不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
大証2部オヤジとインストロールとチャイナ
おはようございます。

kyoboku.jpg
ahiru.jpg

特に意味は無いのですが、先週たまたま通り掛かった所で、
トトロの住んでそうな巨木とアヒル?ガチョウ?を見つけたので、
貼ってみました。

さて、昨日は紅白の北島三郎ばりに今年の大トリを飾った黒ちゃんですが、
御存知の通り、まさにガチョーンな大荒れの「祭」となり、
サブちゃんのように鼻もパンパンに膨らむフガフガな一日でおました。

とは言っても、今年の最重要イベントは16日のFOMCでの米利上げです。

そんなFOMCの当日は、先日も書いた通り、
早寝早起きをして生で観戦したのですが、その後はいつもより早く、
吹き溜まりの様な近所の喫茶店へモーニングを食べに行きました。

当ブログでお馴染みでもある仕手株一筋うん十年とも思われる、
元・大証二部オヤジこと現・マザーズオヤジはFOMCの結果を受けて、
どのようなテンションなのか、どのような見解を持っているのか、
興味もあったので、少しワクワクしながら吹き溜まり喫茶店へカチ込むと・・

喫茶店ならばコーヒーの香りでも漂っていて欲しいものなのですが、
この時期はおでんのニオイが充満しており、
色んな意味でホットします・・・コーヒーだけに・・・

そしてモーニングを頼みつつも、
ニオイに釣られてついついおでんの鍋に吸い寄せられ、
朝から大根、ゴボ天をチョイスして、席に付こうと店内を見渡すと・・・

あとから来るであろう大証2部オヤジの話に聞き耳を立てるため、
大証2部オヤジのいつもの指定席近くのベストシートに陣取ろうとすると、
いつもお馴染みの客である鼻毛タバタバじいさんが座っていたので、
ベターシートに陣取って待つことに・・・

するとマスターの愛妻でもあるジャガ箸(※)さんが、
 ※ジャガイモに割り箸を突き刺したようなユルキャラ体形
いつもの如く愛想もクソもなくモーニングを運んできたのですが、
思わず「えっ?」声を出してしまいそうな品揃え・・・

厚切りトースト、ゆで卵、サラダというのはいつも通りなのですが、
たまに気分で豚汁が付いてくることがあったり、
ここまでは許容が出来るのですが、その日はなんと粕汁・・・
いやいや、いくらなんでもトーストには合わんがなと突っ込む間もなく、
さらに筑前煮と小ぶりな豚まんらしき物体が・・・

だからおでんと筑前煮って・・・
そもそも何でトーストモーニングやねんとツッコミたくもなりましたが、
自らおでんをつまんでいただけに、突っ込む資格も無いと思い、
甘んじて訳のわからん組み合わせのモーニングを受入れることに・・・

昨年、奇病に襲われて入院生活を強いられてから、
すっかりヘルシーな生活を送っているのですが、
この喫茶店の得体の知れんモーニングを食べると、
せっかくのヘルシー生活に狂いが生じてしまうのですが、
大証2部オヤジの生態観察もあり、ついつい訪れてしまいます。

そんなこんなでおでんと筑前煮をおかずにトーストを食べ、
デザートとしてミニ豚まんを食べてみると・・・
あまりのウマさにびっくりしてしまいました。

551や神戸で有名な老祥記なんかよりも断然ウマいので、
思わずジャガ箸さんに「この豚まんって手作り?」と失礼なことを聞くと、
「当たり前や!この人(マスター)の手作りや!」
「いやいや、あまりにウマいからビックリして・・・」
「そりゃそうや!この人の実家は本場の飲茶屋やねんから」
「え?本場の飲茶屋?」
「だから広州のやないの」
「中国の?」
「そうに決まってるやないの!」
「え?え?ちゅ・ちゅ・中国???日本じゃないの???」
「はあ?何を今頃言うてんの!この人は中国人やないの!」
「えーーー!!!ほんまに?知らんかった・・・」
という具合に、この店に通い始めてかれこれ5-6年は経つのに、
まさかの衝撃の事実が判明することに・・・

無口過ぎるのがウリのようなマスターだったので、
全く気付かなったのですが、まさかまさかです・・・
しかもかつては中華料理屋をやっていたのも知りませんでした・・・
どうりでランチは中華なメニューが多いはずですし、
コーヒーは煮詰まった醤油のようにマズいはずです(笑)

いやはや、思い込みというのは恐ろしいものです。
それにしても衝撃的にクソマズいコーヒーに反して、
衝撃的にウマい豚まんだったので、思わず持ち帰りもしてしまいました。
ただ・・・今度はいつ作るのかもわからんということです(笑)

そんな衝撃の真実に驚いていたら、扉がカランコローンと鳴り、
いつものカリスマダフ屋スタイルなナイスファッションで
大証二部オヤジが弟子と思われる耳潰れ協会員を引き連れて参上・・・
 (※私と同様、格闘技等で耳が潰れているお仲間という意味です)

マスターに「モーニング2つ、俺はロイヤルミルクティーで」
と似合わない注文をして、いつもの指定席に着席・・・

さあ、FOMCの利上げとそれを受けた市場の反応に対して、
私も潰れた耳ながらかっぽじって聞き耳を立てていると・・・

大証2部オヤジが弟子に対して、
「四季報はなんかCDがあるみたいやなぁ。」
「ハイハイそうみたいですね」と弟子が答えると、
「なんやインストロールしたらええとか言うてた」

いやいやインストロールやなくてインストールですけど・・・
ついでに言えばCDやなくてCD-ROMですけど・・・
さらに言えばオンラインもありますけど・・・
と心の中で突っ込んでいると、

弟子の方が、
「あ、インストールしたらいいんですね」
とさりげなく言い直したものの、
「そうやインストロールするやつは早く入手できるらしいしな」

だから・・・インストールですけど・・・とまた心の中で突っ込んでいると

再び弟子の方が、
「じゃあ早速、今日にでも買ってインストロールしておきます」
と結局は気を遣ったのか、諦めたのか、同じようにインストロールと答え、
その後はインストロールという単語が飛び交っておりました・・・。

私もなかなかのアナログ人間ではありますが、
大証2部オヤジは未だに昭和のアナログ人間のようであり、
その日も手書きチャートと手書きのデータが書かれた、
虎の巻(大証2部ファイル(元マザーズファイル))を開き、
香ばしい銘柄についての話に花を咲かせておりました。

結局、FOMCについては特に触れておりませんでしたが、
原油については持論を展開し、米利上げには全く触れることもなく、
OPECやサウジ、イラン、ロシア等の事情にも触れることなく、
ひたすら中国の景気低迷説を唱えており、
自信満々で2016年は中国が引き金となって、
リセッションが起きると力説しておりました(笑)

ただし経済指標等のデータではなく、
どうやら最近、中国の内陸部の方へ行ってたらしく、
この目と肌で中国の失速を感じたというのが根拠のようです。

御存知の通り、中国は経済指標の粉飾を始め、真実のわからない国ですから、
目と肌で感じたものの方が説得力があるとも言えますけど(笑)

そうなると先日発表された訪日外国人客数を見た限り、
中国からの爆買い客だけが8月をピークに右肩下がりなので、
あながち大証2部オヤジの説も間違ってないのかという気もしますが・・・
まぁ信じるか信じないかはあなた次第ですけどね。

そして中国リセッション説を唱えるだけでは飽き足らず、
衝撃の事実だったマスターが中国人であるにも関わらず、
ひたすらバカでかい声で中国に対する悪口のオンパレードとなり、
たまりかねたジャガ箸さんが
「中国、中国、うるさいねん!」と一括し、
大証2部オヤジもハッと思い出したのか・・・
「いやいや、ゴメンゴメン、マスターはええ人やで。
 中国の景気が悪いだけやで」と弁解していると、ジャガ箸さんが、
「あの国がひっくり返るかいな!なぁあんた」とマスターに同意を求めると
当然ながら何も答えず、無言でニヤリとニヒルに笑うだけでした。

はてさて・・・中国は目と肌で感じた大証2部オヤジ説の通りになるのか、
それとも中国は転覆しないとばかりにニヒルに笑ったマスター説となるのか
そもそもどちらもアテにはならんがな・・・
と思いつつ、色んな意味で腹一杯となって店をあとにしました。

いやはや利上げは中国にとって重石の一つではありますので、
来年の中国はどうなるんでしょうねぇ。

あっ、まさに冒頭のアヒルやないけど、
北京政府がレームダック・・・北京ダック・・・
おあとがよろしくないけど失礼します。

引き続き、良い週末をお過ごしください。


お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。





スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
大証2部オヤジ
スイーツ男子 | URL | 2015-12-21-Mon 20:00 [編集]
マーケット番長さん、こんばんは。お世話になります。

我が心のオアシスである大証2部オヤジネタを取り上げて頂きありがとうございます。番長さん馴染みの喫茶店と思しき喫茶店、とても興味をそそられます。

もっと早く投稿したかったのですが、先週末がちょっと忙しかったので遅れてしまいました。

以前番長さんが「ボ、ボ、ボジョレーヌーボー」の話をされましたが、私もこの週末に、知り合いの女性から彼女の知り合いの「ク、ク、クリスマスパーティー」に誘われた(この方のお誘いでは、余り良い経験がない。)ので、少々胸騒ぎを覚えましたが出向くことに致しました。

やはりというか、この予感が的中し、現地に到着して間もなく場違いなところに来てしまったと思いました。詳しい内容は省きますが、端的に申し上げれば、自慢大会、リア充大会のオンパレードでして、そのような事は、私に於きましては些末な事に過ぎなく、私は、番長さんのブログの愛読者であることから政治経済ネタの話をしたかったのですが、有無を言わさず門前払いされる始末でした。

後で分かった事ですが、本パーティーに出席予定であった人が急にキャンセルになったため、会計のための人数合わせで呼んだ(リア充の方々は意外にも節約家が多い事が分かりました。)という事でした。

ところで、大証2部オヤジ殿は、中国が危ないと仰っているのですね。私は、中国は共産党次第で何とでもすることができると思っていますので、早期に危うくなるとは考えておらず、むしろ、一貫してヨーロッパ、特に、ドイツが相当危険な状態に陥るのではないかと見ています。つまり、最たる原因はドイツ銀行、その次に移民問題です。

愚痴やら、色々長くなってしまい申し訳ありません。いつも番長さんの数字に基づいた見方やらご紹介頂ける資料は、私にとって大変貴重なものとなっております。

それでは、またよろしくお願い致します。
スイーツ男子さんへ
マーケット番長 | URL | 2015-12-22-Tue 00:09 [編集]
> マーケット番長さん、こんばんは。お世話になります。

こんばんは。

> 我が心のオアシスである大証2部オヤジネタを取り上げて頂きありがとうございます。
> 番長さん馴染みの喫茶店と思しき喫茶店、とても興味をそそられます。
>
> もっと早く投稿したかったのですが、先週末がちょっと忙しかったので遅れてしまいました。

なんてことない小汚い喫茶店であり、接客もへったくれもないですが、
それがまた居心地がいいとも言えますw

> 以前番長さんが「ボ、ボ、ボジョレーヌーボー」の話をされましたが、
> 私もこの週末に、知り合いの女性から彼女の知り合いの「ク、ク、クリスマスパーティー」
> に誘われた(この方のお誘いでは、余り良い経験がない。)ので、少々胸騒ぎを覚えましたが出向くことに致しました。
>
> やはりというか、この予感が的中し、現地に到着して間もなく場違いなところに来てしまったと思いました。
> 詳しい内容は省きますが、端的に申し上げれば、自慢大会、リア充大会のオンパレードでして、
> そのような事は、私に於きましては些末な事に過ぎなく、
> 私は、番長さんのブログの愛読者であることから政治経済ネタの話をしたかったのですが、
> 有無を言わさず門前払いされる始末でした。

なかなかのパーティですねw
私としてはそういう場で楽しめる人種になりたかったなぁという思いがあるのも事実ですが、
今となっては勘弁願いたいといった感じです。
そしてさすがにそういう政治経済ネタは厳しいでしょうねw
私は普段・・・というかブログ以外では、投資、政治経済等の会話をする機会がないので、
機会がないことには慣れていたりもします。

> 後で分かった事ですが、本パーティーに出席予定であった人が急にキャンセルになったため、
> 会計のための人数合わせで呼んだ(リア充の方々は意外にも節約家が多い事が分かりました。)という事でした。

それはまたさらに切ないですねw

> ところで、大証2部オヤジ殿は、中国が危ないと仰っているのですね。
> 私は、中国は共産党次第で何とでもすることができると思っていますので、早期に危うくなるとは考えておらず、
> むしろ、一貫してヨーロッパ、特に、ドイツが相当危険な状態に陥るのではないかと見ています。
> つまり、最たる原因はドイツ銀行、その次に移民問題です。

私も中国の潰れる潰れる詐欺のような崩壊説は信じてないというか、
おっしゃる通り独裁国家ですから真実も分からないので過度に気にしないようにしております。
まぁいつかは地方債等で何かが起きるのでは思っているくらいですw
ただし大証2部オヤジの実感を否定するつもり(材料)もないという感じです
欧州のドイツ銀の件は先月か先々月かにあるていど膿を出していたので、
市場さえ回復すれば問題なさそうですけどね。
移民問題とユーロ圏の崩壊、英国のEU離脱といったところは、
点と点が結びついている部分もありますから、いつかは綻びが・・・という感じですね。
私としては欧州も地方債が気掛かりではあります。
ECBが資産の買い取り対象にしたことでどうなるかですけどw

> 愚痴やら、色々長くなってしまい申し訳ありません。いつも番長さんの数字に基づいた見方やらご紹介頂ける資料は、私にとって大変貴重なものとなっております。
>
> それでは、またよろしくお願い致します。

ありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.