不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
久々の一服らしい一服、そしてどこまで・・・
こんばんは。

ふと・・・来週のスケジュールを見ると、
来週木曜(12日)の晩には米小売売上高、
来週末金曜日(13日)にはMSQ、15年度予算案通過(予定)、四季報発売、
ギリシャが3月2発目の借金返済日(3発目は週明けの16日)、
米債務上限引き上げ期限(厳密には15日)、13日の金曜日、
そして金曜ロードショーではジブリの「かぐや姫の物語」が放映されます。
大塚さん家の家具屋騒動も続いているだけに、タイムリーといいましょうか、
金曜ロードショースタッフの悪意さえ感じてしまいます(笑)

ちなみに再来週早々の16-17日には黒光り銀行会合(日銀金融政策決定会合)
18日にはFOMCを控えております。

ついでに言えば・・・
昨夜米議会で炎上したネタニヤフ首相率いるイスラエルの総選挙(17日)、
首の皮一枚状態の中国不動産開発会社佳兆業集団の償還日(18-19日)、
なんてものもあります。

そして今週は・・・
ユーロ圏において、明晩にはドラ銀会合(ECB理事会)が開催され、
ギリシャへの緊急流動性支援の継続と今月から開始する金融緩和の詳細が決まり
週末6日にはギリシャの3月1発目の債務返済日を控えております。

中国では昨日から始まった政協会議(3-13日の予定)、
明日から全人代(5-12日の予定)が開幕します。

米国では月初恒例の経済指標ウィークに突入しており、
今夜は前哨戦となるADP雇用、ISM非製造業、原油在庫、ベージュブック、
明日(5日)は新規失業保険と雇用の質関連指標、FRBがストレステスト結果発表
そして週末には大トリの雇用統計(他にも石油掘削リグ稼働数)、
来週の米債務上限引き上げ期限への前哨戦にもなる、
1週間延長された米安保省予算案の失効期限を迎えます。

どうやら来週15日の米債務上限引き上げ期限については、
米議会予算局曰く、10-11月まで財布が空になるわけでは無いとのことなので、
最悪、期限が延長されなくとも、かつての綱渡りの様な騒ぎにはならないでしょう

従って、今週末が期限の米安保省予算が失効したとしても、
お得意の政府機関閉鎖(安保省閉鎖)の騒ぎになるだけなので、
かつての閉鎖騒ぎと同様、市場への影響は軽微であり、
来週の債務上限引き上げへの懸念についても、
上記の通り、良からぬ疑念が台頭することもなさそうです。

ということなので、今週のヤマ場イベントとしては、
ECBのギリシャに対する姿勢がどうなるのか・・・(詳細は昨日書いた通りです)
そして週末の雇用統計といったところです。

来週については、現時点では13日の金曜日というか13日以降がヤマ場です。

これら以外にも、緊迫度を増している「ISILを含む中東情勢」、
ウクライナだけでなく国内でも反政府運動が起きつつある「恐ロシア」、
こっそりトリプル安が継続している「ブラ汁」・・・といったところです。

我が国については、連日繰り返し書いているので割愛しますが、
需給、ファンダメンタルズ、バリュー、金融政策、財政政策を含む政治面等、
国内環境は良好であり、長期的な明るい見通しに変わりは無いのですが、
テクニカル面を含む過熱感だけが短期的なリスクと言えます。

そして・・・そして・・・我らが日本株は、先週半ばから一服だと言い続け、
すっかりゴリラ番長からオオカミ番長(少年)と言われてもおかしくなかったのですが
(もちろん言い続けてたらアホでも当たるので、予想としては成立してませんが・・・)
ついに本日、一服らしい下げ幅となりました。
一服自体は週初からですけど・・・。

しかしながら、朝方は久し振りの急ビッチな商いの膨らみで、ヒヤっとしたのですが
徐々に商いが細り、終わってみれば売買代金は2.3兆円だったので、
下げのパワーが優勢に転じたとは言えず、パワー面でも健全な一服と言えます。

ちなみに新興市場については、
マザーズは上昇したものの、商いは昨日とほぼ同水準であり、
ジャスダックに至っては商いが減少しておりますので、
主力大型株が一服したことによる新興へのイナゴ(資金)循環とまでは言えまへん。

とりあえず新興市場については、材料を伴った局地的な物色はともかく、
シンプルに商いの伴った上昇に転じるまでは、慎重姿勢は崩さず、
その日限りの波乗りに留めるのが無難でしょう。

そして話を主力大型株へと戻しますと、パワー面での健全な一服だけでなく、
何より債券安(金利上昇)と共に株安(一服)となっていることも、
動きとしては健全でおます。

つまり、昨年及び一昨年の過熱相場では、
ラッスンゴレライな8.6秒バズーカならぬ黒田バズーカが撃たれている中、
それに反する債券安となっているにも関わらず、
先物主導でのゴリゴリ商いを伴った株高となる暴走モードとなりましたが、
今回は債券安と共に株安となっているので、健全な動きだということです。
おまけにメガバンコも下げてますから、まさに健全な一服の範疇と言えます。

もちろん債券安・株高が市場の健全なセオリーではあるのですが、
御存知の通りドーピング(金融緩和)真っ只中の我が国では(ユーロ圏も)、
株高・債券高(円安も)or株安・債券安がセオリーですからね。

そういう意味でも、後付けにはなりますが、
1月下旬~2月中旬までの債券安(金利上昇)局面での株高は、
無理があったとも言えなくもないです・・・
ただ・・・1月下旬のゴリゴリ過ぎる債券高(低金利)水準自体が、
まともだったのかと言えば、そうとは言えないだけに、
2月末の金利水準と同じ2月6日以降の債券安局面での株高が、
無理があったとも言えます(無理をしてレンジを抜けたとも言えます)。

まぁ米債が連動して動き、日米の金利差が縮小しなければ、
我が国の債券安の影響も軽微ですから、
一概に我が国の債券目線だけで株高に無理があるとは言い切れまへんけど、
一服局面での最悪パターンとしては(あくまで最悪です)、
2月迄のレンジ上限(17800~18000円付近)が下値のメドと見ておきましょう。

もちろん現時点では健全なガス抜きでの一服であり、
先にも述べた通り国内環境は良好であり、最悪パターンとはならず、
18000円を割らないと見てますけどね

一方、日柄的には、先にも述べた今後のイベントを考えると、
早くて週末の雇用統計、次が13日の金曜日、遅くても黒銀会合orFOMCでしょう。
FOMCまで掛かってしまうと、値幅的には最悪パターンになるかも知れませんが・・

というのが、懲りない目先の予想でおます(笑)
明日からまたしても、昨日書いた様に吊り天井を喰らうことになったら笑うしか・・・
というか、日本株の強さに敬意を表するしかないです。

しつこいようですが、長期的なポジティブゴリラ予想(明るい予想)に変わりなく、
やや気掛かりなのは、4月の統一地方選なのかな・・・という程度です。
何だかんだ言っても安倍ちゃんの政治が主導する相場ですからね。

最近、不毛な闘いで国会が空転しているのは、政治とカネの問題ですから、
まさかまさか安倍ちゃんが辞任・・・なんてことになった日にゃあ日本株は、
不謹慎ながら「辞任」やなくて「地震」・・・つまり311級の衝撃となり、
13日の金曜日もへったくれもないですからね。

そういう意味では、来週の衆院予算委での集中審議は注目かも(特に12-13日)
まぁ安倍ちゃんが辞任するなんてのは、極めて可能性の低い話ですから、
気にしないで下さい。
あくまで統一地方選への影響という意味で書いたまでです。

ということで、明日のスタンスについては、特に変更はありまへんけど、
繰り返しになりますが、少なくとも週末の雇用統計までは、
懲りずに一服とみておりますので、短期の目先勝負の方については、
持ち越し勝負は避けた方が無難です。

腰を据えて勝負している方は、先にも述べた通り、国内環境は変わらず良好なので
これまでのスタンスと同様、目先の一服にも動じず、シンプルに考え、
直近を上回る程の商いの伴った下げとなるか、18000円割れにでもならない限り、
王者の風格で構えておけばいいでしょう。

そして新興市場は上記に書いた通りでおます。

お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。

 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
一服
| URL | 2015-03-04-Wed 19:55 [編集]
ある程度下がらないと次の上げがないので、このタイミングで下げるのは良いです。でも、需給が悪くないので、価格調整より時間的な調整でしょうか(希望が入ってます)。今年中にはきっと2万円の大台を超えると信じていますので何もアクションは無いのですが…。
孫さんへ
マーケット番長 | URL | 2015-03-04-Wed 20:08 [編集]
> ある程度下がらないと次の上げがないので、このタイミングで下げるのは良いです。

ほんとにこのまましばらく調整してもらってもいいくらいですね。

> でも、需給が悪くないので、価格調整より時間的な調整でしょうか(希望が入ってます)。

先物はともかく、現物はそれなりに商いも伴ってて、腰が据わってますからね。

> 今年中にはきっと2万円の大台を超えると信じていますので何もアクションは無いのですが…。

2万円はいきそうですね。
恐ロシア
はっしー | URL | 2015-03-04-Wed 22:59 [編集]
番長こんばんは。
今日は気温も上がって心地よい感じでしたが、我がポートフォリオは心地よいとは言えず…。
さて、最近ロシアルーブルに着目しとります。ルーブルはかなり下落しましたが、これから先の展望について、番長はいかがお考えですか?さらなる下落、あるいはデフォルトもありえますか?
はっしーさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-03-04-Wed 23:25 [編集]
> 番長こんばんは。

こんばんは。

> 今日は気温も上がって心地よい感じでしたが、我がポートフォリオは心地よいとは言えず…。
> さて、最近ロシアルーブルに着目しとります。ルーブルはかなり下落しましたが、これから先の展望について、番長はいかがお考えですか?さらなる下落、あるいはデフォルトもありえますか?

結論を言えば、パクリ人民共和国と同様、ロシアはわかりませんw
情報が不十分な国であり、名ばかりの金融自由化とも言える国だけに
わかりようが無いと言った方がいいですかね。

ただ現状ではルーブルを含めトリプル安が続いており、CDSも上昇しております。
そして経済制裁は来週・・・いや近々更に追加されそうですから、
それで出尽くしとなればいいですけど・・・
ああいう国はメンツが第一ですから、ウクライナ問題もまだ安心できないです。
様々な目線から、記事を書かれているので、
非常に読みやすく誰が見てもわかりやすい表現など、
今後も面白く、共感出来る更新楽しみにしています。

TJサポートデスク 三島
TJサポートデスク 三島さんへ
マーケット番長 | URL | 2015-03-05-Thu 10:19 [編集]
> 様々な目線から、記事を書かれているので、
> 非常に読みやすく誰が見てもわかりやすい表現など、
> 今後も面白く、共感出来る更新楽しみにしています。
>
> TJサポートデスク 三島

ありがとうございます。
期待に応えられるよう精進します。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.