不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
今年最後の大一番を前に・・・
おはようございます。

週末時点の状況としては、昨日の記事で書いた通りなので詳細は割愛しますが
10月22日のドラギナイトが起点となり、ユーロショート、ドルロング、
円ショート、裁定買い残等を急速に積み上げながら、
原油及び商品、産油国、資源国、新興国の利上げアレルギーもシカトしながら
日米欧では商いの伴わないアホになれなれ祭が始まりました。

そして12月3日のドラギナイトリターンズをきっかけに祭は終了となり、
同時に上記ポジションの巻き戻しがユーロ主導で始まり、
週末にはシカトしていた利上げアレルギーの症状までが一気に噴き出し、
巻き戻しが加速したままで引けております。

それもこれも結局のところは、リーマンショックを引き起こした張本人が、
これまで散々、QEという名のもとにドル麻薬での薬漬けにして、
ラリっているのをいいことに自国の腐ったミカンまでもまき散らしながら、
自らの身体から腐ったミカンが抜けたところで、抜け駆けで薬抜きも始め、
健康体になったかと思えば、今度は負荷を掛けて鍛え(利上げする)・・
筋肉くんになりますと言い出す始末・・・
産油国、資源国、新興国を薬漬けにしたことなどは知ったこっちゃない・・・
挙句に自らが利上げをするまで、薬漬けにする役割を日欧に押し付け・・・

書いているうちに、ほんまにええ加減にせえよ・・・と言いたくもなり、
他にも書きだすとキリが無いので、この辺で止めるとして、
現実としては米国の威信低下が叫ばれていようとも、
結局は米国中心で回っており、少なくとも金融市場については、
アメ公のサジ加減次第と言わざるを得ないです・・・。
(政治的には最近の中東情勢を見ていると、
 恐ロシアの思惑通りのような気もしますけど・・・)

おっと、話が少し逸れてしまいましたが、とにかく現在の巻き戻しの動き、
それを加速させている原油、新興国等の米利上げアレルギーというリスクは、
全て抜け駆けで利上げに向かおうとしているアメ公の金融政策が原因ですから
利上げの判断を下すことになる今週15-16日のFOMCが、
市場の本丸イベントとなります。

そして我が国目線だけでなく、利上げに向かう米国をサポートすべく
薬漬けの代役を果たしている黒光り銀行(日銀)が、
17-18日に金融政策決定会合を開催し、
時系列としては大トリイベントとなります。

ということなので、本日の記事で書くつもりの展望については、
結局のところ本筋は昨日書いた通りなので、話が終わってしまいそうですが、
今週のスケジュール等も加味しながら書き進めて参ります。
いつも通り、まずは今週のスケジュールからご覧ください
-------------------------------------------------------------------
国内海外
14(月)10-12月期日銀短観(8:50)人民元基準値発表(10:16)
11月首都圏新規マンション発売(13:00)中国11月マネーサプライ
10月鉱工業生産・確報値(13:30)ユーロ圏10月鉱工業生産(19:00)
10月第三次産業活動指数(13:30)インド11月消費者物価(21:00)
ポーランド10月経常収支(22:00)
安倍首相講演(内外情勢調査会)
軽減税率を明記する16年度の中国中央経済工作会議(中旬開催予定)
 税制改正大綱の正式決定(14日以降)  日程が非公表なのでわかりませんが、
総務省がIoT産業を強化するために  10-13日まで地下鉄の一部の出口が
 関係する民間企業で議論する  終日閉鎖されており、更に14日から
 ワーキンググループの立ち上げを発表  上海協力機構首脳会議が開催されるので
国立競技場の2つの建設計画案公表  10-13日にすでに開催済の可能性も・・・
 ※翌週に選考結果を公表予定上海協力機構(SCO)首脳会議(14-15日)
日中韓FTA局長級会合(14-18日)EU外相理事会(14-15日)
民泊サービスのあり方に関する検討会シリア内戦に関する関係国閣僚級会合(パリ)
                    (13:00) ※ケリー米国務長官が出席
衆参議院運営委理事会(13:00) ※18日に国連で外相級会合
参院与野党国対委員長会談(13:00)オバマ大統領が米国家安全保障会議開催
来夏参院選対して弁護士グループが米上下両院で16日に採決を予定している
 国に選挙差止めを求めた訴訟について 歳出法案のテキストを提出予定
 訴えの適否の判決(東京地裁)(13:25)  ※原油輸出の解禁を盛り込む方向で検討
産構審新産業構造部会(14:00)ノボトニー・オーストリア中銀総裁会見(19:00)
産構審研究開発イノベーション小委(15:30)モスコビシ欧州委員会見(19:00)
国債市場特別参加者会合(16:00)ドラギECB総裁講演(20:00)
ダイセルブルーム・ユーロG議長会見(20:00)
会社四季報発売日モスコビシ欧州委員会見(20:00)
コスタ・ポルトガル中銀総裁講演(24:00)
(決算)モルノー加財務相講演(26:00)
コーセル、ヤーマン、メガネスーパ
TASAKI、総合商研、オービス、11日から売買停止となっていた復星集団の
正栄食、小林産、山王、石井表記 復星国際と上海復星医薬の取引が再開
アイケイケイ、日本テレホン、サンバイオアルゼンチン新政権が為替管理制度廃止
日ハウス、太洋基礎、ファーストロジ
ケネオフィス、積水ハウスR、Jシニア
15(火)日銀短観の企業物価見通し(8:50)豪準備銀金融政策会合議事要旨(9:30)
2市場信用取引残高(16:00)豪7-9月期住宅価格指数(9:30)
人民元基準値発表(10:16)
閣議、閣議後会見人民銀の公開市場操作(10:16)
キム世銀総裁訪日(15-17日)フィンランド10月経常収支(16:00)
日韓外務省局長級協議英11月消費者物価(18:30)
アニメと関連製品をタイアップしたものを独12月ZEW景況感調査(19:00)
 海外へ売込む官民による協議機関のユーロ圏12月ZEW景況感調査(19:00)
 新設を受けての設立総会ユーロ圏7-9月期雇用者数(19:00)
農水省が地理的表示(GI)の第1弾認定11月欧州新車販売
 夕張メロン、神戸ビーフら7品目が候補米12月NY連銀製造業景気指数(22:30)
再生エネ導入促進関連制度改革小委米11月消費者物価(22:30)
                    (10:00)米12月NAHB住宅市場指数(24:00)
国債投資家懇談会(13:30)米10月対米証券投資(30:00)
多重債務者問題・消費者向け金融カナダ中銀金融安定報告書
 に関する懇談会(16:00)API米週間原油在庫統計
「今年の漢字」発表(清水寺)(14:00)中国中央経済工作会議(中旬開催予定)
日本郵便が年賀状の受付を開始 ※10-13日に開催済の可能性も・・・
  詳細は14日のスケジュールを参照
5年債入札(12:45)上海協力機構(SCO)首脳会議(14-15日)
G20金融実務会議
(IPO)ダブルスタンダードケリー米国務長官が訪露
 ※プーチン大統領、ラブロフ外相と会談
(決算)国際原子力機関(IAEA)理事会
神戸物産、ジェネパ、OS映 ※イラン核兵器開発疑惑に関する
パーク24、アルデプロ、明豊エンター  報告書への対応を協議
稲葉製作、3Dマトリ、ウインテスト ※イラン核査察最終報告書の
イハラケミ、MICS化学  IAEA理事会への提出期限
星野RR、インベスコ、スターツPRWTO第10回閣僚会議(15-18日)
第5回共和党大統領候補者討論会
FOMC 1日目
スウェーデン中銀政策金利発表(17:30)
ハンガリー中銀政策金利発表(22:00)
韓国が人民元建て国債発行予定日を決定
ニュージーランド新国旗候補発表
(決算)オラクル
16(水)日銀企業物価指数・15年基準改定のNZ7-9月期経常収支(6:45)
 基本方針(14:00)人民元基準値発表(10:16)
11月工作機械受注・確報値(15:00)仏12月製造業PMI・速報値(17:00)
プログラム売買状況(15:30)仏12月サービス業PMI・速報値(17:00)
11月訪日外国人客数(16:00)独12月製造業PMI・速報値(17:30)
独12月サービス業PMI・速報値(17:30)
キム世銀総裁訪日(15-17日)ユーロ圏12月製造業PMI・速報値(18:00)
中小企業の資金調達を支援するユーロ圏12月サービス業PMI・速報値(18:00)
 「信用保証制度」の見直し方針決定英11月失業率(18:30)
携帯料金引下策を検討する有識者会合ユーロ圏10月貿易収支(19:00)
 ※料金引下げ策の提言取りまとめユーロ圏11月消費者物価・改定値(19:00)
 ※引下げに応じない事業者に対して米MBA住宅ローン申請指数(21:00)
  業務改善命令を出す構え米11月住宅着工件数(22:30)
衆院選挙制度に関する調査会米11月建設許可件数(22:30)
 ※選挙制度改革案の取りまとめ米11月鉱工業生産(23:15)
日・インドネシア外務・防衛閣僚会合米12月マークイット製造業PMI速報値(23:45)
金融グループをめぐる制度のEIA米週間原油在庫(24:30)
 在り方に関するWG(10:00)
産業・金融・IT融合に関する研究会(16:00)デベル豪中銀総裁補佐講演(8:30)
タイ中銀政策金利発表(16:00)
(IPO)ツバキ・ナカシマチェコ中銀政策金利発表(21:00)
FOMC 2日目
(決算)西松屋、いちごオフ、TOPリート ※政策金利発表(28:00)
 ※イエレンFRB議長会見(28:30)
米2016会計年度暫定予算案期限
 ※歳出法案の成立化次第
 ※原油輸出の解禁を盛り込む方向で検討
ECB政策理事会(金融政策発表はなし)
中国中央経済工作会議(中旬開催予定)
 ※10-13日に開催済の可能性も・・・
  詳細は14日のスケジュールを参照
クレジットファンド清算のサードアベニューが
 投資家へ資金返還と金利の支払い予定
 ※16日前後
(決算)フェデックス、ゼネラルミルズ
(休場)南ア
17(木)11月貿易統計(8:50)NZ7-9月期GDP(6:45)
対外対内証券売買契約等の状況(8:50)人民元基準値発表(10:16)
投資主体別売買動向(15:00)人民銀の公開市場操作(10:16)
独12月IFO企業景況感指数(18:00)
日銀金融政策決定会合 1日目ECB経済報告(18:00)
キム世銀総裁訪日(15-17日)ユーロ圏7-9月期労働コスト(19:00)
ターンブル豪首相訪日(17-19日)ユーロ圏10月建設支出(19:00)
日・インドネシア外務・防衛閣僚会合米新規失業保険申請件数(22:30)
世界エイズ・結核・マラリア対策基金米7-9月期経常収支(22:30)
 第5次増資準備会合米12月フィラデルフィア連銀製造業景気指数(24:00)
北朝鮮産マツタケ不正輸入事件判決米11月CB景気先行指標総合指数(24:00)
産経新聞前ソウル支局長の判決EIA週間天然ガス在庫(24:30)
国の債務管理の在り方に関する懇談会11月北米半導体製造装置BBレシオ(32:00)
                    (13:00)
西室日本郵政社長会見(15:30)EU首脳会議(17-18日)
プーチン露大統領年次記者会見
20年債入札(12:45)国連安保理財務相会合
 ※IS資金封じ込め協議
(IPO)オープンドア、ミズホメディー中国中央経済工作会議(中旬開催予定)
 ※10-13日に開催済の可能性も・・・
(9月期決算銘柄株主総会)約23社  詳細は14日のスケジュールを参照
ECB拡大理事会
(決算)台湾中銀政策金利発表
クスリのアオキ、クミアイ化、オハラフィリピン中銀政策金利発表(17:00)
トーセイ・リートインドネシア中銀政策金利発表(17:00)
ノルウェー中銀政策金利発表(18:00)
メキシコ中銀政策金利発表(28:00)
チリ中銀政策金利発表(30:00)
米5年インフレ連動債入札(27:00)
(決算)ナイキ
18(金)11月粗鋼生産速報(14:00)人民元基準値発表(10:16)
11月全国百貨店売上高 (14:30)中国11月住宅価格(10:30)
11月半導体製造装置BBレシオ(16:00)仏12月企業景況感指数(16:45)
仏11月生産者物価(16:45)
閣議、閣議後会見ユーロ圏10月経常収支(18:00)
 ※15年度補正予算案閣議決定見通し加11月消費者物価(22:30)
   (総額3.3兆~3.4兆円)米12月マークイットサービス業PMI速報値(23:45)
日銀金融政策決定会合 2日目米12月カンサスC連銀製造業(25:00)
 ※金融政策発表(昼前後)米石油掘削リグ稼働数
 ※黒田日銀総裁会見(15:30)シカゴIMM通貨先物ポジション(12/15時点分)
日中韓FTA局長級会合最終日(14-18日)
ターンブル豪首相訪日(17-19日)EU首脳会議(17-18日)
原子力規制委が玄海原発を現地調査シリア内戦に関する関係国外相級会合(国連)
リニア「南アルプストンネル」起工式 ※あくまで予定。14日次第?
スター・ウォーズ新作公開中米統合機構加盟国首脳定期会合
中国中央経済工作会議(中旬開催予定)
橋下徹大阪市長任期満了 ※10-13日に開催済の可能性も・・・
日韓国交正常化50年  詳細は14日のスケジュールを参照
リッチモンド連銀ラッカー総裁、
野村アセットMが10月16日から 2016年経済見通しを公表(27:00)
 設定申し込み受付を停止していたコロンビア中銀政策金利発表(30:30)
 日経レバ、日経インバ、日経Wインバ、
 各ETFの設定申し込み受付を再開米メジャーSQ(クアドラブルウィッチング)
ギリシャが次回支援条件となる改革案の
(IPO)フリュー、アークン、アートグリーン 法制化期限 
(9月期決算銘柄株主総会)約50社
(決算)プレミア投、日ヘルスケア
19(土)ターンブル豪首相訪日(17-19日)第3回民主党大統領候補者討論会
中国中央経済工作会議(中旬開催予定)
20(日)サッカー・クラブW杯決勝、3位決定戦スペイン総選挙
全国高校駅伝中国中央経済工作会議(中旬開催予定)
ギリシャの銀行株空売り禁止措置延長期限
ウクライナの対ロシア債務(30億ドル)に対し
 ロシア側が求める返済期限。
 ※返済なければ、国際的仲裁機関に提訴

-------------------------------------------------------------------
以上の通り、今週はテンコ盛りではありますが、
昨日と冒頭で書いた通りの現状なので、まずは・・・
巻き戻しの動き(ユーロ高、ドル安、円高、米債券高、日米欧株安)と、
原油、商品、産油国、資源国、新興国等の利上げ(ドル高)アレルギーが、
沈静化するのかどうかが目先の焦点でおますが、
今週としてはこれらの騒動がFOMCをきっかけに沈静化するのか、
火に油となるのか、というのが焦点であり、
時系列的に大トリとして控える黒光り銀行会合が、
海の向こう(アメ公)のせいで援護射撃をせざるを得ない事態となるのか、
国内だけの目線で判断を下せる状況となるのか、
というのがFOMCに次ぐ焦点と言えます。

とりあえずFOMCと黒光り銀行会合以外で、
巻き戻しの動きと利上げアレルギーの動きが、
更なる加速を招く、もしくは一時的であろうとも収まる・・・
きっかけとなる可能性のあるイベントや事象としては、

まず明日は寄り前に日銀短観が発表されます。
本来ならば堅調な結果は素直に好材料なのですが、
巻き戻しの最中である上に、週末に黒光り銀行会合を控えている状況では、
堅調だと追加金融金融緩和期待が萎むという解釈となる可能性はあります。
そして気掛かりなのが、ベタなというか既に話題の設備投資動向よりも、
企業の業績見通しと想定為替レートでおます。
言っても日本株の大きな下支え材料は堅調な業績でもあるだけに、
業績見通しが下振れているとややサプライズ感があるだけにね・・・
そして調査回答期間と比べると現状は巻き戻しで円高となっているだけに、
想定為替レートが甘く設定されていると、見通しの数字自体が堅調であろうと
現状の円高を嫌気しての良からぬ連想ゲームに発展する可能性はあります・・・
明日は四季報の発売日でもあるだけに
短観の業績見通しと乖離があるようだとこれまた厄介ではあります。

更に前回の短観までは非製造業が牽引していたので、
11月の小売企業の月次が低迷していた通りに非製造業のDIが悪化し、
しかも短観の回答機関が11月の国内消費の低迷を受けた後なだけに、
国内消費を巡る良からぬ連想ゲームが始まることにもなります。

さらに明日以降の中国に対して、我が国からの目線で見ると、
足元の元安は爆買いの減退懸念へと繋がるので、
明日の人民元基準値の発表も注目ではありますが、
16日に発表される11月訪日外国人客数に対して、
懸念が台頭する可能性は大いにあり得ます・・

他にも明日は個人的には密かに警戒している11月マンション発売が発表され
杭打ちデータ偽装問題の影響が大きすぎるだけならば理由が明確なのですが、
不動産を買い漁る爆買い中国人の減少という解釈にもなり兼ねないだけに、
明日の日銀短観、マンション発売、16日の訪日外国人客数、
そして中国の元安動向は、国内消費目線でも見ておいた方がいいでしょう。

以上が日銀短観に絡む最悪のシナリオではありますので、
そうならないことを祈りますが、一応、心構えはしておきましょう。

ちなみに明日は軽減税率で揉めている税制改正大綱の取り纏め予定であり、
それを受けてなのか、安倍ちゃんマンも講演するので、
市場を沈静化させるような気の利いた講演となればいいのですが・・・
最近の講演はスベリ続けだけに、期待は薄いですけどね。

そして中国では、上記のスケジュールに書いてある事情で、
中央経済工作会議はすでに開催中との噂もありますので、
週明けにも結果が出てくる可能性があり、結果の中身次第ではありますが、
十分な結果となれば追い風となり、不十分な結果であれば他の新興国と同様、
米利上げアレルギーとも言える資金流出を招きます。
他にもサスペンスのような展開となったことで、
11日から売買停止となっていた復星集団の取引も再開されます。

ということなので、明日の寄り前~ザラバ中については、
当然ながら巻き戻しの動きと利上げアレルギーの症状が2大焦点ですが、
以上の通り、日銀短観を巡る連想ゲームは中国も絡めながら見ておきましょう

引け後と明晩については、巻き戻しの起点となったユーロ圏では、
経済指標はユーロ圏鉱工業生産、イベントはドラギえもん講演があり、
まさか三度ドラギがきっかけとなるのか・・・
3日はプライドが許さないような反応になっただけに、
怒りの巻き返しリップサービスとなったりして(笑)

米国では16日まで引き延ばしにされた財政プロレスの肝となっている、
歳出法案のテキストが議会に提出され、すでに話題にはなっておりましたが
原油輸出の解禁まで盛り込まれる可能性がありますので、
FOMCと同日にぶち込んで来たうんざりな財政プロレスの行方だけでなく
リスク要因となっている原油への影響もちと気掛かりではあります・・・

さらに原油絡みとしては、パリでシリア内戦に関する閣僚級会合が開かれ、
ケリー米国務長官も出席し、米国ではオバマがNSCを開催します。
今週はケリーおじさんが15日に訪露して、プーチンとラブロフ外相と会談し、
同じく15日はIAEA理事会でイランの核協議が行われ、
17日には国連安保理財務相会合にて、IS資金の封じ込めが協議され
プーチンの年次記者会見もあり、
週末の18日には国連でシリア内戦に関する外相級会合も開かれ、
今週はなにかと中東情勢が動きそうでもあるだけに
地政学リスクが高まる可能性があるとも言えます。

何気に20日にはウクライナに対するロシア側からの取り立て期限でもあり、
中東のドサクサに紛れて、プーチンが再びウクライナへなんてことも、
有り得なくもないです。

そして今週は他にも、利上げアレルギーに喘いでいる資源国等では、
ハンガリー、タイ、フィリピン、インドネシア、ノルウェー、メキシコ、チリ
コロンビア、台湾といったところが金融政策決定会合を開き、
利上げアレルギーへの対処に打って出るのか・・・
FOMCと同日の16日には新興国の景気だけでなく、
世界的な景気の先行指標にもなるフェデックスの決算が発表されます。

15日にあるG20金融実務会議では、
このタイミングで今さらな資本規制について余計なことを発表するのか・・・
同じく15日は独&ユーロ圏のZEW祭、
米消費者物価、NY連銀製造業、米住宅指数、API原油在庫、

FOMCと同日の16日には、我が国の訪日外国人客数、
ユーロ圏のPMI祭、米住宅指標と鉱工業生産、EIA週間原油在庫、
そして米財政プロレスの期限、

17日は我が国の貿易統計、独IFO指数、米フィリー&CB指数、

黒光り銀行会合と同日の18日は、我が国では補正予算の閣議決定、
何気に注目なのは野村アセットのレバニラETFの設定受付申込再開、
中国では11月住宅価格、ユーロ圏ではギリシャプロレスの期限、
米国はリグ稼働数、そしてメジャーSQ(クアドラブルウィッチング)

20日は先に述べたロシアの取り立てだけでなく、
緊縮反対の野党勝利となると欧州ソブリン危機の再開を招く可能性もある
スペインの総選挙を控えております。

週を通しては、国内では国策テーマに絡む政治イベントが多かったり、
IPOラッシュであったりと、国内外での現状の騒動とは別とも言える、
個別を中心とした好材料になりそうなイベントもあります

以上の通り、2大イベントであるFOMCと黒光り銀行会合以外にも、
海の向こうでは中国の動向、ドラギ講演、PMI祭を始めとする欧州経済指標
スペイン総選挙、ウクライナ問題、中東の地政学リスクイベント、
原油絡みイベント、資源国と新興国各国の金融政策会合、フェデックス決算
米経済指標、米財政プロレス、そして米MSQ、
国内では日銀短観、それを巡る連想ゲーム(訪日外国人客数、マンション発売)
安倍ちゃん講演、税制大綱取り纏め、補正予算閣議決定、
野村のレバニラETFイベント、国策テーマ絡みイベント、IPOラッシュ、
などなど盛り沢山ではあります。

しかしながら、これらのイベントによる流れを頭に描きつつも、
昨日と冒頭でも書いた通り、現在は巻き戻しの動きが継続しており、
それを利上げアレルギー症状が後押しする動きとなっているので、
まずはシンプルにこれらの動きが収まることが先決でおます。

そしてそんな動きの元凶が米利上げを巡る動きが原因なので、
FOMCをきっかけに落ち着くのかどうかが焦点でおます。

現状の原油、商品、産油国、資源国、新興国、エネルギー関連企業といった
利上げアレルギーな面々の悲鳴(アレルギー)を見ていると、
利上げは見送った方が良いのではないかとも思えますが、
日米欧の巻き戻しが不十分なままだと、むしろ巻き戻しを加速させます・・・
かと言って、FOMCまでに日米欧が十分に巻き戻しされていれば、
FOMCでの利上げをきっかけに、日米欧の巻き戻しが落ち着いたとしても、
利上げアレルギーな面々の悲鳴はどうやねんちゅうことになります・・・

従って、FOMCまで日米欧が十分に巻き戻したうえで、
FOMCで利上げに踏み切るにしても、
次回の利上げはそれこそ1年先・・・というくらいに時間で余裕を持たせれば、
利上げアレルギーな面々の悲鳴も落ち着くとは思うのですが・・・

だけにFOMCまでは中途半端に日米欧の巻き戻しが落ち着かない方が、
FOMC以降という長い目では、好ましい展開が期待できそうですが・・・

まぁとにかく、FOMCの乗りこなし方については、
明日以降の動きに合わせて、その日その日で考えた方がいいでしょうから、
今週の・・というより、まずは明日のスタンスとしては、
結局のところ先週から変わりは無いのですが・・・

持ち越し短期勝負の方については、以上の通りなのでシンプルに構え、
余程の商いを伴った巻き戻しの反発にでもならない限り、
少々反発して巻き戻しの動きが落ち着いていようとも、
10月22日の水準まで巻き戻していようとも、
現状では量的に巻き戻しが不十分と言わざるを得ないので、
ベタですけどFOMCまではその日限りの勝負に留めておきましょう。
どうしても勝負するならば、内需・ディフェンシブ、
もしくは今週予定されている国策イベント関連だけにしておきましょう。

腰を据えて勝負している方については、先週で撤退していない方は、
FOMCまでの巻き戻しが許容できなければ、今からでも撤退して、
FOMC以降の動きを見てから、改めて参戦すればいいでしょう。
腰を据えて新たに参戦する方については、
FOMC以降の動きを見てから参戦しても遅くは無いですから、
ひとまずFOMCまでは手控えておきましょう。

新興市場については、巻き戻しの動きによる新興への資金流入もあり得るので
以上の様な小難しい背景を気にするよりもシンプルに構え、
直近の上昇局面での商いを上回る様な下げが連続しない限り、
ベタな年末年始高の様相が継続していると判断し、
長期、短期共に引き続き勝負をしていけばいいでしょう・・・
週末は主力大型株のような薄商いでの反発ではなく、
新興は商いの伴った反発だったので、明日も続伸するようであれば、
まだまだ年末年始高モードは続いていると言えますのでね。

中小型割安狙いの方についても、以上の様な小難しい背景は気にせず、
今のところは狙っている銘柄の個別の動きで判断すればいいでしょう。
明日は四季報も発売されますので、くれぐれも来期業績目線だけは忘れず。

引き続き、良い週末をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

ひよっしー | URL | 2015-12-13-Sun 22:14 [編集]
買い物に行くと消費税増税の節約疲れからか、ずいぶん混雑していました、所得は増えているので、潜在的な国内消費は健在というところでしょうか

FOMCで下げ終了となれば、気が楽なんですけど、その場合に米国のどのセクター、銘柄がいいのか、思いつかないです
なにかよさそうなものはありますでしょうか

ひよっしーさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-12-14-Mon 00:13 [編集]
> 買い物に行くと消費税増税の節約疲れからか、ずいぶん混雑していました、
> 所得は増えているので、潜在的な国内消費は健在というところでしょうか

私の住んでいると所もなかなかの人混みではありました。
ぜひとも11月の低迷は天候要因だったということを願うばかりです。

> FOMCで下げ終了となれば、気が楽なんですけど、
> その場合に米国のどのセクター、銘柄がいいのか、思いつかないです
> なにかよさそうなものはありますでしょうか

私はベタにエネルギーセクターなのかなとは思いますけど。
まぁ破たんリスクも一応は覚悟しなければなりませんけどw

かつち | URL | 2015-12-14-Mon 02:31 [編集]
目標としていた二万円も先物で一瞬?だったような気がします。。。

原油がもうそろそろ底かと思いながらも、まったく落ち着かない感じで、いつ買う?いま買う?と決断つかないまま、だらだら下がり続けて、結局、いつ買おうか分からないまま今を迎えています。。。( ´△`)

とりあえず、明日からはローリスクローリターンの大型銘柄でカラ売り主体でやっていこうと思います~

それも、どうなるか分からないですね。。。

また、色々な分析など参考にさせていただきます‼
かつちさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-12-14-Mon 08:09 [編集]
> 目標としていた二万円も先物で一瞬?だったような気がします。。。

ほんとにチラリでしたね。
年末に期待しましょうw

> 原油がもうそろそろ底かと思いながらも、まったく落ち着かない感じで、
> いつ買う?いま買う?と決断つかないまま、だらだら下がり続けて、
> 結局、いつ買おうか分からないまま今を迎えています。。。( ´△`)

油はひとまずFOMCがヤマ場となるでしょうから、
FOMC前後から打診で入ってもいいとは思いますけど。

> とりあえず、明日からはローリスクローリターンの大型銘柄でカラ売り主体でやっていこうと思います~
>
> それも、どうなるか分からないですね。。。

まずは嵐が収まることですね。

> また、色々な分析など参考にさせていただきます‼

ありがとうございます。
おはようございます
つかさ | URL | 2015-12-14-Mon 10:18 [編集]
おはようございます。
週末の為替のドル円 2段下げ パワーありましたね。
ダウ下落より為替に日経先物は吊られたように見えました。

3兆円にほぼ達した日銀ETF買いが今日明日あるかどうか・・・。
あれば警戒してのこれ以上の売りは一時的のも収まるようにも思いますが? さてそろそろ上海。
つかささんへ
マーケット番長 | URL | 2015-12-14-Mon 10:47 [編集]
> おはようございます。

おはようございます。

> 週末の為替のドル円 2段下げ パワーありましたね。
> ダウ下落より為替に日経先物は吊られたように見えました。

今は為替とセットの巻き戻しですからね。

> 3兆円にほぼ達した日銀ETF買いが今日明日あるかどうか・・・。
> あれば警戒してのこれ以上の売りは一時的のも収まるようにも思いますが? さてそろそろ上海。

実質的には上限はあってないようなものですから、
週末に会合を控えていることを考えると、あまり気にする必要も無いようには思えますが・・・

つかさ | URL | 2015-12-14-Mon 11:09 [編集]
先物で18500円台一瞬でリバウンド基調?
分かりやすいと言えば分かりやすいですね。

しかし今回は短期外交とはいえ、
安倍総理が外に出かける時は必ず仕掛けられてる感じがします。
予定チェックですね。
つかささんへ
マーケット番長 | URL | 2015-12-14-Mon 11:34 [編集]
> 先物で18500円台一瞬でリバウンド基調?
> 分かりやすいと言えば分かりやすいですね。

リバはあるかもしれませんが、
巻き戻しが不十分なだけにね。

> しかし今回は短期外交とはいえ、
> 安倍総理が外に出かける時は必ず仕掛けられてる感じがします。
> 予定チェックですね。

カレーの国からはお土産を帰って来ましたね。


トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.