不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
海の向こうも下げゴリラな週末。
こんにちは。

我が国では10月安値の裏を迎え、欧米市場ではSQを迎えた週末・・・
そんな需給イベントと相まって、中国、ギリシャ、米国からも、
タイミングを合わせたかのように、きっかけとなる材料が出て来たこともあり、
皆さん揃っての大幅安となっております。
(けしからんブルームバーグネタもありますけど・・・)

昨夜の状況は後述するとして、私の体重も4ヶ月で23kg減という急落・・・
50mを6秒台で走れそうなくらいに割安な状態です(笑)

とか言いながら、20数年来の友人と久し振りに会うと、
痩せたけど、23kgも減った様には全く見えないと・・・
服を買い替えていないというのもありますが、
いかんせん筋肉が削げ落ちてしまったから、
見た目以上に体重だけが減ってしまったということです。

11月に入院・手術をして以来、全く運動ができず、
ほとんど座ることも出来ない状態が続いているからなのでしょうけど、
ここまで筋肉が削げ落ちるとは・・・

さらにバックリと開いた傷口を開けっ放しで治療する為、
血糖値が上がると回復が遅れるということで、
糖尿病患者の様な食事を強いられていたのもあるのでしょうけど・・・

かつて骨折や脱臼で入院し、負傷個所だけが痩せ細ることはありましたけど、
全身がここまで痩せるとはねぇ・・・RIZAPの筋トレ抜き版のようです(笑)

というか、筋トレ抜きなのにRIZAP効果ということは・・・
なんやったらゴリライザップというジムでも開いてみようか・・・
「運動はするな」という胡散臭いキャッチフレーズで・・・(笑)
最近、格闘技界で流行っているドライアウトも取り入れながら・・・
アサイーもかなり先行して流行っていただけに当たるかも(笑)

ジム開きはともかく、すでにオープンしている傷口が完治して、
入院前のようなゴリゴリな食事に戻して筋トレを始めれば、
徐々に魅惑の冷蔵庫ボディには戻るでしょうけど・・・

すっかり胃袋も味覚も草食系になってしまっているだけに、
果たして戻れるのだろうか・・・(今の方が健康だという説もありますし・・・)

フィジカル至上主義・・・というか、フィジカル大前提人間な私としては、
もはや傷口よりも悩ましい問題となりつつあります。

まぁとにかく、完治するまではジタバタしても仕方ないですし、
あともう少しですから、今は治すことに専念するしかないです。


さて昨夜のマーケットですが、冒頭でも書いた通り、
需給イベントと悪材料が都合良く・・・失礼、都合悪く重なってしまっての荒れ模様。

ギリシャや米国ネタよりも
ついに中国ネタが出て来たのは嫌な感じです・・・

何やら当局が市場からシャドーバンクを介した資金の締め出しを打ち出し、
空売りの拡大措置を決定したことで、チャイナの先物が急落しております。

空売り絡みの措置については、今年に入ってから内容は違えど、
すでに3回目?となるはずですし(過去2回は特に混乱もありまへんでした)、
信用買い残が32兆円超え・・・という尋常ではない爆買い状態だったので、
今回の措置によって短期的には騒ぎになったとしても、
長期的な需給バランスと言う意味では、よろしいのではという気もしますが・・・
シャドーバンキングの件についても、長期的には健全化に向けた措置ですが、
爆買いの資金源でもあるだけに、こちらは需給面を含めてちと気掛かりです。

GDPもへったくれもない中国の爆買い個人投資家が今回も動じなければ、
過去の様に何事もなかったように収束しますが、今回はさすがにヤバいかも・・・

まぁこの国だけは、週明けの動きを見ないことにはわかりまへん。

そして懲りないギリシャプロレス・・・
事前に報じられていた通り、20日に財布が空になるんだそうです・・・
ギリシャ組の若頭(財務相)は否定している・・・だけでなく、
20日に財布が空になるのに、支援協議が行われる財務相会合は24日・・・
協議の叩き台となるギリシャ側が提出する財政改革案の中身について
トロイカとギリシャが擦り合わせするのが21-22日・・・

ほんまに緊急事態の際には、電話での臨時会合を開くくせにねぇ・・・

今回は日程的にもおかしいやろ!この前の満額調達できた入札分もあるやろ!
とツッコミたくもなりますが、いつもの通り、
守られたこともなく、あって無い様な謎のオカルト期限が飛び交っております。

何度も言うようですが、デフォルトしたところで何度目やねんちゅう話であり、
今回のデフォルトの規模は、前回よりも小規模であり、
すでに規模的にもハッキリしていることです。
5月のIMFへの返済期限というのも、1カ月の猶予期限があるし・・・

以上の通り、本質の部分では今さらでうんざりな話なのですが、
(逆に見ればギリシャはチャンス到来とも(笑))
昨夜の記事でも書いた通り、昨夜のユーロ圏市場はついに・・・、
ギリシャ市場の炎上(株安、債券安、CDS急上昇)は相変わらずなのですが、
各国の株価も商いを伴った大幅安となり、
スペイン、イタリア等の南欧重債務国が債券安に(金利上昇)・・・

本質的には今さらな話であろうとも、需給面での都合によるコジ付けであろうとも、
これまではギリシャの単独炎上に過ぎなかったのですが、
ついに飛び火の動きが現れており、やや本気モードではあります・・・
飛び火の動きが24日まで続くのか・・・
とにかく週明けのユーロ圏市場は、特に南欧ゴロツキ市場の動きに注意です。

そして昨夜の米国市場ですが、連日書いている通り、
ついに商いの伴った株安、債券高(米金利低下)、ドル安という厄介モードに・・・
(これに原油安まで本格化するようだと、さらに厄介であり逆回転が加速します)

欧州と同様、米国もSQでしたので、厄介モードへの本格突入と判断するには、
まずは週明けにも連続するのか次第ではありますが、
昨夜の消費者物価は利上げ前倒し観測を招く結果となり、
一方、他の経済指標は、昨夜を含め利上げ先送り観測を招く低調な結果ばかり、
昨夜の米企業業績は、一昨日までとは違って好悪混在の結果となり、
利上げ先送り観測を招きながらも、直結する株価には重石となったことで
先に述べた厄介モードになっております。

普通ならばトリプル安が最悪なのですが、
現在の米金融政策と米ファンダメンタルズを考慮すると、上記のモードが最悪・・・
せめて株安、債券安、ドル高、原油安ならば、
業績、経済指標、FRB関係者等の口車で何とでもなるのですが・・・

そしてテクニカル的にも米主要3指数は、持合いの上限を突破出来ず、
一気に三役逆転が視野に入りつつあります。
(日本と欧州は遅行線の下抜けが視野に入りつつあります)

以上の通り、海の向こうは需給イベントと悪材料がこじ付け・・・いや、重なり、
欧州、米国の両市場は本気の厄介モードでの初夜を迎えております
そこに最も厄介であると同時に得体の知れない中国も参戦しつつあります。

そんな海の向こうでの週末を前に、10月安値の裏を迎えて、
先んじて商いの伴った本気の下げゴリラを見せていた日本株ですが、
昨夜のシカゴ日経平均先物は19570円と更にゴリって帰って来ております・・・

とにかく国内外共に、需給の節目に絡んでの下げゴリラなので、
材料としての深刻度はやや怪しい・・・という希望も僅かにはありますが、
市場の動きとしては厄介モードでの第一歩を踏み出しており、
週明け以降も続くようだと・・・

まぁ、来週の展望は明日の記事で書きます。

さて、株価ではなく、急落した体重が心配だと言いながら、
今日もヘルシーな食事をしようと、女子力全開でヘルシーカフェにでも行こうかと・・
もちろんただのゴリラ男ですけどね。

引き続き、良い週末をお過ごし下さい。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
サゲゴリさん
ちえりすと | URL | 2015-04-18-Sat 17:40 [編集]
Mr.AsouとルーさんのAIIBへの参加見送り確認&G7の既存の法での透明性を、からのサゲゴリさん。
まさか日米の出資金から鬼が城等々の尻拭いしチャイナとか本気で???
なーんて怖い妄想がよぎっちゃいました。
ブルームバーグのシステム障害なんてのもあって嫌な感じのサゲゴリさんでしたね。



ちえりすとさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-04-18-Sat 19:32 [編集]
> Mr.AsouとルーさんのAIIBへの参加見送り確認&G7の既存の法での透明性を、からのサゲゴリさん。
> まさか日米の出資金から鬼が城等々の尻拭いしチャイナとか本気で???
> なーんて怖い妄想がよぎっちゃいました。
> ブルームバーグのシステム障害なんてのもあって嫌な感じのサゲゴリさんでしたね。

AIIBは参加しなくていいですけど、
日本株を牽引していたのは爆買い恩恵のインバウンドでもあるので
そこだけは心配ですね。
とりあえず良からぬ週末です。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.