不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
ちょいとつまんでボッタクリ
こんにちは。

またしても昨夜は荒れ気味となりましたが、
なんとか強欲の秋を迎える程にはならず終えたようで・・・

まぁそれについては明日の記事で書くとして、
昨日は小生意気に少しだけ伸ばしていた髪をゴリゴリ五厘刈りに戻そうと、
当ブログではお馴染みである散髪屋へ行きました。

これまでにも紹介はしておりますが、店は常に閑古鳥が鳴いているにも関わらず、
バブル崩壊も失われた20年もリーマンショックもへったくれもなく、
数十年にも渡り潰れずに営業しており、店構えを見れば、
今どきのガラス張りで街往く人に見せつける様な小洒落た店であるはずもなく、
むしろ曇りガラスに散髪屋のクルクルが回り、
店内には昭和のアイドルのような、色褪せたヘアモデルの写真が貼りっ放し・・・
まさに三丁目の夕日の時代から時間が止まっているかの様な、
ノスタルジックな空気を醸しだしているので、
確かに失われた20年もへったくれも無いという気もしますが、
本人いわく腕が確かだから生き延びていると嘘吹いており
長年の固定客が居るのと競馬だけで食ってきたというのが真相なようで・・・

そんな本業が競馬だったとも言える散髪屋オヤジが改心をして・・・ではなく
よくありがちなアベノミクスが始まると共に株式投資の世界へと足を踏み入れ、
ついには店の奥のスペースに、パソコンとモニターを設置して、
ちょっとしたトレーディングスペースを設ける程の熱の入れよう・・・というよりも、
本業が競馬から投資へ移っただけとも言えます。

最初は大して勉強もせず、持ち前の博才だけで市場の荒波へ挑み、
アベノミクスの一方向な波のおかげもあって、うまく波をサーフィンしておりましたが、
かつてのガンホーショックに遭って、海パンだけが浜辺に打ち上げられて以来、
勉強もするようになったことで、安定的に稼げるようにもなり、
最近は羽振りも良さそうでしたが、言っても博徒の血が騒ぐのか、
一定の荒波サーフィンは続けているようだったので、、
堀北ショックから始まったここ数週間の荒波で生き延びているのかと心配になり、
久々に店を訪ねてみたということです。

ゴリゴリ五厘刈り頭ならば、2週間に一度くらいは訪れるのですが、
最近は小生意気に少しだけ髪を伸ばしていたので、
約3週間ぶりに店を訪れることになったと言うだけですけどね。
つまり堀北ショック前ぶりだったということです。

そして店へと突撃すると、最近は羽振りの良さもあり、
店の前に置かれている出前の器も寿司だったりすることも多かったのですが、
昨日はかつて常食としていた毒物劇物満載の様な味で有名な中華屋の器が、
無造作に置かれていたので、もしかして堀北ショックの波に呑まれたのか・・・
と思いつつ扉を開けると、いつもながら客は誰もおらず閑古鳥が鳴いており、
店の奥のトレーディングスペースのソファーには、
不貞寝と言わんばかりに横になっている散髪屋オヤジの姿が・・・

そして店に入って来た私に気付くと、いつもの胡散臭い笑顔で迎えるのでは無く、
元気なさげに足取りも重く迎え入れ、ギロチンのような洗髪台と電気椅子のような
散髪椅子へ座らされ、手際良く首にマントをきつく巻かれ、いよいよ死刑執行・・・
ではなく、ふと鏡越しに散髪屋オヤジを見ると、
いかにも話を聞いてと言わんばかりの顔でこちらを見て来るので仕方なく、

「えらいテンション低いでんなぁ。もしかして痛い目に遭ったんでっか?」と聞くと、

「痛い目どころやなくて、ドえらい目に遭うてなぁ・・・」

「最近は大荒れでしたからなぁ。なんぼほどやられたんでっか?」

「まぁ13万ほどやけど・・・」

「そんなおっちゃんにとったら微々たるものやん」

「いやいや投資やないで兄ちゃん、ボッタクリに遭うたんや!」

「え?ボッタクリ?そっちかいなおっちゃん!」

何やら聞くと、前日に投資で負けた腹いせもあって、飲みに出掛けていたようで、
酔っぱらって歩いていたところに客引きに捕まってしまい、
酔いに任せてちょいといかがわしい店へ連れて行かれたようです・・・(笑)

「酔ってたとは言えな、昭和のような地味な店で胡散臭いとは思ったんやけど・・・」

(いやいや・・・この店も十分に昭和テイストやからお前が言うな!)
と心の中でツッコミつつも、一応「フンフン」と相槌を返し、

「おまけに薄暗い店内でどこの国かわからんような姉ちゃんが出てきて、
 酒を飲ませる前にいきなりオッパイ触れとか強制してきよるから、
 なんかおかしいなぁとは思ったんやけどなぁ・・・」

(いやいや・・・この店も薄暗いし、かつて隣国にあった散髪屋なのに、
 いかがわしいサービスもしてくれる四発屋という店の雰囲気ソックリやがな!)
と再び心の中でツッコミつつも、「それでどないしたんでっか?」と返すと、

「嫌な予感がしたから、十五分ほどちょっと酒を飲んで、つまみを食っただけで、
 店を出ようとしたら13万も請求されてなぁ・・・」

「それで払ったんでっか?」

「最初は断ったけど、さっきまで店内におらんかった兄ちゃんみたいなゴツイ奴が、
 口調だけはバカ丁寧やのに顔だけ近付けて威圧してくるからやで・・・
 昔やったらイテまうんやけど・・・」

なんてちょっとした昔の真偽不明の武勇伝もチラつかせつつ、
その場でのやりとりを説明され、結局は財布を奪われて脅されたので、
持ち合わせがあった9万円だけでなんとかカンベンしてもらった・・・
つまり払って来たそうです(笑)

「警察には行かなかったんでっか?」

「行かへんよ・・・ただでさえ山口さんちが揉め始めてるだけに、
 訳のわからん外国人がムチャしよるかもしれんからなぁ・・・」

「なるほどね。確かにヤクザの弱い所は、厄介な外国人がデカイ顔をしているから、
 そういう意味では今は山口さんちのお家騒動で危ないかも知れまへんなぁ」

「それにしても水割り1杯が12000円、つまみが35000円
 サービス料とかもろもろで13万円ってどんな計算やねんやで兄ちゃん・・・」

「なんかいかがわしいサービスでも受けたんでっか?」

「そんなもん無理矢理にオッパイ触らされただけやがな・・・」

「もしかしてつまみって、乳首をつまんだ料金ちゃいまっか?」

「確かに・・・そんなわけあるかいな兄ちゃん!まぁでもそう考えとくわ、ガハハ!」

とりあえず乳首をつまむというよくわからないオチになってしまいましたが、
最近は投資の方でも、懲りずに荒波サーフィンをやっているようで、
市場を賑わせている日経のダブルインバースやレバニラ炒め、
上海といったスリリングなETFを中心に波乗りをしているようで、
堀北ショック以降はあまりの荒波に大打撃を喰らっているようです。

だから毒物劇物満載で有名な中華料理屋のレバニラばかりを食べているのか・・・
それはわかりませんけどね。

引き続き良い週末をお過ごし下さい。


お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。

 にほんブログ村 株ブログへ 


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.