不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
目先のヤマ場入り
こんばんはです。

本日引け後に発表されたファストリの11月国内ユニクロ売上高ですが、
既存店91.1% 客数87.1%、客単価104.6%という結果に・・・
他の小売企業の本日発表分についても、昨日までと同様、
既存店の前年割ればかりであり、小売の11月月次は不振が続いております。

一応、ファストり、百貨店を始め気温が高いという天候要因が、
冬物衣料の不振を招いたと言っているのですが、
アパレル以外の小売も低調なだけに、果たして天候だけが要因なのか・・・
という疑問は残ったままです。

国内消費については、最近の消費支出を見る限り、まだら模様ではあったので
そもそも堅調というわけでは無かったとも言えなくもないけど、
小売企業の月次だけは、右肩上がりな訪日客のおかげもあって、
堅調な結果が続いていただけに、国内消費の穴埋めとなっていた訪日客が、
まさか減少しているのでは・・・という懸念が残ります。
(訪日客の消費は厳密に言えば外需ですけど・・・)

11月は紅葉のシーズンだったと思うのですが・・・
今年の紅葉はまさに「天候要因」で十数年ぶりの外れ年でもありましたけど。

とりあえず昨日も書いた通り、今後発表される小売企業の11月月次、
今後の消費関連指標、16日発表の11月訪日外国人客数は注視が必要です。
(16日はFOMCの結果発表です)

そして目先については、明日のファストりの反応が注目でおます。
ファストりはご存知の通り、指数寄与度が最も高い銘柄なので、
業績や月次は二の次で動く銘柄であり、そもそも最近のファストりは、
もはや外需企業ですから、国内のユニクロ売上の穴埋めを出来るだけ、
海外で十分に稼いでいるのならば、本日の結果はどうでもいいのですが、
繰り返し書いている通り、裁定買残と円売りポジ(ドル買い、ユーロ売も)が
足元で急速に積み上がり、NT倍率も拡大する中で、
イベント的には今夜から今週のヤマ場入りとなるだけに、
巻き戻し(円買い・先物売り)のきっかけの一つとして、
本日の月次を口実に指数寄与度の最も高いファストりが悪用されることは、
十分に有り得ますからね・・・
当然ながら織り込み済みというコジ付けで、逆のパターンもあり得ます(笑)

とにかくどちらのパターンになるのかは、
今夜から始まるヤマ場イベント次第ですから、
結果はどうであれ、ヤマ場イベントをきっかけに、
海の向こうでもドル安・ユーロ高を始めとする巻き戻しが起きるようだと、
我が国でも円高と共に巻き戻しが起きることになり、
後付けだろうが何だろうが、ユニクロの月次が悪材料としてトッピングされ、
巻き戻しを加速させる可能性は高くなります。

とりあえず今夜から始まる目先(今週)のヤマ場イベントとしては、
明日のECB理事会→イエレンおばさんの議会証言→のリレーが、
メインイベントではありますが、今夜もイエレンおばさんの講演だけでなく、
ユーロ圏消費者物価、ADP雇用リポート、ベージュブック、原油在庫があり
週末にはOPEC総会、ドラギECB総裁講演、そして米雇用統計があります。

つまり先月のイエレンおばさんの議会証言を見ての推測に過ぎませんが
恐らく週末に発表される雇用統計の結果を知った上での講演でしょうから
雇用統計よりもイエレンおばさんの議会証言の方が、
ECB理事会と同日という要素もあるだけに重要だということです。

じゃあ今夜のイエレンおばさんの講演はどうなの?ということになりますが、
議会証言の前日&証言原稿もあるだけに(通常は議会証言の約1h前に公表)
今夜は突っ込んだ内容には言及しないと思いますけど・・・

ただし昨夜のISM製造業の結果がドイヒーだっただけに、
今夜のADP雇用リポートもドイヒーとなると・・・
突っ込んだ話をせざるを得なくなる可能性もありますけど・・・(笑)

だからこそ念の為、本日の引け後からヤマ場入りというスタンスで、
構えておくのが無難だということです。
ファストりの月次も小売企業の月次からヤバい空気が漂ってましたからね。

そしてもう一つのメインイベントである明日の、
スーパーマリオ・ドラギえもん(マリオ・ドラギ)率いるECB理事会ですが
10月22日にドラギえもん自らが、
12月に秘密道具(追加金融緩和)を使いまっせ~と匂わせたこともあり、
それに合わせて・・・というか10月22日以降、
米国は利上げ出来るほど堅調やで~、我が国はアベクロの政策期待でっせ~、
ユーロ圏はドラギえもんの政策期待でっせ~という名のもとに、
日米欧を中心としたリスクオンが加速し、
それと共にユーロ安が加速してしていた上に(ユーロ圏債券も堅調キープ)
現在は明日のECB理事会でのドラギ砲炸裂が既成事実化しているだけに、
予想を上回る規模での砲撃とならなければ、出尽くしともなり兼ねないです。

以上の通りなので、今夜のイエレンおばさんの講演が無難に通過し、
ADP雇用リポートも昨夜のISMと同様の反応(発表直後だけ)となれば、
明日のECB理事会→イエレン議会証言というリレーが
今週のメインイベントだと見ているのですが・・・
そうなればファストりが悪用されることもないのでね・・・

なんてことを書いているうちに、今夜のADP雇用、明日のISM非製造業、
週末の雇用統計が全て、昨夜のISM製造業の様にドイヒーな結果となり、
イエレンおばさんが利上げを見送るような手の平返し発言を行い・・・
おまけにサプライズ大好物なドラギえもんが、自ら蒔いた種なのに、
既成事実化していることにへそを曲げ、透かすようにバズーカを見送り・・・
なんてことになれば、巻き戻しの嵐がーーー!!!!
という展開になると思いきや、
OPEC総会ではまさかの減産(今夜の原油在庫も減少)・・・
(サウジは減産しないとの報道もすでに出回っておりますが)
なんてことになれば、原油を始めとする商品と新興国における、
利上げアレルギー症状が緩和されることで、
まさかまさかの政策期待引っ張りモードという都合の良すぎる展開に・・・
というバカ負けしそうなシナリオも頭によぎってしまいますけどね(笑)

まぁそんなバカ負けシナリオはともかくとして、目先としては、
今夜から今週のヤマ場入りとなりますので、先にも述べた通り、
今夜のイベントも要注意ながら、メインイベントは明日と見ておりますので
いつも書いている通り、シンプルに市場の動きを見つめ、
米国は利上げ出来るほど堅調なんだ~という動き(米債券安、ドル高)
ユーロ圏はドラギえもんの政策期待な動き(ユーロ圏債券高、ユーロ安)
我が国はアベクロの政策期待な動き(債券高、円安)
これの動きが継続し、株価が商いを伴った下げとならない限り、
利上げアレルギーな面々(原油(商品)、新興国、資源国)が、
アレルギー症状を少々発症していようとも、
巻き戻しの動きは起きていないと見て構えておけばいいです。

ということで、明日のスタンスについては、特に変更はありまへんけど、
ヤマ場入りしているので改めて書きますと・・・

持ち越し短期勝負の方については、以上の通りなので、
巻き戻しの動きが現れなければ、勝負するというスタンスながらも、
本日の引け後から今週のヤマ場入りとなりましたので、
基本的に週末の4日までは、その日限りの勝負に留めておきましょう。
少なくともドラギ砲の反応を含む明日のメインイベントを見てからです。

腰を据えて勝負している方については、同じく以上の通りではありますが、
シンプルに商いを伴ったゴリゴリの巻き戻しの動きにでもならない限り、
少なくともドラギ砲の反応を含む明日のメインイベントを見てから、
動いても遅くはないでしょう。

腰を据えて新たに参戦する方については、
巻き戻しの動きが現れなければ参戦するというスタンスでいいのですが、
明日のメインイベントを含むヤマ場をきっかけに
商いを伴ったゴリゴリの巻き戻しの動きになれば撤退する・・・
というリスクだけは覚悟の上で参戦しましょう。
中小型割安狙いの方については、さほど気にする必要もなさそうですが、
一応、腰を据えて新たに参戦する方と同様のスタンスで構えておきましょう。

新興市場については、以上の様なリスクを気にするよりも、
シンプルに直近の上昇局面での商いを上回る様な下げが連続しない限り、
ベタな年末年始高の様相が継続していると判断し、
長期、短期共に引き続き勝負をしていけばいいでしょう。
ちなみに本日も商いを伴った堅調ぶりが継続中でおます。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.