不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
セリングクライマックス、チャイナショックとも思えず・・・
こんばんは。

夕場からのあまりのリバウンドに釘づけになっていたら、
すっかり更新が遅くなりました・・・(陸上を観ていたのもありますが・・・)

そういえばすっかり忘れておりましたが、
当ブログでお馴染みの大証2部オヤジですが、先週の記事でも書いた通り、
日本株の崩落と共に新興市場の活況がー!と叫んでおりましたが、
日本株の崩落は見事に当てているものの、新興市場は1日だけの反発に終わり、
見ての通り、マザーズを始めドエライ暴落となっております。

ということもあり、昨日は吹き溜まり喫茶店で見掛けなかったので、
少々心配していたのですが、今朝はいつも通り、モーニングを食べておりました。

しかも妙にテンションが高かったので、恐らく暴落には巻き込まれかったのかも・・・
そもそも大証2部オヤジというネーミングですから(私が勝手に読んでいるだけ)
クソ株仕手株が本業なのでしょうけど・・・(笑)
かつて大証2部オヤジが小脇に抱えている手書きファイルを、
横から鼻を伸ばしながらチラ見した際、
香ばしい銘柄のオンパレードでしたからね(笑)

ちなみに本日は、残念ながら現在の日本株の暴落に対する話はしておらず、
下衆過ぎる話に終始しておりました・・・(笑)

さてさて、大証2部オヤジの根拠不明の予言通り、
先週のヤマ場(19日)から始まったやや根拠不明とも言える株安は、
今週に入ってから加速し、昨夜はNYダウが一時的に1000ドル安となったり、
夜間の日経平均先物は17160円をタッチしてみたりと、
歴史的な暴落となっております・・・。

しかしながら昨夜の途方も無い安値からのリバウンド基調もあり、
本日の前場はこれまた昨日を上回る大商いと共に、
1000円以上も盛り返す途方も無いリバウンドとなったことで・・・

セリングクライマックスかっ!!

よーし!!セリングならぬセーリングや!!

とばかりに、サーフボードを抱えて荒波に乗り出したものの、
見ての通り、後場からは前場と同じ1000円以上の落差のある大波に呑まれ、
海岸には海パンとサーフボードだけが打ち上げられることに・・・
という方も多かったでしょう。

そしてまた現在の先物は約800円以上戻す場面も見せておりますが、
19日のヤマ場以降から始まったバンジージャンプによるゴムの伸縮は、
未だ収まっていないということです・・・

先にも述べた通り、結果的に本日の日経平均株価は733.98円安となり、
しかも商いは昨日(4.1兆円)を上回る4.9兆円の大商いでの続落ですから、
パワー面においても、未だ売りゴリさんが優勢でおます。

従っていつも書いている通り、少なくとも目先の相場を支配するのは「力」ですから
先週までの薄商いで織り成された需給バランス、テクニカル等は、
商いの急増による分母の拡大で通用しなくなっており、
力任せに崩されたことで、心が折れる(心理悪化)だけでなく、
深手を負った方もいることで、売らざるを得ない事情も招いておりますので、
バリュー面やファンダメンタルズも関係ない状況となっております。

だけに・・・先週のヤマ場以前までは、別世界のように堅調ぶりだった日本株は、
他国(他市場)よりも換金売りに見舞われても仕方ないとは言えます・・・

もしかすると・・・安倍ちゃんが訪中を取り止めたことで、
激おこシューシュー丸の習隠蔽率いる中国が、
特に日本に対して換金売りを仕掛けていたりもするのか?なんてね・・・

とにかく今回の暴落に対する様々な事情や背景、理由が飛び交っておりますが、
結局のところ「○○ショック」という名前すら付いていないという状態であり、
 (一部では堀北真希ならぬ、堀り来た末期ショックとも言われておりますがw)
しかも今週は先週のように明確なヤマ場となる決まったイベントも見当たらず、
何がきっかけになってもおかしくない一週間でおます・・・

来週は雇用統計を始めとする月初恒例の米国テンコ盛りイベントウィークに加え、
来週を含めた9月は、本丸の米金融政策の舵取りが見えて来るFOMCを始め、
国内外共にイベントがテンコ盛りですから、にわかに注目の集まっている、
明後日からのジャクソンホール会合ですらも、目先のリバのきっかけにはなれど、
本格反発のきっかけ材料になるとは思えないです。

一応、同会合には、FRB副議長のお魚おじさん(フィッシャーおじさん)だけでなく、
黒ちゃんを始めとする各国中銀総裁も集まるので、
各国中銀による協調介入等の対策を打ち出せばという期待もありますけど・・・

いずれにせよ最も注目を集めているフィッシャーおじさんは、
27日に開幕の挨拶はしますけど、パネルディスカッションへの参加は、
29日の土曜日ですから、今週の取り引き時間中ではないです。
黒ちゃんを始めとする各国中銀総裁らの講演スケジュールは不明ですが・・・

ちなみに黒ちゃんは明日から米国へ発つので、
今週のアベクロランチ会は無くなったとも言えます。

そして今のところは、主役の悪材料が中国懸念ということになりつつあり、
確かに中国市場の崩落は本日も継続しており、景気失速懸念も払拭されておらず、
おまけに天津に続き、テロと思えるような不気味な化学工場爆発も続いるので、
政変であろうと、理財商品や地方債のデフォルト等のバブル崩壊であろうとも、
信用不安の必須条件である、得体の知れん(実態や規模が不明)という面では、
テンコ盛りの国ですから、リーマンショックどころでは済まないでしょうし、
現にリーマンショックに等しい暴落へと発展しつつもありますから、
主役の悪材料ではありますけど、何だかんだ言っても、
きっかけや火に油を注いでいるのは米国の利上げモードですから、
結局は米国次第としか思えないですけどね・・・
資源安、新興国・資源国の通貨安を含む資金流出騒動も同様でおます。

そういう意味でも、米債券高(米金利低下)・ドル安という利上げ先送りモードのまま、
9月のFOMCへと突入してしまい、利上げを強行することになれば、
再び米債券安(米金利上昇)・ドル高となってしまい、
利上げアレルギーが再燃する可能性も高く、利上げ先送りになったとしても、
今回の急落もあって、出尽くしとなる可能性もあり、
どっちに転んでも、中国・新興国・資源国リスクは続き、資源安も続き兼ねないです
だからこそ出来れば利上げアレルギーのままで9月を迎えた方が、
リスクは低いのですが・・・
現在はやや利上げ先送りモードが和らいでますけど・・・

まぁとにかく今週については、シンプルな目線で捉え、
本日の商いを上回るような反発とならない限り
バンジージャンプのゴムの伸縮によるリバウンドに過ぎず、
本格反発ではないと見ておいた方がいいでしょう。
7月の様なリバウンドになったとしても、
上記の通り、9月には再び爆弾が降って来る可能性も高いですからね。

そして何だかんだ言っても、今回の歴史的な暴落を受けて、
金融機関等が全て無傷で済んでいることはないでしょうから、
それこそリーマンブラザーズやないけど、どっかが破綻してもおかしくないですし、
国内目線においても、昼休みにビックリした(サラ)リーマンショックも含め、
今週は追証売りも残っているでしょうからね。

何よりこれまでの何ちゃらショックに比べると、
抽象的?感覚的?な言い方ではありますけど、ショック名が付いてないように、
材料が明確では無く(個人的には本丸は米金融政策だと思っております)
詰め合わせ状態なので、不思議なことに悲観や熱が乏しく感じてしまいます・・・。

恐らく911テロやリーマンショック、ライブドアショック、震災に比べると、
サプライズ感が薄いというのもあるのでしょうけど・・・
だけに・・・こんだけで済むのか?という思いが拭えず・・・
同時に1月安値への覚悟は強くなるばかり・・・特に債券の動きを見ているとね。
(ドル円は瞬間的ながらも1月水準近辺までタッチしております)

ということで、明日のスタンスについては、昨日と同じで変更はありまへんけど・・・

持ち越し短期勝負の方については、
シンプルに本日を上回る商いを伴った反発とならない限り、
ゴムの伸縮(揺れ)が収まるか、9月の本格反発期待イベントまでは、
その日限りの勝負に留めておきましょう。
リバウンドに乗るのは自由ではおますけど、くれぐれもご注意を。

腰を据えて勝負している方については、1月安値もチラついておりますので、
アベノミクス当初から構えている人にとっては大した事では無く、
王者の風格で構えておくのは自由ですが、
途中から参戦した人は、一旦は撤退をするのが無難でおます。
急落の最中は避けてから動いてもいいとは思いますけどね。

新規で腰を据えて参戦する方については、1月安値もチラついておりますので、
本格反発を確認してから動いても遅くは無いですが、9月以降を見据えるならば、
銘柄次第では好きなタイミングで打診程度に参戦して下さい。
しつこいようですが、1月安値が有り得ることは頭に入れておきましょう。

新興市場についても、本日は下ヒゲを作っていたりもしますが、
結果的には昨日を上回る商いを伴っての大幅続落ですから、
シンプルに本日を上回る商いを伴った反発とならない限り、
その日限りの勝負に留めておきましょう。


お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
債券の動き
スイングマン | URL | 2015-08-26-Wed 00:51 [編集]
そこから一月安値を連想されましたか。
なるほど参考になります。

自分は米利上げ先送り、円への逃避資金→円高圧力。

と単純に見てましたが。
債券か、なるほど。

日経も上海も7月9日は見事に支持線から反発しましたが、どちらもチャート崩れましたから、番長の見立て通りせいぜいリバウンド止まりでしょうか。
米も日本も上値と下値は切り下がった印象です。

もし中国に何かあれば、日米とも緩和カードは切ってしまったので、手がないですよね。

日本は浜田参与の言うような個人向けの政策の食品の消費税全廃。個人的には政府紙幣発行とはいきませんが消費税増税に合わせ地域振興券をヘリコプターマネーの如く、ばら蒔く等が必要ですかね。

自分の周囲では公休事業やオリンピックの影響で建設業界は人手不足なんで、これ以上の財政出動は効果が限定的ではないかと。

スイングマンさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-08-26-Wed 01:58 [編集]
> そこから一月安値を連想されましたか。
> なるほど参考になります。
>
> 自分は米利上げ先送り、円への逃避資金→円高圧力。
>
> と単純に見てましたが。
> 債券か、なるほど。

1月以降から債券と為替を置き去りに株価が上がり、
3月頃にもしきりと言ってはいたのですが、何事も無いまま進み、
そして今回の下げによって1月も節目として意識した方が・・・ということです。
なんだかんだ言っても、米債次第でもありますのでね。

> 日経も上海も7月9日は見事に支持線から反発しましたが、どちらもチャート崩れましたから、番長の見立て通りせいぜいリバウンド止まりでしょうか。
> 米も日本も上値と下値は切り下がった印象です。
>
> もし中国に何かあれば、日米とも緩和カードは切ってしまったので、手がないですよね。

市場の受け止めはそうなるでしょうけど、
個人的には黒ちゃんと同意見なので、
まだまだ買える資産はありまっせ~とは思っておりますw
良いか悪いかは別にしてですけどねw

> 日本は浜田参与の言うような個人向けの政策の食品の消費税全廃。
> 個人的には政府紙幣発行とはいきませんが消費税増税に合わせ地域振興券をヘリコプターマネーの如く、
> ばら蒔く等が必要ですかね。

マネーは水の流れと同じで、上から下への循環を作るべきであり、
バラ撒きの類は一時的な効果に過ぎないと思うだけに、
単純に消費増税を止めることが景気対策になるとは思うんですけどね。

> 自分の周囲では公休事業やオリンピックの影響で建設業界は人手不足なんで、
> これ以上の財政出動は効果が限定的ではないかと。

私の友人の土建屋の棟梁は、よく言われがちな人手不足で効果は限定的と言う意見は、
現場の声ではないと言ってましたけど・・・
私はもちろん建設業界の人間では無いですけどね。
番長へ
スイングマン | URL | 2015-08-26-Wed 18:28 [編集]
拙い文面への詳細な返信ありがとうございます。

大変参考になります。
カンフル剤ならなんでもよいという自分の姿勢が恥ずかしくなりました。

今日、10年物の日本国債、注目して見てましたが・・・。
スイングマンさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-08-26-Wed 20:52 [編集]
> 拙い文面への詳細な返信ありがとうございます。

こちらこそありがとうございます。

> 大変参考になります。
> カンフル剤ならなんでもよいという自分の姿勢が恥ずかしくなりました。

いえいえあくまで私の意見ですから、
正しいのかどうかはわかりませんので、恥ずかしいと思う必要は全くないですw

> 今日、10年物の日本国債、注目して見てましたが・・・。

今日は軟調でしたね

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.