会議「サイバーテック2016」
 ※26-27日
(決算) 約27社
三井住友、エムスリー、キヤノンMJ米2年債入札(27:00)
(決算)
P&G、J&J、3M、AT&T、スプリント、ヤフー
アップル、VMウェア、Wデジタル、シーメンス
デュポン、アムジェン、コーチ
フリーポートマクモラン、コーニング
(休場)豪、インド
27(水)プログラム売買状況(15:30)豪10-12月期消費者物価(9:30)
12月自動車8社生産実績(11:00)人民元基準値発表(10:16)
中国12月工業利益(10:30)
衆院本会議各党代表質問(26-27日)独2月GFK消費者信頼感調査(16:00)
参院本会議各党代表質問(27-28日)仏1月消費者信頼感指数(16:45)
米MBA住宅ローン申請指数(21:00)
全国財務局長会議(10:00)ロシア12月失業率(22:00)
リニア中央新幹線品川駅起工式(10:30)米12月新築住宅販売件数(24:00)
ソフトバンクがPepperの法人活用についてEIA米週間原油在庫(24:30)
 記者説明会(10:00)
経団連中国地方経済懇談会メルシュECB理事講演(20:00)
零戦里帰りプロジェクトラウテンシュレーガーECB理事講演(22:00)
 ※海自鹿屋航空基地においてFOMC 2日目(26-27日)
  「零戦」の初飛行を実施 ※金融政策発表(28:00)
第15回ナノテクノロジー総合展・技術会議ケリー米国務長官が訪中
 「nano tech 2016」(27-29日) ※25日ラオス、26日カンボジア訪問
国内最大級の環境・エネルギー関連のイラン大統領が仏訪問
 展示会「ENEX2016」(27-29日)サイバー技術国際会議「サイバーテック2016」
 ※26-27日
天皇、皇后両陛下がフィリピン公式訪問
 ※26-30日米2年物インフレ連動債入札(25:30)
米5年債入札(27:00)
1&7月期決算銘柄 権利落ち日
(決算)
(決算) 約65社フェイスブック、イーベイ、バイオジェン
キヤノン、富士フイルム、アルプス、TI、クアルコム、Uテクノロジーズ、サンディスク
アドバンテ、日立国際、日立ハイテクボーイング、ステート・ストリート、ガスプロム
日立化成、大日住薬、四国電、アトム、
オリックス、松井証、大京、ユアテック
オービック、コロプラ、VOYAGE、弁護士
28(木)1月上旬分貿易統計(8:50)人民元基準値発表(10:16)
12月商業動態統計(8:50)人民銀の公開市場操作(10:16)
対外対内証券売買契約等の状況(8:50)フィリピン10-12月期GDP(11:00)
12月建設機械出荷(12:00)独12月輸出入物価(16:00)
投資主体別売買動向(15:00)英10-12月期GDP・速報値(18:30)
ユーロ圏1月消費者信頼感・確定値(19:00)
参院本会議各党代表質問(27-28日)ポルトガル1月消費者物価・速報値(20:00)
日銀金融政策決定会合1日目(28-29日)独1月消費者物価・速報値(22:00)
甘利大臣が献金疑惑に対する米12月耐久財受注(22:30)
 説明責任を果たすと表明した期限米新規失業保険申請件数(22:30)
全国財務局長会議(10:00)米12月中古住宅販売保留指数(24:00)
安倍首相の靖国神社参拝差止めを求めたEIA米週間天然ガス在庫(24:30)
 訴訟判決(10:00 大阪地裁)カンサスシティ連銀1月製造業指数(25:00)
楽天モバイル新サービス発表会(11:00)
西室日本郵政社長会見(15:30)NZ準備銀行政策金利発表(5:00)
第15回ナノテクノロジー総合展・技術会議南ア準備銀行政策金利発表(22:00)
 「nano tech 2016」(27-29日)コスタ・ポルトガル中銀総裁講演(22:00)
国内最大級の環境・エネルギー関連のワイトマン独連銀総裁講演(27:00)
 展示会「ENEX2016」(27-29日)第6回共和党大統領候補者討論会
関電高浜原発再稼働予定中南米カリブ海諸国共同体首脳会議(28-9日)
天皇、皇后両陛下がフィリピン公式訪問
 ※26-30日米7年債入札(27:00)
2年債入札(12:45)(決算)
マイクロソフト、アマゾン、アリババ、
(決算) 約165社キャタピラー、フォードモーター、ブロードコム
ファナック、日立建、川重、小糸製、VISA、パルト・グループ、ニューコア
キーエンス、オムロン、アンリツ、富士電ドイツ銀、アンダーアーマー、LG電子
NEC、コニカミノルタ、日立金、ファンケル
信越化、積水化、大ガス、北陸電
OLC、阪急阪神、H2Oリテ、カッパ、綿半
ヤマトHD、大東建、ゴールドクレ、DI
三住トラ、大和証、静岡銀、NRI、一休
サイバーA、インフォコム、ニューフレア
29(金)12月全世帯家計調査・消費支出(8:30)台湾10-12月期GDP(9:30)
12月失業率(8:30)人民元基準値発表(10:16)
12月有効求人倍率(8:30)仏10-12月期GDP・速報値(15:30)
12月全国消費者物価(8:30)独12月小売売上高(16:00)
1月東京都区部消費者物価(8:30)タイ12月経常収支(16:30)
12月鉱工業生産・速報値(8:50)仏12月消費支出(16:45)
12月自動車生産(13:00)仏1月消費者物価(16:45)
12月新設住宅着工戸数(14:00)スペイン10-12月期GDP・速報値(17:00)
12月建設工事受注(14:00)スペイン11月経常収支(18:00)
ユーロ圏12月マネーサプライM3(18:00)
閣議、閣議後会見ユーロ圏1月消費者物価・速報値(19:00)
経団連と連合のトップ会談(8:00)ブラジル12月財政収支(21:30)
衆院予算委 16年度予算案審議開始米10-12月期GDP・速報値(22:30)
日銀金融政策決定会合2日目(28-29日)米10-12月期雇用コスト指数(22:30)
 展望リポート、基本的見解(昼前後)加11月GDP(22:30)
 基調的なインフレ率をメキシコ10-12月期GDP(23:00)
  捕捉する為の指標・速報(14:00)米1月シカゴ購買部協会景気指数(23:45)
 黒田日銀総裁会見(15:30)米1月ミシガン大消費者態度指数確報値(24:00)
産業革新機構がシャープ支援で会合米石油掘削リグ稼働数
民泊特区の大田区が民泊業者認定のシカゴIMM通貨先物ポジション(1/26時点分)
 審査受付開始 ※2月中旬に決定
スキーバス事故の有識者対策委員会コロンビア中銀政策金利発表(15:00)
第15回ナノテクノロジー総合展・技術会議ロシア中銀政策金利発表(19:30)
 「nano tech 2016」(27-29日)SF連銀ウイリアムズ総裁講演(29:30)
国内最大級の環境・エネルギー関連の ※中間派、投票権なし
 展示会「ENEX2016」(27-29日)ケリー米国務長官がカナダ訪問
辺野古代執行訴訟第3回口頭弁論中南米カリブ海諸国共同体首脳会議(28-9日)
安愚楽牧場訴訟の海江田氏の証人尋問
天皇、皇后両陛下がフィリピン公式訪問フィッチがスペインの格付け見直し予定
 ※26-30日
サッカー、リオ五輪アジア最終予選3決(決算)
シェブロン、マスターカード、アルトリアG
(決算) 約500社シーゲイト・テクノロジー、
ホンダ、日野自、ダイハツ、モリタHD
村田製、京セラ、日東電、TDK、ヒロセ電
HOYA、東エレク、栗田工、JVCKW、JDL
ソニー、富士通、エプソン、マキタ、住友重
コマツ、オークマ、タダノ、牧野フ、ツガミ
JFEHD、大特鋼、ガイシ、TOTO、特殊陶
アステラス、第一三共、協和キリン
コーセー、ワコール、トクヤマ、黒田電
味の素、ヤクルト、日清粉、東洋水、グリコ
郵船、商船三井、川崎船、日通、三菱倉、
JR東海、JR東、JR西、JAL、ANA
三越伊勢丹、セリア、ワークマン、
野村不、住友林、ALSOK、東ガス
関電、中部電、九電、中国電、Jパワー
みずほ、りそな、あおぞら、京都銀、
アコム、オリコ、JPX、SBI、M&A、
NTTドコモ、コナミ 、コエテク、東映アニメ
スタートトゥ、MonotaRO、ITM、SE H&I
タカラバイオ、J・TEC
30(土)日銀展望リポート、全文(14:00)台湾株式市場が特別取引
民主党大会アフリカ連合(AU)総会(30-31日)
天皇、皇后両陛下がフィリピン公式訪問
 ※26-30日
サッカー、リオ五輪アジア最終予選決勝
31(日)府中市長選投開票アフリカ連合(AU)総会(30-31日)




スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

五十五郎丸 | URL | 2016-01-24-Sun 12:32 [編集]
甘利さんの一件については、相場に混乱のない形で収集を図ってほしいものですね。投資家の勝手な意見ではありますが、甘利さん自身がリスクになるとは…というところです。
ちなみに甘利さん、一昨年に限定版で出た「たけのこの里 ホワイト&ココア」に似て蝶です。
日本固有にこそ直視
つかさ | URL | 2016-01-24-Sun 15:05 [編集]
こんにちはです。
今週も週の予定記載ありがとうございます。
いつも大変お世話になっています。

ざっと見ても決算ラッシュですね。
しかしこの年明けからの円高基調、一時的かどうか企業も判断できず、
来期予想の基となる円レートも各社低め(利益予想も控えめ)にならざる得ないのでは? また東芝の件があるのでごまかしを許さない風潮もありますしね。

何より年初からの日経平均の他国と比べてもキツイ下げは、
外部要因ではなくアマリンショックを前倒しで織り込んでいたとも見えます。そして事実報道が出て陰の極地から一旦リバウンド。
ただこの決着はどうなるかわかりませんが、TPP進捗は相当遅行するのではと素人の私にも想像されます。
週末の日銀バズーカ3発動?(もしくは3月期待)とのアマリン進退(28日まで)とで相殺されそうで、そうなるとディフェンスでのバズーカを使っちゃう感による切り札使用を、外人大人達に見透かされそうです。
何より政権運営の不透明感という大好物を与えてしまいかねない正念場です。
まあ本当の切り札は消費税増税中止だと思いますが・・・。

木曜引け際はインするのを躊躇してしまい失敗かとも思いましたが、先物ナイトの値(15700円台?)を日中も見に行く癖があるので、もう少し気長に時期を待ってみます。
また2月はバーゲンシーズンでもあり、確定申告の時期はあまりいい印象が無いので慎重にポジ取りを探りたいと思います。

週末おじゃまいたしました。では。
末吉
スイーツ男子 | URL | 2016-01-24-Sun 22:14 [編集]
マーケット番長さん、こんばんは。

本日以前より予定をしていた「秋葉総本殿 可睡斎」へ友人達及びそのご家族と共に行って参りました。ここは、家康ゆかりのお寺で、日本唯一の御真躰をお祀する火防霊場です。

また、現在「可睡斎ひなまつり」が開催されており、沢山のお雛様が並んでおいでです。

そして、普段、私はおみくじを引かないのですが、一緒に行った友人達が引いているのを見て私も引きたくなって引いてみたところ「末吉」でした。

そのおみくじには、「春を待つ雪の下の草木の芽のように、伸びようとするがいまは十分に伸びることができない状態です。この時期の苦労を乗り越えてこそ、先に明るい展望が開けてきます。」とあり、その時私に浮かんだものは日本株でして、多少こじつけの面はあるかも知れませんが。

しかし、今日は殊の外寒くってものじゃない程みんな「さみぃー」の連発で、おまけに風もすこぶる強く、静岡は冬でも比較的温暖なのですが、これまでに体験した事のないような寒さでした。

明日も引き続き寒さが厳しいようですので、くれぐれもご自愛ください。

それでは、またよろしくお願い致します。
五十五郎丸さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-01-24-Sun 23:41 [編集]
> 甘利さんの一件については、相場に混乱のない形で収集を図ってほしいものですね。
> 投資家の勝手な意見ではありますが、甘利さん自身がリスクになるとは…というところです。

アマリンはというより、安倍政権が倒れるという思惑に繋がれば・・・
ということですね。

> ちなみに甘利さん、一昨年に限定版で出た「たけのこの里 ホワイト&ココア」に似て蝶です。

もはやタケノコ自体に似てるという気もしますw
つかささんへ
マーケット番長 | URL | 2016-01-24-Sun 23:55 [編集]
> こんにちはです。
> 今週も週の予定記載ありがとうございます。
> いつも大変お世話になっています。

こんばんはです。
ありがとうございます。

> ざっと見ても決算ラッシュですね。
> しかしこの年明けからの円高基調、一時的かどうか企業も判断できず、
> 来期予想の基となる円レートも各社低め(利益予想も控えめ)にならざる得ないのでは? 
> また東芝の件があるのでごまかしを許さない風潮もありますしね。
>
> 何より年初からの日経平均の他国と比べてもキツイ下げは、
> 外部要因ではなくアマリンショックを前倒しで織り込んでいたとも見えます。
> そして事実報道が出て陰の極地から一旦リバウンド。

そもそもは単純に円高による業績不安だとは思いますけど
そこにアマリンが火に油となったのかもしれないですね。

> ただこの決着はどうなるかわかりませんが、TPP進捗は相当遅行するのではと素人の私にも想像されます。

一応、2月4日にTPPの調印式が控えているので、
そうなればアマリンよりも他国次第(米国次第)と言う気もしますけど・・・

> 週末の日銀バズーカ3発動?(もしくは3月期待)とのアマリン進退(28日まで)とで相殺されそうで、
> そうなるとディフェンスでのバズーカを使っちゃう感による切り札使用を、外人大人達に見透かされそうです。
> 何より政権運営の不透明感という大好物を与えてしまいかねない正念場です。
> まあ本当の切り札は消費税増税中止だと思いますが・・・。

そもそも3発目が最後ではないと考えている可能性もありますけど、
効果が怪しくなっているだけに、今回は見送ってもいいと思いますし、
それで崩れるならば健全な崩れだと受け止めるしかないのかな思っております。
そしてぜひとも消費税増税の中止となればいいですしね。
とにかく黒ちゃん3を撃ったあげくに政治リスクで崩れるという最悪パターンだけは
勘弁願いたいものですね。

> 木曜引け際はインするのを躊躇してしまい失敗かとも思いましたが、
> 先物ナイトの値(15700円台?)を日中も見に行く癖があるので、もう少し気長に時期を待ってみます。
> また2月はバーゲンシーズンでもあり、確定申告の時期はあまりいい印象が無いので慎重にポジ取りを探りたいと思います。
>
> 週末おじゃまいたしました。では。

今は勝負するにしても、業績不安がありますので、
いかに需給面で割り切るしかないですから、、
無難に慎重に構えるのも仕方ないですね。
スイーツ男子さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-01-25-Mon 00:03 [編集]
> マーケット番長さん、こんばんは。

こんばんは。

> 本日以前より予定をしていた「秋葉総本殿 可睡斎」へ友人達及びそのご家族と共に行って参りました。
> ここは、家康ゆかりのお寺で、日本唯一の御真躰をお祀する火防霊場です。
>
> また、現在「可睡斎ひなまつり」が開催されており、沢山のお雛様が並んでおいでです。
>
> そして、普段、私はおみくじを引かないのですが、
> 一緒に行った友人達が引いているのを見て私も引きたくなって引いてみたところ「末吉」でした。

お寺なのにおみくじがあるんですね。
最近はお寺に賽銭箱もあるくらいですから、
不思議ではないのかもしれないですが・・・

> そのおみくじには、「春を待つ雪の下の草木の芽のように、
> 伸びようとするがいまは十分に伸びることができない状態です。
> この時期の苦労を乗り越えてこそ、先に明るい展望が開けてきます。」とあり、
> その時私に浮かんだものは日本株でして、多少こじつけの面はあるかも知れませんが。

まぁそのへんはどうお答えすればいいのかという感じなので、
おみくじ通りにするのかどうかはお任せします。

> しかし、今日は殊の外寒くってものじゃない程みんな「さみぃー」の連発で、おまけに風もすこぶる強く、
> 静岡は冬でも比較的温暖なのですが、これまでに体験した事のないような寒さでした。

こちらもさすがに今日は寒いですが、
散々報道で煽られて覚悟が出来ていたせいなのか、
晴れていたせいもあるのか、意外と拍子抜けという感じはありました。
個人的には冬らしい気温が続いてもいいのではと思うばかりです。

> 明日も引き続き寒さが厳しいようですので、くれぐれもご自愛ください。
>
> それでは、またよろしくお願い致します。

ありがとうございます。
よろしくお願い致します。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.