不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
不穏なオイニー漂う国内消費・・・
こんばんは。

本日発表された毎月勤労統計調査の実質賃金は前年比で2.9%減・・・
ボーナスが5月に前倒し支給された影響があったり、
所定内給与と定期給与は増加していたりもしますが、足踏みと言わざるを得ず・・・

さらに先週発表された6月消費支出は落ち込んでいただけに、
6月は好意的に見ても、インバウン消費を除く国内消費については、
低迷していたと言わざるを得ないです。

じゃあ7月は回復しているのかと言えば、
上記の毎月勤労統計調査と消費支出、さらに訪日外国人観光客数の7月分は、
8月下旬~9月初に発表されるので、現時点では比べようがないですが、
小売企業の7月月次売上高で推測すると・・・

本日発表されたファストリの7月国内ユニクロ売上高(既存店)は、
6月に続いて前年割れとなる98.5%(前年同月比1.5%減)となり、
原因としては、6月に続き7月前半も天候不順だったと言っております・・・

7月後半~現時点においては、御存知の通り猛暑に見舞われているので、
8月の月次は回復を期待出来るとも言えますが、
私の勝手な目安にしている指標の一つとして、
休日のブログへのアクセス数を見ているのですが、
台風であったり、全国的な雨模様、厳冬になると、
出掛けずに家から出ないのでしょうから、アクセスが増加する傾向にあり、
ここ最近は週末にアクセス数が増加していたということは、
猛暑で出掛けるのを控えているのでは・・・という気もしております。

本来ならば猛暑は、小売(消費)にとって追い風のはずなのですが、
どうも素直に猛暑を歓迎できないニオイも感じております。

当然ながら私のブログへのアクセス数というのは、アテにはならないのですが、
ユニクロ以外の小売企業の7月月次売上高を見ていると、
6月は天候不順(気温の低さと雨)によってアパレルを中心に低調でしたが、
7月はドラッグストアは堅調を維持していたり
ユニクロ以外のアパレルは堅調なところもありますが、
それ以外の小売はジャンルを問わず、
低調な月次が万遍なく窺える結果となっております(外食の弱さがやや目立つ)。

まだ全ての小売の月次が出揃ったわけではないので、
全体としてマイナスなのかどうかまではわかりまへんけど、
今のところは6月よりも前年割れの月次がジャンルを問わずやや目立ちます・・・
ユニクロを始めとする本日発表分の月次についてもマチマチでおました。

そして昨日も書いた通り、大手百貨店の7月月次は前年を上回ったものの、
4月をピークに右肩下がりが続いているだけに、
現在の猛暑が、国内消費への影響だけでなく、
訪日外国人にまで二の足を踏ませるのではという懸念もあり、
いつも書いている通り、中国のファンタジー経済の失速による爆買い減速懸念、
終戦記念日を控えた70年談話等(安保法制含む)を受けて、
中国政府が株安批判のガス抜きを兼ねた反日政策へ舵を切ることで、
かつてのように訪日中国人が一気に減少するという懸念も有り得ます・・・

現在発表真っ只中の企業業績についても、
内需企業の決算は、上記に書いた直近の低調な消費関連データとは裏腹に、
足元(4-6月期)は好調であり、通期予想についても下方修正はないので、
小売株のビンビンぶりを見てもわかる通り、
現時点では国内消費への懸念は拡大しておりまへん(無視している?)。

しかしながら予想困難な天候はともかくとしても、
中国・新興国関連企業の低調な決算によって(米欧の中国・新興国関連企業も)、
中国経済の減速懸念については裏付けられつつありますので、
現時点ではそれらの中国・新興国関連企業への懸念だけに留まっていようとも
 (本日の中国・新興国関連企業の決算も低調・・・(資源関連も含む))
いつインバウンド消費の減速懸念へと拡大してもおかしくない状況です。

以上の通り、どうも足元の国内消費が6月だけでなく7月も低迷が継続しており、
7月以降については、中国・新興国関連企業の低調な決算を見ればわかる通り、
インバウンド消費の減速へと発展しそうな怪しい空気が漂いつつあります。


さて、本日の日本株は、そんな空気を感じているのか、
相変わらずの小動きとなったものの、良好な需給環境による下支えもあり、
日経平均は小幅安、TOPIXは小幅高というマチマチの踏ん張りを見せております。

売買代金についても、米国と欧州、中国の商いが細りつつあるにも関わらず、
我が国は高水準を維持しており(本日は2.86兆円)、
夏枯れという空気はありまへん。

テクニカル的にも、本日はほぼ続落ながらイチモツ均衡表では、
日経、TOPIX、JPX日経400、ドル円は共にほぼ三役好転となっていたり・・・

とりあえず、いつ三役逆転してもおかしくないギリギリのイチモツ均衡表はともかく
 (ダウはすでに三役逆転してますからね)
空売り比率等の足元(本日時点)の需給環境は依然として良好であり、
本日のトヨタ決算についても1Qの着地は市場予想をわずかに下回ったものの、
通期では上方修正しており、ユニクロの月次については、
御存知の通り指数寄与度の最も高い銘柄ですから、
いつもの如くよほどの低調(好調)な月次や決算とならない限り、
指数の都合だけで動く銘柄ですから、
昨日も書いた通り、今夜の欧州と米国でリスクイベントが少ないことからも、
明日までというド短期目線ならば、リバウンド局面になる可能性は高いと言えます。

しかしながら海の向こうについては、冒頭で書いた中国と新興国の減速懸念、
資源国の減速懸念も含む資源安は払拭されておらず、
これらの大元の原因である利上げを窺う米金融政策についても、
週末の雇用統計までは、米金融政策も市場も方向感が決まらないでしょう。

そして昨夜の米国市場、欧州市場共に株・債券・為替はチグハグながらも、
決してリスクオンな動きはなく、むしろリスクオフに近い動きは継続しており、
中国市場も本日は反発したものの危うい状況にかわりはなく、
新興国・資源国の通貨安を始めとする資金流出症状も継続しており、
原油を始めとする資源安も継続しております。

ということなので、明日のスタンスについては、
腰を据えている方と新興市場に対するスタンスは、
週初に書いた通りのまま変わりは無いので割愛しますが、
持ち越し短期勝負の方については、
昨日書いた持ち越し短期勝負は、本日まで(本日~明朝)のことですから、
明日については、明晩から海の向こうでリスクイベントが控えているので、
その日限りの勝負に留めるのが無難でおます。
国内の良好な需給環境だけを見て、リスク覚悟で勝負をする方は御自由にどうぞ。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。

 にほんブログ村 株ブログへ 

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

モリー | URL | 2015-08-05-Wed 00:40 [編集]
田舎に関していえば、景気は悪化し続けていますね。県都の新しく出来たファッションビルでさえ日曜でもガラガラ。公共事業費が削減されているからなのか、この春から砂利トラトラック、まるっきし走っていませんし。ホテルも民宿も、この夏は暇そう。小売も、無論です。大都市の様相で判断すると、間違うと思いますよ。でないと、GDPマイナス3%は出てこない。ユニクロ、は飽きられたのではなく、ユニクロさえ、行かない、ですよ。
モリーさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-08-05-Wed 01:22 [編集]
> 田舎に関していえば、景気は悪化し続けていますね。
> 県都の新しく出来たファッションビルでさえ日曜でもガラガラ。
> 公共事業費が削減されているからなのか、この春から砂利トラトラック、まるっきし走っていませんし。
> ホテルも民宿も、この夏は暇そう。小売も、無論です。

私もそもそも田舎もんですから、田舎の人達からは常々聞いておりますので
承知しておりますが、都市部から回復しない事には、
持続的な好循環が起きないのも事実ですからね。
バラ撒きをするなり、共産主義にでも変えるならば、地方から潤う事もあるでしょうけど、
現状では一時的なもので終わってしまいますから、
今回こそは都市部だけのバブルで終わらないことを祈るのみです。
まぁそもそも一時的な落ち込み程度にしか思ってないですけどね。

> 大都市の様相で判断すると、間違うと思いますよ。
> でないと、GDPマイナス3%は出てこない。

都市部の様相で判断しているつもりは毛頭ございませんので。
そういえば4-6月期GDPの予想の中には-8%なんてものもありますねw

> ユニクロ、は飽きられたのではなく、ユニクロさえ、行かない、ですよ。

ユニクロが飽きられたと言った覚えはないのですが・・・w
そもそもデフレ銘柄が値上げしているわけですし、現状は外需でもありますしね。
個人的にはユニクロが買われないことを歓迎しているくらいですけどね。

そして現状の経済政策以外に地方を含めた景気拡大が見込める案がございましたら、
御教授頂けると幸いです。

モリー | URL | 2015-08-05-Wed 08:29 [編集]
私は、景気拡大、では無くて、国内でのお金の廻し方、だと思っていますので。ただ、ここまで規制緩和が進んでしまった以上、難しいですね。それを修正するのが、金利の上昇しか無いと、悲しく見ています。
モリーさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-08-05-Wed 09:33 [編集]
> 私は、景気拡大、では無くて、国内でのお金の廻し方、だと思っていますので。

拡大ではなくお金を廻す?廻し方?というのはピンとこないのですが・・・

> ただ、ここまで規制緩和が進んでしまった以上、難しいですね。
> それを修正するのが、金利の上昇しか無いと、悲しく見ています。

「修正」となると確かに利上げしかないですけど、
くれぐれも急いだ利上げにならないことを祈るのみです。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.