不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
アテにならん反発。
こんばんは。

東日本大震災からもう4年ですか・・・
人生の中で衝撃的な光景として目に焼き付いているのが、
ど真ん中で被災した阪神・淡路大震災はもちろんのこと、
911テロ、そして東日本大震災ですから、4年前は株価が暴落しようとも、
呆然とあの衝撃的な光景をTVで視ているだけだったのを思い出します。

そして数日後も変わらずTVに釘づけになっていたら、
LIVEカメラに映し出される福島第一原発が水蒸気爆発を起こし、
キノコ雲が噴き上がり、愕然としておりました。

それにしても、当時は民主党が政権を握り、
震災直後はカバトット枝野くんがハードボイルドに襟を立てながら、
なかなかテキパキと采配を振るっているように見えたりもしましたが・・・
 (後に首も無いくせに襟を立てるとは・・・ではなく、
  非常事態にカッコつけて襟を立てるとは何事やと批判を浴びて、
  襟を元に・・・いや、襟だけに襟を正すことになってましたけど・・・)

まぁ見ての通り、カバトット枝野くんだけでなく、リーダーである空き菅を始め、
間違った采配をテキパキと振るっていただけで、
結果的に民主党政権だったことが傷を深くしたと言わざるを得ないです。

でも・・・いつも民主党批判をしている私ですら、
政権政党としてあれだけの経験をしたのですから、
多少なりとも民主党への期待もあったのですが・・・見ての通り右肩下がりです。

かといって、自民党政権だったら傷は深くならなかったのかと言えば、
阪神大震災も村山政権でしたから・・・意外と自民党もわかりまへんけどね。

そういえば今週末には各紙の支持率調査も出揃いますので、
やたらと悪化しているようだと、4月12日に統一地方選が控えている上に、
明日と明後日の衆院での集中審議で民主党がブーメラン覚悟で、
政治とカネ問題の自爆テロを懲りずに追及するようだと、
良からぬ思惑が走る可能性も無きにしもあらずか・・・
何だかんだ言っても日本株を牽引しているのは、安倍ちゃんマンであり、
支持率ありきですからね。

まぁとにかく一刻も早い復興を願うばかりであり、
電力会社という民間ではケツを拭くことが出来ない原発のあり方についても、
よく考えて頂きたいものです。
危険であろうとリスクがあろうと原発を使うのであれば、
せめて国有化して、リスクに対して国がケツを拭く体制を明確にしないとね。
ケツの拭けないことはやっちゃダメ・・・というシンプルな話だと思うばかりです。

ちなみに4年前は幸いなことに、震災を予知したわけではないですが、
バーナンキとガイトナーの発言で雲行きが怪しくなったこともあり、
震災前に撤退していたことで、暴落に巻き込まれることはなかったですけど・・・

以上の様な東日本大震災であったり、ライブドアショックであったり、
バブルの崩壊、ITバブル、リーマンショック等、手の付けられない株価の大暴落・・
とまでは言いませんが、ほぼ年に1~2度は株価が大幅安にはなります。

今年1度目の大幅安が、果たして現在進行形の株安から始まるのか・・・
それとも単なる一服で終わるのか・・・
連日書いている通り、現時点では後者だと思っており、
FOMC始め盛り沢山な18日まで・・・早くても週末までの一服と見ておりますが・・

さらなる先には4月12日に統一地方選、15日はECB理事会、
米国は15日が個人確定申告期限、中旬頃に米財務省の半期為替報告書もあり
4月中旬もイベント的な節目とは言えます。
これらの節目が悪い方に傾くと、今年一発目の大幅安への幕が開きますが・・・

ということもあり、本日の日本株は反発しておりますが、
調整モードは継続していると見ておいた方がいいでしょう。
 (昨日のトリプル安騒ぎはなんやねん・・・とも言いたいですけどね)

本日の売買代金も2兆2610億円と薄商いであり、
依然として現物は下げパワー優勢の展開が継続しております。
一方、先物は週初からのゴリゴリ商いが継続していることからも、
週末のMSQまでは、材料よりも需給のサジ加減で商いを伴って動くでしょうから、
薄商いの現物は巻き込まれざるを得ないです。

そういう意味では、本日引け後に発表された9日時点の裁定買い残が、
大きく減少していれば・・・と密かに注目していたのですが、
21.5億株と節目の20億株は上回っております。
明日発表される大幅安だった昨日(10日)時点の裁定買い残が、
大幅安と共に大幅に減少していると、MSQ通過後への期待も膨らみますけど・・・
明日の引け後に発表され、明後日がMSQなので、
明日の判断材料にはなりまへんけどね。

そして昨夜の米国ですが、相変わらず下げ局面で商いが膨らんでおり、
下げパワー優勢の状態が続いており、債券高にもかかわらずドル高・・・
という米金融政策の方向感がハッキリしないチグハグな動きも続いております。
やはり昨日も書いた通り米国は、金融政策の方向性が明確になるFOMCを始め
需給イベントも多い18日までは、チグハグな動きと共に調整モードが続くでしょう。

昨夜のユーロ圏は債券高(金利低下)、ユーロ安となり、
ドラギECBのOMT砲効果を示す動きですが、
株安となった昨夜のユーロ圏の株式市場は、米国と違って依然として薄商い・・・
下げのパワーが優勢に転じたとも言えず・・・

ギリシャプロレスも依然としてギリシャ単独での炎上に留まっており、
今夜からはトロイカ調査団がアテネ入りしますので、
いつか見た光景のように調査団を追い出したり、
調査団に向けてのデモや暴動が起きなければ、大した騒ぎにもならんでしょう。

ロシア、ウクライナも相変わらずです。
しつこいようですが、ブラジルのトリプル安とCDSの上昇は大丈夫なのか・・・
本日から新財務相が就任するようですから、
騒がれないまま沈静化することを祈るばかりです。

そして中国・・・全人代ではGDPの目標値を引き下げただけで、
未だにこれといった対策は出てきておりまへん・・・
本日発表された経済統計も予想を下回っており、
現在は全人代での政策期待がありますが、このまま何も出ず15日に閉幕すると
来週以降の中国がやや心配でおます。

以上の通り、海の向こうも考慮して考えると、
早くて今週末、妥当な線では来週18日までは(遅ければ4月中旬)、
調整モードが継続すると言わざるを得ないです。
なにやら先ほどドラギの講演があったせいなのか、
先物は堅調に推移しておりますけど、アテにならんと見ておきましょう。

ちなみに調整幅については、連日書いている通り、
現時点では一部のテクニカル的な加熱と先に述べた需給面での裁定買い残以外
国内環境が良好という状況に変わりは無いので、下値は限定的でしょう。

ということで、明日のスタンスについては、
週初に書いた通り、特に変更はありまへんので割愛します。
あ、新興市場については、依然として薄商いなので、くれぐれも御注意下さい。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
底値
| URL | 2015-03-11-Wed 20:04 [編集]
毎日必ず読んでます!さて、昨日の米国株式の激下げ時もCME日経平均先物は終始18500円台で推移しておりましたが(最安値は18500円)、これを見て、『お、かなり18500円は堅いな』と思いましたが、いかがお考えでしょうか?

toronⅡ | URL | 2015-03-11-Wed 21:36 [編集]
こんばんわ。いつも勉強させて頂いてます<(_ _)>。

震災から4年ですね。テレビでも色々特集をやっていますが、なかなか大変ですよね…故郷にもう一度帰りたいという方もいれば、怖くて海が見えないトコロ、海の無いトコロで暮らしたいという方も居られますし。

特に、人災ともいうべき原発事故からの復興は非常に長い道のりですよね。私も原発をベース電源の一つと考えるのならば、国営でないとダメだと思います。原油価格の下落で現状でも経済的な優位性も失われていると思いますし。
自然災害対策で多額のお金を積んで再稼働するよりは、万一事故が起こった時の補償を最低限この程度までは国が補償するってラインなどを地元と協議したりする方が…とは感じます。どんなに対策を立てても事故の確率を永遠にゼロにする事は勿論不可能ですし…
孫さんへ
マーケット番長 | URL | 2015-03-11-Wed 22:15 [編集]
> 毎日必ず読んでます!

ありがとうございます。

> さて、昨日の米国株式の激下げ時もCME日経平均先物は
> 終始18500円台で推移しておりましたが(最安値は18500円)、
> これを見て、『お、かなり18500円は堅いな』と思いましたが、
> いかがお考えでしょうか?

確かに需給面から見ると、18500円が下値というのは十分にあり得ますが、
日米欧の債券、為替、金融政策も加味すると、
2月の上げは無理があったとも言えますので、
週末か18日で調整を終えず、日柄調整が長引く事になると、
18000をコツン程度に割ってもおかしくないのかなとは思っております。
toronⅡさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-03-11-Wed 22:32 [編集]
> こんばんわ。いつも勉強させて頂いてます<(_ _)>。

ありがとうございます。
こちらこそ勉強さて頂くだけでなく、旅行記も楽しく拝見させて頂きました。

> 震災から4年ですね。テレビでも色々特集をやっていますが、なかなか大変ですよね…
> 故郷にもう一度帰りたいという方もいれば、
> 怖くて海が見えないトコロ、海の無いトコロで暮らしたいという方も居られますし。
>
> 特に、人災ともいうべき原発事故からの復興は非常に長い道のりですよね。
> 私も原発をベース電源の一つと考えるのならば、国営でないとダメだと思います。
> 原油価格の下落で現状でも経済的な優位性も失われていると思いますし。
> 自然災害対策で多額のお金を積んで再稼働するよりは、
> 万一事故が起こった時の補償を最低限この程度までは
> 国が補償するってラインなどを地元と協議したりする方が…とは感じます。
> どんなに対策を立てても事故の確率を永遠にゼロにする事は勿論不可能ですし…

そうなんですよね。
原発は電力の安定供給として優れているのは間違いないですが、
コスト面でも原発はすでに怪しいですし、かといって火力は天然ガスの輸入コストがと言いますが、
GDPで見れば呆れるほど小さな話ですからね。

そして何より民間では負えない責任が生じる事業は、国営にすべきですよね。
人体への影響は医者や学者すらもわからないようですから、それは置いといたとしても、
toronⅡさんがおっしゃる通り、住み慣れた町を奪われたりと、
何十人、何百人とかではなく、町単位で人生が狂わされ、
しかも未だに満足できる補償すらも出来てないのですからね。
やはり原発を使うのであれば、国が確実に補償するなり、
もしくは地元住民がリスクを負う事を承知しない限り、
使うべきではないと思うばかりです。

そして原発に反対すると放射脳と変態扱いされがちですが、
シンプルな責任論だと思うばかりです。
株価調整
しんじ | URL | 2015-03-12-Thu 00:36 [編集]
ここ最近の株価上昇に乗り遅れており、機会をうかがっています。調整局面はどこまで続くのか分かりませんが、一度大幅に下がってくれると、入りやすいので乗り遅れ組には助かります。
しんじさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-03-12-Thu 00:43 [編集]
> ここ最近の株価上昇に乗り遅れており、機会をうかがっています。調整局面はどこまで続くのか分かりませんが、一度大幅に下がってくれると、入りやすいので乗り遅れ組には助かります。

そう言う意味では、今週末で調整が終わらず、
長引いてくれた方が、結果的に値幅も大きくなるでしょうから、
喜ぶ人達も多いでしょうね。
やや下げると思っている人も増えつつありますけどね。
高等遊民とバブルのきざし?
つかさ | URL | 2015-03-12-Thu 01:08 [編集]
久々にお邪魔させていただきます。

年明けから復帰存じていましたがご無沙汰しています。
ブログの文面からは番長さん、もうすっかり全開モードのようで何よりです。

さて昨今「高等遊民」なるものが密かにはやってるとかはやってないとか
(ただの個人的なマイブームですが・・・)
バブルの兆しでしょうか?

以前どなたかにお答えになる形でとりあえず日経19000円と言ってた思いますが、
まさにその辺りまで来ての年度末と黒田バズーカから2周年。

わたくしの気がかりは、やはり「米金融政策」と「中国の動向」です。
全人大後も気になりますが、米金融政策に対する中国のアクション(人民元を含む)ですね。
スイスフラン騒動をみて何となくですがぼんやりとどこかで人民元相場の転換(為替政策の転換?)があるのではと危惧されます。

日銀の追加金融緩和期待はまだあると思いますが、
もし3度目の正直あるならば去年10月と同様FRBの動きを受けて(連携)と見ていますが、
会合予定をみますと、
FOMC4月28-29日   6月16-17日  10月27-28日    12月15-16日
日銀4月7-8日・30日 6月18-19日  10月6-7日・30日  12月17-18日
これらがFOMCの後に日銀予定がある月のようです。

日銀の追加緩和有る無しにかかわらず4月30日会合前後で一旦調整とかもありそうなんですけどね。
やはり今年もセルインメイでしょうか?

バブルが本格的にはじまるとしてもどこかで宿便らしきものを削ぎ落としてからの様が気がしています。
(すいません汚い表現で)

ではでは長文失礼しました。
つかささんへ
マーケット番長 | URL | 2015-03-12-Thu 09:12 [編集]
> 久々にお邪魔させていただきます。

お久しぶりです。

> 年明けから復帰存じていましたがご無沙汰しています。
> ブログの文面からは番長さん、もうすっかり全開モードのようで何よりです。

身体はすっかり元気になりましたが、
傷口がまだ開いたままなので、涅槃像スタイルでの毎日ではありますw
そしてまた仕上げというか、また切らなければならないんですけどね。

> さて昨今「高等遊民」なるものが密かにはやってるとかはやってないとか
> (ただの個人的なマイブームですが・・・)
> バブルの兆しでしょうか?

バブルな兆しの現象は散見されるようにはなってますね。
何よりマンションの乱立と売れ方がかなり目に付きます。
(マンション販売等のデータではなく、身近な生活実感です)

> 以前どなたかにお答えになる形でとりあえず日経19000円と言ってた思いますが、
> まさにその辺りまで来ての年度末と黒田バズーカから2周年。

年内には20000円に達しそうな勢いですね。

> わたくしの気がかりは、やはり「米金融政策」と「中国の動向」です。
> 全人大後も気になりますが、米金融政策に対する中国のアクション(人民元を含む)ですね。
> スイスフラン騒動をみて何となくですがぼんやりとどこかで人民元相場の転換(為替政策の転換?)があるのではと危惧されます。

スイスフラン騒動程度ならば・・・と思ってしまいますけど、
あの国は図体もでかく、人民元相場も含め、
迷惑を顧みないサジ加減な政策転換も自由自在な国ですからね。
私も中国はいつなのか・・・と言われるとわかりませんが、
怖いなとは思っております。

> 日銀の追加金融緩和期待はまだあると思いますが、
> もし3度目の正直あるならば去年10月と同様FRBの動きを受けて(連携)と見ていますが、
> 会合予定をみますと、
> FOMC4月28-29日   6月16-17日  10月27-28日    12月15-16日
> 日銀4月7-8日・30日 6月18-19日  10月6-7日・30日  12月17-18日
> これらがFOMCの後に日銀予定がある月のようです。

これまでも連携する時の日銀は「後の先(カウンター)」で動きますから、
FOMCでの文言削除、実際に利上げに踏み切る、
どちらのカウンターを取るかでしょうね。

> 日銀の追加緩和有る無しにかかわらず4月30日会合前後で一旦調整とかもありそうなんですけどね。
> やはり今年もセルインメイでしょうか?
>
> バブルが本格的にはじまるとしてもどこかで宿便らしきものを削ぎ落としてからの様が気がしています。
> (すいません汚い表現で)

現状では宿便が少ないと言わざるを得ないですが、
セルインメイなり、もしくはそれまでに一度は宿便を出す場面は来た方が好ましいですね。

> ではでは長文失礼しました。

いえいえ。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.