不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
本丸はイエレンのサジ加減ながらドラギの伝家の宝刀ありき
こんばんはです。

昨夜からOPEC総会やサウジの動向を巡るアブラギッシュな報道が飛び交い、
本日はサウジ減産なんて報道もあり、アブラタカブラとなりましたが、
なんでしょう・・・本日のサウジ減産報道はともかくとして、
原油を巡る観測や報道は、在庫パンパンやで、タンクが溢れるなどなど、
見事なほどに悲観一色でおます。

逆張り好みのひねくれ者な私としては、
日増しに原油に対するポジティブな思いが、
抑えきれずに高まるジレンマに襲われております(笑)

そもそも・・・というかしつこいようですが、
「サウジのシェール潰し説」っていうのだけは、よくわからないのですが・・
サウジにそういう意図があろうとも、これだけ市場に蔓延している説ですから、
さすがにアメ公も承知しているでしょうし、
実際に懐事情から見ても、サウジが身を削って疲弊しているのに対して、
アメ公は抜け駆けで利上げが出来るほどの懐事情なわけですから、
完全にサウジが墓穴を掘っているだけとしか思えず・・・

何より政治面での世界的なパワーバランスや米国とサウジとの関係、
現在の中東情勢、ロシアや中国の傍若無人ぶりから見ても、
「サウジのシェール潰し説」ってどうも理解しがたいです。

だけに・・・何か説を唱えるのであれば、ロシアイジメとIS潰しのために、
アメ公とサウジが協力しているという方が、スッキリするのですが・・・
(利上げと言う意味では中国イジメでもありますけど)

私個人としては、抜け駆けで利上げに向かう米国が、
時間を掛けた地均しをするために、サウジと協力とかではなく、
単に米国が自己都合でコントロールしているだけなのでは・・・
という気がしてなりませんけどね。

もし米国が好き勝手にやっておらず協調して動いていたとしたら、
利上げのショックを和らげるために、ドラ黒のW砲撃だけでなく、
サウジを始めとするOPECまでが減産でサポートなんてことも・・・(笑)
同時に協調ではなくとも、原油安を許すわけにはいかないプーチン組長が、
さらにわざとらしく流れ弾が・・・と言って石油施設への空爆を激化させ、
地政学リスクを高めるという力技に打って出ることで、
結果的には協調してしまうことに・・・(笑)
そういう意味では米国も地上部隊の増派を決めていたりもしますけど・・・

まぁとにかく、先日も書いた通り、利上げを巡る動きがクライマックスを迎え、
原油を始めとする商品だけでなく新興国・資源国は
チャンス到来なのかな・・・と個人的にはひねくれて考えております。
信じるか信じないかはあなた次第です(笑)

そんな都市伝説的な原油等に対する私のひねくれ説はともかくとしても、
米利上げを巡る動きについては、イエレン姉さん自らが、
12月に検討しまっせ~と言及した通り、15-16日のFOMCにて、
利上げに踏み切ろうとしており、市場もそれを見込んで動いており、
足元ではゴリゴリのドル高と米債券安が進んでおります。
(足元ではよりリアルに米短中期債安となっています)

ドラギ組長(ECB総裁)についても、
イエレン姉さんの12月パンチラ発言に追随してなのか、
10月22日に自ら12月に伝家の宝刀を抜くぞ!と懐からドスをチラ見せし
そこから米国は利上げが出来るほど堅調なんやで~モード、
ユーロ圏は伝家の宝刀(追加金融緩和)期待モード、
日程的に大トリとなる金融政策決定会合(17-18日)を控える我が国は、
黒ちゃんのちょっちゅなく(躊躇なく)動くぞという、
具志堅(追加)金融緩和期待モードとなり(安倍ちゃんマンの政策期待も)、
日米欧は12月まで、原油、新興国等の利上げアレルギー、
テロ等の悪材料にも目を瞑って、
リスクオンで行きまっか~という動きとなり、現在に至ります。

何だかんだ言っても、本丸は米国の利上げだとは思いますけど、
市場の動きとしては10月22日のドラギ組長から始まったとも言えるだけに
ドラギに始まりドラギに終わるのかと言う意味で、
今夜のECB理事会が大きなヤマ場イベントではあります。

しかも今夜は21時45分にECB理事会の結果が発表され、
22時30分からドラギ組長の会見があるだけでなく、
24時からはイエレン姉さんの議会証言が控えており、
通常ならば約1時間前には議会証言の原稿が公表されるでしょうからね。

先にも述べた通り、市場は米利上げ、ユーロ圏はドラギ緩和、日本は黒い緩和
これらを見込んで動いて来ただけに、いくら本丸が米利上げであり、
FOMCが15-16日であろうとも、市場がそこまで待つのかと言えば、
甚だ疑問であり、今夜の議会証言が転機になってもおかしくないです。

ただ・・・週初に発表されたISM製造業景況指数が、
利上げモードに水を差すような結果だっただけに、
今夜のISM非製造業、明日の雇用統計までが水を差すような結果になると
今夜の議会証言で利上げの方向感がハッキリしない可能性もあります。
まぁ恐らく例の如くですが、イエレン姉さんは、
明日の雇用統計の結果を知った上での発言になるでしょうけどね・・・

つまり利上げに強気ならば、明日の雇用統計は堅調な結果なのでしょう、
利上げに弱気ならば、明日の雇用統計の結果は低調な結果なのでしょう。
後者となれば利上げを巡る動きとしてのヤマ場は、
15-16日のFOMCへ移ることになります。

そしてイエレン姉さんの議会証言で米利上げを巡る動きがどちらになるにせよ、
今夜のECB理事会については、ドラギが伝家の宝刀を抜かないと、
足元で急速に積み上がっていたユーロ買い、ドル売りのチンポジが、
巻き戻しの動きとなり、我が国では円高・先物売り(裁定解消売)となるので
まずは今夜のドラギナイトが大一番でおます。

まさか「ドラギナイ♪ドラギ無い♪」なんてことになると大失望を招き、
まさにSEKAI NO OWARIとなり兼ねないですし、
伝家の宝刀を抜くにしても、市場で蔓延している規模以上のものであったり、
更なる伝家の宝刀も辞さない構えを強く示唆しないことには、
出尽くし(織り込み済)という反応になり兼ねないですからね・・・

ドラギえもんはサプライズが大好物なだけに、
自ら撒いた種(12月に動くと示唆)とは言え、
ここまで市場で伝家の宝刀観測が蔓延していると、サプライズにはならないので
デカイ規模等でのサプライズを演出すると思いますけどね。
くれぐれも市場に蔓延しすぎている観測にヘソを曲げ、
「ドラギ無い」という暴挙にならないことを願うばかりです。
それこそ紐パン姉さんに替わって、私がふんどし一丁となって、
次回のECB理事会にでも乱入してやらないといけまへん。

以上の通り、米利上げを巡る動きについてはイエレン姉さんのサジ加減次第で
ヤマ場が15-16日のFOMCへ移る可能性もありますが、
移ろうとも移らずとも、ドラギ組長の伝家の宝刀ありきですから、
ドラギに始まりドラギで終わるかの如く、巻き戻しが起きるのかどうかは、
今夜のドラギナイト次第とも言えます。

ということで、明日のスタンスについては、基本的に変わりは無いですけど、
今夜のヤマ場を経ての市場の反応、明日は週末という要素も含めて書きますと、

持ち越し短期勝負の方については、以上の通りなので、
ECB理事会を経て(結果はともかく)、巻き戻しの動きとはならず、
イエレンおばさんの議会証言においても
明日の雇用統計が堅調と言わんばかりに利上げへの強気姿勢を示したのならば
週跨ぎの勝負をしてもいいでしょう。

ECB理事会を経て(結果はともかく)、巻き戻しの動きとはならずとも、
イエレンおばさんが弱気姿勢を示したのならば、
明日の雇用統計が軟調というリスクがありますので、
週跨ぎの持ち越し勝負は控え、その日限りの勝負に留めておきましょう。

当然ながら、今夜のダブルメインイベントの結果がどうなろうとも、
シンプルに巻き戻しの動きが起きているのならば、
その日限りの勝負に留めておきましょう。

腰を据えて勝負している方については、同じく以上の通りではありますが、
明日の動きだけではなく、週明けも巻き戻しの動きが続くのかを見極めるまで、
王者の風格で構えておけばいいです。
ただし明日がゴリゴリの商いを伴った巻き戻しの動きとなっているならば、
無難に一旦撤退するという選択は自由でおます。
巻き戻しが起きれば、原油、新興国等の利上げアレルギー症状が和らぐ・・・
と言う面があるので、巻き戻しが大惨事を招くとも思ってないですけどね。

腰を据えて新たに参戦する方についても同様の見方でいいです。

中小型割安狙いの方については、以上の様な小難しい背景は、
さほど気にする必要もなさそうですが、
明日に関しては一応、同様のスタンスで構えておきましょう。

新興市場についても、以上の様な小難しい背景を気にするよりも、
シンプルに直近の上昇局面での商いを上回る様な下げが連続しない限り、
ベタな年末年始高の様相が継続していると判断し、
長期、短期共に引き続き勝負をしていけばいいでしょう。
ちなみに本日も商いを伴った堅調ぶりが継続中でおます。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ドラギに始まりドラギに終わる?
スイーツ男子 | URL | 2015-12-04-Fri 07:37 [編集]
マーケット番長さん、おはようございます。

巻き戻しの幕は切って落とされたのでしょうか?

そして、イエレン姉さんの登場によりクライマックスを迎え、

最後は、黒田バズーカを放つも目的地には届かず落下したというオチになってしまうのでしょうか?

然しながら、市場は、そんなにドラギさんに期待していたのですか?私は、今回の緩和策がこれ程までにネガティブに捉えられる事の方がよく分かりません。

それでは、またよろしくお願い致します。
スイーツ男子さんへ
マーケット番長 | URL | 2015-12-04-Fri 08:40 [編集]
> マーケット番長さん、おはようございます。

おはようございます。

> 巻き戻しの幕は切って落とされたのでしょうか?

残念ながら今のところは巻き戻しの動きになっております。
しかしながら利上げアレルギーな面々の症状は和らいでいるので、
巻き戻しを止めるのならば、雇用統計が予想の範囲内程度で収まり
ついでにOPECが減産でもしてくれると止まるかもしれまへんw

> そして、イエレン姉さんの登場によりクライマックスを迎え、
>
> 最後は、黒田バズーカを放つも目的地には届かず落下したというオチになってしまうのでしょうか?

とりあえずドラギが物足りないという解釈(口実)が続く限り、
黒ちゃんもぶっ放さざるを得ない状況にはなりますね。

> 然しながら、市場は、そんなにドラギさんに期待していたのですか?私は、今回の緩和策がこれ程までにネガティブに捉えられる事の方がよく分かりません。
>

「ドラギ無い」ではなく動いたわけですからねw
まぁでもサプライズな内容ではなかったので、失望と言う「口実」にされただけでしょうw

> それでは、またよろしくお願い致します。

こちらこそよろしくお願いします。
ありがとうございます。
スイーツ男子 | URL | 2015-12-05-Sat 07:20 [編集]
マーケット番長さん、お世話になります。

今回のECB緩和策は、サプライズが大好物なドラギさんが市場の予想を覆す逆サプライズを演出したかった?のかも知れません。

まぁ、そんなことはないですね。失礼いたしました。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.