不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
早寝、早起き、早飯、早グソvsロハスの小競り合い・・・
こんにちは。

マーケットはすっかりオイリー(原油が反発)ですが、
私はノンオイリーな食生活を続けていることで、体重も随分と減り、
久し振りに胸囲を測ってみると、なんと125cmのAカップという貧乳に・・・
胸囲だけに脅威的なサイズダウンです。
さすがに運動が出来ないままだと、何だか急速に筋力も落ちているようで、
違和感を感じてしまいますが、ウエストも胸囲ほどでは無くとも減っているので、
腹は出ない様に冷蔵庫ボディはキープしておりますが、
改めて腹の出たおいさん体型になるのは、簡単なのかなという脅威も感じます。
とにかく今はすっかりゴリゴリ君がガリガリ君になっております。

(どこがガリガリやねんという声は無視して)

ということで、わけのわからんバングラ食堂やゴリゴリクッキング(自炊)ばかりでなく、
たまにはおいしいもんでも食おうかと思い、
かといって、ゴリゴリステーキハウスというのもさすがに胃が受け付けないので、
前から気になっていた・・・
店先で有機野菜売ってますけど何か?ハーブは自家製ですけど何か?
どこの国のものかわからない得体の知れん民芸品も売ってますけど何か?
宗教ではないですけど何か?マクロビですけど何か?オーガニックですけど何か?
ロハスですけど何か?・・・もうええって?じゃあ行くなよっていう話ですけど、、
そんな感じのレストランへ、対極のように見えるゴリゴリ野郎が訪れると、
化粧っ気のないナチュラルなお姉さんが、

「何名様でしょうか?」

「一頭です・・・誰がゴリラやねん!」と言うはずもなく、
「ひとりです」と答えると、笑顔で店の奥へと案内されることに・・・

この店は間口が狭いこともあり、店内の様子がわかり難かったこともあったので、
興味津津だったのですが、店内へ案内されてみると、
お洒落だとかロハスな雰囲気とかはもはやどうでもよく、いるわいるわの女子達・・・
男はカップルで来ている数人がいるだけで、
男一人での殴り込みという勇者は私だけ・・・

しまった・・・と思ったものの時すでに遅く、
お花畑に迷い込んだゴリラの様に浮きまくりの状態に・・・
思わず男子1割、女子9割というクラスに放り込まれ、席の四方も女子に囲まれ
馴れるまでしばらく時間を要した高校2年の春を思い出しました。

そんな状況と言うのもあり、日頃から恩師に教えられた王者の風格も吹っ飛び、
檻の中からウ●コを投げる動物園ゴリラの様にそわそわと落ち着かない状態に・・・

思わず店員さんに「男一人の客って来るんですか?」と引きつり笑顔で尋ねると、

「あまり・・・いえいえ、大丈夫ですよ」と満面の笑顔で答えられ、
密かに期待していた「珍しくないですよ」という癒しの言葉は貰えず・・・

それからは早く脱出する事だけを目標に置き換え、
メニューは躊躇することなく一番上のランチセットを頼むと・・・

「ドリンクはどうされますか?本日はオーガニック梅酒がオススメです」と言われ、

「いや、じゃあハーブティでお願いします」とさっさと頼むと、

「ドレッシングはどれになさいますか?」

「じゃあこのジンジャーのやつで」と食い気味で頼むと、

「ライ麦パン、カンパーニュ、雑穀米、○★×△□〒※・・・」とまだ応戦してくるので

「ライ麦パンでお願いします」とツバメ返しかの如く電光石火で頼み、
そこからは、普段はほとんど外出先で携帯をイジらないアナログ人間のクセに、
大根な小芝居を演じながら、メールしているふりをしてやり過ごすことに・・・すると、

「ハーブティでございます」と持って来たので、
尋常ではない喉の渇きを潤す為に、ストローが喉に突き刺さりそうな位、
フゴーッと一気に飲み干し、少し落ち着きを取り戻したところに、

「何かお飲み物は?」というナチュラル姉さん・・・

「じゃあハーブティをもう一杯」と思わず頼んでしまい、
しばらくすると、違うナチュラル姉さんが「何かお飲み物は?」と同じ問いかけ・・・

頼むからそっとしといてくれよ・・・さっき頼んだがな・・・と思いつつも、
「あ、さっきおかわりを頼みましたので」と笑顔で答えて追い払い、
しばらくするとやっとこさランチが・・・

もはやスローライフもスローフードもへったくれもなく、
早寝、早起き、早飯、早グソという体育会の掟でも守る様に食べ始めると、
ナチュラル1号がパンを持って現れ、

「パンはいかがですか?」

「じゃあお願いします」とおかわりを受け入れ、再びパンをかじりつつ、
ヘルシーなサラダや何ちゃらソースのかかったチキンを食べていると、
またしてもナチュラル1号がパンを持って現れ、

「塩を使っていない天然酵母パンはいかがですが?」

「じゃあお願いします」と懐深く受け入れ、再びパンをかじりつつ、
もはや鳥か飛行機かもわからんチキンを貪っていると、
ナチュラル2号が現れ、

「何かお飲み物は?」

「じゃあ今度はお水でお願いします」とちょっと小ささも見せて応戦・・・

そして何とか食べ終えた頃に水が運ばれてきたので、
一気飲みして落ち着いていると、またしてもナチュラル1号が・・・

「何回来たら気が済むねん!シェラスコかっ!サンバでも踊ったろか!」
と言うはずも無く、引きつり笑顔で応じると、

「デザートは何になさいますか?」

デザートもあるんかい!と思いつつも、オーガニックなシフォンケーキとやらを頼み、
もはや観念して・・・というか馴れてきたのでゆっくりしていると、
またしてもナチュラル1号が、

「すいません、お飲み物はどれになさいますか?」

もうすでにガブ飲みしとるがな・・・と思いつつも、少し余裕も出てきたので、
紳士的に「えっと、何がありますか?」

「こちらの中から一つ選んで頂く形になり、何とか農園のカフェインレス・・・」

もはや三つの説明も聞きたくなかったので、

「じゃあ、その○○〝牧場″のカフェインレスコーヒーでお願いします」

「ハイ、○○〝農園″のカフェインレスコーヒーですね」

とさりげなく、牧場と間違ったことを突っ込むナチュラル1号・・・

しばらくするとナチュラル2号がオーガニックなシフォンケーキを運んで来たので、
カフェインレスコーヒーを待つこと無く食べていると、
雑穀が入っているのか何なのか、口の中の水分を全部持っていかれ、
早くコーヒーを持ってこいよとばかりにカウンターの方を見ると、
何やらフィルターを使って注いでいるナチュラル1号・・・
待ってられず早寝、早起き、早飯、早グソモードで完食し、コーヒーを待つことに・・・
すると今度はナチュラル2号が、

「お水はいかがですか?」

「だからシェラスコか!もうええっちゅうねん!そっとしといてくれ!」と言うはずもなく
すでに小麦粉と水分で腹は満たされ、コーヒーが届いていないのに、
「あ、ありがとう」といって受け入れる懐の深い僕ちん・・・

そして最後にカフェインレスコーヒーという代物を口にすると、
店員はブラジルのシェラスコの様なしつこい接客なのに、
ブラジル名物のコーヒーは、
合宿で飲んでいた色が付いただけの麦茶の様な無味無臭コーヒー・・・

まぁロハスでオーガニックでナチュラルな味がウリですから、仕方ないのか・・・
その割には炭水化物と水分を過剰に摂取することになった自然派レストラン・・・

わけわからん・・・

とか言いつつ、帰り際にチョコレートを貰ったことでちょっぴり御満悦なゴリラ・・・
また来てみようかなと思ったりもする懲りない単純ゴリラ・・・
というどうでもいい話です。

引き続き良い週末をお過ごし下さい。

お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。

 にほんブログ村 株ブログへ 


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

tiramisu | URL | 2015-02-16-Mon 17:42 [編集]
>店先で有機野菜売ってますけど何か?ハーブは自家製ですけど何か?
どこの国のものかわからない得体の知れん民芸品も売ってますけど何か?
宗教ではないですけど何か?マクロビですけど何か?オーガニックですけど何か?ロハスですけど何か?・・・

>ライ麦パン、カンパーニュ、雑穀米、○★×△□〒※・・・」とまだ応戦してくるので

>ナチュラル1号,ナチュラル2号

いつもお世話になっております。
女子なのでにやけ笑いしながら拝読しました。
可笑しい♡

でも次回からは王者の風格でゆっくり食事できそうですね。




tiramisuさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-02-16-Mon 19:54 [編集]
> >店先で有機野菜売ってますけど何か?ハーブは自家製ですけど何か?
> どこの国のものかわからない得体の知れん民芸品も売ってますけど何か?
> 宗教ではないですけど何か?マクロビですけど何か?オーガニックですけど何か?ロハスですけど何か?・・・
>
> >ライ麦パン、カンパーニュ、雑穀米、○★×△□〒※・・・」とまだ応戦してくるので
>
> >ナチュラル1号,ナチュラル2号
>
> いつもお世話になっております。
> 女子なのでにやけ笑いしながら拝読しました。
> 可笑しい♡

ありがとうございます。
それにしても店内での浮きっぷりは、
恥ずかしかったですw

> でも次回からは王者の風格でゆっくり食事できそうですね。

今のところは単独での再殴り込みの決心はついておりませんが、
負けたくないので(何がやねんですけどw)、
いずれはリベンジを果たそうと思っておりますw

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.