不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
黒光り銀行会合&黒ダヌキ会見を経て
こんばんはです。

本日は国内でのヤマ場イベントである黒光り銀行の金融政策決定会合が行われ
昼過ぎに発表された金融政策は、市場予想通りの現状維持となりましたが、
金融政策を反映する債券が堅調なまま動かなかったこともあって円安が進み、
日本株も失望売りや出尽くし売りとはならず、上げ幅を拡大する展開となり
引けに掛けては円高と共にやや失速したものの堅調に引けております。

商いについても月末という特殊要因はあれど3.1兆円の大商いとなり、
動きとしては政策期待が維持されたまま引けたと言えます。

海の向こうについても、
昨夜の米国は債券安・ドル安・米株小幅安(商いそこそこ)・原油安・金玉安、
というトリプル安を含むような動きにはなりましたが、
リアルな利上げ観測な動き(米債券安・ドル高)でもなく、
かといって利上げ先送り観測な動き(米債券高・ドル安)でもなく、
単純にFOMCのあった一昨日の反動に過ぎない動きだったと言えます。

欧州についてもECBによる政策期待な動きは継続しており、
中国についても五中全会で発表された政策を好感する動きは見られませんが、
かといって失望する動きもなく落ち着いております。

ただし新興国については、一昨日のFOMC以降に売られた通貨は戻っておらず
株価も政策期待のある日米欧中よりも軟調ですから、
依然として米国市場の金融政策に対する受け止め方次第なので、
原油も含めて利上げアレルギーが再発するのかどうかは横睨みが必要です。

ということなので、今のところ海の向こうについては、
米国は利上げパンチラ状態ながら、利上げが明確になる12月までは、
リスクオンでもいいんじゃないかモードが継続しており、
欧州もドラギえもんが追加緩和を示唆した12月までは、
政策期待でいいんじゃないかモードが継続しており、
中国は政策を好感する動きと言えなくなったものの落ち着いており、
原油と新興国は利上げアレルギーの再燃がチラついているという感じです。

そして我が国についての週末のザラバ動きは先に述べた通りですが、
引け後に行われた黒ちゃん会見も、これと言って新味はありまへんでした。

相変わらず本業である物価(総合CPI)が上昇しないことへの言い訳として、
原油のせいだとの一点張りながら、物価の基調は堅調だとの言い分が、
生産食品とエネルギーを除くコアコアCPIがプラスだというのも、
何だか都合が良すぎる気もしますが、とにかく物価の基調が崩れるようだと、
ちょっちゅなく具志堅緩和(躊躇なく追加緩和)を行うという姿勢は、
何度もしつこいくらいに言っておりましたので、
一応、政策期待を維持できたとも言えますが・・・
(本日発表された消費者物価もコアコア以外はマイナス)

昨日も書いた通り、ドラギえもんが12月の追加緩和を示唆、
イエレンFRBは12月のFOMCで利上げを検討、
というように米欧が共に12月というキーワードを示唆したのですから、
黒ちゃんも定番のちょっちゅなくではなく、
「12月」というキーワード入れるくらいの工夫が欲しかったですけど・・・

受け止め方によっては、12月どころか無制限にやるという受け止めも出来るし、
12月にやらならないほど切迫してないという受け止めも出来ますけど・・・
少なくとも本業である物価は2カ月連続のマイナスであり(コアコア以外)
足元の国内景気についても、GDPは2期連続のマイナス成長懸念があり、
マイナス成長懸念の要因でもある輸出の減少は未だ継続しており、
同じく要因である消費についても、インバウンドを除く国内消費は、
本日発表された9月消費支出は7月以来、再びマイナスに転じておりますので
切迫していないという受け止めは苦しいとしか言えまへん。

そして黒ちゃん会見以降は、円高と共に先物がやや失速しておりますが、
一気に失望を招いたような失速ではなく、ジワジワと動いているだけですから、
会見や日銀会合の結果が口実(原因)になったとは言えまへん。

一応、安倍ちゃんマンによる3兆円超の15年度補正予算案という話もあり、
一発目のピークを迎えた本日の企業決算についても、
大物の下方修正があったりもしますが、ざっと見た限りでは、
通期予想の上方修正が106社、据置が355社、下方修正が59社なので、
良からぬ結果となった昨日よりはかなり堅調な結果だったと言えます。

以上の通り、国内外の市場の反応(動き)、
国内イベントである黒銀会合と黒ちゃんの会見、企業決算の中身を見る限り
リスクオフな動きは見られまへんので、今夜も無事に通過すれば、
平和な週明けを迎えられそうです。

ただし今夜は月末&週末ではありますので、
米金融政策を始めとする政策期待やリスクオフ等に沿った動きとは関係なく、
大人の事情でのポジション調整もありますので、真っ当な動きとはならず、
チグハグな動きにもなるでしょうから、少々下げたところで、
利上げアレルギーが再燃する等の真っ当な動きでの大幅安にでもならなければ、
過度に心配する必要もないですが・・・

とりあえず今夜(週末)の動きも加味して、
改めて来週の展望は週末に書きますので、本日はこれにて失礼します。

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。





スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.