不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
バブルの扉の開く音が聞こえるジュリアナ東証・・・
こんばんはです。

greece4.jpg
greece3.jpg

なんで唐突に絶景写真かと言うと、人気ブログランキングでの私のブログ画像が
昨日の記事に張り付けた「とにかく明るい安村」の全裸の様な写真となっており、
変態と間違われても嫌なので、それを上書きする為に絶景写真を貼りました(笑)
ちなみに絶景写真はギリシャですけどね。

さてギリシャは置いといて、本日の我が国ですが、
ついにサラリーマンがショックを受けた(投資とは無縁の友人談)・・・ではなく、
リーマンブラザーズが破綻したリーマンショック前の高値を抜き、
ITバブル以来となる14年9ヶ月ぶりの高値となりました。
何やら第一次安倍政権の高値を超えたというのもあり、
ABE新ゾーンなんてことも言われており(なかなかウマイでんなぁ)、
ついにバブルの扉が開いたのか・・・と言える水準でおます。

やはり柔道の篠原がスポーツキャスターではなく、
タレントとしてブレイクしているくらいですから、
キワモノ・・・失礼、個性溢れるキャラがブレイクするというアノマリーからも、
やはりバブルの扉が開いたのか・・・
(それにしても人生とはわからんもんですなぁ・・・彼の健闘を祈るのみです)

プロレスも天龍源一郎が引退を決断するほど、
熱を取り戻しつつあるということですから、これまたバブルの扉が・・・

肝心の格闘技の熱も徐々には回復しております。
ついに堀口という日本人選手が、総合格闘技のメジャー団体UFCにおいて、
世界タイトルに挑戦することになりました!

話がやや逸れてしまいましたが、本日の売買代金は2.5兆円と活況が続いており、
親分米国を始めとする高値圏にある先進国は薄商いが続いていることをよそに、
我が国は東の外れで別世界の動きをしており、
ジュリアナ東証は本日も営業中でおます。

一方、先物は他の高値圏にある先進国と同様、薄商いが続いており、
他の先進国も含めて、不気味さを感じたりもしますが・・・
単純に現物での日本買いでしょう。

昨日の黒光り銀行会合と黒光りおじさん会見(黒田日銀総裁)を経て、
不気味だった債券安(金利上昇)には歯止めが掛かったにも関わらず、
(FOMC議事録を経ての米債高というのもありますが・・・)
債券安を追い風に買われていたメガバンコ等はゴリゴリの堅調を維持しており、
債券安頼みから脱却というか、先行きの明るさを見込んだ動きを見せております。
単純に出遅れ修正もあるでしょうけど、債券安をものともせずに
このままメガバンコを始めとする金融株の上昇が続くと、まさにバブルへの扉が・・・

おまけにメガバンコの堅調ぶりと共に、TOPIX主導の押し上げとなることで、
NT倍率も低下し、しかも現物主導ですから、中味の濃い展開でおます。

そして日本買いのニューマネーを含む現物のゴリゴリパワーによって、
「技は力の中にあり」相場にもなりますので
これまでの積み重ねで織り成されたテクニカルや需給等は、
力に呑み込まれてもおかしくはないと言えます。

需給環境自体も、裁定買い残、円売りポジ、信用買い残、空売り比率、
そして神の手(日銀、GPIF等)、3月の配当物色もありますから、
良好な環境に変わりは無いですが、
テクニカル面については、過熱している部分が一部ではあるものの、
先にも述べた通り、技は力の中にありでおます。
騰落レシオも高水準とは言え、チャート自体がレンジを上抜けてますからね。

そして繰り返しになりますが、不気味な債券安(金利上昇)にも歯止めが掛かり・・・

いやぁ国内に関しては・・・いいですなぁ・・・と言わざるを得ないです。

最近の日本株の別世界な動きを見ていると、
海の向こうのリスクすらも関係ない日本買いのようにも見えますが、
不気味な債券安(金利上昇)が落ち着いているのは、
アメリカ親分が昨夜のFOMC議事録を機に、
手の平返しな利上げ観測の後退(米債券高(米金利低下))を招いたこともあるので
プロレスと化しているギリシャはともかく、アメリカ親分は無視できまへん。

ちなみに昨夜のFOMC議事録は、雇用統計発表前のものですから、
来週に半期に一度の議会証言に立つイエレンおばさん(FRB議長)が、
「イヨォォォーーー、ポン♪ ポン♪ ポン♪ 」
と鼓を鳴らしながら手の平をさらにひっくり返しながら登場し、
雇用統計を加味しての利上げに前向きな発言を行い、
再び米債券安に転じてもおかしくないですからね。

ということもあり、金融政策(米債券)の方向性がイマイチ見えまへん・・・
米株の薄商いついてもこれが原因とも言えます(それにしてもSQ前やのになぁ・・・)

そして昨夜の米株の動きを見る限り、議事録の発表後に戻していることからも
相変わらず利上げ観測の後退を好感すると言う御都合解釈も機能しているので、
米国はさほど心配はしておりまへんが、我が国が株価だけの暴走にならず、
債券と共に健全な株高となってバブルの扉を開く為には、
やはり米債(金融政策)の動きが鍵となります(もちろんドルも)。

今夜の米国では2つの先行指標、新規失業保険、30年債入札、
ウォルマートとニューモントマイニングの決算、テロサミットの最終日、
初公開となるECB理事会議事録、
明日はTV初放映となるジブリの「風立ちぬ」、ユーロ圏のPMI祭、
米石油掘削リグ稼働数・・・そして米SQではありますが、
米国に関しては来週のイエレンおばさんの議会証言が、
金融政策の方向性を占うヤマ場となりそうです。

あ、すっかり忘れておりましたが、冒頭の絶景写真にもある通り、
観光地としては美しく、神話の国としても歴史のあるギリシャですが、
もうええかなとも思うのですが・・・一応、昨日も動きがあったので触れておきます。

昨日のECBによるギリシャ銀への緊急流動性支援の協議については、
試合を引っ張るジョー樋口のカウント2.9の攻防のように協議が長引き、
結局は支援枠の拡大・継続で決着・・・独が反対しているとか報じられてましたが、
繰り返し書いている通り、ECBの国債買取という財政支援はともかく、
ギリシャ銀への緊急流動性支援という金融支援は、
ユーロ圏の銀行監督権がECBへ移り、金融がほぼ統一されている現在では
やらざるを得ないのですからね・・・
それこそ拒否するなんてことになると、ユーロ圏は金融すらもバラバラなのか・・・
ということになり、別の懸念が台頭しかねないですからね。

そして20日が期限だと公言している(すでに16日から変更済)、
トロイカ支援プログラムのギリシャ側からの延長申請・・・
前回のギリシャ危機のように、結局は現行の支援自体の期限である2月末まで、
申請期限もジョー樋口のカウント2.9の様に引っ張ることになるでしょう・・・
ほんまにウンザリするしょっぱいプロレスが続いております。

お互いに譲歩してしまうと、それぞれの国へ帰れば国民が黙っていないこともあり、
ギリギリまで譲歩しない姿勢をアピールせざるを得ないのでしょうけど・・・
観客(マーケット)はうんざりしつつあります。
本日に至ってはすでに忘れられている感もありますけどね(笑)

いっそのことジョー樋口のもう一つの定番である失神によるノーコンテストとなり、
ギリシャがデフォルトした方がスッキリすると思うばかり・・・
さすがにギリシャはタイガージェットシンばりの売れ(憂れ)っ子悪役レスラーなので、
ユーロ圏プロレスから離脱と言う事態にまで発展するとマズイですけど・・・

以上の通り、ギリシャプロレスは少なくとも月末まで続きそうですが、
これが原因で下げれば、押し目のチャンスと言う程度に見ておけばいいです。
アメリカ親分については、堅調という見方に変わりは無いものの、
焦点である金融政策の行方は、来週のイエレンおばさんの議会証言次第となり、
米株の商いが戻るのもそれ以降と言えそうです。

そして我が国は、国内環境が良好という状況に変わりなく、別世界なのですが、
親びん米国の方向性が見えるまでは、債券の動きと海の向こうネタによって、
目先だけの一喜一憂はありそうです。
一憂で下げれば、いい押し目だと言う程度に見ておけばいいですけどね。

ということで明日のスタンスについては、特に変更はありまへんが、改めて書くと、
長期勝負の方は、腰を据えて勝負していればいいので、
これまで通り変わらず、王者の風格で構えておきましょう。

短期勝負の方についても、基本的には持ち越し勝負でいいのですが、
海の向こうでの目先の騒ぎで下げたところを狙うのが無難ではあります。

新興市場については、局地的な賑わいはありますけど、
主力大型株の見通しが明るいこともあり、依然として薄商いが続いております・・・
IPOも活況のきっかけにはなりまへんでしたので、
東証1部が3兆円を越えるほどの商いとなって、
新興も巻き込むイナゴの循環が始まらないことにはねぇ・・・と言う感じでおます。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。

 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

イナカモン | URL | 2015-02-20-Fri 21:15 [編集]
売れっ子悪役タイガージェットシンと同様、ギリシャも本当は紳士的なんですかね!
おかげさまでTJシンの大ファンになりました。ありがとうございます。
イナカモンさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-02-20-Fri 21:49 [編集]
> 売れっ子悪役タイガージェットシンと同様、ギリシャも本当は紳士的なんですかね!
> おかげさまでTJシンの大ファンになりました。ありがとうございます。

みんながギリシャは根っからのヒールだと思っているということは、
TJシンのようにプロのヒールなのかも知れないですねw
ギリシャもサーベルで刺すのではなく、
柄で殴って頂きたいものですw

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.