不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
超目先と目先を見据えつつ・・・
こんばんはです。

相場格言通りの「申騒ぐ」どころか「ゴリラ騒ぐ」くらいの荒れ模様の中、
宇宙人がいるぞとの妄言を吐くクリントンおばさん、
暴言吐きまくりのトランプが火花を散らす米大統領選コントに対抗してなのか
我が国の国会では未だ射抜いてない新三本の矢とブーメランが飛び交っており
市場に対しては無関心と言わんばかりの闘いが繰り広げられております・・・

チーム安倍ちゃんマンは今夏の参院選での勝利が最優先事項ですから、
株価は参院選前に上がればいいと思っているのもあるでしょうし、
「消費税増税先送り」という切り札を使おうとしているのならば、
先送りの条件と言っている「リーマンショック級の混乱が起きなければ」
という条件を満たすためには、市場を放っておけばいいとも言えます・・・

しかも現在は混乱の原因が「海外要因」という言い訳もできる状況だけに、
(繰り返し書いている通り、実際は国内要因もありますが、表向きはね)
ここぞとばかりに責任転嫁をしての放置プレーをしてもおかしくないです。

そうなってくると本日の講演にて、
「年明け以降、金融市場がやや騒がしくなっているが注視する」
という「申騒ぐ」に掛けたような不毛なコメントをした黒ーランドゴリラも、
安倍ちゃんマントヒヒと共に「海外要因」を強調して、
物価の足踏みに対する責任を海外へ転嫁する可能性もあるだけに、
参院選までは放置プレースタンスを取るつもりなのか・・・
という気がしなくもないです。

kurodaboj1.png

しかも現状の債券市場を見る限り、従来の手法での追加キンタマ緩和では、
資金供給は出来たとしても、果たして債券と為替市場に効くのか・・
という程のゴリゴリな債券高ですからね・・・

いやはや・・・再来週の28-29日に控える黒光り銀行会合だけでなく、
国会会期中でもありますが、以上に書いた思惑でアベクロが構えているならば
目先では政策面での株価の下支え期待は薄いとも言えます・・・

だからこそアベクロの重い腰を挙げさせるためには、
「海外要因」というのも事実ではありますが、
繰り返し書いている通り「海外要因」による円高によって、
日本企業は定番の外需企業の業績懸念だけでなく、
低迷している国内消費の穴埋め役である中国を始めとする訪日客が、
減少する可能性があり、内需企業の業績懸念までが台頭しているということを
もう少し周知された方がいいのかな・・・と思うばかりです。

今日になって業績懸念という意見もやや多くなってきており、
PER(EPS)での割安はアテにならんという意見も出てきたので、
「海外要因」だから仕方ないと言わんばかりのアベクロのオケツに、
火を点けることになればいいのですが・・・

もしかすると本日の後場に起きた怒涛の債券売り・株買いは、
安倍ちゃんマンの命でクジラさんが動いた可能性も高い様な動きでしたので、
9月安値接近でさすがにヤバいと思い、
いよいよオケツに火が点いたのかもしれませんけどね。

明日以降も債券売り・株買いが続くようであれば、
安倍ちゃんマンのオケツファイヤーが本気とも言えるので、
そうなると黒ちゃんマンも28-29日に、
前回の透かしっ屁(補完措置)ではなく、
オケツファイヤーな屁をぶっ放すという期待は高まる可能性はあります。

ただし今日の後場の様な債券売り(株買い)が日本だけで続き、
海の向こうは変わらずリスクオフの債券買い(株売り)モードのままだと、
当然ながら金利差縮小による円高圧力にもなってしまいますので、
黒い会合でのオケツファイヤーまでは上値が重くなりそうですが・・・
まぁゴリゴリ債券高という状況下で、黒ちゃんがオケツファイヤーをぶっ放し
効果なしと言われるよりはマシですけどね

とりあえず本日は結果として商いの伴った大幅安となりましたが、
後場からの動きは、一昨日までの債券買い・株売りとも違いますし、
昨日の債券買い・株買いというアテにならん動きとも違うので、
明日以降も本日の後場からの債券売り・株買いが続くようだと、
先に述べた通り、いずれは円高要因にはなるでしょうけど、
目先はオケツファイアーな安倍ちゃんマンの命を受けたクジラが、
まさに鯨幕相場の幕引きに来たー!と言わんばかりの観測が高まれば、
おっかなびっくりな薄商いでの買いから商いを伴う買いへと変わるかも・・

という国内目線だけの都合のいいシナリオも有り得ますので、
いつも書いている為替が最も重要ながらも、
動きとしては債券売り・株買いの動きが、商いを伴って続いているならば、
直近の様な半日~1日程度のちっぽけなリバウンドではなく、
ちいと長めのリバウンドは期待できます。

そして国内企業決算の一発目のピークでもある29日に、
円高による業績懸念を吹っ飛ばす位の黒いオケツファイヤーが火を吹けば、
本格反発というシナリオも見えてきます。

あくまで国内目線ですから、
当然ながら海の向こうの悪材料(海外要因)である、
原油・銅を始めとする商品安、産油国・資源国・新興国の資金流出といった
利上げ(ドル高)アレルギー、同じくアレルギーながらも、
独自の悪材料もニョキニョキ育っている中国の失速(破綻?)懸念、
米国自らも利上げアレルギーに蝕まれている外需を始めとする企業業績懸念
本日も起きているテロリスクを含む中東の地政学リスク、
カリアゲクソ野郎の地政学リスクなどなどが落ち着くことも必須ですけどね。
ちなみに現時点では何ら落ち着いておりまへん。

そんな海の向こうのリスクはありますが、
黒い会合(28-29日)の前には、
26-27日にイエレンオブジョイトイナイト(FOMC)があり、
21日にはドラギナイト(ECB理事会)も控えているので、
ユーロショート、ドルロング、円ショート、裁定買い残を
急速に積み上げながらの異常な動きが始まるきっかけとなったのは、
10月22日のドラギナイト(ECB理事会)であり、
終わらせるきっかけとなったのも12月3日のドラギナイトですから、
12月3日から始まった巻き戻し&現在のリスクオフモードが、
再び21日のドラギナイトで幕を引かれる可能性もありますので、
黒ちゃんのオケツファイヤーが出る幕もないかも知れませんけどね。

これらも全て不発に終わり、国内企業決算の一巡、8月高値の裏、
HFの45日前ルール期限が重なる2月中旬までなのか・・・
ベタに来期業績見通しが判明すると共に、同じく45日前ルール期限でもあり
セルインメイならぬバイインメイとなるのかという5月中旬まで・・・
というシナリオも十分にあり得ますが、
ひとまず目先でのきっかけとなりそうなのは、
先に述べた通り、ドラギえもん、イエレンオブジョイ、
黒ダヌキの麻薬トリオイベント周辺が最も注目だと言えます。

超目先でのきっかけとなりそうなのは、今夜~明日でおます。
今夜は米新規失業保険申請件数、JPモルガン決算、米30年債入札
明朝にはちと株価が高く、利上げアレルギーでもあるインテルの決算、
(久々のインテルショックなんてことにならなければいいけど・・・)
明日は黒い透かしっ屁(補完措置)と共に、
木内くん以外の反乱者が出ることになった前回の黒い会合議事要旨が発表され
明晩には利上げアレルギーな米国の外需であるGE決算、米鉱工業生産、
NY連銀製造業景気指数が発表され、
一方、米GDPの7割を占める内需は、雇用を含めて堅調だと言われる中で、
米小売売上高が発表されます。
さらにウェルズファーゴとシティの決算も発表され、
昨日、原油を押し下げた米原油在庫に続き、米石油掘削リグ稼働数もあり、
米SQという大人の都合イベントもあります(欧州も)。
ついでに我が国では「天空の城ラピュタ」が放映されるジブリナイトです。

更に中国のイベントを付け加えると、
AIIBの初総会&理事会が16ー18日の間に開催され、
19日にGDPを始めとする中国の経済統計が発表されることを考えると、
AIIBの閉幕(18日)まではメンツの為にも、
今日の様な露骨な買い支えや介入があったとしても、
19日以降はどうするつもりなのでしょうかという疑念もありますが(笑)

とりあえず以上の様な超目先と目先を見据えつつ、
国内目線では安倍ちゃんのオケツファイヤーな命を受けた様な、
先に述べた債券売り・株買いというクジラライな動きが継続すれば、
黒ちゃん期待も高まりながらのリバウンドは期待できそうではあります。
あくまで国内目線での御都合シナリオですから、
海の向こうの向こうのリスクが落ち着かないことには、
ただのリバウンドに過ぎないということであり、
クジラライな動きが海の向こうのリスクに押し潰される可能性もあります。

ということで明日のスタンスとしては、基本的には変わりませんけど、

週跨ぎでの持ち越し短期勝負の方については、
以上の通り、債券売り・株買いというクジラライな動きが続くと共に、
肝心の元安を含む為替が落ち着き、商いも伴っているならば、
明晩のリスクは覚悟の上で勝負するのはありです。
くどいようですが、明日が商いの伴った上昇となっても、
本格反発ではなく、まだまだリバウンドに過ぎないですから、
慎重に構える方はその日限りの勝負に留めておきましょう。

腰を据えて王者の風格で構えていた方は、
以前にも書いてきた通り、すでに撤退しているとは思いますが
再び腰を据えて本格的に参戦するのは、
明日ではなく本格反発となってからにしましょう。
ただし打診程度に参戦するのは、短期勝負の方と同様の条件でどうぞ。
中小型割安狙いの方についても同様でおます。

新興市場についての全体の相場観としては、
少なくともこれまでの続落局面での商いを上回るほどの、
商いを伴った反発が続くまでは警戒モードで構えたまま、
その日限りの勝負に留めておくのが無難でおます。
追証売りリスクは少なくとも今週一杯は有り得ますのでね

ただし先に述べたような国内外のリスク等は、
新興市場の小売や製造業以外にとって、影響の軽微なリスクとも言えますので
(リーマンショック級のことになればヘッタクレもないですけどね)
個別については、テーマ物色やイナゴの循環が継続している限り、
くれぐれも気を付けながらですが、勝負するのはアリです。
しつこいようですが見ての通りな地合いですから、
無難なのはその日限りの勝負に留めておくことです。
テーマの主役や新興の主力も崩れが散見されますのでね。


お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

五十五郎丸 | URL | 2016-01-15-Fri 00:57 [編集]
歴史的とも言えるイエレンの利上げが相場的にはターニングポイントにはならず、ドラギを転換点として動いているのはなんとも不思議な気がしますね。
冬の間は黒ちゃんにも期待できなさそうですし、21日のドラギに要注目しておきます。
五十五郎丸さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-01-15-Fri 08:43 [編集]
> 歴史的とも言えるイエレンの利上げが相場的にはターニングポイントにはならず、
> ドラギを転換点として動いているのはなんとも不思議な気がしますね。
> 冬の間は黒ちゃんにも期待できなさそうですし、21日のドラギに要注目しておきます。

さすがに利上げが転機になるベタな展開になるとは思ったのですが、
結果的にはドラギが動かしているので21日は注目であり、
ドラギが動けば黒ちゃんも動く(期待が高まる)可能性はあるかも知れないですね。
まぁ全ての原因は利上げに間違いはないですけどね。

つかさ | URL | 2016-01-15-Fri 19:08 [編集]
こんばんはです。
「バルス」早すぎないですかね。
17000円割れの時の動きにも節をあまり感じられなかったので、
違和感あったのですが、
一日の入ったり来たりが激しいです。下手にインすると往復ビンタですな~。

中国絡みだと案外 週末の台湾選挙も隠れて警戒されてるのかもしれませんね。

では 今週も記事お世話になりました。
つかささんへ
マーケット番長 | URL | 2016-01-15-Fri 20:10 [編集]
> こんばんはです。

こんばんはです。

> 「バルス」早すぎないですかね。

早いですねw
BSかどこかで先行放映でもしてるのでしょうかw

> 17000円割れの時の動きにも節をあまり感じられなかったので、
> 違和感あったのですが、
> 一日の入ったり来たりが激しいです。下手にインすると往復ビンタですな~。

今は割り切ってその日限りの勝負に勤しむか、屁こいて寝ておくのがいいですね。

> 中国絡みだと案外 週末の台湾選挙も隠れて警戒されてるのかもしれませんね。

日本目線では良い結果ではありますけどね。

> では 今週も記事お世話になりました。

こちらこそお世話になりました。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.