不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
「安心して下さい、穿いてません」 とにかくゆるい黒田
こんばんは。

本日は商い(2兆8050億円)も伴っており、油(原油)も上げており、
あぶらぎったバブル時代の象徴とも言える・・・そうです・・・

ジュリアナァァァーーー東証ォォォーーー!!!
ン、GO♪ ン、GO♪ ン、GO ♪ ウホ♪ ウホ♪ ウホ・・・誰がゴリラやねん!

いやぁとにかくゴリゴリとお強ぉございました。

だけに・・・黒服ならぬ黒田総裁が余計なことさえ言わなければ、
我が国の金融政策にそぐわない・・・
というか、過剰気味だった債券安にも歯止めが掛かるでしょう。

しかしながら本日の動きを見ればわかる通り、
債券安(金利上昇)を追い風にした金融株によって押し上げられているだけに、
黒ダヌキ会見をきっかけに、再びゴリゴリ過ぎる債券高へと戻ってしまうと、
金融株等が失速することになりますので、昨日も書いた通り、理想的な展開・・・
つまり米国が昨夜の様に株高・債券安を維持してくれれば、
(先週から続く米株の薄商いは、かなり気掛かりではありますが・・・)
動きとしては、我が国にとって理想的な米国の動きなので、
我が国が債券安(金利上昇)になろうとも、金利水準自体が引き上げられており、
日米金利差の縮小にも繋がらず、債券安が嫌気されるリスクは低いです。

そうなると、債券安(金利上昇)恩恵セクターの堅調ぶりも継続し、
TOPIX主導で押し上げられるという健全な姿となり、
ジュリアナ東証も限定オープンでは無く、
本格営業への道が開かれることになりますからね。

そういう意味では、理想的で健全な展開となるには、
やはり米国が利上げ観測に対して耐久力(株高・債券安)を見せられるか次第・・・
ということです。
もし理想的にならなくとも、いつも書いている通り、
一昨年と昨年の様に債券安を無視したまま、
先物主導(先物買い・円売り)で暴走する短命相場となる可能性も残っているので、
いずれにせよ目先に関しては株高でしょうけどね。

ということを踏まえつつ、本日は黒光り銀行の金融政策決定会合が開かれ、
引け後には真打ちの黒ダヌキが登場・・・

tonikakuakarui.jpg

!!!

tonikakuakarui1.jpg

「安心してください、はいてます!」

・・・

くだらな過ぎるのが面白く、
最近のお気に入り芸人でもある「とにかく明るい安村」ではなく、
異次元なユルフン(金融緩和)政策をぶっ放し、黒服を着ているどころか、
もはやユルフンではなくフルチンとも言える「とにかくゆるい黒田」・・・

本日開催された金融政策決定会合でフルチン姿勢を維持せず、
黒ちゃんがブーメランパンツを穿いて、ハシゴを小脇に抱えて会見場に現れ、

「安心してください、はいてますよ!」

なんて安心できない渋チン姿勢を見せることに・・・なんてことにはならず、

これまで通りのハミ金、横チン状態のユルフン姿での登場となりました。

そして最も気掛かりだった先週末にプチパニックを起こしたあの馬鹿げた噂・・・
そうです、日銀内で金融緩和効果が限定的だという見方があるとの噂については、

「安心してください、効果はありますよ!」

とキッパリ否定してくれたことで、
我が国単独での過剰な債券安(金利上昇)懸念は払拭されたと言えます。
会見後の債券についても、債券安へ振れることなく落ち着いております。

さらに追加ユルフン(金融緩和)についても、現時点では必要ないと言いながら、
物価目標の達成が困難な状況となれば、

「ちょっちゅなく(躊躇なく)、金融政策の調整を行うさ~」

と言ういつもの具志堅ギャグを連呼しておりましたので、
追加ユルフン(金融緩和)に対する姿勢も変わりなしということです。

とにかく、本日の金融政策決定会合&「とにかくゆるい黒田」のコント(会見)は、
先週末の馬鹿げた噂を裏付けるようなことにはならなかったので、
ひと安心といったところです。

あとは米国が株高・債券安を維持してくれさえくれれば、
ジュリアナ東証の本格オープンに向けて進むことになりそうです。

え?ギリシャは?

もちろん目先というか短期的な波乱要因にはなるでしょうけど、
昨日も含めて連日書いている通り、ユーロ離脱という事態とならない限り、
目先の乱高下に右往左往せず、王者の風格で構えておけばいいです。

今夜決定されるECBの金融流動性支援についても、
昨日も書いた通り、支援の継続を決定する・・・
というか、続けざるを得ないのですからね。
おまけにギリシャがトロイカ支援についても受け入れるとの観測も浮上しており、
それはそれでよろしいことですし、拒否してデフォルトになろうとも、
大した額では無いので、何度も言いますが信用不安にはなりまへん。

ちなみにユーロ圏市場は、ギリシャ市場だけが凹んでいるだけで、
他国への飛び火も見られまへん。
強いて言えばイタリアとスペインの債券とCDSがやや不穏な動きという程度なので
ギリシャ、イタリア、スペインの各市場を横睨みするくらいでいいでしょう。

じゃあロシアは?

これも昨日書いた通り、ほっとけばいいです。
気掛かりだった経済制裁合戦によるユーロ圏経済への未知数な影響についても、
直近のユーロ圏の経済指標を見る限り、ほぼ影響が見当たらなくなっているので
未知数な不気味も払拭され、影響は限定的と言える状態になっております。
同時に市場の反応についても、ロシア市場単独の騒ぎが鮮明化しておりますので、
まさかの米軍、NATO、国連等の参戦、ロシア軍が堂々と侵攻するとならない限り、
ほっとけばいいでしょう。

じゃあISILを含む中東情勢は?

これだけは・・・現時点では中東諸国市場を始め、
マーケットには緊張感がありまへんので、ほぼ私の戯言に近いのですが、
連日書いている通り、依然として火薬の匂いが強まっているとしか思えないので、
昨夜から始まっているテロサミットの閉幕(明日)と共に米軍主導で動くのか・・・
それとももう少し後なのか・・・とにかく火薬の匂いがします。

しかしながらかつての中東の騒動と同様、影響は短期的なものでしょうし、
今では原油高という皮肉な恩恵ももたらされるでしょうから、
あくまで目先の波乱要因と言うだけです。

親分アメ公については、これまた連日書いている通り、
利上げ観測に対する耐久力を見せられるかが焦点です。
繰り返しになりますが、昨夜の米国市場の動き自体は、
耐久力を見せているのですが、いかんせん先週からの薄商いが継続したまま・・・
これだけがかなり不気味です。

今夜を含む今後の米経済指標が、
先週末の小売売上高を始めとする直近のイマイチな経済指標を払拭して、
先々週末の堅調だった雇用統計に準ずる結果となるまで・・・
もしくは今夜のFOMC議事録、来週のイエレンおばさんの議会証言を確認するまで、
おっかなびっくり感のある薄商いが続くのか・・・

いずれにせよ、それまでは悲観に傾くこともないでしょうし、
利上げ観測が後退することになっても、低金利の継続と言うのは、
米国市場にとってはやさしい政策という御都合解釈が出来ますので、
大して心配することはないです。

そして我が国は、先に述べた理想的な展開となるには、
親分米国が利上げ観測への耐久力を示し(商いの伴った米株高・債券安)、
我が国の債券安を呑み込んでくれるかどうか次第ですが、
理想的な展開でなくとも、連日書いている通り、
ファンダメンタル、需給、バリュー、テクニカルだけでなく、
本日で懸念が払拭された金融政策も含めると、
国内環境は良好と言わざるを得ず、海の向こうに目先の波乱要因がある程度です

ということなので、明日のスタンスについては特に変更はありまへんが、
改めて書きますと、長期勝負の方は、腰を据えて勝負していればいいので、
これまで通り、王者の風格で構えておきましょう。

短期勝負の方についても、基本的には持ち越し勝負でいいのですが、
海の向こうでの目先の騒ぎで下げたところを狙うのが無難でしょう。

そして相場を牽引してきた銀行等の債券安(金利上昇)恩恵セクターについては
先にも述べた通り、米国次第(米株高・債券安の維持次第)です。
理想的な展開となればいいのですが・・・今のところそういう動きにはなってます。

新興市場については、局地的な賑わいはありますけど、
主力大型株の見通しが明るいこともあり、依然として薄商いが続いております・・・
本日のIPOも活況のきっかけにはならず・・・
東証1部が3兆円を越える位の商いとなって、
新興を含めたイナゴの循環が始まらないことにはねぇ・・・と言う感じでおます。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。

 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
笑える!
石川県の女子 | URL | 2015-02-18-Wed 20:59 [編集]
毎日、拝見しています。今日の内容には笑った!
ジュリアナ東証~(^^)d

うましっ!
石川県の女子さんへ
マーケット番長 | URL | 2015-02-18-Wed 21:48 [編集]
> 毎日、拝見しています。今日の内容には笑った!
> ジュリアナ東証~(^^)d
>
> うましっ!

ありがとうございます。
できるだけ専門用語や小難しいことは省きつつ書いてますので
そう言って頂けると・・・嬉しすっ!

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.