不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
厚切りジェイソンならぬ、ジェイソンデーに向けて続く劇場・・・
カリスペラ!(ギリシャ語)
ドーブルイ ヴェーチェル!(ロシア語)
マサーアルヘール!(アラビア語)
ブエナス ノーチェス!(スペイン語)※ベネズエラを含む
ボアノイチ!(ポルトガル語)※ブラジルを含む
ブォナ セーラ!(イタリア語)
ワンシャンハオ!(中国語)

以上、騒ぎを起こしている国々の言語での「こんばんは」を列挙してみました。

それで?と言われれば、特に意味は無く、言いたかっただけです。

言いたかったついでですけど、今夜のR-1グランプリに、
「厚切りジェイソン」という外国人芸人が出ます。
一度、ネタを見た事があるのですが、なかなか面白かったです。
あ、今放映中みたいですけど、まだ観てないので、結果と出来はわかりませんけど・・

どうでもいいですね。

ということで、改めましてこんばんは。

相変わらずマーケットにでは、
SQと国内企業決算の一巡が重なる13日の金曜日に向けて、
厚切りジェイソンならぬ、ほんまもんのジェイソンが現れるのか・・・
海の向こうの騒ぎについても、明日が一発目のヤマ場ではありますが、
13日の金曜日に向けて騒ぎが更に大きくなってもおかしくないですからね・・・

そんな海の向こうはというと、
ギリシャでの左曲がりのダンディー(急進左派連合チプラス党首)によるヒモ男劇場、
腕っ節で脅すプーチンによるロシアンフック剛腕劇場・・・
利上げ観測台頭によって、チンポジの如く方向感の定まらない米国のチンポジ劇場
これらの陰に隠れながら、着々と火薬臭さが増す中東の悲劇・・・

これら4公演が入れ替わり立ち替わりと話題をかっさらい、
喜怒哀楽の反応を見せる観客(マーケット)・・・

ギリシャのヒモ男劇場に至っては、もはや書くこと自体もウンザリしており、
長い目ではどうでもいいのですが、実際に公演(騒ぎ)が続いているだけに、
目先では触れない訳にもいかない現実・・・
とは言っても、明日の我が国は休場ですから、
もはやジタバタしても仕方ないですけど・・・

ギリシャのヒモ男劇場については、昨日も書いた通りなので詳細は割愛しますが、
特に好転している訳でもなく、状況は変わりまへんので、目先としては、
ギリシャがヒモ生活とつなぎ小遣い(融資)をお願いする為の財政計画を提出し、
それを検討する明日のユーロ圏財務相臨時会合が一つ目のヤマ場でおます。

同時にメルケルおばさんと左曲がりのダンディによる首脳会談も予定されており、
まさにおばさんをたぶらかしながら小遣いをせびることになります。
その後には左曲がりのダンディも出席するEU首脳会議(12-13日)もあります。

いつも言っていることですが、
ユーロ圏各国の市場を見る限り、炎上しているのはギリシャ市場だけですから、
現状では他国への延焼は見られまへん(CDSも含めて)。
従って、影響が未知数なユーロ圏離脱と言うリスクはありながらも、
他国への延焼が見られない限り、さほど深刻ではないと見ておけばいいです。

そしてロシア劇場については、
明日の独仏を交えての露・ウクライナによる4首脳会談を前にして、
昨夜のEU外相理事会では、会談での結果を見極める為に、
対露追加制裁の発動を延期しております。

最終判断は4者会談の結果を踏まえて、
12-13日のEU首脳会議にて決まりそうです。

先週末の独仏露首脳会談では歩み寄り姿勢も窺えたのですが、
ロシア側は本日からクリミア駐留軍が演習を始めてみたりと、
笑顔と共に右手で握手をしながら、左手でボディを打ち込むようなことをしており、
もはや竹中直人の往年のギャグである「笑いながら怒る人」の様です。

果たして明日の4者会談は歩み寄りを見せられるのか・・・
握手をした瞬間、プーチンがマスターの称号を持つ柔道技で、
ウクライナ大統領には握手した腕を持ったまま得意技の体落としで投げ飛ばし、
オランド大統領も握手した腕を持ったまま一本背負いで投げ飛ばし、
メルケル首相も握手した腕を持ったまま跳び十字(関節)を仕掛けて寝技へ・・・
なんてことにならないことを祈るのみです。

とりあえずロシア剛腕劇場は明日の4者会談次第でおます。
もし会談自体が無くなるような事態になると、
EU首脳会議を含めまだまだ劇場は続くことになります。

米国については、昨日も書いた通り、
利上げ観測の台頭に対して耐久力を見せられるのかという一点です。
従って、米債券安(金利上昇)・ドル高に対して、
商いの伴った株高を見せられるようであれば、
一気にブーストが掛かってもおかしくないです。
今のところは商いもパッとせず、チンポジの様に方向感は定まっておりまへんので、
今夜のJOLT求人件数、今夜から三連発の国債入札、明後日の小売売上高が、
目先のチンポジを決めるヤマ場となりそうです。

そして中東情勢についても、以上の劇場によって陰に隠れがちですが、
ジワジワと火薬臭さは増しております・・・
空爆を再開するUAEの空軍もヨルダンの基地へ移動しており、
先週と週初にも書いた仏空母はすでにジブチからペルシャ湾に向かっております。
これらを受けてなのか、有志連合調整官アレン将軍は、
イラク軍を先頭とした有志連合軍は、
近いうちに地上戦も含めたISIL掃討作戦を始めることを示唆しております。
そのタイミングが仏空母の到着なのか(13日頃到着予定)・・・

おまけにルー米財務長官が昨夜、またしても「ドル高は米国の利益」発言・・・
キナ臭いです(理由は過去記事参照)

ちなみに我が国では、本日、テロ襲撃を受けた仏の風刺画を乗せた書籍が発売・・・
どうやら3000部だけの様ではありますが、部数の問題ではないですからね。
とりあえずISILがどうなのかはともかく、イスラム教徒からは抗議の声が・・・
明後日には安倍ちゃんが施政方針演説において、
改めてISILを含むテロについても言及する様ですから、
テロの矛先が日本に向けられる可能性は高まります。
(ちなみに安倍ちゃんを批判しているのではないのであしからず。)

そういえばエジプトでもムスリム同胞団系のグループが、
エジプトの在留外国人を攻撃すると言っているのは明後日から(退去期限は明日)、
ナイジュリアと周辺国によるボコ・ハラムの掃討作戦も週後半から開始予定・・・
やはりISILを巡る中東情勢がキナ臭いでおます。

そして皮肉なことですが、中東情勢の緊張は原油にとっては追い風でおます。
やはり原油が反発することで、マネーに動きが出てきており、
世界的なゴリゴリ債券高もほぐれつつありますからね。
他にも今後は米経済指標による金融政策と米市場のチンポジはもちろん、
明日は米週間原油在庫、週末のリグ稼働数が注目でおます。

最後に我が国は・・・相変わらず需給環境は良好ですが、
(本日発表分の裁定買い残と信用買い残は減少)、
国内ネタは冒頭でも書いた13日の金曜日がヤマ場ですが、
それまでは風化気味の企業決算、明後日の施政方針演説と機械受注くらいなので
依然としてきっかけ材料となるのは海の向こうのネタという状況です。

まぁ明日は休場なので、本日の記事は振り返りと現状認識という感じでおます。
明後日以降のスタンスについては、明日の記事で書きます。



お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。

 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

ひよっしー | URL | 2015-02-11-Wed 02:09 [編集]
各国の情勢が勉強になります
日々変化していってるんですね
ひよっしーさんへ
マーケット番長 | URL | 2015-02-11-Wed 10:14 [編集]
> 各国の情勢が勉強になります
> 日々変化していってるんですね

ちょっと海の向こうでの騒ぎが多すぎますね

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.