不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
人民元引下げによって・・・
こんばんは。

習隠蔽・・・いや、習近平率いる中国ですが、最近は株価も反発していたので、
上海市場を取り囲んで空売りを砲撃していた人民軍が引上げたのかと思いきや、
本日は人民銀が人民元の引下げに・・・

相変わらず習隠蔽は人民(銀+元+軍)をフル活用しております・・・

なにやら直近の経済指標の悪化を受けてとか言われておりますが、
先日発表された自称GDPは7%成長ですからね・・・
しかも当局自らが「お手盛りではありません」という念押し付き・・・
にも関わらず人民元の引下げに動く中国4000年の神秘・・・

建前では米国の利上げに向けての動きだとか、
今回の1回限りだとも言っていたりと、引き下げの真相はわかりまへんけど、
少なくとも内需はもうあきまへんと言っているようにしか見えまへん。

果たして今回の人民元引下げによって、外需が復活するのでしょうか・・・
それと共に中国経済の失速懸念と株安は払拭されるのか・・・
とりあえず中国限定の目線で言えば、何もしないよりはマシと言えますので、
中国株安と共に中国経済への懸念が多少は和らぐことになりますけど・・・
原油を始めとする商品にも追い風にはなりますしね。

が、しかし・・・

中国限定目線ではなく、今回の人民元引下げを中国以外の目線で見ると、
昨夜は米国市場が、米債券安(米金利上昇)にも関わらずドル安となり、
現時点では米金融政策の方向性が一致していないだけのチグハグな動きですが
米金融政策(利上げ)の時期が明確にさえなれば、現在はチグハグだろうとも、
いずれは織り込み済となって(需給的にも)、
長きに渡るドル高が終焉を迎えると見ているので、
新興国・資源国は資金流出から脱するだろうという希望の光も見えたのですが・・・

中国が人民元引下げに動いたことで、
新興国・資源国への新たな通貨安圧力がトッピング・・・引下げの発表と同時に、
昨夜のドル安によって買われていた新興国・資源国通貨が一気に売られ、
特にアジア新興国の通貨安が目立っており、
インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン、シンガポールは大きく売られております

このまま人民元引下げ騒動が収まらないようだと、
資金流出によるアジア通貨危機を始め新興国・資源国懸念が拡大しそうです・・・。

ただし今回の人民元引下げによって、中国経済が回復することを前提とすれば
先にも述べた通り、原油・銅を始めとする資源需給が拡大するので、
資源国への影響は軽減されることになりますが、
資源国ではない新興国にとっては厳しいと言わざるを得ないですから、
タイやフィリピンあたりが特に心配にはなります。

おまけに人民元の引下げによってドル高までが進むことになると、
資源国も新興国も資金流出が継続し、中国の回復を待つ前に資源安も続くので、
米中からのWパンチとなってしまうだけに、
今はチグハグな動きであろうともドル安になった方が、
新興国・資源国、原油を始めとする資源にとっては
ありがたいことではありますので、
人民元の引下げに対して、米国がどのような手を打って来るのかが注目です。

そもそもドル高は米国にとって重石であるのはもちろんのこと、
利上げと共にドル安という御都合シナリオ(推測)に水を差されたわけですから、
何らかの手は打ってくるでしょう。

ちなみに現在は、人民元引下げ後からのドル高が収まり、
ドル安が再燃はしているので、新興国・資源国通貨も反発し、
原油を始めとする資源も昨夜からの反発を維持しております。

そして我が国目線ですが・・・
以上のようなドル安は、当たり前ですけど円高圧力となりますので、
米債(欧州債も)以上に債券高とならなければ、円高が進行することになり、
日本株の重石となってしまいます。

現在は我が国の債券が堅調なので、何とか円高を食い止めておりますが、
米債が昨夜から反発(米債券高)しているだけに(欧州債も)、
人民元の引下げに対して米国が過剰な対抗ぶりを発揮するようだと、
さらにドル安円高が進行することになり、日本株の重石が増すことになります・・・。
それこそ日本売り、米国買いが現実化してもおかしくないです。

人民銀の引下げに対する我が国への影響についても、
先に述べた新興国・資源国懸念だけでなく、
単純に人民元安となれば、訪日コストが上がってしまいますので、
人民元の引下げにより中国経済が浮上することで相殺できればいいですけど、
浮上が確認されるまでは、爆買い訪日客の減少(懸念)に繋がり、
インバウンド消費の減速要因となります・・・。

以上の通り、人民元の引下げに動いたことで、米国の利上げシナリオ・・・というか、
利上げ地均しシナリオに水を差すことになったことで、
新興国・資源国の通貨安を始めとする資金流出を拡大・長期化させる後押しとなり
国内ではこれらに加え、インバウンド消費の減速懸念にも繋がる可能性があります
欧州も我が国と同様と言えます。
そして中国自体も、引下げ効果も空しく中国景気が浮揚しなければ、
原油を始めとする資源にとっても需給面での重石がさらに増します。

ということなので、人民元の引下げの影響については、
限定的だという声もあり、実際に本日は引下げをきっかけに(口実に)、
崩れた程度の範疇ではありますが、
米国の利上げを中心としたシナリオに狂いを生じさせ、
悪材料を悪い意味で均一化させて分散してしまうリスクが高まっております。

国内についても同様であり、さらに昨日と週初にも書いた通り、
政治、需給、スケジュール等から見た状況に変わりはないので、
日本株に対する下目線という見方にも変わりは無いです。

あ、そういえば、安倍ちゃんが北の国のカリアゲクソ野郎を訪ねる・・・
なんて話も浮上してますけど・・・
事実ならば小泉パパの様に拉致被害者を救出して帰ってくることになれば、
多少は支持率回復にも繋がりますけど・・・
9月の総裁選を前にして、露骨過ぎるような気もしますけどね。

とにかく明日のスタンスについては
目先の持ち越し短期勝負の方は、言い続けてたらいつか当たるに等しいですが、
変わらず目先は下目線のままなので、その日限りの勝負に留めておきましょう。

腰を据えて勝負している方、新興市場については、週初に書いた通りでおます。

ちなみに明日なのですが、夜遅くまで盆休みでの用事がありますので、
記事の更新はお休みさせて頂くかも知れません。
午前中に記事が書けるようであれば更新します。



お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。

 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

鰤っつ | URL | 2015-08-11-Tue 19:54 [編集]
はじめまして。
NISA購入をきっかけに株を始めた数か月の初心者です。

ブログ主様の鋭いマーケット展望や相場観、それに反比例したゆるーい感じの文体が楽しみで毎日訪問しています。

いつか機会があればSQ週の立ち回り方を解説していただけると嬉しいです。今は初心者らしくビギナーズラックと大怪我繰り返しつつ試行錯誤しているのですが、特に7月のSQ週は狼狽しまくりだったので。

ブログ主様の今後の益々のご活躍を祈りつつこれで失礼いたします。
鰤っつさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-08-11-Tue 21:45 [編集]
> はじめまして。
> NISA購入をきっかけに株を始めた数か月の初心者です。

はじめまして。

> ブログ主様の鋭いマーケット展望や相場観、それに反比例したゆるーい感じの文体が楽しみで毎日訪問しています。

できるだけ難しい単語や表現、言い回しは使わないようにはしておりますが、
単に頭に浮かんだことを喋る様に一気に書き殴っているだけとも言えますw

> いつか機会があればSQ週の立ち回り方を解説していただけると嬉しいです。今は初心者らしくビギナーズラックと大怪我繰り返しつつ試行錯誤しているのですが、特に7月のSQ週は狼狽しまくりだったので。
>

お約束はできませんが、機会がありましたら。

> ブログ主様の今後の益々のご活躍を祈りつつこれで失礼いたします。

ありがとうございます。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.