不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
ネパールくんとバングラ食堂。
こんにちは。

英王女の誕生と名前発表のニュースばかり・・・
めでたいことではありますけど、そんなに大騒ぎすることなのでしょうかね。

マーケットの住人にとっては、7日に行われる英総選挙の方が気になります。
結果次第では英国がEUから離脱する可能性が高まり、
そうなるとギリシャのユーロ圏離脱という連想ゲームが拡がるだけでなく、
EUやユーロ圏の護送船団自体に亀裂が生じ始めますから、
進んでいる金融の一元化も滞り、ボロ船な国が漂流しかねないですからね・・・
まぁ、ここまで悪い方向へと事態が発展しないことを願うばかりです。

さらに同じニュースばかりと言えば、世界遺産登録・・・
これだけ乱発されると、ありがたみが薄れるだけでなく、
金で買えるのか?なんてことも思ってしまいます。
モンドセレクションやないねんからね・・・

ついでに同じニュースばかりと言えば、箱根の噴火するんじゃないか騒動も・・・

という具合に、どの局も同じ事ばっかりを報じているのにウンザリしながら、
鼻くそをほじりつつ、屁をこいてケツを掻きながら、
涅槃像スタイルでテレビを観る不毛なGWを過ごしているゴリラ野郎・・・

GW明けの完治を目指して、長きに渡る治療のラストスパートなので、
不毛であろうと仕方ないですけど・・・
普段はあまり気にしないのですが、ツイッターやブログを見ていると、
家族サービスや子供と楽しそうに過ごしている方達が、
ちょっと羨ましくも思えたり・・・(笑)

という余計なことも考えてしまうので、
昨日は久し振りに当ブログではお馴染みのバングラ食堂へ・・・

今さらですけど、改めてその食堂を説明すると、
バングラディシュ人がリーダーとなって調理を行い、サポートとしてスリランカ人、
接客としてバングラ野郎のワイフであるフィリピン人、
日本へ空手修行に来ている美しすぎるポーランド姉さん、
レジ係としてオーナーでもあり、唯一の日本人でもある、
半生ミイラ化した業突くババア(婆ちゃん)というイカれた・・・
失礼、変態な布陣を敷いている「和食」の飯屋です。

最近は多少のバングラテイストな料理も増えつつありますが、
他の日本人が切り盛りする食堂と比べても遜色のない和食の飯屋です。

ちなみに海外にあるインチキ日本料理屋ではなく、
国内のとある場所に存在している店なのですが、
今どきの食べログ等には載ってない隠れた・・・というより隠れている店です。
オーナーのバアちゃんの意向なのか、そういうのを嫌っているというか、
そんなものに頼らずとも、十分にやっていけるだけの固定客が多いので、
新規開拓をして店の雰囲気が壊れるのも嫌なのでしょうか・・・
この店以外にも、近所には情報系サイトに載っていない店は多いですから、
別に意外なことでも不思議なことでもないですけどね。

何より・・・悪く言えばウマくもなく、マズくもないというのもあるのでしょうけど(笑)

そういえば、最近知ったのですが、
かつてはとある超有名現役ベテラン野球選手が常連だったり、
最近は某ラグビー選手やなでしこの有名選手も来ておりますが
誰も騒ぎ立てないですし、店にはサインや写真があるわけでもないですから、
何より店員のインチキ外国人達は知らない・・・
というのもあって、居心地がいいのでしょうね。

やや前置きが長くなりましたが、なぜ久し振りに訪れたのかと言うと、
ここ数日、前触れも無く休業が続いていたので、
まさか倒産?オーナーの婆ちゃんがついにあの世からお迎えが来たのか?
バングラコックが金を持ち逃げ?不法滞在で逮捕(不法滞在ではないけど)?
なんてことを色々と頭の中で巡らせていたのですが、
最近は半年程前まで働いていたネパールくんが店に戻っていたので、
もしかしてネパールの地震が何か影響しているのかも・・・と心配していただけに、
毎日、店の前を通り、店が開いてるのかを確認していたところ、
ついに昨日、店が開いていたので、思わず飛び込んでしまいました。

店の扉の横にあるホワイトボードにはオススメメニューは書かれておらず、
いつもの「シ」と「ツ」が判別できない「ネパール支援ミッツョソ」という文字が・・・
そうです「ネパール支援ミッション」ということです。

そのヘンテコ文字の下には、
「お題プラス50円を寄付として頂きます。協力してね。」
「ガッポリ寄付も受け付けてるよ~!」

・・・

「お題」やなくて「お代」やろ!と突っ込んでいいのか、笑ってええのか・・・
ネパールくんのことが気掛かりなだけに、複雑な思いで店へとカチ込んでみると、

いつも通り、業突く婆さんが半生ミイラ化してレジの横で瞑想しており、
「こんにちは」と挨拶をするものの、
元祖ツンデレカフェは私だと言わんばかりに安定のシカト・・・

その日はバングラワイフが居なかったので、
フィリピンパブの様なタメ口挨拶はなく、美しすぎるポーランド空手姉さんが、
「マイド!オッス!」という道場テイストタップリな挨拶・・・
奥からはバングラ野郎が「イラサイマセースゥー・・・オッス!」
という年々謎の語尾が増える挨拶・・・

しかしながら厨房を覗くと、スリランカくんとネパールくんの姿が無かったので、
バングラ野郎にネパールくんのことを聞いてみると、
地震直後にネパールの実家へと帰ったそうです。

どうやらネパールの実家が地震の被害に遭い、
家族は全員無事だったのですが、家が全壊してしまったようで・・・
そしておじいちゃんが足を骨折しているのですが、
村自体が壊滅状態で死者も多く、首都のカトマンズから離れているせいもあり、
支援すらもほとんど届いていないので、病院に連れて行けるどころではなく、
副え木で固定しているそうです。

ちなみにスリランカくんは、
地震直後にインドで仕事をしているという伯父に連絡を取り、
空路でのネパール入りが難しいという情報を仕入れ(政治的な事情もあるそうで)、
ネパールくんと共に伯父のいるインドまで同行し、
陸路でネパール入りするという現地の人ならではの機転を利かせたようです。

しかも現在は伯父の手配で車を手配して、陸路で救援物資を運び、
ネパールくんのおじいさんよりも重症な村人をインドの病院へ運んでいるそうで、
ひとまずスリランカくんは、ネパールくんのおじいさんをインドの病院へ運ぶまで
もしくは政府の救援物資や支援が届くようになるまでは現地に留まるのだそうです
なにやらバイクや車を駆使して、すでに3往復しているそうで、
トラックは無免許だそうです・・・(笑)

それにしても同行するだけでなく、これだけの手配や支援をするスリランカくん・・・
バングラ野郎のサポートや七輪でサンマを焼くだけではない逞しさ、
そして多国籍な変態食堂の絆の深さに改めて感心しました。

他にもネパール地震のことは色々と聞いたのですが、
とにかく甚大な被害のようです。
ネパールくんの村よりも奥地にある村は、御存知の通り山深い国ですから、
陸路が遮断されている事で、普段は行き来のある村人すら来ないようなので、
情報が全く入って来ず、どうなっているのかすらもわからないとのことです。

ということもあり、オーナーである業突く婆さんも、
こういった地域の人達を受け入れて来たネットワークを駆使して、
支援に動いていたことで、店をしばらく休んでいたようです。

せっかくのGWに暗い話題にはなってしまいましたが、
再開されたバングラ食堂の雰囲気は、底抜けの明るさに変わりは無かったです。

そして業突く婆さんには、自動的に徴収される50円の寄付だけでなく、
同情するなら金をくれとばかりに財布から寄付をむしり取られてしまいました(笑)

最近はヘルシーゴリライフな生活を送っている事もあり、
ついつい食べ過ぎてしまうバングラ食堂へ行く頻度は減らしていたのですが、
こういう事情もありますし、GW明けには身体も完治しそうですから、
以前の様なペースで通おうかなと・・・

それにしてもあの業突く婆さんは一体何者なんやろか・・・
という興味が日に日に増していくばかりです。
ま、いっか。

引き続き、良いGWをお過ごし下さい。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。

 にほんブログ村 株ブログへ 


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

ミルマスカラス | URL | 2015-05-05-Tue 13:31 [編集]
モンドセレクションで思い出すのが「バターココナツ」。 結構美味しかったような記憶があるけど、まだあるのかなー。

あと子供のころ「サンレモ音楽祭」というのもインチキくさい、と思っていたけどあれはイタリアでは今でも開催されているちゃんとした音楽祭だと数年前知りました。イタリアにごめんなさいしておきました。
ミルマスカラスさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-05-05-Tue 13:50 [編集]
> モンドセレクションで思い出すのが「バターココナツ」。 
> 結構美味しかったような記憶があるけど、まだあるのかなー。

バターココナッツはまだまだ健在ですよ。
最近は食べてないですけど、大好物ですw

> あと子供のころ「サンレモ音楽祭」というのもインチキくさい、
> と思っていたけどあれはイタリアでは今でも開催されているちゃんとした音楽祭だと数年前知りました。
> イタリアにごめんなさいしておきました。

世界遺産は胡散臭くは無いのでしょうけど、
あまりに乱発されると、ありがたみが薄れてしまいますね。
そうですね・・・
Mokkunn | URL | 2015-05-05-Tue 18:29 [編集]
確かにそのばあさん、気になります。
なにものでしょうね?

そして、いつも・・・

曲のセレクト、ばっちりですネ。

私にジャストオンタイムなんですが・・・
おそらく私より一回りは若いと思いますが・・・

バンドでもやってたのかな?

いつも勉強させてもらっています。
ありがとうございます。
Mokkunnさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-05-05-Tue 21:36 [編集]
> 確かにそのばあさん、気になります。
> なにものでしょうね?

長年、気にもしなかったのですが、
最近やたらと気になるもので・・・w
当初は厨房にも立っていたりもしたのですが・・・謎ですw

> そして、いつも・・・
>
> 曲のセレクト、ばっちりですネ。

音楽はジャンル問わず、浅く広く聞いているだけなので、
知識はかなり薄っぺらいですw

> 私にジャストオンタイムなんですが・・・
> おそらく私より一回りは若いと思いますが・・・

精神年齢が成長してないだけで、
意外とおっさんですのでw

> バンドでもやってたのかな?

音楽には密接な仕事はしていましたが、
出る側でも何でもないですし、
趣味でバンドをやっていたこともなく、
運動だけという脳みそ筋肉男です。

> いつも勉強させてもらっています。
> ありがとうございます。

いえいえ、読んで頂きましてありがとうございます。
暗くないですよ
スイングマン | URL | 2015-05-06-Wed 07:31 [編集]
心温まると共に、改めてネパールの状況に再考を促す文です。

ミイラ婆さんの別の顔はとても気になりますね。
スイングマンさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-05-06-Wed 10:28 [編集]
> 心温まると共に、改めてネパールの状況に再考を促す文です。

聞いてみると、日本に居て耳にするネパール政府発信の情報とは大きく異なり、
かなり酷いようです

> ミイラ婆さんの別の顔はとても気になりますね。

恐らく婆さんというよりも爺さんが何者かだったのかなとは思いますw
ネパールくん
みずほ | URL | 2015-05-06-Wed 12:24 [編集]
ニュースを見ていると…、家族が助かって本当に良かったです。おじいさんの骨折も早く病院へ行けるといいですが。
村の人にはスリランカくんは救世主ですね。
救援も少しずつ奥地に行っているようですが、秘境ですよね。地図あるのかな。
ネパールくんに直接の支援をしたいと思ったら、バングラ食堂に行く以外できないのでしょうかね。
みずほさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-05-06-Wed 16:05 [編集]
> ニュースを見ていると…、家族が助かって本当に良かったです。
> おじいさんの骨折も早く病院へ行けるといいですが。

意外と奥地の村は、都市部程には亡くなっていないようだ・・・
とは言っておりました。
ちなみに最新情報では、病院へ運んだそうです。

> 村の人にはスリランカくんは救世主ですね。

自分が被災したならば、連帯感からも人の為に即座に動きますけど、
人の為にだけでのあそこまでの行動力には頭が下がります。
各国の支援チームよりも早く入っていたようですw

> 救援も少しずつ奥地に行っているようですが、秘境ですよね。地図あるのかな。
> ネパールくんに直接の支援をしたいと思ったら、バングラ食堂に行く以外できないのでしょうかね。

そうなりますけど、支援は色んな形がありますので、
みずほさんなりのやり方で支援してあげてください。
ちなみにスリランカくんはええとこの坊っちゃんだそうですw

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.