不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
今週はポロロッカとなるか・・・
おはようございます。

週末の状況としては、昨日の記事に書いた通りですが、
日本は10月安値の裏、欧州はSQ、米国は個人確定申告期限&SQ、
といった需給絡みのイベントを通過したところに、
ユーロ圏でのギリシャプロレス、米国での好悪入り混じる企業決算、
中国での空売り措置の拡大とシャドーバンク資金の規制、
さらにブルームバーグの障害なんてものも重なってしまい、
日米欧は商いの伴った株安、債券高(金利低下)となっております。

単純に先進国は、株安・債券高というリスクオフモードとも言えますが・・・

金融政策においては、
我が国は黒光り銀行(日銀)による横●ンユルフン(金融緩和)政策の真っ只中、
ユーロ圏もドラ銀(ECB)によるユルユルTバック(金融緩和)政策の真っ只中、
一方、米国はフンドシギューン(テーパリング)からの、
パンツ摺り上げ(利上げ)を視野に入れておりますので、
日欧の債券高は妥当と言えるものの、米国の債券高(ドル安)というのは、
やや金融政策とズレが生じており、ドル安で米株安も動きとしてはチグハグ・・・

そんな先進国の良からぬ動きの仲間入りをしようとしているのが、
パンツを摺り下げ(利下げ)ながら、株価が爆買いビンビンの中国でおます。
さらにドル安で原油安なんてことまで参戦することになると、
ポロロッカ(逆流)が発生してしまいます・・・

以上の通り、ポロロッカな兆しを感じる荒れ模様の週末を受けて、
今週は日出る国である我が国が、ほぼ一番乗りで迎え撃つことになります

ということを踏まえつつ、まずはいつも通り、今週のスケジュールからご覧下さい。
-------------------------------------------------------------------
国内海外
20(月)2月第三次産業活動指数(8:50)NZ1-3月期消費者物価(7:45)
3月白物家電国内出荷(10:00)独)3月生産者物価(15:00)
3月粗鋼生産速報(14:00)ユーロ圏2月建設支出(18:00)
3月コンビニエンスストア売上高(16:00)ギリシャ2月経常収支(18:00)
4月月例経済報告(17:40)米3月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)
TPP日米閣僚級会合(19-20日)ギリシャの財布が空になるとの噂の期限
黒田日銀総裁が訪米(16-20日)EU外相理事会
全国知事会議(16:00)欧州議会委員会会議
産経新聞前ソウル支局長公判上海モーターショー(20-29日)
仏中銀ノワイエ総裁講演(18:00)
ジグソー(3914)、公募価格決定コンスタンシオECB副総裁議会証言(22:00)
カナダ中銀ポロズ総裁講演(23:05)
(IPO)Hamee豪中銀スティーブンス総裁講演(25:30)
(決算) 7社(決算)IBM、モルスタ、ハリバートン
安川電機、メルコ、KOA、東天紅
いちごHD、フリークアウト、他
21(火)3月食品スーパー売上高(13:00)豪中銀金融政策会合議事録(10:30)
2月景気動向指数・改定値(14:00)香港3月消費者物価(17:30)
3月全国スーパー売上高(14:00)独4月ZEW景況感調査(18:00)
3月全国百貨店売上高(14:30)ユーロ圏4月ZEW景況感調査(18:00)
ユーロ圏14年政府債務(対GDP比)(18:00)
安倍首相がインドネシア訪問(21-23日)
 ※バンドン会議出席の為ハンガリー中銀政策金利発表(21:00)
靖国神社春季例大祭(21-23日)ヌイ欧州単一監督メカニズム議長講演(25:30)
与党安全保障法制協議(7:30)ギリシャが再提出する財政改革案を
閣議、閣議後会見 トロイカとギリシャが協議(21-22日)
衆参両院で国会同意人事案提示世界経済フォーラム東アジア会議(21-23日)
 ※森本日銀審議委員の後任人事案米TPA法案審議開始 ※上院
全国学力・学習状況調査中国変圧器大手、保定天威集団の
JR東海、山梨リニア実験線で、 社債利払い期日(約16億4800万円)
 時速600km走行に挑戦
(決算)
2市場信用取引残高(16:00)アムジェン、ベライゾン、ヤフー、デュポン
トラベラーズ、ノーザン・トラスト、VMウェア
(IPO)シーアールイーUテクノロジーズ、アンダーアーマー
クレディ・スイス、ヤム・ブランズ
(決算) 4社
東京製鉄、キヤノンMJ、ジャフコ、光世(休場)ブラジル
22(水)3月貿易統計(8:50)豪1-3月期消費者物価(10:30)
3月民生用電子機器の国内出荷(14:00)南ア3月消費者物価(17:00)
3月訪日外国人数(14:00)英中銀金融政策委員会議事要旨(17:30)
独政府、春季経済予想を公表(18:15)
安倍首相がインドネシア訪問(21-23日)米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
 ※バンドン会議出席の為ポルトガル2月経常収支(20:30)
靖国神社春季例大祭(21-23日)米2月FHFA住宅価格(22:00)
国会議員団が靖国神社参拝(8:00)ブラジル3月経常収支(22:30)
全国財務局長会議(10:00)米3月中古住宅販売件数(23:00)
川内原発再稼働差止仮処分判断ユーロ圏4月消費者信頼感・速報値(23:00)
米週間原油在庫(23:30)
プログラム売買状況(15:30)
独財務相と欧州副委員長会談(18:30)
(IPO)日本スキー場開発トルコ中銀政策金利発表(20:00)
メルケル独首相講演(23:30)
(決算) 6社ダイセルブルーム・ユーロG議長講演(24:00)
日本電産、JSR、中外薬、小野測器アジア・アフリカ会議(バンドン会議:22-23日)
小松ウオール。ボヤージュ ※安倍首相出席、演説
 ※日中首脳会談(予定)
世界経済フォーラム東アジア会議(21-23日)
ギリシャが再提出する財政改革案を
 トロイカとギリシャが協議(21-22日)
欧米6カ国とイランの核協議再開(22-23日)
ウクライナ大統領が訪仏
(決算)
クアルコム、TI、AT&T、ザイリンクス、ギリアド
フェイスブック、イーベイ、ボーイング
マクドナルド、コカコーラ、バンクオブNYメロン
チャイナモバイル、ペトロブラス
(休場)イスラエル
23(木)4月マークイット製造業PMI(10:35)韓国1-3月期GDP(8:00)
3月パソコン国内出荷(14:00)中国4月HSBC製造業PMI・速報値(10:45)
3月自動車大手の生産・販売・輸出実績シンガポール3月消費者物価(14:00)
仏4月製造業サービス業PMI・速報値(16:00)
安倍首相がインドネシア訪問(21-23日)独4月製造業サービス業PMI・速報値(16:30)
 ※バンドン会議出席の為ユーロ圏4月製造業サービス業PMI速報値(17:00)
靖国神社春季例大祭(21-23日)英3月財政収支(17:30)
ユーロ圏10-12月期政府債務(GDP比)(18:00)
対外対内証券売買契約等の状況(8:50)イタリア2月経常収支(18:00)
投資主体別売買動向(15:00)米新規失業保険申請件数(21:30)
米4月マークイット製造業PMI(22:45)
40年国債入札(12:45)米3月新築住宅販売件数(23:00)
米4月カンサスシティ連銀製造業活動指数(24:00)
(決算) 20社
JFE、芝浦、SPK、蝶理、京都きものプラートECB理事講演(16:45)
花王、パナIS、野村総研、オービックドムブロフスキス欧州副委員長講演(18:45)
サイバー、DNAチップ、BEENOS世界経済フォーラム東アジア会議(21-23日)
ボルテージアジア・アフリカ会議(バンドン会議:22-23日)
 ※安倍首相出席
米TPA法案、上院採決 ※早ければ
TPP12カ国首席交渉官会合(23-26日)
米5年インフレ連動国債入札(26:00)
(決算)
キャタピラー、GM、P&G、マイクロソフト
グーグル、アマゾン、ジンガ、バイオジェン
3M、ダウ・ケミカル、スタバ、パルト・グループ
ニューモント・マイニング、ニューコア
フリーポート・マクモラン
(休場)トルコ、イスラエル
24(金)3月企業向けサービス価格(8:50)独4月IFO企業景況感指数(17:00)
2月全産業活動指数(13:30)米3月耐久財受注(21:30)
気象庁3カ月予報(14:00)米石油掘削リグ稼働数
与党安全保障法制協議(7:30)ユーロ圏財務相会合(24-25日)
閣議、閣議後会見バンドン会議60周年記念式典
中曽日銀副総裁講演(12:00)TPP12カ国首席交渉官会合(23-26日)
アップルウオッチ発売ジョーダンSNB総裁証言(17:00)
仏露首脳会談 ※ウクライナ情勢を協議
4月権利付き最終売買日アップルウオッチ発売 ※日米欧中にて
(IPO)レントラックス、三機サービスシカゴIMM通貨先物ポジション
(決算) 46社(決算)
マツダ、三菱自、小糸製、エクセディGM、フリーポートマクモラン、ニューコア
富士通ゼ、アマノ、日本高純度、伊勢化アマゾン、ブロードコム、ステート・ストリート
キヤノン電、三菱鉛筆、コクヨ、建設技VISA、D.R.ホートン
カブコム、岡三、東洋証、GCA、ベクター中国銀行、現代自、POSCO
エムスリー、篠崎屋、千趣会、日本KFC
25(土)ユーロ圏財務相会合(24-25日)
TPP12カ国首席交渉官会合(23-26日)
エジプト人民議会選挙第2フェーズ在外投票
26(日)統一地方選挙(後半戦)第26回ASEAN首脳会議(26-27日)
安倍首相、訪米(4/26-5/3)TPP12カ国首席交渉官会合(23-26日)
アジアインフラ投資銀行(AIIB)の
 参加57カ国主席交渉官会合(26-28日)
エジプト人民議会選挙第2フェーズ在外投票
エジプト人民議会選挙第2フェーズ国民投票
カザフスタン大統領選挙

-------------------------------------------------------------------
見ての通り、今週は大きな経済指標が無いので、
まずは冒頭で書いた週末から続くポロロッカな動きと材料を軸に回りますが、
今週のピックアップすべきイベントも絡めながら話を進めて参ります。

★ユーロ圏

今週のユーロ圏でのピックアップイベントとしては、
支援協議が行われる週末のユーロ圏財務相会合まで続くギリシャプロレス
21日のZEW祭、23日のPMI祭といったところですので、
まず週明けとしては、週末から続くギリシャプロレスが中心となります。

昨日も書いた通り、本質的には大して気にする必要も無いのですが、
今のポロロッカモードに入ろうとしている局面では悪材料として格好のネタであり
実際に市場の反応としても、ユーロ圏各国は商いを伴った株安となっており、
イタリア等の南欧ナマクラ国は、株安と共に債券安(金利上昇)、CDS上昇・・・
というように、ギリシャ単独(株安、債券安、CDS急騰)での炎上に留まらず、
ついに飛び火しつつありますので、無視出来ない状況となっております。

そして飛び火も含めたギリシャプロレスは、
24日の支援協議までは収まる様なイベントも見当たらないので、
(ZEW祭とPMI祭には多少の期待もありますが・・・)
どなたかの要人発言にでも期待するか、
ユーロ圏以外の地域が好転しないことには収まらないという状況です。

従ってまずはギリシャの炎上よりも、飛び火している他国が収まらない限り、
今週のユーロ圏は、ポロロッカ(逆流)モードが継続すると見ておきましょう。

★中国

週末の空売りを始めとする措置を受けて、
世界的に材料視されたのはもちろんのこと、中国の先物も大幅安となっており、
週明けの中国市場の動きはどうなるのやら・・・

信用買い残は32兆円というバカ買い状態なので、
いくら債券と人民元、CDS、SHIBORが落ち着いている範疇と言えども、
さすがにいつ中国株がポロロッカ(逆流)となってもおかしくないです。

今週のピックアップイベントととしては、21日の保定天威集団の利払い期日、
23日のHSBC版製造業・PMI、26日のAIIB参加国の主席交渉官会合、
といったところなので、週明けからポロロッカが始まってしまうと、
食い止められるイベントは見当たらない・・・としか言えないです。

従って当局のサプライズか強権発動、爆買いの個人投資家がシカト・・・
というものに期待するしかない状態ですから、
今週はポロロッカが確実に収まらない限り、警戒モードで見ておくしかないです。

★米国

今週の米国でのピックアップイベントとしては、
22日の住宅指標、原油在庫、23日の新規失業保険、新築住宅、国債入札
24日の耐久財受注、石油掘削リグ稼働数といった経済指標もありますが、
何よりも今週は、先週末に悪材料視され、債券高(ドル安)にも関わらず、
株安の要因にもなった米企業決算が最も重要なイベントでおます。
今週は並み居る強豪達が決算を発表しますからね・・・

そして冒頭でも書いた通り、
米国はドル高による米企業業績の圧迫懸念がある中で、
週末は株価に追い風となるはずのドル安(債券高)だったにも関わらず、
商いの伴った米株安になっているということは、需給イベントの都合はあれど、
単純に米株に直結する企業決算が好悪入り混じる結果となったことが、
米株の重石になったと言えます。

来週以降の米企業決算がドル高懸念を吹き飛ばすほどの堅調な結果となれば、
ほんの一服で済むでしょうけど・・・
週末のような奮わない結果が続くと、次回の米企業決算(7月)まで・・・
とは言わないまでも、利上げ判断が明確になるFOMC(6月)までは、
調整が長引いてもおかしくないだけに、
週末の商いの伴った米株安、債券高、ドル安というのは厄介であり、
これが週明けも継続することになれば、調整が長引きそうですが・・・

ここに中国株の崩落だけでなく、ドル安にも関わらず原油安なんてことになると、
完全にマネーのポロロッカ(逆流)となってしまいます。

ということなので、今週の米国市場としては、堅調な企業決算にでもならない限り、
先週末からのポロロッカ(逆流)な流れは継続するでしょう・・・
せめて欧州や中国が落ち着かないとね・・・

★日本

週末の状況としては、10月安値の裏を迎えた事に加え、
今週から企業決算のラッシュを控えていることもあり、
欧米市場に先んじて商いの伴った株安となりましたが、
債券は黒光り銀行の金融政策通りの債券高を維持しており(ゴリゴリ過ぎるけど)
ギリシャ騒動が飛び火している欧州、債券とドルが金融政策通りの動きではなく、
好悪混在の企業決算と共に商いの伴った株安となった米国と比べると、
先進国の中ではポロロッカ(逆流)の動きとしては軽度ではあります。

週末に発表されたシカゴIMMの円売りポジについても、
先週よりも更に減少して23070枚という超超超低水準であり、
信用買い残もジュリアナ中国の様な爆買い状態では無く3兆円割れ、
高水準な空売り比率による買い戻し期待、
そして神の手(お上の手:日銀GPIF等)による需給のタイト化は継続中であり、
需給環境としては、約3.5兆円に積み上がっている裁定買い残以外は、
良好な状態に変わりは無いです。

マクロ面である経済指標についても、消費税増税による影響は底打ちしており、
所得面においても実質賃金はマイナスながら底打ちの動きが継続しております。

政策面においても、今週末からの安倍ちゃん訪米を控え、
(28日に首脳会談、29日に米議会演説)
TPPがついに妥結する可能性も高まっており(米議会でもTPA法案が提出)、
26日には統一地方選も控えているので、安倍ちゃんの政策期待は継続中です。
黒光り銀行の金融政策面においては、物価が足踏みをしていることもあり、
依然として30日の会合での追加金融緩和期待が継続しております。
(先日も書いた通り、個人的にはバズーカは無いと見ておりますが)

しかしながら、ミクロ面であり株価に直結する企業業績については・・・ちと疑問。
明日の安川電機を皮切りに、国内企業決算のラッシュが始まるのですが、
市場予想での15年度見通しが随分と楽観的・・・
最終的には増益になるでしょうけど、
決算との整合性が高い日銀短観の15年度純利益見通しが減益ということは、
今週から始まる決算においても、日本企業の伝統芸である、
保守的見通しが出てくる可能性があるということです。

恐らく短観と同様、想定為替レートを厳しく設定した上での見通しでしょうから、
最終的には増益になるだろうとみんな思っているでしょうけど、
保守的な見通しによって、数字上はEPSが低下し、割安感が薄れてしまいます。
海の向こうの資金力のある一部の人達にとっては、
いくら保守的であろうとも数字が重要ですから、
減益見通しのオンパレードになってしまうと、バリュー面での売り口実に・・・
まぁ先週末の米「株」と同じだとも言えます。

テクニカル面においては、NT倍率は縮小しており、
過熱感もやや薄れておりますが、収益面でもある遅行線が接近しつつあります。

以上の通り、国内環境としては裁定買い残が積み上がっていること、
企業業績の保守的予想懸念による割安感の薄れというのが重石程度なので
トータルで見ればまだまだ好環境であり、
かつてのバブル、昨年や一昨年の高値に比べれば、
テクニカル面、需給面、バリュー面においても過熱感はなく、
ファンダメンタルズは良好であり、政策面でのサポートもケタ違いであり、
今週は言っても統一地方選を控えており、30日の日銀期待もありますから、
大したポロロッカ(逆流)にはならないと見ておりますが・・・

ポロロッカ(逆流)が大きくなるのかどうかは、
今週から始まる国内企業決算と海の向こうのポロロッカな騒ぎ次第と言えます。
少なくとも現時点ではポロロッカな動きは収まっておりまへん。

ということなので、今週のスタンスとしては・・・

持ち越し短期勝負の方は、如何せん海の向こうが騒がしいこともあり、
せめて一昨日を上回る様な商いの伴った上げゴリラとならない限り、
今週はその日限りの勝負に留めておきましょう。
(10月安値期日と決算を通過したものは、リスクは低いでしょうけどね)

腰を据えて長期で構えている方は、長い目での明るい見通しに変わりはなく、
今週は下げたとしても、下値は限られているでしょうから、
よく見極めてから動いても遅くはないです。
シンプルに考えるならば、大商いでの下げゴリラが「連続」するか、
もう少し余裕を持つならば、3月安値割れにでもならない限り、
王者の風格で構えておけばいいです。

新興市場はマザーズ(三役好転)を含めチャート的には強くなっており、
週末は下げたものの薄商いですから、好転モードは継続していると見て、
引き続き勝負をしていけばいいでしょう。
今週は特に主力大型株が調整モードとなれば、新興には追い風となりますし、
そうなるとIPOラッシュも好影響をもたらしてくれそうですからね。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。

 にほんブログ村 株ブログへ 

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

ひよっしー | URL | 2015-04-19-Sun 19:34 [編集]
20000円を達成してからの調整
これってなにかわかりますかー?
伸びしろですねー

もっしー | URL | 2015-04-19-Sun 21:14 [編集]
こんばんは。ちまたでは、ドラギ金融緩和はもう出口なのかと話題で、ドル安、ユーロ高の流れですが、ユーロドルに関しては1.0割れはあると思いますが、いかがでしょうか?
ポロロッカ
つかさ | URL | 2015-04-19-Sun 23:15 [編集]
こんばんは
4/30日銀緩和期待&地方選挙 vs 日経2万円達成感&アメリカ一人勝ち疑問?
の綱引きみたいな神経質な動き(思惑)の4月ですね。
ポロロッカとはアマゾン河の逆流なんですね(新月満月におきる)。
勉強になります。
だとすると中国ではなくブラジルから起きるのでしょうかね。

中国は空売り規制緩和とともに更に預金準備率引き下げで相殺のつもりでしょうか。
追加緩和は世界中がやってるので珍しくないでしょうが、
立て続けだと逆に世界の工場の中国の景気減速が意識されそうですね。

サマンサ | URL | 2015-04-19-Sun 23:36 [編集]
私のちまちました株、
さっさと売ってしまえばよかった。
でも村田製作所をさっさと売ってしまったのがショックでそれ以降ネガティブになってます。
村田製作所を売ったのは家のフェンスが地震でか私が車庫入れでぶつけたのかいつ倒れてもおかしくないグラグラになっていたからその資金に。
でもいつも細々としたこと直してくれるおっちゃんにたのんだら四万円で済んだ。
売らなくても払えたなぁ
ひよっしーさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-04-20-Mon 00:05 [編集]
> 20000円を達成してからの調整
> これってなにかわかりますかー?

なにか理由が明確にわかるのであればいいのですがw

> 伸びしろですねー

確かに伸びしろではありますね。

つかささんへ
マーケット番長 | URL | 2015-04-20-Mon 00:14 [編集]
> こんばんは

こんばんは。

> 4/30日銀緩和期待&地方選挙 vs 日経2万円達成感&アメリカ一人勝ち疑問?
> の綱引きみたいな神経質な動き(思惑)の4月ですね。

なかなか海の向こうがスッキリしないだけに厄介です

> ポロロッカとはアマゾン河の逆流なんですね(新月満月におきる)。
> 勉強になります。
> だとすると中国ではなくブラジルから起きるのでしょうかね。

そういえば今日は新月でしたね。
自分で書いておきながら今気付きましたw
直近のブラジルは落ち着いてますけど、
まだ危ういですからね。

> 中国は空売り規制緩和とともに更に預金準備率引き下げで相殺のつもりでしょうか。
> 追加緩和は世界中がやってるので珍しくないでしょうが、
> 立て続けだと逆に世界の工場の中国の景気減速が意識されそうですね。

この時期に他国への迷惑を顧みない事は避けるとは思いますが、
どう出てくるのか・・・まずは明日がどうなるのやらw
もっしーさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-04-20-Mon 00:19 [編集]
> こんばんは。

こんばんは。

> ちまたでは、ドラギ金融緩和はもう出口なのかと話題で、

個人的には出口は遠いと見ておりますが・・・

> ドル安、ユーロ高の流れですが、
> ユーロドルに関しては1.0割れはあると思いますが、いかがでしょうか?

これだけは、そうなんですね・・・としかお答えのしようがないです。
サマンサさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-04-20-Mon 00:23 [編集]
> 私のちまちました株、
> さっさと売ってしまえばよかった。
> でも村田製作所をさっさと売ってしまったのがショックでそれ以降ネガティブになってます。
> 村田製作所を売ったのは家のフェンスが地震でか私が車庫入れでぶつけたのかいつ倒れてもおかしくないグラグラになっていたからその資金に。
> でもいつも細々としたこと直してくれるおっちゃんにたのんだら四万円で済んだ。
> 売らなくても払えたなぁ

それはまた、なんとお答えすればいいのか・・・
今回、大きく下げる事態となれば、
日本株は素直に大チャンス・・・とポジティブに考えておりますw

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.