不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
デジャブな週明け
こんばんはです。

昨夜のW杯ラグビー準々決勝のスコットランドvsオーストラリア・・・
残念ながら日本に勝ったスコットランドが負けてしまいましたが、
凄い試合でおました・・・
と同時に、ラグビーは学生時代以来、じっくり観ることはなかったのですが、
今回のW杯を機にハマってしまいそうなくらい面白く感じてしまいました。

もともと自分もコンタクト競技をやっていたこともありますが、
肉体勝負な競技は格闘技を含め、アドレナリンが噴き出ていいですなぁ。
週末はボクシングでもゴロフキンとローマン・ゴンザレスという、
パウンドーフォーパウンド(全階級の中で最も優れた)な二人の試合もあり、
あっ、亀田の試合もあり、ゴリゴリな週末でおました。

そういえばツイッターのDMで、私に対してあっちの組合のゴリゴリですか?
という御質問を頂きましたが、残念ながら違いますので、
くれぐれも誤解なき様にお願いします(笑)
私の出で立ち自体も坊主にヒゲだったり、
普段から筋肉だのフィジカルだのと書いているので、
誤解されるのも自業自得ではありますけどね(笑)

そして懲りずにフィジカルの重要さを改めて感じる週末でおました。
(亀田も何だかんだ言っても、よく練習はしているなぁとは感じます)

さて、フィジカル・・・というか「力」が支配するマーケットですが、
本日の売買代金は1,99兆円という薄商い・・・
相変わらずパワーはなく、足腰の貧弱な相場が続いております。

っつうか、本日の動きを見ると・・・

売買代金は8月17日以来の2兆円割れ(1.99兆円)・・・
騰落レシオは8月17日以来の120超え(122.94)・・・
空売り比率は本日でなく先週末ですが、8月17-18日以来の低水準・・・

そうです、8月17日は19日に起きた堀北真希ショックの前々日だけに、
明日か明後日にでも綾瀬はるか、長澤まさみ等が結婚を発表すると、
8月の悪夢が再び・・・なんてことになるかもしれないだけに、
なんだかデジャブを見ているようです(笑)

とにかく明日と明後日は芸能ニュースに注意です・・・じゃなくて、

8月のショックは未だに正式な名前は付いてまへんけど、
きっかけとしては、初動が人民元の引き下げだったり、その後は米消費者物価、
我が国では貿易統計やシカトされた訪日外国人客数が火に油となっただけに・・・

本日の中国7-9月期GDPを受けての明日の人民元基準値発表、
今夜と明日の米国での企業決算&住宅指標&FOMCメンバーの講演、
我が国は明日の安川電機決算、百貨店売上高、コンビニ売上高も注目ですが、
明後日は8月と同様のイベントである訪日外国人客数と貿易統計が発表され、
決算ではハードルの高い(株価のハードルは低い)日本電産が控えておりますので、
これらのイベントがきっかけとなり、
ただのデジャブではなく正夢となって、8月の悪夢が再来するのか・・・

それともこれらの予定&周知されたイベントがきっかけになるのではなく、
なにか良からぬサプライズでも起きるのでしょうか・・・
やはり綾瀬はるかあたりが・・・(笑)
ではなく、そろそろ発表される米財務省の為替半期報告書あたりが、
良からぬチャチャを入れてくるのか・・
ブラジルを始めとする新興国・資源国、ロシア等でショックでも起きるのか・・・

何やらサウジが金欠だとの報道もあるので、
かつてのドバイショックならぬサウジショックにでもなるのでしょうか・・・
もしこれが真実ならば、まことしやかに言われている、
サウジのシェール潰しっつうのもイマイチわかりまへん(そもそも信じてないけど)
そういえば夏にはサウジの王族が南仏のビーチを貸切って非難轟豪遊・・・
なんて話もありましたけどねぇ。

ということもあり、ファンタジー感も漂うサウジの金欠騒動ではありますが、
リアルなものとしては、上記のイベント絡みでの本丸の米金融政策の行方が、
最も重要であり、明日以降の中国の出方が不気味といったところです。

ひとまず本日の中国7-9月期GDPは、新しい算出方法での一発目ということで
まさかまさかの正直過ぎるドイヒーな結果になるのか心配ではありましたが、
ガキデカ(習近平)が英国を訪問することに加えてAIIBの件もあるからなのか
6.9%成長という実にええ塩梅の数字を弾き出し、
いつもの如く水増し感がビンビン漂うものの、
微妙に7%を割ったことでの政策期待も高まることになりました(笑)

そもそも先進国の中で唯一マイナス成長(4-6月期)となっているのは、
どこぞの国だけですから(主要国ではロシアとフィンランドも)
6.9%成長という数字だけを見れば、驚異的なんですけどね。

まぁとにかく、昨日の記事でも書いた通り、
今週一発目の不気味なイベントであった中国のGDPは(他の経済統計も)、
政策期待という意味では、無事に?ええ塩梅で?通過はしましたので、
上海株は小幅安となったものの(SHIBORの翌日物もやや高止まり中)、
政策期待相場は継続していると言えます。

そして米国と欧州についても、債券・通貨等の動きを見る限り、
やや債券安、ドル高、原油安となっており、今夜の米国がやや心配ではありますが、
政策期待相場な基調が崩れたとまでは言えまへん。

我が国については、コスプレおじさん(麻生財務相)が、
現状では補正予算や追加金玉緩和は必要ないと言ってみたり、
ガースー(菅官房長官)までも同じようなことを言っていたりするので、
来週に会合を控える笑ってはいけない黒光り銀行(黒田日銀)への期待が、
やや薄れているとも言えなくもないので、
安倍ちゃんの弓を引くような気合いだけのナックルアローだけなのか・・・、
(具体策の出てない三本の矢という意味)
という気掛かりはあります。
それを裏付けるように、実際に債券もやや売られていたりもしますが、
米国、欧州と同様、政策期待相場な基調が崩れたとまでは言えない水準です。

ということなので、先に述べたデジャブが正夢になるようなことが起きなければ、
政策期待相場の展開が継続するでしょうから、
明日のスタンスとしては特に変更はないのですが、改めて書きますと・・・

持ち越し短期勝負の方については、繰り返しになりますが、
先に述べたデジャブが正夢になるようなことが起きず、
昨日も書いた国内外の政策期待な動き(債券高・円安等)が継続している限り
割り切って一時的なリスクは覚悟のうえで政策期待相場に乗ればいいです。

ただし現状は薄商いでの心許ないヒョロ上がりというのも事実ですから、
本番である来週の政策イベントラッシュ、もしくは22日のECB理事会までは、
その日限りの勝負に留めるのが無難ではありますから、
その辺はお好みでご自由にどうぞ。

腰を据えて勝負をする方については、アベノミクス当初から構えている方は、
どこかの火種が爆発して、リーマンショック級の悪夢が再来し、
1月安値でもゴリゴリと割らない限り(現状ではひとまず9月安値割れが目安)、
王者の風格で構えておけばいいです。

新規で腰を据えて参戦する方については、
本番である来週の政策イベントを見極めてから参戦しても遅くはないですが、
9月or1月安値までの下振れリスクを覚悟の上でならば参戦すればいいでしょう。
再び雇用統計以前の状態(政策期待相場でなく利上げ出来ないモード)へと戻り、
単なるリスクオフでの9月・1月安値割れという可能性はまだ有り得ますからね。
ただし1月安値を割れば、腰を据える覚悟での総員出撃でいいでしょう。

新興市場は資金流入の動きと共に、ベタな年末年始高という動きも窺え、
揺れも収まりつつありますが、シンプルに考え、
これまでのリスクオフ局面以上の商いを伴った上昇が継続しない限り、
その日限りの勝負に留めておくのが無難でおます。

割安中小型銘柄については、腰を据えるのが大前提ならば、
まだ可能性の残っている1月・9月安値までの下振れリスクを覚悟の上で、
参戦していけばいいでしょうけど、今週からは中間決算も始まるので、
決算を見ながらでもいいとは思います。
当然ながら来期目線に移りつつある時期ですから、
中間決算と共に来期も考慮しての銘柄選別は必要です。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
芸能ニュース
スイーツ男子 | URL | 2015-10-20-Tue 07:27 [編集]
マーケット番長さん、いつもお世話になります。

CREMIA(クレミア)に未だにハマっており、どらきち改めスイーツ男子と暫くは名乗ろうと思っています。

芸能ニュースは偶然と考えていますが、偶然も重なれば必然となり、私は、今のところ石原さとみショックを予想しています。

ところで、サウジは金欠みたいですね。某記事によれば、原油の在庫が積み上がり、それに伴い、各方面に対する支払いも遅れ気味のようです。そして、中国も金欠みたいですし、これらの事が尾を引くことがなければいいのですが。

マーケット番長さんは、本丸は、米国の金融政策だど再三述べられていますが、私は、米国に加え、同程度にヨーロッパもカギを握っていると思っています。

それでは、引き続きよろしくお願いします。
スイーツ男子さんへ
マーケット番長 | URL | 2015-10-20-Tue 08:00 [編集]
> マーケット番長さん、いつもお世話になります。

お世話になっております。

> CREMIA(クレミア)に未だにハマっており、どらきち改めスイーツ男子と暫くは名乗ろうと思っています。

私は最近のお気に入りは近所のバームクーヘン屋のバームクーヘンラスクですw

> 芸能ニュースは偶然と考えていますが、偶然も重なれば必然となり、私は、今のところ石原さとみショックを予想しています。

確かに石原さとみを忘れてましたw

> ところで、サウジは金欠みたいですね。某記事によれば、原油の在庫が積み上がり、それに伴い、各方面に対する支払いも遅れ気味のようです。そして、中国も金欠みたいですし、これらの事が尾を引くことがなければいいのですが。
>
> マーケット番長さんは、本丸は、米国の金融政策だど再三述べられていますが、私は、米国に加え、同程度にヨーロッパもカギを握っていると思っています。
>

リスクという意味では米国よりも金融政策しか手が打てない欧州であったり、
米国のサジ加減次第な中国、新興国、日本でしょうから、
米国が本丸というのは米国自自身のリスクではなく、
あくまで世界のカネの流れを決めるという意味です

> それでは、引き続きよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.