不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
海の向こうの利上げパンチラと国内環境
こんばんはです。

今日の郵政祭は引けに掛けてややウンコの投げ合いがあったものの
タンス預金な高齢者や新規参戦組の屍の投げ合いほどにはならず、
3社ともに堅調に引けておりますので、
ひとまず郵政三社による花びら大回転祭は継続中と言えます。

ちなみに今回の郵政三社の花びら大回転祭は、歴史的な大型IPOですから、
私もさすがに身をもって実感しておくべきだと思い、
昨日と本日は三社の花びら大回転祭に参戦してこねくり回しておりますが、
ボリューム自体が半端ないだけに、新興市場でのIPOのように、
監禁エレベーターに閉じ込められたり、むち打ちになりそうな乱高下は少なく、
一日を通しては安定した動きをしているので、慎重過ぎる波乗りであっても、
出遅れることも逃げ遅れることもなく、意外と平和な波乗りという感じです。
もちろんいずれはウンコの投げ合いも始まるでしょうから、
くれぐれもババを引かないように御注意ください。

ということもあり、郵政三社による花びら大回転祭で得た利益が循環すれば、
まだまだ日本株の上昇が見込めそうではありますが、
タンス預金な高齢者や新規参戦組の人達は、
よくありがちな最初は有名な大手企業へ投資というロジックも根強いだけに、
これまで揉まれて来た個人のように逞しく新興市場へ乗り換えるというのは、
少ないような気もするだけに、ちと新興市場が心配になったりもします・・・

御存知の通り、活況過ぎる郵政三社による花びら大回転祭のせいで、
新興市場からは資金が流出し、閑古鳥がヒッチコックのように飛び回っており、
本来ならば新興市場は先行指標でもあるだけに、
日本株の上昇が一服する兆しとして受け止められる可能性もあるので
郵政三社が崩れる代わりに新興市場に資金が向かわないということになると、
心理的な悪化の連鎖を引き起こしそうであり、
郵政三社が心理面での命綱のようになりつつありますからね・・・

冷静に郵政三社のせいで新興市場は閑古鳥が鳴いているだけと受け止められ、
郵政三社の一服と共に新興市場の賑わいが復活すれば、
心理的な悪化の連鎖は起きず、資金の好循環も続くでしょうけど・・・

とにかく郵政三社による花びら大回転祭が逆回転を始めた際、
どこに資金が向かうのかという点は、心理面と言う意味ではかなり注目です。

そして日本株のもう一つの心理的な支えである政策期待相場、
実体面での支えとしては業績相場なのですが(良好な需給環境もあります)・・

現在真っ只中の企業決算については、本日も全体としては堅調を維持しており、
実際にEPSも上昇しているので、業績相場は継続していると言えます。
引け後に発表されたトヨタ決算については、足元の着地は堅調でしたが、
通期予想は相変わらず控えめと言えるものの、売上だけが下方修正され、
販売見通しも引き下げているので、市場がどう受け止めるのかという心配もあり、
同時に発表した自社株買いでカバーできるといいのですが・・・

明日、トヨタが大きく売られると、業績相場の剥落にまではならずとも、
これまた心理面での悪化にはなり兼ねないだけに、明日のトヨタは注目でおます
本日は昨日決算を発表したハゲバンクと月次を発表したファストりを使って、
イタズラするほどのことは無かっただけに、トヨタも無事に通過すると、
心理面でかなりのサポートにはなりますからね・・・

政策期待相場については、安倍ちゃんマンの政策チラ見せも増えつつあるものの
黒ちゃんマンの金融政策については、相変わらず市場の観測や専門家の見方では
金融緩和期待は剥げつつあります(私も無いとも見てますけどねw)
とは言え、そんな私を含めた見方や観測はともかく、
市場の動きとしては依然として債券高・円安基調は継続しているので、
政策期待相場は継続していると言えます。

もし万が一、金融政策(追加緩和)に関しての期待が剥げ落ちていたとしても
昨夜はイエレンおばさんが再び12月の利上げパンチラ発言を行ったことで、
米債券安・ドル高という利上げ観測な動きによる円安となっており、
黒ちゃんの金融政策期待が少々剥げようとも、
動きとしては結果的に円安という金融政策期待相場が継続していると言えます
(ユーロ圏も同様です)

ただし我が国とユーロ圏にとってはドル高による通貨安が追い風であっても、
米株、原油(商品)、新興国にとっては逆風であり、
実際に昨夜の米株は反落、原油も反落、新興国も通貨安となっており、
いわゆる利上げ(ドル高)アレルギーの症状が現れております。
今のところはあくまで昨日だけの症状に過ぎず、基調は崩れておりまへんので、
過度に心配する必要もないですが、今夜以降も症状が進行するようだと、
円安を追い風とした金融政策期待相場が継続だ~!
という見方だけでは、日本株も踏ん張り切れないです。

だけに・・・安倍ちゃんへの政策期待が継続し、
株価の根幹でもある業績が、明日以降も堅調な結果が続き、
先に述べた郵政三社やトヨタに絡む心理面での悪化も招かなければ、
かつてのように日本だけが別世界な堅調ぶりという展開もあり得ますけどね。

とりあえず本日のところは、海の向こうで昨日と言う一時的ながらも、
米株を始めとする利上げアレルギーな症状は窺えるものの、
我が国での政策期待相場&業績相場モードは継続しております。

そして日経平均、TOPIXは共に、本日で雲を抜けて三役好転しており、
需給環境も空売り比率の減少以外は好環境であることに変わりないですから、
下げたとしてもせいぜい一服する程度なのかなというくらいな感じです。
(騰落レシオは高水準ではあります・・・ここ最近はレンジでもあるのでね)

従って、今夜の海の向こうは雇用関連の米経済指標はあるものの、
昨夜も見ればわかる通り、相変わらずの御都合解釈モードでもありますから、
フィッシャーFRB副議長を始めとするFRB戦隊のメンバーたちの講演の方が、
きっかけイベントになりそうですが、なんだかんだ言っても明晩は、
キングオブ経済指標である雇用統計が控えているので、
一服入りとなるのは、雇用統計がきっかけというベタな展開になりそうです。
明日はトヨタと郵政三社の動き次第という心理的な面もありますけど、
黒ちゃんの講演もあるのでね(閣議後の口車会見と政府税調もあります)。

ということで、明日のスタンスとしては、特に変更はないものの改めて書くと、

持ち越し短期勝負の方は、海の向こうの利上げアレルギー症状や
国内の郵政三社とトヨタに絡む心理面等の環境変化を注視しつつも、
シンプルに我が国の債券高・円安といった政策期待の基調が崩れていなければ、
引き続き勝負するのはアリとも言えますが、
明日の雇用統計後は一服と言うベタな展開が濃くなりつつあるので、
週跨ぎだけの勝負は控えるのが無難と言えます。

腰を据えて構えている方についても同様、政策期待の基調が崩れていなければ、
王者の風格で構えておきましょう。
少なくとも雇用統計以降の動きを見てから動いても遅くはないでしょう。

新規で腰を据えて参戦する方についても(中小型割安狙いの方も)、
同様に政策期待の基調が崩れていなければ参戦すればいいでしょう。
ただし雇用統計以降の動きを見極めてからでも遅くは無いでしょうし、
現在は決算シーズン真っ只中であり、来期目線に移りつつありますから、
来期目線での選別と共に、決算を見極めてから参戦するのが無難ではあります

新興市場については、先行指標として良からぬ兆しのように下げておりますが
以上にも述べた通り、今のところは郵政三社の花びら大回転祭の弊害ですから、
大回転祭が逆回転祭になっても資金が戻ってこないという事態にならない限り、
上昇基調は崩れておらず、ベタな年末年始高の様相と見ておけばいいのですが、
残念ながら現状は如何せん商いが伴っていないので、
シンプルに全体的に拡がりのある商いの伴った上昇となるまでは、
その日限りの勝負に留めるのが無難であり、
ブレイクしてから勝負しても遅くないということです。
新興市場で腰を据えて勝負する方は、
リスク覚悟ならばベタな年末年始高の様相に賭けて勝負するのは自由ですが、
くれぐれも決算跨ぎにはご注意下さい。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
アンコの投げ合い
スイーツ男子 | URL | 2015-11-06-Fri 07:56 [編集]
マーケット番長さん、おはようございます。

まず、タイトルに「ウ」ではなく、「ア」に致しました。ちょっと、抵抗がありましたので。でも、心情的には「ウ」です。

さて、米国の経済指標は、概ね好調な様子なので、12月に利上げがなされると考えています。一時的な波乱要因となるかも知れませんが、直ぐに落ち着くと思っています。

ただ、気掛かりなところは中東情勢でして、ロシアの旅客機が墜落したことからも、きな臭い感じもしております。

ところで、マーケット番長さんも言われているように、新興市場から資金が流出しているようです。特に、ゲームセクターは下げ止まる気配がありません。勇者の方は、機会到来とばかりに買いを入れるのかもしれませんが、私のようなポチでは買いたいと思っても中々買う度量は持ち合わせてはおりません。しばらくは新興市場には資金が回ってこないのでしょうか。
スイーツ男子さんへ
マーケット番長 | URL | 2015-11-06-Fri 08:14 [編集]
> マーケット番長さん、おはようございます。

おはようございます。

> まず、タイトルに「ウ」ではなく、「ア」に致しました。ちょっと、抵抗がありましたので。でも、心情的には「ウ」です。

下品になってしまい申し訳ないです。

> さて、米国の経済指標は、概ね好調な様子なので、12月に利上げがなされると考えています。一時的な波乱要因となるかも知れませんが、直ぐに落ち着くと思っています。
>
> ただ、気掛かりなところは中東情勢でして、ロシアの旅客機が墜落したことからも、きな臭い感じもしております。

米国は小幅な利上げで時間で調整するという感じでしょうから、
恐らく影響は軽微だとは思いますが、原油、ロシアを含む新興国がやや心配です。

> ところで、マーケット番長さんも言われているように、新興市場から資金が流出しているようです。
> 特に、ゲームセクターは下げ止まる気配がありません。勇者の方は、機会到来とばかりに買いを入れるのかもしれませんが、
> 私のようなポチでは買いたいと思っても中々買う度量は持ち合わせてはおりません。
> しばらくは新興市場には資金が回ってこないのでしょうか。

記事にも書いている通り、動きとしては新興から資金が抜けているのは事実ですが、
明らかに郵政三社の影響でしょうから、郵政が崩れるなり、落ち着くなりした際に
新興へ資金が戻るかどうかですね、


トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.