不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
政策期待とSQLO通過な週末
こんばんは。

昨日は北川景子とDAIGOの結婚報道だけでなく、
竹野内豊と倉科カナの結婚報道も重なり(片岡愛之助と藤原紀香もw)、
8月の堀北ショック、9月の福山・吹石ショックに続くのかと思いましたが、
本日はそんなものどこ吹く風とばかりの堅調ぶり・・・

引け後に発表された本日の空売り比率が34%と大幅に減少し、
堀北ショック直前(8月18日)以来の35%割れとなったのは意味深ですが、
SQ日はこれまでも減少する傾向がありますから、
北川ショック、竹野内・倉科ショックへの引き金には・・・

そんなこじ付けショック話ではなく
本日は不定期開催ながら恒例でもあるUNIQLO(ファストり)決算から、
SQを迎えるというSQLO日(私が勝手に言っているだけです)であり、
しかも今夜にはジブリの新顔(初放映)である「思い出のマーニー」の放映を控え
「重いでのMoney(マニー)」にでもなるのかと身構えておりましたが・・・

ユニクロはゴリゴリに売られたにも関わらず、日経平均は1.64%高、
TOPIXは2.28%高というTOPIX主導での高値引けとなり、
商いもSQ日の割にはやや少なかったものの2.9兆円でしたので、
素直に堅調な一日だったと言えます。

 (それにしても歪の象徴であるユニクロが大幅安となりながらも
  日本株が堅調に推移したというのは、胸のすく思いというか、
  健全に思えて仕方ないですけどね(笑))

米国も低調な決算だったアルコアが時間外で下げようとも、
それをきっかけに荒れるわけでもなく、日米共に低調な業績に対する反応は、
今のところ個別に限られた動きとなっております。

そもそもアルコアの決算自体は足元の商品安もあり、
誰も期待していなかっただけでなくその他の米企業決算の見通しについても、
事前報道で6年ぶりの大幅な落ち込みとなる4~5%の減益だと報じられており、
米国の企業決算が低調になることへの心構えは出来ているとも言えますし、
低調決算の要因は利上げに向かう米金融政策によるドル高(米債券安)ですから、
先週末の低調な雇用統計を経て、市場で利上げ先送り観測が高まっていることは、
足元の低調な米企業決算はともかく、先行きへの懸念を和らげているとも言えます。
昨夜発表された雇用統計前に過ぎないFOMC議事録においても、
思った以上に利上げ先送りへの議論が交わされていたことが判明したことも、
利上げ先送り観測を高めたとも言えます。

ちなみに昨夜講演を行ったミネアポリス連銀総裁は、
従来通りの利上げ先送り姿勢を示し、
サンフランシスコ連銀総裁も、従来通りの利上げ先送り姿勢を示したので
雇用統計の結果を受けての生の声としては、
今のところは掌返しをするわけでもなく、変化が無かったので、
FRBサイドの年内利上げ姿勢というのは、完全に払しょくされたわけではなく、
まだ燻りが残っていると言えます。

とりあえず、FRBの利上げスタンスには燻りが残っているものの、
米企業決算に対する米国市場の受け止めについては、
今のところは個別に限られた反応に留まっております。

我が国についても、先に述べた本日の日本株の動き見てもわかる通り、
低調な企業決算に対する反応は、個別に限られた反応に留まっております。

しかしながら日銀短観での業績見通しが思いのほか堅調だったこともあり、
米国とは違って企業決算へのハードルがやや高くなっているだけに、
10月後半からの決算ラッシュについては、
堅調だった4-6月期(1Q)の決算を維持するなり、短観見通し以上となるなり
上方修正をするなりしなければ・・・という懸念は燻っております。

本日発表された竹内製作所の決算は、2Q&通期予想共に上方修正していたので、
やや懸念は和らいだとも言えますが・・・

そして我が国は企業業績というミクロ面よりも、
繰り返し書いている通り、マクロ面での懸念はまだら模様に残っております・・・
だけに・・・アベクロの政策期待が高まっていることが、
相場の支えになっているとも言えます。

海の向こうでも米国は利上げ先送り期待、
中国は来週開催予定(15-18日?)の五中全会での政策期待、
ユーロ圏は我が国と同様、追加金融緩和期待
というように、
決して堅調とは言えない国内外のマクロ・ミクロ両面での環境に対して、
市場は政策期待が支えているという構図ですから、
様々な国内外のリスク要因や好材料等があろうとも、
シンプルに金融政策をダイレクトに反映する債券の動きを見ていれば、
金融政策の方向感と共に現在の期待感もわかるでしょう。

そういえば昨日はこのようにザックリと書き過ぎましたので改めて書きますと、
米国は債券高(米金利上昇)ドル安が維持されていれば、
利上げ先送り観測が継続していると見ておけばいいでしょうし、
昨夜のように多少の債券安になろうともドル安が維持されているだけでなく、
足元での新興国・資源国通貨の戻りも継続しており、
原油を始めとする商品の戻りも継続しているならば、
利上げ先送り観測が継続してということで、
米株の反発地合いも継続と見ておけばいいでしょう。
つまり金融政策の行方や期待感を占う意味では債券の動きが重要ながらも、
目先の市場にとってはドルの動きの方が敏感ではあります。

 (ちなみに債券と株の相関性を司る金利と配当利回りの対比で・・・
  という平時のロジックでの見方もありますが、
  今は米株、新興国、原油(商品)を見ればわかる通り、
  利上げ(米金利上昇・ドル高)アレルギーとの攻防の最中ですからね)

我が国ついても債券高(金利低下)円安が維持されていれば、
黒ちゃんの追加金玉緩和期待が継続していると見ておけばいいでしょうし、
本日のように多少の債券安になろうとも、同時に米債安となることで
日米金利差が縮小せず、円安が維持されていれば、
追加金玉緩和期待による日本株の反発地合いも継続と見ておけばいいでしょう。
米国と同様、金融政策の行方や期待感を占う意味では債券の動きが重要ながらも、
目先の市場にとっては円の動きの方が敏感ではありますけどね。

ということで、政策期待という名のもとに、
病が治り切っていないマクロ・ミクロ両面に対して、
痛みを緩和するただのドーピングジャブジャブ相場への期待に過ぎないですが、
痛みを和らげている間に病が治るという観測(期待)が継続すれば、
株価の戻りも継続するでしょうから、実態経済においては経済指標や業績で、
ドーピング効果を確認することになりますが、先行して動く市場においては、
先読みするには債券の動き、敏感な目先な動きでは為替の動き、
これらを横睨みしながら株式市場で波乗りしておけばいいでしょう。

あ、マネーの動きに潤いを与える原油については、
為替要因である米金融政策のスタンス、、
需給要因である原油在庫等の指標や産油国の生産量はもちろんですが、
地政学要因についても現在は以前にも書いた通り、
プーチンが自ら中東の緊張を高めて原油を押し上げようとしているのか、
IS掃討という名の軍事行動は、激しさを増す一方となっており
しかも本日は誤爆という自作自演?までをしており、
以前にも書いた通り、いずれはイラク等の周辺の石油施設に対して、
誤爆をしそうな勢いです・・・
というように、皮肉なことではありますが、
プーチンによって、マネーに潤いを与える原油が上昇していることが、
追い風にもなっております・・・
しかも国連総会とオバマとの会談で、事前に米国が首を突っ込み難いように、
楔を打っているだけに、米ロが対峙することでのリスクオフというレベルまでには、
至らない可能性も高いだけに・・・恐ロシアです。

とりあえず週末の状況としてはこんな感じでおますが、
米国の金融政策に対するFRBと市場のスタンスは未だに一致してない上に、
国内外共に政策に対する期待感だけというのが現実ですから、
何かきっかけさえあれば、ひっくり返ってもおかしくない状況に変わりないですが
以上のような債券と為替の状態が維持されていれば、
政策期待も継続しているということで株価の反発も続くと見ておけばいいでしょう。
(需給環境も良好ですからね)

来週の展望については、以上を踏まえつつ、
今夜の海の向こうの状況や来週のスケジュール等を改めて精査して、
週末に書きます。

良い三連休をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
分散効果??
みずほ | URL | 2015-10-10-Sat 10:25 [編集]
こんにちは~。
竹野内豊も?知りませんでした。
同時駆け込み!?だと注目が分散されていいのかな?
投資も分散投資は安心ですし、比較的。
私は、向井理♪国仲涼子shock(T_T)でした。。。
なんか朝の連ドラヒロイン率高いような。
まあ、ちゃんとした人!!で良かった良かった。

マスコミ女性陣からは「プロ彼女」でなくて良かった、とコメントされてます。イメージ漠ですけど、そうそうそれそれ、わかるわかる。

あと、Dくんは普通の家柄のいい一般人が良かったです。残念。
Nかさまはあざといってテレビ(関西限定)で言っている人がいました。共感‥。

番長さんはどのカップルが好きですか~?

モテモテ?山本さんは、興味なかったけどテレビのインタビューか何か見てたら意外なステキオーラがありまして、急に「ちょっと良かばい」、と思い始めました。
当初そのオーラに靡かなかった堀北さんはスゴいわと思いましたが、、、もしかして…気色悪かった?
いえいえ、お幸せをお祈りいたします。
みずほさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-10-10-Sat 12:02 [編集]
> こんにちは~。

こんにちは。

> 竹野内豊も?知りませんでした。
> 同時駆け込み!?だと注目が分散されていいのかな?
> 投資も分散投資は安心ですし、比較的。

確かに安心ですねw

> 私は、向井理♪国仲涼子shock(T_T)でした。。。
> なんか朝の連ドラヒロイン率高いような。
> まあ、ちゃんとした人!!で良かった良かった。
>
> マスコミ女性陣からは「プロ彼女」でなくて良かった、とコメントされてます。
> イメージ漠ですけど、そうそうそれそれ、わかるわかる。

プロ彼女でっかw
それはまた凄い表現の仕方ですが、なんとなくわからんでもないようなw

> あと、Dくんは普通の家柄のいい一般人が良かったです。残念。

政治家にはならないのでしょうかね。
嫌味な成り上がり坊ちゃんではなく、根っからの人のいい坊ちゃんですから
好感度は高くとも、政治家向きではないのかも知れないですね。

> Nかさまはあざといってテレビ(関西限定)で言っている人がいました。共感‥。

かつては一世を風靡しましたが、最近は言動から何から滲み出てますね。共感w

> 番長さんはどのカップルが好きですか~?

最近の中では澤穂希兄貴の結婚ですかねw

> モテモテ?山本さんは、興味なかったけどテレビのインタビューか何か見てたら意外なステキオーラがありまして、
> 急に「ちょっと良かばい」、と思い始めました。

ドラマ「ひとつ屋根の下」の弱々しいイメージのままですが、意外と肉食なんですね
脳みそ筋肉目線では身体はなかなか鍛えてるようですがw

> 当初そのオーラに靡かなかった堀北さんはスゴいわと思いましたが、、、もしかして…気色悪かった?
> いえいえ、お幸せをお祈りいたします。

気色悪くないですが、薄気味悪かったですwww
(もちろん冗談ですからw)
突然の芸能リポートありがとうございましたw
続き
みずほ | URL | 2015-10-12-Mon 11:49 [編集]
澤さん、いいですね♪爽やかカップル。旦那さん結構イケメンですし。
私は、ダルビッシュ夫妻がすごいお似合いだと思いました。
可愛いタレントや女子アナだとしっくりこなかったのでしょうかね。
スポーツマンはあんまり女々した人より、スポーツウーマンが好きな人も多そうな。どうでしょうか?

ラグビー日本代表、最後いい試合でした。アメリカもっと弱いかと思ってました。
マンofザマッチのインタビューで、五郎丸選手、込み上げる涙で言葉になりませんでした。号泣じゃない抑えてもあふれる思い。。。
ここまで来るの辛かったのでしょうね。
強くたくましいのに堪えきれず涙…胸キュンものですわ。
カメラもアップで追っていました。
たくメンブーム来るかな?ナヨナヨメンよりいいです。

最近急に気づいたけど、前からリポビタンDのCMやってましたね、確か。五郎丸選手が中心にいるわ。

以上、どうでもいい話でした。
みずほさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-10-12-Mon 19:01 [編集]
> 澤さん、いいですね♪爽やかカップル。旦那さん結構イケメンですし。
> 私は、ダルビッシュ夫妻がすごいお似合いだと思いました。

ダルはお似合いという次元を超えて、生物?遺伝子?としての凄いカップルですw

> 可愛いタレントや女子アナだとしっくりこなかったのでしょうかね。
> スポーツマンはあんまり女々した人より、スポーツウーマンが好きな人も多そうな。どうでしょうか?

どうでしょうね・・・意外と真逆な人が好みの人も多いです。
格闘技系は特にそうかも。

> ラグビー日本代表、最後いい試合でした。アメリカもっと弱いかと思ってました。
> マンofザマッチのインタビューで、五郎丸選手、込み上げる涙で言葉になりませんでした。号泣じゃない抑えてもあふれる思い。。。
> ここまで来るの辛かったのでしょうね。
> 強くたくましいのに堪えきれず涙…胸キュンものですわ。
> カメラもアップで追っていました。
> たくメンブーム来るかな?ナヨナヨメンよりいいです。
>
> 最近急に気づいたけど、前からリポビタンDのCMやってましたね、確か。五郎丸選手が中心にいるわ。
>
> 以上、どうでもいい話でした。

ラグビーはベスト8には残れませんでしたけど、本当に目覚ましい成果でしたね。
試合を真剣に観たのも数年ぶりでしたが、試合自体も面白かったので、
これからラグビー人気も盛り上がり、底辺拡大になれば、選手の環境も良くなりそうです。


トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.