不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
日本のビッグウェーブvs海の向こうの荒波は継続中
こんばんは。

何やら18年ぶりに日本時間の7月1日(水)午前9時直前に、
うるう秒の「8時59分60秒」という時刻をブチ込むんだそうで・・・

世界各国の市場のシステムにどの程度の影響があるのかわかりまへんけど、
最近は無慈悲なロボット達が市場を席巻している面もありますから、
良からぬ誤作動によってロボット達が暴走することになり、
「うるう秒」が「売るぅぅぅ~~~秒」にならないことを祈るのみです。

さて、そんな18年ぶりの「うるう秒」に対抗してなのか、
本日の日本株は、96年12月5日以来となる18年半ぶりの高値となり、
ついに2000年4月12日に付けたITバブル時の高値を超えました!

海の向こうでは利上げアレルギーを見せる米国、
ギリシャプロレスを繰り広げるユーロ圏が共に疑心暗鬼な薄商いであろうとも、
崩壊するする詐欺を繰り広げる中国市場があろうとも、
我が国は昨日に引き続き、2.83兆円という程良い商いを伴っての続伸です。

今のところ海の向こうの荒波などは無視して、
国内の足元の需給面、長い目でのバリュー面、政策面等の好環境がもたらす
日本株へのビッグウェーブ(日本買い)に対して、
アホになってサーフィンをするのが正解・・・
という結果になっているのが事実ですから
連日の様に海の向こうの荒波について書くのもウンザリするでしょうけどね・・・
特にギリシャプロレスは・・・

まぁでも海を越えて荒波が襲ってくる可能性は十分に有り得ますし、
そうなると海パンとサーフボードだけが浜辺に打ち上げられることになるので、
一応、ウンザリながらも危険予知ということで書いておきます(笑)

ということで、ウンザリの代表格であるギリシャプロレスですが、
いつも書いている通り、まさかまさかのユーロ圏離脱となれば、
影響度は計り兼ねる部分があると言わざるを得ないですが、
 (そもそも離脱は有り得ないでしょうけどね)
30日の期限に間に合わず、デフォルトになったとしても、
影響は限定的であり、一時的なものに留まるでしょう。
(昨夜のギリシャ及び南欧重債務国市場の動きからも裏付けられます)

そしてどうせ30日には間に合わないという展開になる可能性が高いでしょうから、
IMF等が譲歩して新たな期限を設けてプロレスを続けるか、
ギリシャ側が国民投票か総選挙をすることになり、
結局は定番の「期限だ!危険だ!」詐欺となりそうですが・・・

とりあえず明日からのEU首脳会議(25-26日)を前に、
今夜はドラギえもん(ECB総裁)、シンクロおばさん(ラガルドIMF専務理事)、
ビンビンおやじ(ユンケル欧州委委員長)らと、
左曲がりのダンディーなヤリチンヒモ男(チプラス・ギリシャ首相)が、
ギリシャ側から提出した財政改革案について協議を行うようです。

財政改革案は債権団側から見れば舐め腐った内容にも関わらず、
ヒモ男と連立を組んでいる連中にとっても不満タラタラの内容だそうなので、
今夜の会合で債権団側が譲歩して合意したとしても、
ギリシャ議会での承認が得られるのかは、かなり怪しいようですから、
結局は総選挙か国民投票になるか、新たな財政改革案の再提出ということで、
プロレスは続きそうですけどね・・・

以上の通り、ギリシャプロレス自体の影響は限定的ですが、
昨夜のユーロ圏各国の株式市場が薄商いだったことに加え、
高格付け国の債券安等を見る限り、
ギリシャを口実とした不安定(逆流)な動きから脱したとまでは言えないです。

しかしながら昨日を含め繰り返し書いている通り、
需給面から見ると、ユーロ圏の株・債券・ユーロの逆流余地は限定的ですけどね。

米国については、昨夜の動きを見る限り、
米債券安(米金利上昇)ドル高という利上げ観測な動きに対して、
激薄商いでの米株高だったので、
残念ながら利上げアレルギーを克服したとは言えないです・・・
いつも書いている通り、シンプルに言えば、
利上げ観測であろうとも、利上げ先送り観測であろうとも、
商いの伴った米株高とならない限り、まだ危ういと見ておきましょう。

中国については・・・これまたいつも書いている通り、
真実が見えない国なので、危ういことに変わりはないとしか言えまへん。
本日も上海株は続伸となりましたが薄商いであり、
債券とSHIBORの翌日物~3カ月物の上昇が続いておりますので、
危険度は増しているとしか言えまへん。

おっと、何やら現在(19時45分)、
ギリシャプロレスの交渉決裂という噂が飛び交っていることで荒れ気味ですが、
ユーロ圏市場を見る限り、ギリシャの債券は大して動いておらず
独仏等の高格付け国の債券が買われておりますので、
ガチンコではなく相変わらず真剣味の無いプロレスだということです(笑)
(株と債券が全て売られるならば、ガチンコですけど)

ということなので、海の向こうからの荒波リスクは依然として残っておりますので、
明日のスタンスとしては、週初に書いた通り、特に変更はありまへん。

しかしながら昨日も書いた通り、持ち越し短期勝負の方は、
先に述べた海の向こうからの荒波リスクを覚悟した上で、
精度の高い空売り比率等、足元の需給面を含む良好な国内環境を信じて、
シンプルに波乗りするのは自由でおます。
(ちなみに本日の空売り比率は依然として高水準な31.9%でおます(笑))

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。

 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
どうなるのか想像もつかない
IPOキム | URL | 2015-06-24-Wed 22:32 [編集]
お久しぶりです。こそっと見てますが・・・


この頃の相場は、ホールドで損はしませんが
何だかリスキーなので利益が出たら逃げる状態が続いています。
何だかんだでギリシャ破綻も相場に影響があるのか?無いのか?


で、結局材料が出たら暴落とか?
日々調整していますが、為替も微妙~
中国デフォルト長すぎですね~


投資はいつも難しいです。
私は肝臓が気になって血液検査を昨日してきました(笑)
有給を消化できましたけど(汗)
九州は雨ばかりでカビの繁殖が酷いですよ!
IPOキムさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-06-24-Wed 23:42 [編集]
> お久しぶりです。こそっと見てますが・・・

おひさしぶりですw

> この頃の相場は、ホールドで損はしませんが
> 何だかリスキーなので利益が出たら逃げる状態が続いています。
> 何だかんだでギリシャ破綻も相場に影響があるのか?無いのか?

年単位で腰を据える覚悟が無ければ、
現状は細かく刻むのが得策でしょうね。
ギリシャは結局、ユーロ圏各国の世論とそれを背負う政治家次第でしょうね。

> で、結局材料が出たら暴落とか?
> 日々調整していますが、為替も微妙~
> 中国デフォルト長すぎですね~

中国だけはわかりませんw
従って天災と同じで、パニックを起こさないように心構えだけをしておいて、
事が起きてから動くしかないですw

> 投資はいつも難しいです。
> 私は肝臓が気になって血液検査を昨日してきました(笑)
> 有給を消化できましたけど(汗)
> 九州は雨ばかりでカビの繁殖が酷いですよ!

私も身体が第一だと痛感しましたので、
くれぐれもお互い気を付けましょう。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.