不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
昨日のヤマ場を経ての現状を見つめつつ、来週も見据えつつ・・・
こんばんは。

東海大相撲と先代育英親方・・・失礼、東海大相模と仙台育英が、
名誉と誇りを賭けて、汗と涙と泥にまみれながらの死闘を繰り広げる一方、
東証大相撲ではカネを賭けて、欲にまみれながらの私闘が・・・

言いたかっただけですけどね。

そして当たり前ですけど、私のやっていた競技とは違って、
あの大観衆とTVを含む大々的な報じられ方は羨ましい限りです。

さぁ今週末からは世界陸上もありますし、ワールドカップバレーもありますね。
その陰に隠れてしまい誰も知らないでしょうけど、
週明けからは世界柔道もあるんですけどね(笑)

さて、今週のヤマ場でもあった昨日(昨夜)を経て、
リバウンドするくらいのきっかけにはなるかもと密かに期待はしていたものの、
昨日発表の訪日外国人客数等の国内イベントは好感されることなく、
昨夜発表の米消費者物価、週間原油在庫、FOMC議事録も好感されず、
残念ながら見ての通り、リスクオフモードへのきっかけとなるヤマ場となりました。

そもそも繰り返し書いている通り、米金融政策(利上げ)の方向感は、
9月のFOMC、早くとも雇用統計までは明確にならないと見ているので、
昨夜の米国イベントは、あくまでリバウンドのきっかけにでもなればいいかな・・・
という程度でしたから、リバウンドせずにリスクオフとなるのも仕方ないのですが、
昨日の国内イベントについては、足元の実質賃金を含めた国内消費が、
低迷しているという懸念と輸出の減速が懸念される中、
頼み綱とも言えるインバウンド消費絡みの指標であり、
しかも好結果だったにも関わらず好材料視されなかったという事実は、
別世界の堅調ぶりだった日本売りの始まりなのかという懸念を含め、
素直に気掛かりではあります・・・

今のところは、昨夜の米国もユーロ圏も、
商いを伴った株安、債券高というリスクオフモードな動きだったので、
先進国の中で日本だけが商いを伴って売られたわけではなく、
そしてドル安ながら原油を始めとする資源も売られ、
新興国・資源国の通貨安を始めとする資金流出も継続しており、
バカ負けしそうな中国のスットコドッコイな株安も継続しているので、
単純に世界的なリスクオフモードではあります。
根っこの部分は米利上げに対するアレルギーですけどね。

 (だからこそ、いよいよ原油及び商品、新興国・資源国はチャンスが近付いており
  9月に向けて目からビームを放ち、虎視眈眈と狙えばいいとは思いますが)

そんな海の向こうの状況もあるので、
この先の国内としては、輸出の回復は海の向こう次第でもあり、
本丸の米金融政策次第ですから、早くとも9月までは回復の思惑も期待出来ず、
国内消費(賃金も)の回復についても、来週末の7月消費支出、
再来週の実質賃金や8月の小売企業の月次を見ないことには確認出来ず
かと言って、先にも述べた通り、インバウンドの好調ぶりだけでは、
材料視もされなくなりつつありますから、
目先は材料を伴った堅調な展開というのは期待できないということです。

7-9月期以降の企業業績が、4-6月期と同様に堅調だ・・・
という観測でも高まればいいでしょうけど、
上方修正が出るのは9月以降でしょうからね・・・

従って目先においては、経済指標等のイベントによって、
確信では無く思惑や期待を招く程度であり、
需給面等によるリバウンドを期待する程度だということであり、
これらさえも無ければ、国内の懸念を支えることも出来ないということです。

そして昨日も書きましたが、来週はこれといったイベントが見当たらないだけに、
目先のヤマ場イベントだった昨日を経て、国内外共にリバウンドしなかったのは、
しばらくはリスクオフモードが継続することになり、
7月安値も視野に入る展開となるのが妥当だという状況でおます。

せめて今夜~週末に控える、米新規失業保険、フィリー指数、CB指数、
中古住宅販売、半導体BBレシオ、米石油掘削リグ稼働数等のイベントで、
あわよくばリバウンドをすればいいのですが・・・
昨夜の米金融政策に密接なイベントでもリバウンドのきっかけにならなかったので、
あまり期待はできないでしょう。

ということは、政治か中央銀行から新たなネタが提供されるか、
需給面等によるリバウンドを期待するしかないという現状だということです。

政治面については、目先のスケジュールを見る限り、安保絡みばかりですから、
明日を含む週二回の閣議後の定例会見において、
コスプレおじさん(麻生財務相)、あまりーぱみゅぱみゅ(甘利再生相)あたりが、
株価と自民党総裁選を意識して、ポロリと何か発言するくらいしか期待出来ず・・・

中央銀行からの新ネタ期待としては、
FRBは9月のFOMCまで期待できないでしょうから、
我が国の黒銀としては、噂されるアベクロ会談によって、
追加金融緩和への期待が高まることくらいなのですが、
先日も書いた通り、4-6月期GDPの中身を見る限り、
これまでの金融政策の拡大だけでは、
むしろ逆効果だと受け止められてもおかしくないだけに、
新たな策をチラつかせないことには、昨日からの市場の動き見る限り
思惑や期待だけでは、大した効果も期待できないでしょう。

 (明日も株安が続いていれば、これまでの様に突然の如く、
  アベクロランチ(会談)があるかもしれませんけど・・・(笑))

結局は・・・現時点における目先の期待は需給面だけということになります。
しかしながら18日時点の裁定買い残は節目でもある約3兆円であり、
シカゴのヤクザな円売りポジションも6月以来の高水準ですから、
昨日と一昨日の日本株と為替の動きを見ていると、
かつてのような先物売り・円買いというセットな動きが顕著だとは言えませんが、
巻き戻しが起きている可能性は高いと言えます。
2市場信用買い残についても3.4兆円の高水準でもありますから、
高水準な空売り比率だけが、日本株の下支え要因ではあります。
ちなみに本日は39.1%と過去最高だった8月12日の39.2%に次いで、
2番目の高水準ですから、リバウンドの可能性は大いにあり得ますが・・・

ただし、空売り比率は歴史の浅いデータでもあり、
最近はTVも含め浸透しつつあり、精度もやや落ちつつありますので、
35%超えが押し目、28%以下が天井、というかつての節目が、
怪しくなっているのも事実であり、現在は国内外共にリスクオフモードですから、
7月安値の様に高水準な空売り比率を無視する展開もあり得ます。

とは言え、さすがに過去最高を更新すると、さすがにリバウンドするでしょうし、
本日の39.1%を含め、最近の高水準な空売り比率からも
日本株の下値は限定的だと言わざるを得ないですから、
先に述べた国内外の市場を取り巻く環境を加味しても、
せいぜい下値は7月安値までと見ておりますけどね。

ということなので、明日のスタンスについては、週末なので改めて書きますと、

週跨ぎでの持ち越し短期勝負の方については、
今夜の米国を経て、リバウンドモードで帰って来たならば、
高水準な空売り比率もあるので、週跨ぎの勝負もアリですが、
リスクオフモードが継続していれば、明日は週末でもあるので、
男気な押し目勝負も控え、その日限りの勝負に留めるのが無難でおます。

腰を据えて勝負している方については、
繰り返し書いている通り、9月のFOMCあるいは雇用統計までは、
米金融政策の方向感は明確にならないでしょうから
上記の様な現状は頭に描きつつも、シンプルな目線で捉え、
7月安値を割らない限り、王者の風格で構えておけばいいでしょう。

新興市場については、一昨日は先週末を上回る商いの伴った反発となり、
昨日は商いの伴った反落となってしまい、本日は薄商いながらも続落ですから、
下げゴリモードが再燃とまでは言わないものの、少なくとも本格反発ではないので
シンプルに明日が商いの伴った反発とならない限りは、
その日限りの勝負に留めるのが無難でおます。


お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。

 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

Naka | URL | 2015-08-20-Thu 23:56 [編集]
いつも楽しく、そして興味深く拝見しています。
前から何の競技をやってらしたのか気になっていたのですが、今日ようやくわかりました(笑)
個人的には七戸がリネールにどこまで食らいつけるかが楽しみです。
Nakaさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-08-21-Fri 00:09 [編集]
> いつも楽しく、そして興味深く拝見しています。

こんばんは。ありがとうございます。

> 前から何の競技をやってらしたのか気になっていたのですが、今日ようやくわかりました(笑)

それはノーコメントにさせて頂きますw

> 個人的には七戸がリネールにどこまで食らいつけるかが楽しみです。

とか言いながら、七戸の中間距離からの組み際の足技に期待・・・と言ってみたりw
陸上も含めて楽しみです。
番長さんへ
Naka | URL | 2015-08-21-Fri 00:30 [編集]
返信ありがとうございます。

うっかりすみません(笑)

と言いつつ、2011年のフランス世界選手権であの野郎を間近で見ましたが、上川くんではとても無理だと思いました。石井もいないししばらく暗黒でしたが七戸はかすかな希望の光です。
Nakaさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-08-21-Fri 00:41 [編集]
> 返信ありがとうございます。
>
> うっかりすみません(笑)

以後、気を付けて頂きますよう宜しくお願いします(笑)

> と言いつつ、2011年のフランス世界選手権であの野郎を間近で見ましたが、
> 上川くんではとても無理だと思いました。石井もいないししばらく暗黒でしたが七戸はかすかな希望の光です。

と言いつつ、上川は明らかにメンタルがw
個人的には原沢がかなり化けて来たかなとも思えるので(今回は出ませんが)、
リオでは七戸と共に原沢にも期待したいものです。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.