不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
GDPショックだそうですが・・・
こんばんは

一昨日までのジャングルへ行っていた際の予約投稿記事の中で、
ホームセンター各社の月次一覧と書いておきながら、
肝心のデータを忘れるという失態を犯しておりました・・・
大変失礼ぶっこきましたことをお詫びすると共に、後日改めてアップさせて頂きます。

さて、すっかり忘れていたと言えば、昨日行われた沖縄県知事選ですが、
自民党が推薦する辺野古への基地移設容認の仲井真知事が敗退し、
どこかで聞いた県外・国外移設派のヘルメットおじさん(翁長氏)が当選・・・
(なぜヘルメットなのかは、各自で画像検索でもしてください(笑))

国が決めた移設方針自体に変わりは無いものの、移設の際に生じる道路工事等は、
沖縄県知事の許可が必要なだけに、実質的には工事を阻止することも出来るので
基地の移設がすんなりと進むことが難しくなったと言えます。

米議会が軍事的にゴリマッチョな共和党主導となっただけに、
日米関係も心配されますが・・・市場目線では安倍ちゃんの支持率も心配です。

それにしても基地移設に反対しているのは、県外からきたプロ市民であったり、
一部の過激な連中とも言われてたりもしただけに、
今回の民意は無視できない結果とも言えます・・・
基地問題は難しい舵取りを迫られることになりそうです。

それこそキチガ・・・失礼、基地外おやじ(鳩山)が言った、
最低でも県外という発言が、沖縄県民に支持されるという皮肉な結果に・・・

しかしながら、翁長氏を推薦していたのは社民・共産・生活の3党だけであり、
さすがは民主党!というヌケ作ぶりです(笑)

自民に対抗する為だけに、自ら主導した消費税の引上げ凍結をブチ上げたように、
離党した基地外おじさん(鳩山)を呼び戻して、北の大地から打って変わって、
沖縄で出馬させたりして、基地移設反対も後出しジャンケンで乗っかるのでしょうか・・
そこまでやるとさすがに民主党を支持する国民は居ないと思いますけど・・・

以上の通り、髪の毛が粉飾された候補が当選した沖縄県知事選となりましたが、
本日発表された7-9月期GDPの一次速報値は、
前回消費税を引き上げた際の景気条項となったGDPとは違い、
粉飾せずに発表したのか、粉飾してもあの程度だったのかわかりまへんが、
2期連続マイナス成長という定義上ではリセッション入りとなる結果に・・・

朝の記事でも触れたので、内容についての詳細は割愛しますけど、
GDPだけではなく、他の経済指標も低調ですから、
もはや消費税の追加引上げを出来る経済状況ではありまへん・・・

従って消費税再増税を先送りするのが前提となる解散総選挙は確実となりますから、
日銀砲、GPIF砲に続き消費税再増税先送り砲まで加わることになり、
今回の低調なGDPを受けての景気対策期待も高まり(3兆円とも言われております)、
結果的に市場にとっては追い風となる解散総選挙にはなります。

消費税を引き上げておいて、更なる追加の景気対策って・・・という矛盾を感じたり、
民主党まで消費税再増税の凍結と言いだしたりと、
結局は争点がよくわからなかったり、大義はなんだという疑問もありますけどね。

とにかく総選挙が追い風となる為には、
当然ながら自民党が過半数の議席を占める勝利となることが前提であり、
さらに消費税再増税を前提に黒田砲をぶっ放したと言っていた黒ちゃんが、
まさかの黒田砲(緩和)縮小という暴挙に出ないことが前提です。
(安倍ちゃんがまさかの消費税再増税を予定通り強行したら終わりですけど(笑))

自民党の勝利については、今回の低調なGDPを受けて、
マスコミもこぞってアベノミクスの失敗キャンペーンを打つでしょうし、
野党も同じく大合唱となるでしょうけど、
さすがに国民もポンコツ民主党時代がトラウマでしょうから
盲信的な民主党支持者という方以外は、いくら反安倍政権とは言っても、
さすがに民主党には票を投じないでしょうから、
維新の党や共産党が伸びる程度であり、自民党の勝利は堅いと思いますが・・・

橋下市長という劇薬が立候補したとしても、かつての様な勢いは無いですし、
いくらGDPが凹んだとは言え、バブル崩壊から長きに渡って続いた閉塞感に比べると
一目瞭然の変化が起きていますから、さすがに国民の安倍降ろしは無いかと・・・
っつうか安倍ちゃん以外に誰が居るのかも疑問です。

気掛かりなのは、小泉郵政選挙の際に行った抵抗勢力狩りの様に、
安倍ちゃんが消費税の先送りに反対する勢力を抹殺する強硬策に出る様だと、
離党者が出たりと自民党が割れることになるので、、
法案可決に必要な議席を確保できなくなり、
景気対策を始めアベノミクスの実行力が低下するだけに、ちと心配ではあります・・・
争点や大義がボケがちであるだけに、明確にしようと強硬策に出るとねぇ・・・

そしてもう一つの前提である黒ちゃんの反乱懸念ですが、
本日の下げで日銀砲がぶっ放されていないと、さすがにヤバイとも思いましたが、
決めたものは使い切ることが美徳でもある役人の腐れ魂なのか、
キッチリとETFを380億円、J-REITを12億円のお買い上げに動いており、
ひとまず黒ちゃんの行動面での反乱懸念は和らいでおります。
まぁでも今朝の記事でも書いた通り、黒ちゃんの腹の底はわかりまへんので、
19日の黒ちゃん会見は注目イベントではあります。

さてさて、そんな解散総選挙を巡る動きや思惑が走る中、
本日の日本株はGDPがきっかけとなり、久々の大幅安となっております。
商いについても、結果的には2兆8601億円にまで膨らんでおり、
それなりに商いの伴った下げと言えますが、31-6日、12日、14日には及ばず、
下げパワーが優位に転じたとまでは言えまへん。

本日の空売り比率についても、久々に35%に迫る34.6%となり、
旺盛な売りパワーも感じますが、当然ながら将来の買い戻しパワーにも繋がり、
明日にでも節目の35%を超えるようであれば、
明日以降は安倍ちゃんの会見も含め、国内の政治イベントも多いだけに、
一気に底打ちが意識され、買い戻しを誘発しそうですけど・・・
日銀砲の睨みも効いてますからね。

そして13日時点の裁定買い残もチビっと増加した程度であり、
昨日も書いた通り、シカゴIMMの円売りポジもまだまだ低水準ですから、
円売り・先物買いの逆回転余地は限定的であり、
信用買い残も含め需給環境は良好という状況に変わりはないです。

やや気掛かりな点としては、CDSの上昇が続いていることです・・・
消費税再増税を先送りすることが、財政の信認低下と受け止めている動きとも・・・
しかしながら我が国の債券は、昨年5月や12月の様に売られることもなく、
黒ちゃんの買い支えもあって、相変わらず堅調ではありますから、
CDS上昇・債券売り(金利上昇)というセットにはなっておりまへん。
本日はやや債券安ではありますけど・・・

以上の通り、GDPショックなんてことも言われておりますが、
(私はマーク・ハントショックですけど・・・どうでもいいですね)
消費税先送りを前提とした解散熱は継続しており、
日銀砲、GPIF砲も変わらず、需給環境も良好であり、
昨日書いたNT倍率等の各目安も改善しておりますので
本日の下げについては短期的な一服に過ぎないとみておけばいいでしょう。
(そもそも過熱だ過熱だと騒がれている時点で、安心ですけどね)

そんな一服がいつまで続くのかと言えば、朝の記事でも書きましたが、
明日の安倍ちゃん会見なのか・・・長くとも正式な国会の場での解散まででしょう。
解散が19日の大安となるのか、それはわかりまへんけど・・・

海の向こうについては、以前にも書きましたが、
米国は9月高値からSQが反転のきっかけとなる動きが続いており、
週末の米SQまでは堅調というベタなシナリオもありますが、
我が国が解散騒ぎの真っ只中であり、国内が焦点ではありますので、
円安という視点で米債とユーロ圏債の動きを見ておけばいいですが、
目先の海の向こうのイベントとしては今朝の記事に書いた通りでおます。

ということで、明日のスタンスについては、改めて書きますと、
主力大型株での持越し短期勝負については、
消費税の先送りを前提とした解散熱が冷めない限り(商いも減少しない限り)、
押し目と見て参戦してもいいでしょうし、慎重に構えるならば、明日の安倍ちゃん会見
19日の解散(予定)を見極めてから動いてもいいでしょう。
一応、19日には黒ちゃん会見もありますからね。

新興市場、2部での持ち越し短期勝負については、
本日も解散熱相場の蚊帳の外に置かれた様な薄商いであり、
IPOテンコ盛りラッシュも控えているので、
シンプルに商いの伴った上昇となるまでは、その日限りの勝負が無難です。
JQと2部は冷静な動きではありますので、御自由にどうぞ。

バイオ、不動産、REITでの中長期勝負の方は、バイオも直近では旺盛ですし、
不動産、REITは黒ちゃん効果で、懲りずに見通しは明るいと見ておりますが、
言い続けてきただけで予想としては成立していない戯言に等しいので割愛します(笑)

その他、中小型も含めた中長期の押し目狙いの方については、
本日を含めた下げは短期的な一服と見て、
解散熱相場が続く限り、年内は仕込んで屁をこいて寝ておけばいいですが、
CPIF改革と25日からのJPX日経400先物取引開始を見据えての高ROE銘柄、
決算を通過した好業績銘柄(目線は来期に向けて)、割安、高配当、好取組、
国策銘柄等、ベタな物色で引き続きコツコツと拾えばいいでしょう。

長期で構えたままの方についても、年内は屁をこいて寝ておけばいいですが、
ひとまず解散熱相場が続く限り、王者の風格で構えておきましょう

お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。

 にほんブログ村 株ブログへ 

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.