不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
雇用統計後の流れをシンプルに受け止めつつ・・・
こんばんはです。

本日発表された8月の実質賃金は、物価の低迷はあれど2か月連続のプラスとなり、
先週末に発表された8月消費支出と共に、
インバウンドを除く国内消費の回復が伺える結果だったと言えます。
(しつこいようですが直近の物価はマイナスですけどね)

1日に発表された9月調査の日銀短観についても、前回調査より悪化したものの、
設備投資は伸びを示しており、企業の今期収益計画も伸びを示しておりましたので、
7-9月期以降もマイナス成長になるのでは・・・
という懸念は、さらに和らいだとも言えます。
輸出の減速については海の向こうの問題もあり、未だ拭えておりませんけど・・・

そんな海の向こうの懸念を裏付けるように、
先週末に発表された本丸である米国の雇用統計が低調な結果となってしまい、
おまけに8日のアルコアから始まる米企業決算のラッシュについても、
減益見通しとの観測が強くなっているので、
イエレンおばさん率いるFRBが、意固地に年内利上げスタンスを維持するのか、
雇用統計を受けた市場の動き通りに利上げを先送りへと変更するのか、
未だFRBの姿勢はハッキリしておりまへん・・・

そもそも雇用時計が悪化し、直近のISMを始めとする先行系指標が低迷しており
米企業決算まで足元で減益となるようだと、利上げせずに先送りしたところで、
利上げしていない今の状況下でこのような低迷になったのですから、
今後次第ではありますけど、QE4も・・・という気がしなくもないですけど、
少なくとも年末だの年明けだのという中途半端な先送りをしてしまうと、
現在の低迷を招いた利上げパンチラ状態が続くだけですから、
いっそのこと来年末くらいまで利上げを先送りしないことには、
米経済はもちろんのこと、利上げアレルギーだった新興国・資源国、
そして我が国の輸出減にとっても、親亀(米国)こければ子亀(日本)も・・・
となるのが常ではあるだけにね・・・

以上の通り、親分米国の実体経済への懸念、子分である我が国の外需への懸念、
利上げパンチラが続くことによる資源国・新興国の資金流出再燃懸念(中国も)、
というものは拭えておりまへんけど、先週末の雇用統計通過後の市場では、
さすがにイエレンFRBは利上げを先送りするだろう、
我が国も安倍ちゃんの新三本の矢への期待というよりは、
黒光り銀行が本業の物価がマイナスということもありぶっ放すだろう、
(黒ダヌキさんにとっては、コアコアがプラスやという言い分もありますけどね)
それによって中国・資源国・新興国、原油を始めとする商品も戻すだろう、
という期待(解釈)となり、さらに株価は8月から売り込まれていたこともあり、
世界的に株価は戻しております・・・

本日の我が国についても、日経平均は1.58%高、TOPIXは1.31%高と
雇用統計以降の戻りが継続しております・・・

そして金融政策をダイレクトに反映する債券についても、
日米債券共に雇用統計以降の堅調ぶりを維持しており(特に我が国)、
空売り比率も本日は36.9%にまで減少していることからも、
米国の利上げ先送り&黒ダヌキ銀行の追加金玉緩和を期待した動きとは言えます。

しかしながら、金玉緩和がぶっ放された時のように、
ジュリア東証かのごとく商いが盛り上がっているわけでもなく、
売買代金は2兆円という薄商いであり、新興市場を始め個別が賑わったことからも、
本気で追加金玉緩和を期待しているというよりも万が一に備えて、
買戻しに走っている程度だと言わざるを得ないです・・・

とは言え、昨日も書いた通りシンプルに考え、
米債券高(米金利低下)、ドル安が維持され、
我が国も米国以上の債券高(金利低下)によって円安が維持されていれば、
実態経済を無視した金融政策への期待という名の買戻しであろうとも、
今の流れに乗るのはありですけどね・・・かなりスリリング・・・というか、
いつ流れが変わってもおかしくない敏感相場ではありますけど・・・。

そして我が国は、アマリンが頭をラグビーボールのように伸ばしながら、
白髪も増やしながら、ため息もつきながらの現在進行中のTPP協議の合意見通し、
7日には安倍ちゃんマンの内閣改造を控え、ついでに郵政3社の仮条件も決定し、
政治面での後押し期待もありますが、
同じく7日には黒ダヌキ銀行の金玉政策決定会合の結果発表を控えているので、
国内目線としては、明後日(7日)昼前後の金玉政策の結果発表までは、
今の流れが維持されてもおかしくはないです。
なにやら狙ったようなタイミングでもある明後日の12時には、
繰り返し「金玉緩和をやるのは10月だ!」と軽口を叩いている山本議員が、
わざわざ外国特派員協会で会見を開くようです・・・
くれぐれも直前に山本議員がハシゴを無駄に伸ばしたものの、
黒ダヌキがハシゴを小脇に抱えて登場ということだけは勘弁願いたいものです。

そんな国内目線での7日までの流れの中で、敏感相場な海の向こうでは、
今夜の米ISM非製造業景況指数、FRBが発表する雇用の質面を示すLMCI、
明晩はユーロ圏で独の製造業新規受注、掌返しの追加緩和を示唆するのか?
という期待もあるドラギえもん(ECB総裁)の講演、
米国では最近やたらと利上げアレルギーを示す指標として意識される米貿易収支、
米3年債入札、利上げに対するスタンスがFRBと市場で食い違っているだけに、
注目とも言えるサンフランシスコ連銀総裁の講演、
世界的な実体経済への見方の一つの現実としてIMFの世界経済見通し、
といったところが、海の向こうの敏感相場に影響を与えるイベントとなります。
局地的な賑わい期待としてはノーベル賞もありますけどね。

ということなので、明日のスタンスとしては、特に変更はありませんが・・・

持ち越し短期勝負の方については、以上の通りなので、
その日限りの勝負に留めるのが無難ではありますが、先にも述べた通り、
7日に向けた国内目線での黒ダヌキへの期待もあり(政治期待もある)、
良好な需給環境でもありますので、
シンプルに米債券高・ドル安という利上げ先送り観測な動きと共に
我が国も米国以上の債券高(金利低下)によって円安が維持されていれば、
実態経済を無視した金融政策への期待という名の買戻しであろうとも、
薄商いであろうとも、リスク覚悟で今の流れに乗るのはありですけどね・・・

腰を据えて勝負をする方については、
アベノミクス当初から構えている人にとって、現在の揺れは大した事では無いので、
どこかの火種が爆発して、リーマンショック級の悪夢が再来し、
1月安値でもゴリゴリと割らない限り、王者の風格で構えておけばいいです。

新規で腰を据えて参戦する方については、7日の黒ダヌキ銀行の結果、
FRBメンバーの年内利上げスタンスと市場の利上げ先送りスタンスが
一致してから参戦しても遅くはないと思いますが、
1月安値までの下振れリスクを覚悟の上でならば参戦するのは自由でおます。
再び雇用統計以前の状態へと戻り、1月安値までの可能性というのは、
まだ十分に有り得ますからね・・・
ただし1月安値を割れば、腰を据える覚悟での総員出撃でいいと思います。

新興市場については、本日はマザーズの商いが膨らみ、
資金流入の動きもありますが、シンプルに考え、
バンジージャンプの様に伸びたゴムの伸縮(揺れ)が収まるか、
ゴムを引っ張り上げるようなこれまでのリスクオフ局面以上の商いを伴った上昇が
「継続」しない限りは、その日限りの勝負に留めておきましょう。
現在は一日の値幅は大きく、局地的な賑わいも多いので、
日当稼ぎでも十分でしょうからね。

割安中小型銘柄については、腰を据えるのが大前提ならば、
大いに参戦していけばいいでしょうけど、10月後半から中間決算も控えており
来期目線に移りつつありますから、来期も考慮しての銘柄選別は必要ですけどね。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.